入り乱れるスズメダイの群れ (沖縄県 石垣島)

石垣島の海の中からです。 サンゴにはいろいろな形のものがありますが、熱帯魚たちの隠れ家になっていたりするようです。 そんなこともあってサンゴの多い場所には小型の熱帯魚が多く見られます。 野鳥の写真を撮っている人なら、カラの混群をよく見かけたりするのではと思うのですが、こちらでもそれとよく似た、スズメダイの混群を見ることが出来ました。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No. 1391 入り乱れるスズメダイの群れ (沖縄県 石垣島)

入り乱れるスズメダイの群れ (沖縄県 石垣島)    Photo No.1391

こちらの写真に写る熱帯魚の名前を調べてみました。 素人が調べるので誤りもあろうかと思いますが、オキナワスズメダイ、シコクスズメダイ、、ヒレナガスズメダイ、アサドスズメダイなどがいるようです。 カラが移動するときに混群となって木の枝を忙しく飛び回って移動するように、こちらの小さなスズメダイの仲間たちも似たものどうしで集まってサンゴの近くを忙しく泳いでいるのかも知れません。

OLYMPUS TG-4  53mm相当 水中モード (f4.5 1/200) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/07/28 00:00 ]   沖縄(石垣島) | TB(-) | コメント(26)

こんばんは
お魚がいっぱい、きれいですね♪
サメが来たら怖いけど、もぐってみたいです
ぽち
[ 2020/07/28 00:51 ] [ 編集 ]

スキューバに適した遠浅の海。熱帯に住む魚たちの楽園のようです。
これをこれでもかというほど見ることができる。素晴らしいことなんでしょうね。
[ 2020/07/28 04:57 ] [ 編集 ]

おはようございます。
MTさんが調べたスズメダイだけで4種類、これは覚えきれないです。
これで水深何メーターくらいあるんでしょう?
中には寄ってくる魚もいるんでしょうねー。
これは楽しくなりますねー。
明日がまた楽しみです。
[ 2020/07/28 06:01 ] [ 編集 ]

おはようございます。

海の中の野鳥という情景でしょうか。
夢を見ているような景色です。
サンゴは、熱帯魚にとって重要な存在なんですね。
沖縄の海の環境、しっかり守られているのか心配になります。
[ 2020/07/28 06:13 ] [ 編集 ]

MTさん、おはようございます!

お魚がいっぱいで、癒される水中ですね!
沖縄の海はきれいですね!
[ 2020/07/28 09:41 ] [ 編集 ]

めっちゃ綺麗。
良いなあ!サンゴ礁の海、潜りたい。
シュノーケリングだけどね^ ^
[ 2020/07/28 09:43 ] [ 編集 ]

おはようございます♪

水の色が綺麗ですね! 深さも相当ありそうです。
魚たちも優雅に泳いでて、このあたりは彼らにとって
パラダイスなんでしょうね。
[ 2020/07/28 10:04 ] [ 編集 ]

こんにちは。

スズメダイにもいろいろ種類があるのですね。
たくさん泳いでいる魚も実際に目の前に来るとかなり大きいのでしょうか。

水中撮影は楽しいですね。
[ 2020/07/28 10:42 ] [ 編集 ]

透明度の高い海とスズメタイ

MTさんこんにちは。
早々のコメントを有難う御座いました。
なんと素晴らしい透明度の高い海でしょう。
スズメダイがはっきり見えます。
透明度とスズメダイ最高です。
撮影お疲れ様でした。
[ 2020/07/28 17:31 ] [ 編集 ]

こんばんは。透明度が高く青が素敵な水の色です。肉眼でもこんな感じに見えるのなら最高ですね。

スズメダイだけでなくいろんな色の魚が確認できます。透明度の高さが伺えます。
[ 2020/07/28 20:52 ] [ 編集 ]

こんばんは。

蒼の世界
そこに暮らすお魚の世界
小さな幸せを感じますね。
[ 2020/07/28 21:00 ] [ 編集 ]

(=゚ω゚)ノぃょぅ

めっちゃスズメダイですね。
ものすごいきれいな写真。
どうやったちら、こんなの撮れるんだろ?
それにしても、透明度が凄いですね。
さすが、石垣だ。
[ 2020/07/28 22:01 ] [ 編集 ]

こんにちは

海の中がこんなにきれいに撮れるのは、やはり持っていかれたカメラの性能と石垣島の海の透明度のせいでしょうか。
こんなきれいな海が2月に見られるとは、素晴らしいです。
小さい魚までくっきり見えますね。サンゴもきれいですし、MTさん、パン(エサ用)とか持って行かれたのですか?
[ 2020/07/28 23:09 ] [ 編集 ]

たんぽぽさん

ありがとうございます。 サメはイヤですが、マンタはウエルカムです。
海の中で非日常を楽しみましたが、また楽しんでみたいと思っています。
[ 2020/07/29 05:28 ] [ 編集 ]

AzTakさん

石垣の海もまたきれいでした。初めてシュノーケリングを体験しようと思ったときはどうなることやらと思っていたのですが、1回やると面白いなと思い、2回目以降は病みつきになります。
[ 2020/07/29 05:30 ] [ 編集 ]

さゆうさん

こちらはどのくらいの深さでしょうか。海の明るさから3~5mくらい? 夢中になっていて深さも忘れてしまいます。
サンゴにもっともっと近づいてアップで撮りたいのですが、皆がどんどん先に行ってしまうので、ちょっと撮って追いかけるの繰り返しです。
[ 2020/07/29 05:34 ] [ 編集 ]

K.R.Mさん

サンゴは南国で生息しているものの海温の上昇には弱く、最近の海温の高温化にともなってサンゴが白くなって死んでいるものが多いそうです。 温暖化の原因ははっきりとはわからないものの、このきれいな海や生き物たちの営みがよりよい状態で維持されるといいなと思います。
[ 2020/07/29 05:39 ] [ 編集 ]

レンさん

海の中での生き物たちの撮影もとても楽しく思います。今はこのカメラでも十分でまだまだ使いこなしていないのですが、これを重ねるとよりよい機器が欲しくなるのでしょうね。
[ 2020/07/29 05:42 ] [ 編集 ]

onorinbeckさん

あ、私もシュノーケリングです。
スキューバダイビングは憧れもありますが、プチ潜りが今は楽しく感じます。
[ 2020/07/29 05:44 ] [ 編集 ]

ももPAPAさん

サンゴ礁のパラダイスを元気に泳ぐ小型の熱帯魚がとてもかわいく感じました。サンゴが隠れ家とは言え、この辺りではウツボとかが天敵なのでしょうかね。もっと時間をかけて海の底の写真を撮ってみたいと思いました。
[ 2020/07/29 05:49 ] [ 編集 ]

ayaさん

やはり、南の海に出かければ1度は潜ってみたくなります。
アップで撮ったり、遠景で撮ってみたりと今回も水中撮影はとても楽しめました。わずかな時間ですが、日常から離れての夢のようなひとときでした。
[ 2020/07/29 05:53 ] [ 編集 ]

隆三さん

沖縄の南の島々の海はとてもきれいで、とにかく海が生臭くないし、海から上がっても皮膚がネバネバしません。
本州とはまったく異なった海です。今回はサンゴの海での遠泳を楽しみました。
[ 2020/07/29 05:56 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

お気軽に手軽にこのような体験ができるのが南の島の海の魅力です。このような現地ツアーがたくさんありますので、その人気がわかります。今は、コロナで大変でしょうが、業者さんも何とかこの危機を乗り切って欲しいものです。
[ 2020/07/29 05:59 ] [ 編集 ]

朝弁さん

空から海の底まで生き物が生息する、地球はまさに奇跡の星ですね。太陽系宇宙の様子を思い浮かべながら、南の島のサンゴ礁の様子を見れば、その神秘さがさらに強調されるような気がします。
[ 2020/07/29 06:02 ] [ 編集 ]

焼き鳥おうじさん

シュノーケリング体験ツアーを申し込んで、後は水中カメラを手にすれば誰でも簡単に撮影できます。中には水中カメラを貸し出してくれる業者もありますのでそれを利用するのもいいです。とにかくこのきれいなサンゴの海での撮影はそれほど難しいものではないように感じました。
[ 2020/07/29 06:05 ] [ 編集 ]

Roseさん

沖縄は年中海が暖かいのでこのような体験が楽しめます。シュノーケリングスーツも優れものでこれがハードルを一気に引き下げているように感じました。イタリアの海でもこのような体験ができるのではと思います。さらに透明度の高い海域もありそうで是非、チャレンジしてみてくださいね。カメラも貸し出しがあるかも知れません。
[ 2020/07/29 06:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する