雨降る古代ハスの里 (群馬県 富岡市)

日本各地でこの時期になると話題になるのが、およそ30㎝にもなる巨大な花がとても魅力的な古代ハス(古代蓮/大賀ハス)の開花です。 古代ハスは、今から69年前の1951年(昭和26年)の3月に、千葉市の東京大学の敷地の地下6mで実の状態で3粒が見つかったそうです。 植物学者の大賀一郎博士により、約2000年以上も前のものと鑑定され、その年の5月に博士の東京都府中市の自宅で3粒のうちの1粒が発芽し、翌年7月に開花したとのことです。 今は移植が広がり全国各地で見られるようですが、紀元前後から2000年の眠りに入った花が今の時代に蘇って見られるなんて、とてもロマンのある話ですね。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1368 雨降る古代ハスの里 (群馬県 富岡市)

雨降る古代ハスの里 (群馬県 富岡市)    Photo No.1368

関東では、埼玉県行田市の古代蓮の里が有名ですが、今回、1時間30分かけて出向いて行ったのは群馬県富岡市の神成(かんなり)地区にある、神成古代蓮の里です。 遠いのですがNHKニュースで地元の人たちによって一生懸命管理されていると知り、それならと出かけてきました。 こちらの古代蓮は大賀博士自らが新潟県十日町市二ツ屋弁天池に移植したものを、今から10年前に分根移植したものとのことです。 この写真は早朝からの前が見えないほどの激しい雨がだんだんと落ち着き始めたときの1枚で、傘を差しながらの撮影です。 ということで、今日からしばらくの間、先週末に撮影の群馬県富岡市の古代ハス編となります。 お付き合いいただけますとうれしく思います。

SONY α7RⅡ FE 70-200mm F2.8 GM  200mm f2.8 1/1250 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/07/05 00:00 ]   群馬 | TB(-) | コメント(24)

こんばんは
とてもきれいですね~!
ぽち
八王子はラーメンが有名ですね
禁煙のお店でいつか食べてみたいです
[ 2020/07/05 02:21 ] [ 編集 ]

もう蓮が咲き出す季節なんですねえ。大賀博士ゆかりの古代蓮も気持ちよく咲き出しましたね。

蒸し暑くて堪りません。蓮さんは涼しさを満喫しているのでしょうね。異常気象で荒れる近年の天気、早く梅雨が明けてほしいと思います。特に水害に苦しむ九州の被害がこれ以上拡大してほしくありません。
[ 2020/07/05 05:50 ] [ 編集 ]

おはようございます。

美しいですね。
勿論、MTさんの撮影の上手さで綺麗に表現されていると思うのですが、雨模様の天気がこの美しさを出しているのだと思いました。素晴らしいです。
アオバズクのエンゼルポーズ、ネットで見てみました。このポーズを撮らずには帰れない気持ちになりますね。
[ 2020/07/05 06:15 ] [ 編集 ]

お早うございます
2000年の時を越えて咲いたハスの花
凄い生命力ですね〜
以前、新潟でハスを撮りに行った時、ハスの背が高くてハスの葉の下からしか花が見えなかった事が有りました
3脚と脚立が必要でした
[ 2020/07/05 06:58 ] [ 編集 ]

おはようございます。
雨降りに中を1時間半駆けて、傘をさしての撮影、このど根性の凄さ見習いたいと思います。
古代ハス、美しいですねー。いい雰囲気ですね。これからのハスも楽しみにしています。
此方は北見市にある個人の池に訪問したのですがもう少しでハスが開花するようです。
此方は2時間半かけて行って見たいと考えています。
[ 2020/07/05 07:13 ] [ 編集 ]

おはようございます!

古代ハスの生命力と傘を差しての粘りは凄いです。普通のハスと違うんですか?
ここは、ハスカワは撮れないんでしょうか? 
[ 2020/07/05 07:51 ] [ 編集 ]

おはようございます

いつも行動的で遠出が多いですね。
古代ハスも今では各地に広がって見る機会が多くなりました。
雨上がりと言うことで花びらの雫がそれを物語っていますね。
[ 2020/07/05 08:48 ] [ 編集 ]

こんにちは。お話しとしては知っていましたが、こうして写真を拝見するのは初めてです。これがあの2,000年の眠りから覚めた蓮の子孫なのですね。

蓮の花を見るとどうしても仏教を連想してしまいます(レンコンも…)。
[ 2020/07/05 10:47 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2020/07/05 11:37 ] [ 編集 ]

こんにちは。

蓮の花
その儚さを感じるお写真
とても素敵な色合いですね。
[ 2020/07/05 14:00 ] [ 編集 ]

たんぽぽさん

八王子ラーメンは昔ながらの東京ラーメン風で、あっさりしていて食べやすいです。
ほとんどのお店でタバコを吸っている人を見たことがありませんので、安心して食べに来てくださいね。
[ 2020/07/05 17:22 ] [ 編集 ]

AzTakさん

この日も朝方すごい豪雨でびっくりするくらいでした。大事に至らず良かったと思います。この日はずっと雨の予報でしたが、しばらくして天気も回復してくれ、楽しめました。それにしても九州・熊本、鹿児島の豪雨にはとても悲しくなってしまいます。毎年どこかで、ひどい災害が起き、何とかならないものかと思います。
[ 2020/07/05 17:31 ] [ 編集 ]

こんにちわ♪

蓮の花って他の花にはない魅力があって、そこに惹かれます。
その魅力ってどんな? と聞かれると答えづらいんですが、
花の色合い 艶 葉の色 大きさ 形 佇まい・・
ですね。 2000年も前の実から発芽し、開花したものが
分植され、こうして鑑賞できることが凄いことですね。
ほんとにロマンを感じます。
[ 2020/07/05 17:40 ] [ 編集 ]

こんばんは。

雨の雫がついた大賀蓮。
しっとりとしていいですね。

傘をさしての撮影、お疲れさまでした。
[ 2020/07/05 18:28 ] [ 編集 ]

K.R.Mさん

ありがとうございます。Googleマップで古代ハスでこちらの場所がすぐに示されました。無事に雨降りのタイミングでやって来ることが出来楽しめました。蓮の花は紫陽花とならんで、雨が似合う貴重な花だと思います。エンゼルポーズですが、今日は見ることが出来ませんでした。来週にまたチェックしに行こうと思います。
[ 2020/07/05 20:34 ] [ 編集 ]

ぼびぱぱさん

すごいです!そんなにすごいハスが新潟にあるのですね。また、巨大ハス沼もあると知りました。
また、宮城県にもあるとかで、一度行って見たくなりました。
[ 2020/07/05 20:46 ] [ 編集 ]

さゆうさん

昔から車での長時間移動に慣れていまして、あまり苦になりません。また、雨のハスを楽しみにやってきましたのでこちらも全然問題ありませんでした。北海道ではあまりハスの花を見かけることがないのですね。そんな中でのさゆうさんも訪ねるという貴重な北見のハスの花も楽しみです。
[ 2020/07/05 20:53 ] [ 編集 ]

レンさん

とにかくこちらのハスの花に葉の大きさが半端ないです。花の大きさが人の顔ほどあります。地中から出てきたハスがこんなに大きくて関係者もさぞかし驚いたことでしょうね。ハスカワはいつも憧れの的です。今度、スポットに出かけて粘ってこようかなと思います!?
[ 2020/07/05 20:57 ] [ 編集 ]

つぅたろうさん

群馬と栃木、茨城は私の撮影地としての最重要開拓地にしていまして、そんなこともあって思い切って行ってきました。
今回初めて見る古代蓮の大きさにとても感動しました。あまりの大きさにどう料理しようかと戸惑うばかりでした。あれこれイメージしていたのですが、やって来た時間の問題があったり、人出も多くなかなか思い通りに行きませんでした。それでも雰囲気がつかめましたので、次回が楽しみです。
[ 2020/07/05 21:06 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

ハスが宗教的な印象があるのはやはり普通の花と違うオーラがあるからかも知れません。
おそらく、この大賀ハスのように、種子が時代を超えて咲くことが出来るワープ能力があるようで、そのために何万年も昔からの姿をとどめているのではと思ったりしました。
[ 2020/07/05 21:12 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できますさん

いつもうれしいコメントありがとうございます。
今回初めて古代蓮と呼ばれる種類のハスの花を見ましたが、とても素晴らしくてやって来てよかったと思いました。
[ 2020/07/05 21:14 ] [ 編集 ]

朝弁さん

ありがとうございます。今回は古代蓮を通じて、蓮にはすごい生命力と粘りがあることがわかりました。ハスのように力強く粘り強く頑張って生きたいとつい思ってしまいました。ハスの粘り強さで今回の古代蓮の特集を続けますのでよろしくお願いします。
[ 2020/07/05 21:21 ] [ 編集 ]

ももPAPAさん

私もももPAPAさんに同感です。ひょっとしたら、魚でいうところのシーラカンスのように、正真正面の古代の花の形に近い様に感じます。今回は2000年ほど昔の種でしたが、それだけ見てもタイムトラベル能力も備わっているようで、そんなところも我々の心に訴えるものがあるのかも知れません。この生命力の強さもあって宗教的なものには欠かせないのかも知れません。
[ 2020/07/05 21:27 ] [ 編集 ]

ayaさん

ayaさん同様に、古代蓮を楽しんできました。今回は雨と雫狙いでしたので無事に目標が達成された気分でした。
それにしてもイエスキリストの頃に生えていたものが、今によみがえるなんて、花の世界のイエスのようですね!
[ 2020/07/05 21:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する