黄色い花托 (古代蓮の里/群馬県 富岡市)

群馬県富岡市の古代蓮の里からの1枚です。 古代ハス(大賀ハス)の花の中央部の黄色い花托(かたく)と呼ばれる部分がとても印象的です。 こちらの部分は花が落ちて、いくつもの実が目立つ頃になると果托(かたく)と呼ばれるということです。

絶景探しの旅 - 絶景Photo.1372 黄色い花托 (古代蓮の里/群馬県 富岡市)

黄色い花托 (古代蓮の里/群馬県 富岡市)    Photo No.1372

時間とともに雨が上がり、すごい早さで辺りが乾き始めています。 こちらの古代ハスの花托には水玉が小さく残っています。 このまま転がり落ちてしまうのか、この勢いで蒸発してなくなってしまうのでしょうか。 黄色い花托の上では、小さな水玉の存亡をかけた最後の攻防が繰り広げられていました。

SONY α7RⅡ FE 70-200mm F2.8 GM  200mm f2.8 1/3200 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/07/09 05:00 ]   群馬 | TB(-) | コメント(22)

おはようございます。

綺麗ですね〜。背景の緑が、更にハスの花びらと花托を美しく表現していると感じます。
私も、70-200 f2.8暫く防湿庫でお休みしていたので使ってみたいと思います。
[ 2020/07/09 05:33 ] [ 編集 ]

お早うございます
かたくって言うんですか  初めて知りました
面白い角度で、かたくが光り輝いていますね
[ 2020/07/09 05:38 ] [ 編集 ]

花托って、いつも思うんですが、カップ型のケーキのように見えて仕方ありません。食い意地が張ったコメントで恐縮です。
[ 2020/07/09 06:34 ] [ 編集 ]

おはようございます。
ハスの花托と雌蕊の黄金色がバックの緑色に良く映えて目を引きますね。
開放での撮影が素晴らしいです。
[ 2020/07/09 09:06 ] [ 編集 ]

おはようございます♪

水滴を載せた花弁と花托 趣きがありますね。
時期によって花托、果托と呼び名が変わるのは蓮ならでは
なんですね。



[ 2020/07/09 09:07 ] [ 編集 ]

小さな水玉、うんうん、どうなるのか気になりますよね♪
今日も素敵な1枚ですね
今日もお仕事頑張ってください
ぽち
[ 2020/07/09 10:33 ] [ 編集 ]

とっても綺麗ですわー!
今年は古代蓮見に行けませんでしたよー。
[ 2020/07/09 10:40 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2020/07/09 11:32 ] [ 編集 ]

こんにちは。

蓮の中心部分、魅力のある部分ですが花が咲いている時は
花托で花が終わって実がつくころは果托になるのですね。
知りませんでした。

花托に乗った一粒の雫が光っていますね。
[ 2020/07/09 11:56 ] [ 編集 ]

こんにちは。この花托、ハスの特徴のひとつですよね。

葉の上の水滴が揺れる様は気になりますが、花托の水滴に注目されましたか。さすがの視点です。

[ 2020/07/09 13:05 ] [ 編集 ]

こんにちは

連日のしっとりと雨に濡れた蓮の花、とても素敵ですね。
刺激を受けて私も市内の小さな蓮スポットに足を運んでいます(^^♪
カワセミがやってきたので、変なスイッチが入ってしまいました(笑)
[ 2020/07/09 16:27 ] [ 編集 ]

K.R.Mさん

ありがとうございます。中望遠レンズでの背景のボケを取り込んだ撮影も楽しいものですね。
私も最近は防湿庫でじっと我慢の70-200となっていました。
[ 2020/07/10 05:16 ] [ 編集 ]

ぼびぱぱさん

そうなのです。花托というようです。
ハスは他の植物とは異なった造りが魅力いっぱいですよね。
[ 2020/07/10 05:18 ] [ 編集 ]

AzTakさん

上はカップケーキ(?)、下はレンコン?!食べる方もしっかり楽しめるハスですが、食用種みたいなのがありそうです。で、こちらの古代蓮のレンコンって、食べたことのある人がどこかに居そうですが、どんな味だったのでしょうかね。
[ 2020/07/10 05:24 ] [ 編集 ]

さゆうさん

明るめのレンズは絞り開放での撮影が楽しくなりますよね。
ふんわりしたボケも中望遠レンズならではで久しぶりにボケを目いっぱい活かした写真を楽しむことが出来ました。
[ 2020/07/10 05:27 ] [ 編集 ]

ももPAPAさん

古代蓮は大きいので花をあれこれ切り取った撮影ができました。この日は短時間ではありましたが土砂降りがすごく、雨に打たれる大きな花と花托を支える細い茎の頑張りもすごいと思いました。
[ 2020/07/10 05:33 ] [ 編集 ]

たんぽぽさん

雨が上がると水玉や水滴がかなりの早さで消えていきます。紫陽花のときも大慌てであちこち回ったりしました。雨の日は普段は家にいるのですが、この日は雨が消えないでと祈りながらのハス撮影となりました。
[ 2020/07/10 05:39 ] [ 編集 ]

onorinbeckeckさん

ありがとうございます。今年の花見関係はコロナのために大混乱ですね。
これからは新しい生活の中での花見となるのでしょうかね!?
[ 2020/07/10 05:41 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できますさん

コメントありがとうございました。
おっしゃるように花托の部分は好き嫌いがわかれそうですね。
[ 2020/07/10 05:43 ] [ 編集 ]

ayaさん

マクロ的な撮影活動のいいのは、花のパーツをあれこれ観察しながらの撮影となるところですよね。今回は大きな葉にたまった水滴をはじめとしたハスの水をはじく力を見ながら、そちらも合わせて楽しむことができました。

[ 2020/07/10 05:47 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

ありがとうございます。ハスと言えば水をはじく力ですよね!今回はUPしないのですが、葉の大きな水滴に雨粒が落ちる様子や、大きな水玉がゆらゆらする様子も楽しめました。
[ 2020/07/10 05:50 ] [ 編集 ]

葉月さん

この季節はハスを楽しみたいですよね。ハスとカワセミ撮れたのですね!これはすごいです。UPを楽しみにしています。私もいつかはそんな瞬間を狙いたいと思っています。
[ 2020/07/10 05:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する