かすむ大地の国後富士 「爺爺岳」 (北海道 羅臼町)

知床半島の先端部にある羅臼町から船に乗り沖合に出ています。この日は今回の最大の目的のシャチを見るためにやってきたのですが、3日ほど前に目撃されていたシャチは見られず残念な結果になってしまいました。この日の成果はツチクジラの群れだけでした。シャチは国後と羅臼との中心ラインを越えて向こう側に行っているのではないかとのことです。さすがに現状ではそのラインは越えられないとのことでした。しかし、結果的には、国後島にかなり近づくことができ、それだけでも大満足でした。それにしても空の天気も面白くて、国後側は雲もない快晴で、北海道羅臼側は依然雲に包まれているという状態でした。

絶景探しの旅 - 0597 かすむ大地 国後富士 「爺爺岳」 (北海道 羅臼町)

かすむ大地の国後富士 「爺爺岳」 (北海道 羅臼町)   Photo No.0597

北方領土「国後島」の山々で気になっていたのがこの不思議な形をした爺爺岳(ちゃちゃだけ)です。標高は1,822mだそうです。噴火が終わった山に、時間をおいてからまた噴火が起きてこうなったのでしょうか。冬の冠雪時は富士山のようにも見えることから国後富士とも呼ばれているそうです。海の上から見る「爺爺岳」もかすんで見えて、そこにある山に簡単に行くことができないもどかしさと重なるようでした。  

SONY α99Ⅱ 70-300mm F4.5-5.6G SSM 300mm f5.6 1/4000 (-1) ISO400 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/05/26 05:00 ]   北海道(根室) | TB(-) | コメント(18)

シャチが見つけられなければ、次なる被写体に切り替える。お金をかけて、時間をかけてきているのですから、諦められませんよね。
爺爺岳は2段式の独特の形状の山ですね。少なくとも2回の大きな噴火があったのでしょうかね。
[ 2018/05/26 06:28 ] [ 編集 ]

MTさん、おはようございます。
北方領土、変換されると、シャチを探す範囲も広がるのにね。笑
北方領土の早期返還を待ちましょう!
[ 2018/05/26 08:15 ] [ 編集 ]

AzTakさん

シャチは比較的簡単に見つかって船にも遊びに来るそうなのでかなり楽しみにしていたのですが、今回は残念でした。またこの日は雨の予報もありましたので海が荒れて中止になるかも知れなかったのですが、無事に船も出て国後島の様子を見ることができよかったです。シャチまたの機会のいい天気の時にたっぷり楽しませていただければと次に期待してます。
[ 2018/05/26 10:08 ] [ 編集 ]

SATOくんさん

中心部より国後島に近づくと監視してる人から船に注意が促されると聞きました。
なので船もどのくらいまで追うかなどかなり慎重になるそうです。いくら領土を主張しても、現場ではこういう状況ですので、ロシアにつかまってしまって牢屋に入れられてしまっても面倒ですよね。
[ 2018/05/26 10:12 ] [ 編集 ]

こんにちは。
大分沖合まで行きましたね。
爺爺岳がこんなに大きく見える所と言うと境界線近くですね。
狙いはシャチ、残念でしたね。
こればかりは運が物を言いますね。
当たる時は大群に遭遇するんですよ。
またの機会ですね。
[ 2018/05/26 10:37 ] [ 編集 ]

さゆうさん

お陰様で国後島に大接近でしたが、肝心のシャチが見当たりません。
背びれがまっすぐなのと息継ぎの時間が短いのですぐに見つかるそうですが、この日は運がありませんでした。
大群も期待しながら次回のお楽しみとしたいと思います。
[ 2018/05/26 11:31 ] [ 編集 ]

クジラの群れ。。だけでもいいじゃないですか
それでもデコには凄い事かとッ

シャチだいすきなんだよなぁ
生で見たのは水族館だけですが

優雅に泳ぐ哺乳類
気持ちよさそうなんですよねっ

海の上に出現したら
いったいテンションどうなるんだろう(#^.^#)
[ 2018/05/26 15:01 ] [ 編集 ]

デコさん

そういえば、クジラでもナガスクジラも会えることがあるようです。
でもまずは、シャチのあの逆パンダ模様にどうしても会いたいです。
獰猛な海のハンターのイメージがありますが、人なつっこいところもあるとか。(もちろん、船の上からですが)
楽しみはこの先に取っておきたいと思います。
[ 2018/05/26 15:54 ] [ 編集 ]

羅臼岳に登った時に
国後島がキレイに見えました。

学生時代のことですが
初めて「国境」というものを意識しましたね。

応援ぽち
[ 2018/05/26 16:22 ] [ 編集 ]

よっちんさん

私も羅臼岳のすぐ近くまで行きました。
目で見えるだけにそこに行けないとは残念な限りです・・・。
[ 2018/05/26 17:43 ] [ 編集 ]

こんにちは^^

すぐそこに見える山! 素敵な山です~
国後富士とも呼ばれているのですね。
その間に国境があるなんて...
ツチクジラを見られたなんて素敵だと思います(^^)ノ
[ 2018/05/26 18:33 ] [ 編集 ]

こんばんは
昨日は白波とカモメ、今日は大海原と漁船
やはり漁船のモーター音やポンポンっていう音が
聞こえてくるようですよ。

霞んで見えるのは爺爺岳、ちゃちゃだけっていうんですか
不思議な形の山ですね。
画面右のくっきりとした漁船とのコントラストは
とっても素敵に思います
[ 2018/05/26 20:28 ] [ 編集 ]

こんばんは

羅臼町から300ミリでこんなに大きく写るんですね。
北方領土が如何に近いかこの写真で分かります。
写真では見えない国境線が早くなくなってほしいです。
[ 2018/05/26 21:08 ] [ 編集 ]

MTさん こんばんは~

シャチのクルージングに行かれたんですね!
普段持っているMTさんでも見ることができなかったと云うことは私では到底無理かな(笑)
しかし、凄い人気なんですね!前の船もクルーズ船も満員では(汗)
爺爺岳下に映っている黒いものは何ですか?クジラ???
しかし、爺爺岳は面白い形をしているんですね!
[ 2018/05/26 22:13 ] [ 編集 ]

harmonyさん

ちょっと珍しい形をした山ですよね。こんな山が見られるなんて思っても見ませんでした。
国境がなければきっと人気のスポットになっていたんでしょうね。
ツチクジラは初めてだったので嬉しく観察させていただきました。しかし、あまり絵にならないような写真しか撮れませんでしたので今回はお蔵入りといたしました。
[ 2018/05/27 10:39 ] [ 編集 ]

EMICOさん

本当に変わった形の山ですよね。こんな貴重な山がこちらの手元にないなんて残念な限りです。
今回のネイチャーウォッチングのですが、シャチには恵まれませんでしたが、乗船状態はとても良かったです。
俺俺の船はほどよい人数で自由に船内を動き回れたのですが、写真の船は人が身動きが取れないくらい人たちを乗せていてちょっと乗せすぎではないのかなって思ってたくらいです。次回も今回の船にお願いしようかなと思ってます。
[ 2018/05/27 10:45 ] [ 編集 ]

つぅたろうさん

こちらの山はごく普通に海岸線から肉眼でも見ることができます。
北方領土のうち、国後島は両方とはい日本の半島に囲まれこれなロシアだっていうのなんて無理がありすぎです。早く公共性がなくなって日本の人が簡単にので行き来できるようになれば良いのになと思います。
ちなみにこの写真は沖に出た船の上から撮っています。
[ 2018/05/27 10:48 ] [ 編集 ]

たらぼ〜さん

まぁほんとに今回は残念でした。ただ、ロケハンも兼ねてましたので、ちょうどよかったかなとも思います。いい天気の時を想像していくつかのスポット頭の中に叩き込んできました。
写真のクルーザーですが、本当に人をのせすぎなんですよ。さらに時間が来てるのに平気で遅れてくる大学生たちのグループがいてそのために私たちのクルーザーの出発がギリギリになってしまったんですよ。ちなみに私たちにではちょうどいい人数の乗船で快適でした。いつもこの会社そうでのかよくわかりませんが今回はラッキーでした。(シャチだけが目的の人はそれが見れなければ意味がないですけどね)
写真に写ってる黒いものは、残念ながらトウゾクカモメです。
[ 2018/05/27 10:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する