妖怪ぬらりひょんの縁台 (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)

夜の雨上がりの鬼太郎ひろばからです。ここには優しい妖怪だけでなくちょっと怖そうな妖怪もいまして、夜にそれを見れを見るのもなかなかおこっかなかったりします。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1235 妖怪ぬらりひょんの縁台 (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)

妖怪ぬらりひょんの縁台 (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)   Photo No.1235

水木しげるの妖怪の世界観の中で、妖怪総大将とされるのが、このぬらりひょんです。人との距離の近い鬼太郎と敵対しています。今回はモノクローム調での表現としてみました。

SONY α7RⅡ FE 24mm F1.4 GM  24mm f1.4 1/25 (-2) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/23 00:00 ]   東京(武蔵野・東多摩) | TB(-) | コメント(18)

こんばんは
怖いですね~
でも可愛くも見えるので不思議です♪
ぽち
[ 2020/02/23 01:33 ] [ 編集 ]

おはようございます。
実際にこのような妖怪と出会ったら、ドッキリどころか声も出ないかもね。
モノクロームの方がより怖さが感じられます。
突然、出会いたくないですねー。
[ 2020/02/23 05:24 ] [ 編集 ]

おはようございます。

この表情を夜見みる勇気
無いです!  笑)
[ 2020/02/23 09:03 ] [ 編集 ]

おはようございます。
モノクロームで表現すると、日本昔話のような深い歴史を感じる妖怪に見えてきますね。
カラーより、更にお化けの怖さを感じます。
[ 2020/02/23 09:23 ] [ 編集 ]

存在感がある妖怪ですねえ。総大将の貫禄がたっぷりと。
怖がりの私をビビらせるには十分すぎます。
[ 2020/02/23 09:37 ] [ 編集 ]

こんにちは!
ブログを開いてビックリしました!
この<ぬらりひょん>は衝撃的な感じの画になっています。本当にそこに彼が座っているかのようで、迫って来ます。
面白い画に感謝!!
[ 2020/02/23 11:10 ] [ 編集 ]

こんにちわ♪

これはまた存在感ありますね(^^;

モノクロームな世界でよりそれが際立ってかなりの迫力です。
これ 遠目からみてシルエットだったのが、何だろう?って感じで
近づいて "ぬらりひょん" だったら相当ビビりますよ(苦笑)
[ 2020/02/23 13:45 ] [ 編集 ]

こんにちは

>妖怪ぬらりひょんの縁台

迫力ですね。

よるは怖いですね。
[ 2020/02/23 15:24 ] [ 編集 ]

こんにちは

「ぬらりひょん」のモノクロームは、怖いですね。
本当は何色なのでしょうか?
これは、小さい子どもが夜見たら、寝られないかもしれません。
[ 2020/02/24 02:52 ] [ 編集 ]

たんぽぽさん

人間は自分たちの価値観だけで動物たちにはお構いなしなのが気になるところです。
実は私たち人間がこの世で一番怖い妖怪なのかも知れませんよね。
[ 2020/02/24 20:33 ] [ 編集 ]

さゆうさん

前からモノクロームで紹介したいと思う、写真も数多くありましたが、カラーで勝負をかけてきましたが、さすがにこ怪大将のぬらりひょんさんですね。今回、モノクロームへの作品UPへの背中を押してくれました。
[ 2020/02/24 21:31 ] [ 編集 ]

朝弁さん

妖怪公園とは言え、子供たちに親しみやすい妖怪ばかりかと思えば、このようなちょっと怖めの妖怪もいて驚きました。
さらにこのぬらりひょんだけ、素材が違っていました。何か物語のようなものも込めて作られた公園のようにも感じました。
[ 2020/02/24 21:36 ] [ 編集 ]

K.R.Mさん

今回の鬼太郎ひろばシリーズは現像も思いっ切って、妖怪たちを活かすようにしてみました。
小さな子供は、夜の公園に来るのが怖くなりそうな印象を私も受けました。
[ 2020/02/24 21:39 ] [ 編集 ]

AzTakさん

私が子供の頃見た鬼太郎のアニメで、牛鬼という見るからに恐ろしい妖怪が鬼太郎をコテンパンにやっつけてしまうシーンがあったのですが、その回を見て、あまりの恐怖感に包まれたことを今も思い出します。絵のタッチなどもそういった怖さもありました。その牛鬼も焼き直される都度に、怖さも損なわれていて、それは違うんじゃないの?!と文句を言いたくなってしまいます。(そんな思いもこの写真に込めました。)
[ 2020/02/24 21:45 ] [ 編集 ]

Charlieさん

私もCharlieさんのブログ「MONOCHROME-モノクローム寫眞」のように、ぬらりひょんをモノクロームで鬼太郎のアニメの中で出てくる妖怪の総大将を表現してみました。自分で仕上げてよくわかったのですが、同じモノクロームでも黒の色の選択で印象が大きく異なるものなのですね!
[ 2020/02/24 21:49 ] [ 編集 ]

ももPAPAさん

こちらの公園用に作られたキャラの中には劇画調のキャラ作成の中で作られたりしているわけですが、このぬらりひょんだけは、メタリックな素材で作られていました。昼間に見る分にはそれほど気にならないと思いますが、夜見ると怖やっぱりそうですね。
[ 2020/02/24 21:56 ] [ 編集 ]

hirokinaraさん

怖いぬらりひょんを置いているのは、ひょっとして子どもたちを強力に見守ろうとするためかも知れませんね!?
[ 2020/02/25 04:37 ] [ 編集 ]

Roseさん

モノクロームですと元の色が気になるところですよね。
暗闇で見ているので何とも言えませんが、元の色は真鍮色のように感じました。
[ 2020/02/25 04:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する