朝日に染まるリーカーモレンの風車 (オランダ アムステルダム)

今回の朝の郊外への散策の一番の目的は、オランダのいくつかある風車のひとつ、「Riekermolen(リーカーモレン)」の風車を訪ねに来たのです。アムステル川の朝日を見た後は、すぐにこの風車のところにすっ飛んできました。今度は日の出と風車の写真を撮ろうというのです。この風車は1636年にもともと違う場所に作られたそうですが、1961年にこの場所に今の場所に移され、再建設されたようです。 そしてこちらの風車の近くにはレンブラントの像がありましたが、レンブラントの父は風車を所有していたとのことです。

絶景探しの旅 - 0718 朝日に染まるリーカーモレンの風車 (オランダ アムステルダム)

朝日に染まるリーカーモレンの風車 (オランダ アムステルダム)   Photo No.0718

それにしても朝日の風車も実にいいものですね。朝の素敵な瞬間をしっかり楽しむことができました。現在、こちらの風車には人が住んでいまして、ちょうど朝、お庭で出てきたご主人にお目にかかることができ、挨拶させていただきました。 実はこちらのご主人の愛車はHONDAで、風車の脇に停められてました。そんなこともあってちょっと親近感もありました。

LUMIX GX7MK2 G VARIO 7-14mm/F4.0 22mm相当 f9 1/640 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/24 00:00 ]   オランダ | TB(-) | コメント(14)

風車の住まいですか。ボート暮らしとか、ヨーロッパの人は、いろいろな暮らし方を実践される方が少なくないようです。
それもまた、風流なのかもしれませんね。
[ 2018/09/24 06:33 ] [ 編集 ]

この風車存在感たっぷり^^
朝陽のグレデーション素敵過ぎっヾ(@⌒ー⌒@)ノ

素晴らしい出会いにいつも持ってます^^
ほんとに

朝はご褒美がいっぱいですね^^
[ 2018/09/24 06:55 ] [ 編集 ]

おはようございます。この風車には人が住んでいるのですね。

このリエケルモレンの風車は有名な風車なのでしょうか。確かにどっしりとした風格のある風車ですが…
[ 2018/09/24 07:51 ] [ 編集 ]

おはようございます。

思わずわあっと声が出てしまいましたよ~!!
朝陽の中堂々と建つ風車、
どう表現してよいのかわからないほど美しいです♪
これをご覧になりたくて早起きをされたのですね。

レンブラントが裕福な家に生まれたことは知っていましたが、
風車を有する家だったのですね、ありがとうございます。
(レンブラントが大好きですが知らないことが多いです 汗)
レンブラントの絵は物語を描いたものや肖像画が有名ですが、
風車を描いた作品もあったように思います。

前回のアムステル川の朝靄や朝焼けの風景、そしてこの風車
こんな景色を見て育ったであろうレンブラントが
光と影の画家と言われるようになったこと、
私の中で納得出来ました(笑)
[ 2018/09/24 08:45 ] [ 編集 ]

おはようございます。
風車を入れた日の出、低い位置からの絵がいいですねー。
露出の仕方に興味ありました。
資料を見てなるほど、だがレンズの違いがありますね。
良くレンズの特性まで把握した絵作りには敬服します。
[ 2018/09/24 09:29 ] [ 編集 ]

オランダといえば風車の風景ですね。
風車は排水用に利用されるためのものだと聞きましたが
今は電動のポンプで排水するでしょうから
残っているのは観光用なのかなぁ。

応援ぽち
[ 2018/09/24 12:41 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/09/24 14:30 ] [ 編集 ]

AzTakさん

風車は羽根が回ると中のギアがうるさくて夜は眠れないのでしょうね。それでも風車に住むなんて見晴らしも良く実に気持ちが良いではないかと思います。千葉・佐倉の本物のオランダ風車の中に入ったことがあったのでそう思いました。オランダの人はその場所をいろいろ選べるのでうらやましいですね。(ただ、お金もたくさん入りそうですが)
[ 2018/09/24 17:57 ] [ 編集 ]

デコさん

ありがとうございます。
旅に出れば朝と夕は食事を後回しにしてでも景色を楽しみたいです。晴れればもちろん気分も最高ですが、雨が降ればとてもがっかりです。ただ、都市部ですとネオンの光が残ってることも多くてそこは雨が降っていてもちょっと楽しめます。
[ 2018/09/24 18:00 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

Riekermolen(リエケルモレン)の風車に出会えたのはまさにGoogle マップのおかげです。もちろん前回のザーンセスカンスの風車に出会えたのもGoogle マップのおかげです。Google マップに「アムステルダム 風車」と入力し、検索すれば、まずはこの2つが出てきます。ちなみにザーンセスカンスは観光客でいっぱいでしたが、こちらは周りに何もないのでほとんど貸し切り状態でした。
[ 2018/09/24 18:06 ] [ 編集 ]

ルシアンさん

ありがとうございます。こんな風景を見るために朝早く起きてバスに乗ってはるばるやってきた甲斐がありました。
今年は念願のオランダでの風車をついに見ることができよかったです。
長崎のハウステンボスには行ったことがあるので、おそらくその時に生風車は見たのだと思うのですが全然記憶になくって… .。
こちらの写真ブログでは千葉の風車を先に登場させましたが、オランダの風車を見に行った後に千葉の風車を見に行ったら、それが本物の風車だということがわかって2度楽しめました。レンブラントの件ですが、ウィキペディアによりますと、レンブラントが風車の絵を描いたのはそんな影響もあったと書かれていました。
[ 2018/09/24 18:12 ] [ 編集 ]

さゆうさん

昔は標準レンズと望遠レンズを持ち歩くことが多かったのですが、最近は広角レンズと標準レンズを持ち歩くことが多くなりました。気がついたら標準レンズをうまく駆使しての写真撮影がずいぶん少なくなったなと思います。端が流れるとか湾曲を嫌がる人多いですが、私はそれをいつも上手く活かしたいと思っていまして、今回も広角レンズならではの湾曲というか端が流れるようなそんな効果も利用しながらの撮影となりました。
[ 2018/09/24 18:16 ] [ 編集 ]

よっちんさん

最近の風車は観光用はもちろんのことオランダの伝統的な建物保存すると言う意味合いもあるのでしょうね。
日本も昔はあちこちに水車小屋でもあったのでしょうが、最近はずいぶん少なくなったように感じます。日本も世界も自然の力は昔の人はうまく活かしていたのですね。
[ 2018/09/24 18:18 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できますさん

コメントありがとうございました。また写真をご覧くださいましてありがとうございます。次にもう1枚風車の写真を準備していますのでそれもお楽しみいただければと思います。今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2018/09/24 18:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する