霧晴れ行く高ボッチ山から (長野県 岡谷市)

山の天気は変わりやすいと言いますが、あれほど満天の星が楽しめた高ボッチ高原でしたが、その後、雲が流れて来たのか、霧が発生したのか、周りが濃い霧に覆われてしまいました。 いつまでも霧の中と言うことで、断念して撤収する人も出始めています。 自分の運の悪さに嘆きたくなってしまいます。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1511 霧晴れ行く高ボッチ山から (長野県 岡谷市)

霧晴れ行く高ボッチ山から (長野県 岡谷市)    Photo No.1511

それでも万が一のこともあるのではと粘っていたら、すごい速さで霧が流れて行き、富士山とおぼしきシルエットがどんどんと鮮明化していきます。 諦めずに待っているといい事もあるものですね。 (富士山のある風景)

SONY α7RⅢ FE 70-200mm F2.8 GM  75mm f2.8 1/1.6 (-1) ISO400 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/25 00:00 ]   長野 | TB(-) | コメント(30)

まるで浮世絵のような富士山ですね。霧があったとは思えないくらいクリアです。なるほど、富士山が見える絶景ポイントのため、撮影隊がかなりいらっしゃったんですね。
粘りもの勝ちですね!お見事です!雲もいい感じで、素晴らしいお写真だと思います。

[ 2020/11/25 00:55 ] [ 編集 ]

おはようございます。
わあ、素敵な風景写真ですね。
待っていた甲斐ががありましたね。
ところで、これは70-200、たくさんのレンズを持って行くんですね。重くないですか。
[ 2020/11/25 05:37 ] [ 編集 ]

お早うございます
素敵な光景ですね〜
正に散りばめて宝石ですね
富士山はここでも主役ですね
[ 2020/11/25 05:50 ] [ 編集 ]

諦めずに待っていてよかったですね。待てば海路の日和ありでしたね。
一番良い画がとれたと思います。気分は最高だったことでしょう。
[ 2020/11/25 06:04 ] [ 編集 ]

おはようございます。
早朝の富士山を見るのは気持ちが良いものですね。
手前の朝霧も素敵なアクセントになりましたし
街明かりも良いですねー。
粘り勝ちでしたね。
ここから見る朝日が楽しみです。
[ 2020/11/25 06:23 ] [ 編集 ]

おはようございます。

満点のお星まの後は、早朝の街の夜景と富士山、素晴らしいです。
手前を見ると、霧が流れているのがよく分かります。
それにしても、MTさんの粘りは凄です。言葉通り、粘り勝ちですね。
[ 2020/11/25 06:48 ] [ 編集 ]

おはようございます。

粘ることで出逢える風景
本日も素敵なお写真と
寒い中での粘りに感謝申し上げます。

あの銀杏は、この三連休の写真です。
紅葉から大分だっての黄葉となりますので
ご注意願います。
[ 2020/11/25 06:48 ] [ 編集 ]

諦めないでよかったですね、とても素敵なお写真(^o^)
ぽち
[ 2020/11/25 06:52 ] [ 編集 ]

おはようございます

なるほど〜、夜明けはこうなるのですね。
朝焼けの中、町の灯りがあって、富士山のシルエットがいいですね〜。
霧の名残りも いい味を出しているのではないでしょうか。
星空撮影から続ける段取りもお見事です。
[ 2020/11/25 09:59 ] [ 編集 ]

こんにちは。諏訪のこちらからだと富士山はこんなふうに見えるのですね。

盆地で水があると霧が発生する好条件、規模は違いますが私が住んでいるところも霧がすごいです。
[ 2020/11/25 10:24 ] [ 編集 ]

こんにちは。

朝焼けでしょうか、まだ明けやらぬ空、そして街の灯りの取り合わせが素敵ですね。
これだけの作品を生み出すためには、限りなき忍耐と情熱が要求されますね。
素晴らしい作品だと思いました。
[ 2020/11/25 10:35 ] [ 編集 ]

こんにちは。

カメラマンさんたちが次々に帰る中、粘って待ったのですね。
粘り勝ちでしょうか。
富士山もきれいに見られ街灯りもいいですね。

[ 2020/11/25 10:41 ] [ 編集 ]

良かったですねー。
見事な赤富士ですよー。
[ 2020/11/25 14:59 ] [ 編集 ]

こんばんわ!

良く似たような素敵な風景ですね!
素晴らしいです!
このカットで何枚ぐらい撮られるんですか?
[ 2020/11/25 20:50 ] [ 編集 ]

Roseさん

この写真を見るとなるほどと思いますよね。皆さん、星空よりもこの風景に出会いたく手軽やって来るようです。結構な確率で湖面に霧のベールがかかって、それが最高の見応えとなるのですが、今回はちょっと普通の写真となりました。
[ 2020/11/25 21:13 ] [ 編集 ]

サイカズさん

ありがとうございます。右肩も重いカメラバッグにすっかり順応しています。レンズの件ですが今回は広角単焦点、標準ズーム、そしてこちらのレンズと3本持って行きました。行く場所によってはもっとたくさん持って行くこともあります。
[ 2020/11/25 21:19 ] [ 編集 ]

ぼびぱぱさん

ありがとうございます。どこに行っても富士山があれば主役になります。今回は引き気味に撮っていますが、この次の1枚は望遠で寄ったものをご紹介させていただきたいと思っています。
[ 2020/11/25 21:21 ] [ 編集 ]

AzTakさん

さらにこの風景を撮り、終わりとした方も多く、帰りの山道の混みが気になって早く帰って行ったようです。こちらはもっと粘っていたおかげで素晴らしい景色に会えました。周りを見渡せば夜明かし組の1番最後まで粘っての撮影となったようです。
[ 2020/11/25 21:32 ] [ 編集 ]

nanapapaです こんばんは~♪


素敵な朝景です (^-^)/
富士山と諏訪湖に諏訪の街灯り 何とも贅沢な眺めですね
高ボッチ山の人気の理由が分かります
この方向からの富士の姿はまた格別端正ですね

右手の高い山は北岳でその左隣は鳳凰三山ですね
3D地図で確認できました~(^o^)/
[ 2020/11/25 21:42 ] [ 編集 ]

さゆうさん

ありがとうございます。夜明けの富士山を見るのはいつも最高です。この日は諦めかけていたところでしたが、こんなこともあるものなのですね。霧の中にいる時は、空の写真を撮っておいて良かったなと自分自身に言い聞かせていました。その日は本当にラッキーでした。
[ 2020/11/25 22:44 ] [ 編集 ]

K.R.Mさん

ありがとうございます。星空を撮ってる時はまさかこんなことになるとは思ってもいませんでしたので本当に焦りました。それでも空が明るくになるにつれ霧が急に切れ始め、このような素晴らしい景色を楽しむことができました。
[ 2020/11/25 22:46 ] [ 編集 ]

朝弁さん

貴重なスポットの情報を教えていただきありがとうございます。ビックイエローですが、とても見事な銀杏ですね。きれいな紅葉の山道を歩いてみたくなりますし、このような大きな銀杏もみたくなります。これは回数を分けてでも来いと言うことでしょうか。銀杏の落葉がとても好きで、このような銀杏の風景にいつも出会いたいなと思っています。
[ 2020/11/25 22:51 ] [ 編集 ]

たんぽぽさん

ありがとうございます。どんな難しいことでも諦めてしまえば終わりですよね。今回は多くの人々が帰り始める中で待っていた甲斐がありました。天気だけは本当に読めません。
[ 2020/11/25 22:53 ] [ 編集 ]

TDさん

今回は久しぶりの高ボッチと言うこともあってたっぷり写真を撮りました。先日の星の写真、今日の富士山の見える風景の写真、そして明日は望遠で撮った1枚と、だんだん望遠側へと富士山に寄って行きました。明日の1枚もお楽しみいただけますようお願いいたします。
[ 2020/11/25 22:58 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

今回も湖面の霧のベールを期待して、行ったのですが残念でした。それでもこのような美しい景色を見ることができ本当によかったと思っています。
[ 2020/11/25 23:03 ] [ 編集 ]

SENSEさん

ありがとうございます。こちおらに行くときはいつも気合を入れて行きます。この瞬間を見たときの感動が忘れられず、それがパワーになっているのかも知れません。
[ 2020/11/26 05:35 ] [ 編集 ]

ayaさん

星空があまりにもきれいでしたので、その後の霧の中はまったく想定外でした。それでも待った甲斐がありました。富士山と諏訪湖の様子はとても素晴らしく、違う表情を楽しみたくまた行きたくなってしまいます。
[ 2020/11/26 05:40 ] [ 編集 ]

onorinbeckさん

ありがとうございます。朝焼けのひと時はいつも感動がいっぱいです。夜越しで待っていた甲斐がありました。
[ 2020/11/26 05:42 ] [ 編集 ]

レンさん

星空は超広角域、こちらは標準、次は望遠域と、画角やWBを始め、条件をあれこれ振りながら、変わって行く表情を何枚も撮りました。
[ 2020/11/26 05:45 ] [ 編集 ]

nanapapaさん

こちらに初めて行くきっかけはこのような写真でした。それで早速行って見たのですが、こちらに通いたくなる気持ちが実感できました。富士山の右側にそびえる山々を調べていただきありがとうございます。今はネットであれこれ確認出来ていい時代になりました。
[ 2020/11/26 05:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する