桜の落ち花 (本満寺/京都市 上京区)

引き続き枝垂れ桜の名所「本満寺」の桜の風景からです。桜の花びらが散るのは雨や風がきっかけになるようですが、時には花ごと落ちているものを見かけます。これは鳥が花の茎を食いちぎってしまうことによるようです。

絶景探しの旅 - 0914 桜の落ち花 (本満寺 京都市 上京区)

桜の落ち花 (本満寺/京都市 上京区)   Photo No.0914

雨がひと息ついた本満寺の境内です。満開の枝垂れ桜の幹の下には苔や石が見られるのですが、ちょうどいい具合に花びらや花が落ちている場所を見つけました。踏み込めない場所のために望遠で狙っています。落ちた桜の花や花びらをやさしい色合いが包み込む京の桜の1シーンです。  (桜の咲く風景)

SONY α7RⅡ FE100-400mm F4.5-5.6GM  400mm f5.6 1/160 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2019/04/08 00:00 ]   京都 | TB(-) | コメント(22)

きゅ~ぅん
こういうシーン大好きでㇲっ

散ってもまだ輝いている(#^.^#)
こけと合うなぁ
[ 2019/04/08 04:43 ] [ 編集 ]

お早うございます
古都にピッタリの苔の石ですね(笑)
桜の淡いピンクに良く似合います
[ 2019/04/08 07:13 ] [ 編集 ]

おはようございます!
これは「ハッとする…」というような画、或いは「見逃しがち?」な場面だと思います。素晴らしい!
時々「花のまま地面に落ちている?」も在るようですが、何となく「趣が在る」という感ですね。
[ 2019/04/08 07:39 ] [ 編集 ]

風が吹くと花吹雪になるのでしょうが、この日はまだそこまではいきませんでしたか。
花そのものが落ちているのは、ヒヨドリと雀の仕業かもしれませんね。蜜吸を楽しみにしているメジロさんはこういうことはしないことでしょう。
[ 2019/04/08 07:51 ] [ 編集 ]

古都で眺める桜はまた格別なものがありますね。
MTさんならではの感性が写真に表現されていると思います。
こちらも桜の開花が待ち遠しいです。
[ 2019/04/08 07:59 ] [ 編集 ]

おはようございます。見事な切り取りです。

桜の花が落ちた石の模様、もう何百年も同じことを繰り返しているのを象徴しているようです。
[ 2019/04/08 08:32 ] [ 編集 ]

桜と紅葉は絶品です

人が多くなって優雅に見ることが出来なくなったでしょうね。
嵐電の車窓から眺める桜もとても綺麗だったこと思い出しました。
遅咲きの御室の桜もとても綺麗だったです。朝早くに裏口から入って眺めていました。今は無理でしょうけど・・・・

[ 2019/04/08 10:34 ] [ 編集 ]

流石上手いなぁー!
こう言う感性、僕にはありませんよ。
感性って育つかな?(笑)
[ 2019/04/08 12:49 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2019/04/08 13:37 ] [ 編集 ]

流石目の付け所が違いますねー。
わびさびの境地に近い感覚ですね。
[ 2019/04/08 15:36 ] [ 編集 ]

散ってもなお美しい…

そんな言葉が頭に浮かびました。
400mmですか。
持って歩くだけで大変だったでしょう^ ^

応援ぽち
[ 2019/04/08 20:56 ] [ 編集 ]

デコさん

午前、鳥たちが落とした花びらが雨のため、ずっと生き生きしていたのかなと思います。
桜は散り際も美しく最後まで楽しめます。
[ 2019/04/09 05:33 ] [ 編集 ]

ぼびぱぱさん

古都・京都はちょっとしたことにも面白い発見があって、こんな発見しやすさが歌につながっているのだろうと思いました。
ここで一句という気分になりそうですが、歌を作るセンスが自分にないのが残念だったりします・・・。
[ 2019/04/09 05:40 ] [ 編集 ]

Charlieさん

人出が多すぎることもあって、そのおかげでいい発見がありました。いくつかの石の上に花が茎から落ちていたのですが、こちらがとてもいい向きに落ちていて、撮影を開始しました。重いですが、望遠レンズを持ってきた甲斐がありました。
[ 2019/04/09 05:47 ] [ 編集 ]

AzTakさん

私もヒヨドリかなと思いましたが、この時は、犯人を見つけることができませんでした。
でもお陰様で、ちょっとしたいい景色と撮影の時間を楽しませていただきました。
[ 2019/04/09 05:52 ] [ 編集 ]

サトちゃん@さん

花はあまり得意ではないのですが、見たままで、いいなと思うものを撮ってみました。もちろん桜の花がいいのですが、今日とは石や苔などが実にいいアクセントになる場所でした。サトちゃん@さんのお住まいの場所ではGWが見頃でしょうか。私も北の春も久しぶりに楽しみたいです。
[ 2019/04/09 05:55 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

そうですね、もう何年もこういった景色を繰り返しているのでしょう・・・。京都は戦時中も難を逃れることになるのですが、それが今に残っていてそこは感謝せねばなりませんよね。
[ 2019/04/09 05:57 ] [ 編集 ]

ひろ吉とクンクンと愉快な仲間たちさん

数年前の京都と今は訪れる人の数が随分と増えた印象です。当時は人が立ち去るのを待つ時間も少なくて、それでも長いと感じましたが、今は、待ち時間が読めません。それでも桜の京都はとても素晴らしく、やってきてよかったと思っています。
[ 2019/04/09 06:45 ] [ 編集 ]

onorinbeckさん

いえいえ、そんなことはありません。
onorinbeckさんのカタクリの大きな玉ボケの1枚も素敵に感じました。
[ 2019/04/09 06:51 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できますさん

コメントありがとうございます。体調が回復で何よりです。
今週も突然の寒さが厳しいものがありますが、これを乗り切ればきっと暑い日に変わるのでしょうね。
[ 2019/04/09 06:54 ] [ 編集 ]

さゆうさん

さゆうさんのコメントを読んで、歌の一句を自分なりに解釈して写真で表現するというのも面白そうだと思いました。
写真は撮れば個々の好みや感性の違いなどあり、同じ場所で撮っても歌と同様に皆仕上がりが違っていてそこが楽しいですよね。
[ 2019/04/09 07:03 ] [ 編集 ]

よっちんさん

レンズを持ち歩くのは、最大三本ほどですので、何を持って行くのかいつも悩みます。この時は望遠は70-200で行こうと思っていたのですが、諸事情で100-400にしましたが、その長さが京都でもなかなかお役立ちでした。
[ 2019/04/09 07:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する