雄阿寒岳を取り囲む阿寒湖と幻の湖 (北海道 津別町上空)

いよいよ、"冬から春へのオホーツの旅"編の最後の1枚となります。 羽田空港に向かう飛行機から空から斜里岳、屈斜路湖の素晴らしい風景を楽しむことができ大満足です。 念願の屈斜路湖の空撮を楽しんだ後は、到着まで疲れを取るために爆睡モードに入ろうとカメラを片付けようとします。その瞬間、眼下に雄阿寒岳とそれを取り囲む3つの湖、阿寒湖、パンケトー、ぺンケトーの見事な絶景が飛び込んで来ました。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1332 雄阿寒岳を取り囲む阿寒湖と幻の湖 (北海道 津別町上空)

雄阿寒岳を取り囲む阿寒湖と幻の湖 (北海道 津別町上空)    Photo No.1332

春霞のような空の下にそびえるのは雄阿寒岳です。 その雄阿寒岳を挟むように見える湖は、向かって左側の2つが、パンケトー(手前)、ぺンケトー(奥)で、地上からですと、双湖台という展望台から小さく見えるだけという幻の湖です。それぞれ、湖岸にたどり着く道も今はないとのことです。 また、周辺はヒグマの活動エリアということもあり、湖に向かうにはあまりにも危険と言われています。 右側の大きな湖はマリモでお馴染みの阿寒湖です。  (空撮写真・空からの風景)

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  52mm f4.5 1/2000 (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/05/30 00:00 ]   北海道(網走・北見) | TB(-) | コメント(20)

おはようございます。
上空からの阿寒摩周国立公園の撮影、素晴らしいですね。
まるで、プライベート機で撮影されたのかと思ってしまいます。
自分の生活エリアの素晴らしさを、MTさんに教えて頂きました。
ありがとうございます。お疲れ様でした!!
[ 2020/05/30 05:29 ] [ 編集 ]

おはようございます。
雄阿寒岳周辺を大きく入れた航空写真は初めて見ました。
素晴らしい絵です。見せて頂きありがとうです。
阿寒―弟子屈の横断道路は、この絵の雄阿寒岳の裏側に当たりますね。
この絵を見て思い出しました、28歳の夏、中学時代の友人とペンケトー湖畔でキャンプをしたことを
恐怖の一夜でしたね。この年の頃はいろんな所でキャンプをしていた年の頃です。
摩周湖の湖でのキャンプをしたこともありましたねー。
この絵を見て色んな事が次から次へと思い浮かべます。
見せて頂いたことに感謝ですね。
[ 2020/05/30 05:43 ] [ 編集 ]

手前のパンケトーと奥のぺンケトーとをくっきりはっきりとらえることができ最高でしたね。有終の美を飾ることができたと思います。
本当に本当にお疲れさまでした。
[ 2020/05/30 06:44 ] [ 編集 ]

今日もすごく素晴らしい♪
いつもありがとうございます
みなさんのブログ、大急ぎで訪問中です
今日のぽちしました
[ 2020/05/30 07:15 ] [ 編集 ]

おはようございます♪
今回もまた素晴らしいショットですね!
真ん中に大きく雄大にそびえる雄阿寒岳を囲むようにして見えるパンケトー、ぺンケトー
の湖 春霞がかかったモノトーンな色合いの風景 遠くの、空と大地が溶けあったような
景色が何ともいえない雰囲気を醸し出していていいですね。
[ 2020/05/30 09:11 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2020/05/30 09:25 ] [ 編集 ]

K.R.Mさん

こちらこそ、ずっとご覧いただきありがとうございます。
空からの阿寒摩周国立公園の素晴らしい風景が素晴らしいお土産となりました。次回、釧路方面に行くときは是非とも鳥の撮影のコツなどご伝授いただければと思います。
[ 2020/05/30 10:46 ] [ 編集 ]

さゆうさん

地図をずっと眺めていて、いつか阿寒―弟子屈の横断道路パンケトーとぺンケトーが見えるという双湖台に行きたいと思っていました。そんな思いよりも先に空撮でこちらの2つの幻の湖を見ることができました。何とも言えない幸運でした。ペンケトーへの道の記述を読めば、恐ろしく感じますが、若い時期は怖いもの知らずでしょうか、ご無事で何よりでした。とはいうものの真っ暗な中のキャンプには少しあこがれがあります。
[ 2020/05/30 10:55 ] [ 編集 ]

AzTakさん

ありがとうございます。おかげさまで最後の最後にこの風景に出会うことができました。
来年はもっと雪のある時期にやって来れればと思います。
[ 2020/05/30 10:57 ] [ 編集 ]

たんぽぽさん

今朝もご訪問ありがとうございました。
今日も長い一日となりますが、頑張ってくださいね!
[ 2020/05/30 10:58 ] [ 編集 ]

ももPAPAさん

ありがとうございます。特にまさかの阿寒湖とパンケトー、ペンケトーの風景には感謝しかありませんでした。贅沢を言えば、もっとくっきりと撮れればよかったのですが、この時期ゆえ、仕方ないと思っています。この前の旅の石垣島も霞んでいましたので、今年は霞に悩まされそうな年になっているのかも知れません。それでも昨年の旅の天気の悪さ率を考えれば、この天気もありがたいくらいです。
[ 2020/05/30 11:03 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます。
いろいろ大変な世の中になってしまいました。皆で少しでも良くなる方向で進められなければいけませんよね。
[ 2020/05/30 16:05 ] [ 編集 ]

こんばんは。

締めくくりの一枚
これから来るべく春に向け
雪が北の大地に新緑もたらす。
いつまでも守っていただきたい風景を
ありがとうございます。
[ 2020/05/30 20:10 ] [ 編集 ]

おぉ!これはとても貴重な一枚です!何より今はヒグマの危険で、近寄れない場所が飛行機に乗って上空からは、一度に見ることができるとは。雄阿寒岳という場所は、初めてなので、まったくわかりませんが、阿寒湖はマリモのこともあり、知っています。北海道は本当に見どころがたくさんあって楽しめますね。私達も、大事にしないといけないと改めて思いました。
[ 2020/05/31 05:57 ] [ 編集 ]

朝弁さん

自然とともに我々は生きているということを改めて実感した旅でした。北海道のアイヌの人々の自然を素直に心から崇拝する気持ちがわかるような気がします。今は文明の発達した便利なところに住んで、働いて、お金をいただいていますが、心はなぜか満たされないことが多く、すっきりしません。それでもこうやってわずかな時間、大自然を感じながらの撮影活動に、満たされないものが少し回復するような気がしています。
[ 2020/05/31 06:18 ] [ 編集 ]

Roseさん

ありがとうございます。Roseさんの米国のお知り合いの方もそうですが、北海道の自然に魅了された海外の方も多いようでうれしいですよね。私は欧州の風光明媚なアルプス山脈のダイナミックな風景に憧れていますが、こうやって日本の優しくも厳しい自然の素晴らしさにも敬意を払って、しっかりと接して行きたいと思っています。
[ 2020/05/31 06:23 ] [ 編集 ]

素晴らしい!地図では想像するしかありませんが上空から見るとこんなに見えるんですね。
富士五湖の縮小版ってな感じですね。
[ 2020/05/31 09:12 ] [ 編集 ]

おはようございます。阿寒湖から雄阿寒岳を挟んだだけなのに人を拒む秘境の幻の湖というのがあるのですね。さすが北海道です。

さすがに昨日と今日は奥能登にも旅行者がけっこう訪れているようです。せっかくコロナの感染者が出ていないのに、これから奥能登にとっての第1波が来そうな気配です。
[ 2020/05/31 09:38 ] [ 編集 ]

つぅたろうさん

ミニ富士五湖、まさにそんな感じですね。高い火山ができるときに周りの土を持っていき窪みができるからでしょうか。
山を囲むような円形にも近いそのきれいな様子に感動でした。
[ 2020/05/31 15:30 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

阿寒湖の方に温泉が出ているので、優先的に開発されたからでしょうか。ある意味で、こちらに集中したおかげで、残り二つは取り残されたとすれば、この時代、ありがたいことなのかも知れません。野生の生き物たちが自由に生きることのできる空間も必要ですよね。それにしても奥能登にいきなりですか・・・。うれしいやら、悲しいやら、まずは第1派が来ないように祈りたいです。
[ 2020/05/31 15:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する