光芒差し込むリーカーモレンの風車 (オランダ アムステルダム)

いよいよ長い間、ご覧いただきましたオランダ・アムステルダム編の最後の1枚です。最後の1枚は引き続きアムステルダムの南の郊外にあるリーカーモレン(Riekermolen)の風車の風景です。天気が悪くて残念な空模様ですが、せっかくやってきた私のためにか、空が少しずつ明るくなってきて、雲が覆う空のすき間からお日様の光が差し込んできました。

絶景探しの旅 - 0719 光芒差し込むエケルモレンの風車 (オランダ アムステルダム)

光芒差し込むリーカーモレンの風車 (オランダ アムステルダム)   Photo No.0719

晴れている日も雨の日も曇りの日も長い時を風を受け続けてきたリーカーモレンの風車です。1636年に作られてから、移転、再建を受けながら今日もオランダの風を受け続けています。 

LUMIX GX7MK2 G VARIO 7-14mm/F4.0 24mm相当 f8 1/1300 (-2/3) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/25 00:00 ]   オランダ | TB(-) | コメント(16)

この中にぱっと入って
両手を広げ

いい空気を一杯吸って深呼吸~~
どんなにいい気持ちだろう^^

贅沢に一人で行いたい^^
[ 2018/09/25 04:42 ] [ 編集 ]

お早うございます
なるほど 少し光芒が見えますね
流石持ってますね〜
[ 2018/09/25 06:01 ] [ 編集 ]

おはようございます。お天気は残念でしたね。

400年近い歴史のある風車だと聞くと尚更威厳があるように見えてしまいます。曇り空の光線の具合でさらにそう見えるのかもしれませんね。
[ 2018/09/25 06:03 ] [ 編集 ]

頑丈なものですね。日本の風力発電は、次から次へと故障し、倒壊してしまうものまで。
彼我の違いは何なんでしょうか?
[ 2018/09/25 08:02 ] [ 編集 ]

いつ見ても歴史を感じますね

本来の目的は運河の水を海へ流すのが目的でしたっけ?
中を見てみたいのですが・・・・・
[ 2018/09/25 10:11 ] [ 編集 ]

こんにちは~

こんな空の下の風車も趣きがあって素敵だと思います。
少しづつ明るくなってゆく空が
如何にもネーデルランド的というか変わりやすい天候なのでしょうか。

レンブラントの『風車』に描かれていた空を想い出しました・・・
[ 2018/09/25 10:42 ] [ 編集 ]

下の写真の風車も良いけど、
このドラマチックな雲の下の風車も良いですわー。
風車って絵になりますねー。
[ 2018/09/25 12:42 ] [ 編集 ]

オランダは常に大西洋の方から
偏西風が吹き付けて来るので
風車には向いているのでしょうね。

私は登山が好きなので
山が無いオランダに生まれなくて
よかったです^ ^

応援ぽち
[ 2018/09/25 21:13 ] [ 編集 ]

デコさん

何故か私がここに来る時はいつも貸し切り状態。
そんなこともあって、とても贅沢な時間を過ごすことができました。そこは最高でした。
ただ、この日は湿度も高く汗びっしょりとなり、ここは梅雨どきの日本か?ってな感じでした。
[ 2018/09/26 04:16 ] [ 編集 ]

ぼびぱぱさん

ありがとうございます。こちらも運がよかったです。
ただ、肉眼ですと光芒がもっとしっかり見えたのですが、写真ですと同じような見え方にするのに四苦八苦です。虹もそうなのですが、いかに肉眼のイメージを現像していくか、そんな意味ではまだまだ修行が足らないようです。
[ 2018/09/26 04:20 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

海外は、もちろん日本の風光明媚な場所もそうなのですが、どんな天気と出会えるか一発勝負です。外れだと落胆の度合いが半端ないです。そういうこともあって、ここで曇りの風景も晴れの風景も撮れて本当によかったです。
[ 2018/09/26 04:24 ] [ 編集 ]

AzTakさん

日本の風力発電に使っている装置のメーカーは海外製が多く、日本の地盤や気象に向いていないからからではないでしょうか。新幹線同様に日本の高品質なレベルに達していないからだと思うのですがいかがでしょうか。日本は後発ゆえ、PATなどもあって参入が難しいのかなとも思います。あんなものが目に見えるところにあると景色も台無しだし、それに羽根が回る音がうるさいですよね。英国では、海岸線ではなく、かなり沖に出たところに建ててあるのを空から見たことがあります。音の公害の観点かなとも思いました。
[ 2018/09/26 04:34 ] [ 編集 ]

ひろ吉とクンクンと愉快な仲間たちさん

海水の汲み出し、粉ひきなど風車の活用は多岐多様のようです。昔はこれで鍛冶も打ったと聞きました。天然の力を使った素晴らしい道具でもあります。風車の中の様子ですが、千葉の佐倉市の風車では中に入れました。それはまるで日本のお城のようでした。
[ 2018/09/26 04:46 ] [ 編集 ]

ルシアンさん

曇りでガッカリしていたら、帰ろうとしたときに、お日様が差し込んできてラッキーと思いました。
天気と風車の話ですが、レンブラントの絵画を見れば、働く人々の気持ちなども含めてこちらの天気の方が似合っているのかも知れませんね。このような形の風車ではありませんがドン・キホーテが(たぶんスペインの)風車に戦いを挑むときも、こんな天気が悪いときの印象があります。ちなみにそちらの方の風車は形もかわいくていつかは見てみたいと思っています。
[ 2018/09/26 04:52 ] [ 編集 ]

onorinbeckさん

ありがとうございます。
柏の公園にも風車があったのですね!それも周りはお花畑。せっかくいただいた情報ですので、次回しっかり遠征したいと思います。それにしても千葉にはどうしてこうも風車が多いのでしょうか。平地が続くところがオランダと似ているからかも知れませんね。
[ 2018/09/26 04:56 ] [ 編集 ]

よっちんさん

欧州はスイス、フランス、イタリアですと登山も楽しそうですが、半端ない山々も多く、それはそれで気持ちを掻き立てられそうです。私は見る方専門ですが、中ほどまではいつも行ってみたいと思っています。
[ 2018/09/26 05:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する