御神埼灯台へ続く道 (沖縄県 石垣島)

海に面した場所に行けばどうしても気になるのが灯台です。 そんなこともあって、今回も石垣島の北西に位置する御神埼灯台にやって来ています。 こちらの「さき」は崎や岬ではなく埼が使われたりしています。 また、ここでも一筋縄でいかないのが地名の読みです。 こちらの灯台のある場所と灯台の名称では読みが違うとか?! 場所は「うがんざき」のようですが、こちらの灯台の海上保安庁による読みは「おがんざき」だそうです。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1382 1382 御神崎灯台へ続く道 (沖縄県 石垣島)

御神埼灯台へ続く道 (沖縄県 石垣島)    Photo No.1382

こちらの御神埼灯台からは位置を変えて撮影したものを2枚をご紹介したいと思います。 まずは画面を大きく分けるように灯台と岬を結ぶ道を配置した1枚です。 この日の午前中はとてもいい青空になりました。 この青空の下、絵葉書のような写真を撮ろうと思います。  以前、絵葉書写真のプロの撮影テクニックについて紹介されているTVプログラムを見たことがあるのですが、基本は青空で、混んでいる場所ではひたすら人が途切れる瞬間を待っているそうです。 それを知ってから、私もそんな瞬間を辛抱強く待つようにしたりするようになりました。 この日も人々がこちらの灯台と岬の風景を楽しみに次から次へとやって来ているのですが、待っているとやはり人が画角から外れる瞬間がありました。 

SONY α7RⅡ FE 12-24mm F4 G  12mm f4 1/2500 (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/07/19 00:00 ]   沖縄(石垣島) | TB(-) | コメント(20)

御神埼灯台ですか。私でも恐怖感をあまり感じずに楽しくアクセスできる灯台のようですね。青い海と空に映えるかんじがとてもCOOLです。
埼玉の『埼』の字が使われているんですよね。海上保安庁の拘りなんでしょうか?

> 国土地理院の地図上の表記は「観音崎」、海上保安庁の海図上の表記は「観音埼」である。
[ 2020/07/19 05:44 ] [ 編集 ]

おはようございます。

青空への描写
視線の変化を伴い
本日もお見事でございますね。
[ 2020/07/19 06:22 ] [ 編集 ]

おはようございます!

綺麗なところですね!沖縄じゃないですが、宮古島の最南端や北海道の彩最東端の灯台なら行ったことがあります。

>>基本は青空で、混んでいる場所ではひたすら人が途切れる瞬間を待っているそうです。>>機会があったら
参考にさせてもらいます。
鳥の世界も、小鳥の場合、背景が綺麗に撮れる場所で写すのが、最適なんですが、そう上手いこと行きません。
[ 2020/07/19 06:29 ] [ 編集 ]

おはようございます。

抜けるような青空と海、気持ちが晴れ晴れします。
この時間帯で、観光客を外して撮影するのは大変でしょうね。
絵葉書の写真を撮ってもつまらないという記事を読んだ事がありますが、いかがなものでしょうかね。
素直に訪れたくなりような絵を撮るのも、撮影の楽しみの一つだと思います。
石垣島に行ってみたくなりました。
[ 2020/07/19 06:46 ] [ 編集 ]

お早うございます
真っ青な空と海、そして白い灯台
絶対行きたくなる場所ですよね
でも、だいたい厳しい坂の上にあるんですよね
結構汗だくになるんですよね(笑)
[ 2020/07/19 06:55 ] [ 編集 ]

待ったかいがありましたね
とても素敵なお写真ですね♪
ぽち
素敵な日曜日になるといいですね
「アルフォート」は、ブルボンの造語で、“冒険”や“ロマン”をイメージした言葉、この言葉をイメージした絵が船なのだそうです
[ 2020/07/19 06:58 ] [ 編集 ]

おはようございます。
この構図、流石です。
この絵を見ると行って見たーいと言う気にさせる絵ですね。
見事でした。
[ 2020/07/19 08:34 ] [ 編集 ]

こんにちは。相変わらずの爽やかさ、抜けるような空の青と海の深い青、手前の植物が南国を感じさせます。

安定の構図に人が途切れるのを待つ忍耐、さすがです。
[ 2020/07/19 11:45 ] [ 編集 ]

こんにちは

こちらの灯台は、とってもシンプルな形なのですね。青空の色がとても美しいです。それと、いかにも手造りといった感じのフェンスもいいですね。ごつごつした感じと木のぬくもりが感じられて、この風景にとってもあっていると思います。
人影が全く見えないので、人があまりいないのかと思っていたら、そういう機会を待って撮影されていたのですか。「待つ」ことも良い写真を撮るためには必要なんですね。大変なことです。
[ 2020/07/20 00:21 ] [ 編集 ]

AzTakさん

こちらの灯台へは長い坂道をやって来ますので、そちらがちょっと面倒かも知れません。
また灯台へ向かう道はそうでもないのですが、灯台から岬側は風が強くてびっくりでした。
[ 2020/07/20 05:13 ] [ 編集 ]

朝弁さん

こちらでは絵葉書調で撮影してみました。撮っていて思うのは、昼間の写真はなかなか表現が難しく、昼間の写真をあまりにも多く撮りすぎるとスランプになってしまいそうです。
[ 2020/07/20 05:16 ] [ 編集 ]

レンさん

宮古島は東平安名崎ですね!私も行きました。
海のある場所に行くとなぜか灯台に向かってしまいます。そちらでも、こちらでもイソヒヨドリに出会いました。
[ 2020/07/20 05:20 ] [ 編集 ]

K.R.Mさん

私もそういう記事を読んだことがあります。いつも絵葉書写真家の方に失礼だと思いながら見ています!?絵葉書写真を見てそこに行きたくなるとか、懐かしさを覚えるとか、そんな力が絵葉書写真にはあります。そのレベルのものを撮るのも大変ですよね。
[ 2020/07/20 05:31 ] [ 編集 ]

ぼびぱぱさん

当たりです!とても長い急な坂をやって来ました。
こちらも車を停めてからも坂道を上るので大変でした。
[ 2020/07/20 05:33 ] [ 編集 ]

たんぽぽさん

ブルボンのチョコの絵はそんな思いがあるのですね。ありがとうございます。
そんなところが、明治やロッテとの違いのひとつかも知れませんね。
[ 2020/07/20 05:35 ] [ 編集 ]

さゆうさん

ありがとうございます。ちょっと無理して撮っている感がありますよね!ロケハンも兼ねての訪問でしたが昼間だけにとどめました。こんなところではグラビアアイドルのモデルさんでもいてくれると相当楽しめるのにと思いました。
[ 2020/07/20 05:37 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

ありがとうございます。こちらの灯台へは夕方や夜に行くのはどうかとロケハンも兼ねていたのですが風も強すぎるのと坂がイヤで昼間の写真だけとしました。工夫は構図と人がいなくなるのを待ったことだけです。
[ 2020/07/20 05:40 ] [ 編集 ]

Roseさん

島の灯台の風景と言った感じです。海の向こうに特徴的な山があるとか、光が差し込んでいるとか、そんな風景ですととても画になるのですがこちらはそれもなく少々残念でした。朝夕の写真に比べ、昼間の写真はドラマも少なく難易度がいつも高いと思っています。
[ 2020/07/20 05:45 ] [ 編集 ]

おはようございます♪

これはまた素晴らしいショットですね。
青い空とどこまでも拡がる青い海 灯台のある場所まで
早く行ってみたい そんな気持ちになりました。
[ 2020/07/20 10:40 ] [ 編集 ]

ももPAPAさん

今回はたくさんのコメントをいただき大変ありがとうございます。とことん青い空をずっと見ていない方も多そうなので、いいタイミングでUPでき、とても良かったと思っています。もう少しの辛抱かと思いますが、青い空に入道雲の広がる夏に早く来ていただいて、爽快な風を受けながらのドライブでも楽しみたいものですね。
[ 2020/07/20 21:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する