雨上がりの浅草寺 (東京都 台東区)

絶景探しの旅 - 0268 雨上がりの浅草寺 (東京都 台東区)

雨上がりの浅草寺 (東京都 台東区)  Photo No.0268

雨上がりと同時に暗くなり、人影がまばらの浅草寺の境内です。いつもは世界や日本各地からの多くの人々でにぎわっていますが、こんなふうに人々が引いた後というのもいいものですね。空の色が刻一刻と暗くなっていきます。

SONY α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 24mm f2.8 1/50 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/07/02 06:00 ]   東京(23区) | TB(-) | コメント(18)

おはようございます。本堂はシンメトリーなのに参道の建物の屋根の形が不規則なところが何とも言えませんね。右側に木が1本立っているのも味がありますね。

さすが日本を代表する観光地、ライトアップの力の入れ方がすごいです。単に明るければ良いという感じではなくいろいろと計算されていますね~
[ 2017/07/02 07:36 ] [ 編集 ]

おはようございます♪

これはまた左右対称というか安定感のある構図ですね!
浅草寺の写真ではこういう人影がぱらぱらのは見ないですね、ほぼ貸切ですね^^
[ 2017/07/02 08:03 ] [ 編集 ]

浅草寺の夕暮れ時は静寂ですね^^
ここの奥にある和紙を扱うお店がデコの好きな場所

数回訪れた事がありますが
まだあるかなぁ^^

昼間の賑わいとはまた一味違うこの場所もいいですねっ
[ 2017/07/02 08:05 ] [ 編集 ]

おはようさんどす~

そうだ~浅草に行こう~~って気分に
なる様なそんな素敵な絵ですね^^

でも日中は人が多いのでしょうね!

↓の塔とのコラボも素敵です!!!
[ 2017/07/02 08:33 ] [ 編集 ]

下の写真で触れられていた通り、清水建設が補修工事の真っ最中のようですね。もともとは、この本堂が、新建築の元祖かもしれませんね。地盤が強いとは思えない土地で、向こう千年は持ちこたえさせる堂宇を立てる。そんな意気込みがあったのでしょうか。姫路城など問題じゃないほどに白く輝くチタン瓦。物議をかもしたんでしょうね。それもこれもぐっと乗り越えて、今日の浅草寺があるように思います。
現代建築でも多くの人の感動を呼ぶことができる傑作だと思っています。
[ 2017/07/02 08:38 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/07/02 09:24 ] [ 編集 ]

おはようございます
これだけ、人のいない浅草寺を見るのは初めてかも?
雨上がりの夕暮れ時、狙い目ですね
[ 2017/07/02 09:35 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

昼間もいいですが、夜も迫力があってなかなかいいものですね!
ヨンミョンさんの言うように夜のライトアップもなかなか力が入っていると思います。
このライトアップの効果については次回の作品でお楽しみいただけると思います。
[ 2017/07/02 14:00 ] [ 編集 ]

ノースさん

ありがとうございます。
人がいないということもあって構図もはっきりと狙えました。
日が落ちてちょっとの時間帯なのにこんなこともあるんだと私もびっくりして撮影をさせていただきました。まさに貸切な莞爾いっぱいでした
[ 2017/07/02 14:07 ] [ 編集 ]

♪デコ♪さん

デコさん、おかえりなさ~い。
こちらにデコさんのお好きな和紙を扱うお店があるんですね~。
和紙で折り紙?!それとも短冊とかにして俳句でも一句でしょうか。
いずれにせよ、参道には長く続くお店が多いので、まだあるといいですね!
[ 2017/07/02 14:13 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/07/02 15:49 ] [ 編集 ]

こんばんは。
雨が降ったためか、観光客がいなかったり夕暮れ時もあり
これはシャッターチャンスでしたね。
道のど真ん中で撮影が出来たなんてそうない事でしょうね。
いい感じです。
[ 2017/07/02 18:24 ] [ 編集 ]

x都人xさん

やっぱり、歴史の古い京都には敵いませんが、それでも江戸文化の代表選手のような場所なので、訪れる人も多くにぎわっています。今は五重塔も雷門も工事中で残念なところですが、雷門についてはテントに門の画があり、それがそれでまた人気のようなので晴れた日にでも行って来ようと思っています。
[ 2017/07/02 18:50 ] [ 編集 ]

AzTakさん

時代が変われば、当時の技術を用いてなんていう感じで、これはこれで歴史を感じさせる古典的な技術として語られる日も来るかも知れませんね。日本は欧州と異なってとにかく木造建築が主体で、とても味があるのですが耐久性で不利な部分も多く、こういう方向性に舵を切るのもありかも知れませんね。
[ 2017/07/02 19:05 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できますさん

日曜なのに珍しい~、って思っていたら、やっぱり~。
ご丁寧にご連絡いただきましてありがとうございました。
[ 2017/07/02 19:06 ] [ 編集 ]

ぼびぱぱさん

本当に珍しいほど人が居ませんよね!
ライトアップの時間帯に本当にラッキーでした~。
[ 2017/07/02 19:08 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できますさん

いつかお役に立てることがあればとてもうれしいです。
ご丁寧にメッセージまでいただきありがとうございました。
[ 2017/07/02 19:09 ] [ 編集 ]

さゆうさん

ありがとうございます。そもそも雷門からしていつも多くの人でにぎわっているのでびっくりでした。お投げ様でしっかりど真ん中ですっきりした写真を撮ることができました。また、こんな状況なので、沿道の仲見世などもじっくり見ながら歩くことができました。いい経験をさせていただいたこの日でした。
[ 2017/07/02 19:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する