レインボーブリッジの夜景 (豊洲ぐるり公園/東京都 江東区)

東京都江東区の豊洲ぐるり公園からのお楽しみと言えば、レインボーブリッジのライトアップです。 空がどんどん暗くなり、その存在感を示すようにレインボーブリッジの青い光が東京湾に浮かび上がります。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1487 レインボーブリッジの夜景 (豊洲ぐるり公園/東京都 江東区)

レインボーブリッジの夜景 (豊洲ぐるり公園/東京都 江東区)    Photo No.1487

ちょうどレインボーブリッジの下を船が通り過ぎる瞬間を狙ってシャッターを切っています。 この日の豊洲ぐるり公園からのレインボーブリッジの見え方があまりにもまとまりすぎているということもあり、意表を突くような表現が少々難しく感じたりしながらの撮影です。

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  24mm f4 8s (-2) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/01 00:00 ]   東京(湾岸地区) | TB(-) | コメント(22)

闇夜に浮かび上がる東京ゲートブリッジ (若洲公園/東京都 江東区)

東京夜景のご紹介はレンインボーブリッジから、こちらの東京ゲートブリッジの1枚で一旦、〆たいと思います。 空も気が付けば真っ暗なっています。 レインボーブリッジが青のライトアップの中にグリーンのライトのアクセントなら、こちらは白のライトアップにブルーのラインの組み合わせとなっています。 どちらも東京湾岸を代表する橋ですが、皆さんのお好みはどちらでしょうか。 



闇夜に浮かび上がる東京ゲートブリッジ (若洲公園/東京都 江東区)    Photo No.1488

同じ東京湾の埋め立て地に架かる人気の両橋ですが、このような航空機の光のラインとのライトアップの橋が共演ができるのはゲートブリッジの方となっています。 大きな支柱の上からワイヤーで橋を吊るす構造のレインボーブリッジに対して、ゲートブリッジが支柱の組み合わせが美しいトラス構造となっているは、羽田空港へ向かう航空機の経路ということで高さ制限が設けられているからだということを、この1枚からもうかがい知ることが出来ます。

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  107mm f16 10s ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/02 00:00 ]   東京(湾岸地区) | TB(-) | コメント(28)

夕暮れ色に包まれ走る八高線 (浅川橋梁/東京都 八王子市)

昨日の東京ベイサイドに続いて東京・八王子の浅川を渡る鉄道編もこちらも最後の1枚としたいと思います。 これで夏から秋の我慢のコロナ禍 東京編は一旦終了となります。 その後、ようやくGoToトラベルに東京も加わり、外に出てもいいような雰囲気となったことから、少々遅れて私も近場ですがGoToに参加してみました。 宿が安くなるのは知っていましたが、地域クーポンが実にお得で、これは旅に出なきゃ損ですね。 一方でここに来て、全国でコロナの新規感染者が急増しているのが気になります。 新しい日常下、感染予防を意識して活動を続けたいと思います。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1489 夕暮れ色に包まれ走る八高線 (浅川橋梁/東京都 八王子市)

夕暮れ色に包まれ走る八高線 (浅川橋梁/東京都 八王子市)    Photo No.1489

夕暮れ空と浅川を渡る八高線の写真です。 水面に丸い波紋ができ、どんどん大きくなっているのですが、電車の位置と波紋の大きさを上手く合わせるのも難しいものですね。 今回は電車の位置を優先に何とかバランスを取ってみました。 明日からようやく私も秋の風景を求めての旅編になります。 お楽しみに。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  27mm f6.3 1/1250 (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/03 00:00 ]   東京(八王子中央) | TB(-) | コメント(20)

丹波川の秋 (山梨県 丹波山村)

山梨県北都留郡丹波山村(きたつるぐん たばやまむら)からのホットな1枚です。 昨日はこちらの紅葉がピークを迎えていると教えていただき、急遽やって来ました。 天候も前日の雨も上がり回復傾向にはあったのですが、予想された青空もわずかな隙間から見ることが出来たくらいで、その後はずっと雨が降りそうな空が続いていました。 

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1490 丹波川の秋 (山梨県 丹波山村)

丹波川の秋 (山梨県 丹波山村)    Photo No.1490

こちらは多摩川の源流のひとつ、丹波川(たばがわ)とその木々が織り成す渓谷の秋の風景です。 この丹波川の流れは間もなく奥多摩湖にそそがれ、多摩川となって下流域に流れ込みます。 

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  55mm f8 1/10 (-1) ISO400 WBマニュアル PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/04 00:00 ]   山梨(東部・富士吉田) | TB(-) | コメント(26)

紅葉の風雲丹波山城 (山梨県 丹波山村)

山梨県北都留郡丹波山村(きたつるぐん たばやまむら)のランドマークと言えば、この山の上の白いお城ではないかと思っています。 とてもきれいな紅葉と山を覆う雲の間に挟まれたお城の1枚がなかなかいい感じに撮れたと思っています。 しかしながら、このお城には誰も言い当てることが出来ないような驚くべき秘密があったのです。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1491 紅葉の風雲丹波山城 (山梨県 丹波山村)

紅葉の風雲丹波山城 (山梨県 丹波山村)    Photo No.1491

条件が会えば、竹田城や越前大野城のような霧に浮かぶ天空の城が再現されそうな雰囲気がいっぱいです。 今回、勝手に丹波山城とタイトルなどに付けていますが、実は正式名称でもなく、「丹波山ローラー滑り台」と言う遊戯施設で、滑り台の出発地点となっています。 それでも雰囲気がいい山城のようでもありこの道を通ればいつもシャッターを必ず切るくらい気に入っています。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  55mm f8 1/40 (-1) ISO800 WBマニュアル PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/05 00:00 ]   山梨(東部・富士吉田) | TB(-) | コメント(24)

奥日光 湯ノ湖畔の夜 (栃木県 日光市)

秋から冬への奥日光の風景を楽しもうと栃木県日光市にやって来ました。 奥日光の群馬県境からも近い湯ノ湖湖畔に立っています。 この日はいろは坂の群馬の渋滞を避けるために沼田IC経由で日光に向かいました。 夕方くらいに峠を越え、奥日光に入って来たのですが、晴れの予報が、西高東低の気圧配置の境目に入ったらしく、初雪に出会ってしまいました。 ノーマルタイヤなので正直焦りましたが、積もるほどには至らずひと安心でした。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1492 奥日光 湯ノ湖畔の夜 (栃木県 日光市)

奥日光 湯ノ湖畔の夜 (栃木県 日光市)    Photo No.1492

雲が流され雪も止みましたが、この日は氷点下の風が強く湖畔を強い風がビュウビュウと吹き木の枝がすごい勢いで揺れ続けます。 ようやく風が落ち着くのを待って撮った1枚です。 満月になろうとしている月がが辺りを明るく照らしてくれています。  峠道を走る車の光が湯ノ湖の湖面に映り込みます。  (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 20mm F1.8 G  20mm f1.8 6s ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/06 06:00 ]   栃木 | TB(-) | コメント(26)

秋に燃ゆる中禅寺 (栃木県 日光市)

栃木県日光市の奥日光と言われるエリアからです。 湯ノ湖で夜景の撮影を行った後にやって来たのは中禅寺湖畔です。 ちょうど湖畔に中禅寺がありまして、そちらの境内の建物を下方から見上げるように撮った1枚です。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1493 秋に燃ゆる中禅寺 (栃木県 日光市)

秋に燃ゆる中禅寺 (栃木県 日光市)    Photo No.1493

中禅寺湖の駐車場から上を見上げるとお月様の光に照らされる中禅寺の建物や紅葉が浮き出しています。その時にちょうど私と中禅寺の間を走る車のライトが手前のススキに光を当てながら走って行ったのを見てひらめき、撮影開始です。 車がやって来るのに合わせてシャッターを切ります。 何枚か撮影していると強力な黄色い光を放つフォグランプの車が横切ってくれまして、こちらがその1枚となります。 ススキの揺れで 秋の風の様子も取り込め面白い作品になったのではと思います。  (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  54mm f2.8 4s ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/07 00:00 ]   栃木 | TB(-) | コメント(22)

中禅寺湖の夜 (栃木県 日光市)

栃木県日光市の奥日光にある大きな湖、中禅寺湖の湖畔に立っています。 約2万年前の男体山(2,486m)の噴火によってできたとも言われています。中禅寺湖からの男体山の眺めはとても最高でして、この日はほぼ満月ということもあり、その光で浮き上がる男体山と中禅寺湖の夜景を楽しみにやって来ました。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1494 中禅寺湖の夜 (栃木県 日光市)

中禅寺湖の夜 (栃木県 日光市)    Photo No.1494

昼間は多くの人々でにぎわう中禅寺湖の湖畔も夜の21時を回りひっそりとしています。 一人じっくりと月の光に照らされる夜の中禅寺湖と男体山の星空の風景を楽しんでいます。  (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  12mm f2.8 5s ISO800 ハーフソフトF

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/08 05:00 ]   栃木 | TB(-) | コメント(20)

月夜に流れる竜頭の滝 (栃木県 日光市)

栃木県・奥日光には、華厳ノ滝、竜頭ノ滝そして、湯滝の名瀑三滝と呼ばれる滝があります。 今回は夜の湯滝と竜頭の滝を訪問したのですが、そのうちの竜頭の滝の1枚をご紹介したいと思います。 遊歩道を下って滝のそばまでやって来ました。 月明かりに照らされた竜頭の滝を滑り落ちるように水が流れて行きます。 

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1495 月夜に流れる竜頭の滝 (栃木県 日光市)

月夜に流れる竜頭の滝 (栃木県 日光市)    Photo No.1495

撮影も完了し、元来た道を登って帰ろうとすれば、山側の柵のすぐ向こうに低くて大きな影が逃げ去りました。 その黒い影は子熊のように見えました。 こちらの様子をうかがっていたのかも知れません。 いずれにせよ、月明かりによって相手もこちらの動きが見やすく逃げてくれたようです。 いつもは夜の撮影時は辺りを警戒して対応しているのですが、奥日光は人出も多いエリアなのでつい油断していました。 調べてみたら、この場所でもつい1週間前の昼間に熊の目撃情報があったようでした。 今年の秋も断続的に目撃情報が寄せられているようなので、奥日光を楽しまれる方は用心して散策なされてください。 (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  12mm f2.8 10s ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/09 00:00 ]   栃木 | TB(-) | コメント(28)

星がまたたく戦場ヶ原の風景 (栃木県 日光市)

栃木・奥日光 戦場ヶ原を背に男体山と星空の風景を撮っています。 奥に見えるのは男体山です。 やさしい紳士のような中禅寺湖側からの姿に対してこちらはがっちりとした力強いまさに男体山というにふさわしい姿に見えます。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1496 星がまたたく戦場ヶ原の風景 (栃木県 日光市)

星がまたたく戦場ヶ原の風景 (栃木県 日光市)    Photo No.1496

月明かりに照らされる男体山の上にちょうどふたご座とオリオン座が輝いています。 そろそろ23時30分になります。 明日はお楽しみの風景を楽しみに行く予定になっています。 これからホテルの温泉に浸かって今日の疲れを取って休みたいと思います。   (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 20mm F1.8 G  20mm f1.8 6s ISO800 ソフトクリアF

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/10 00:00 ]   栃木 | TB(-) | コメント(28)

紅葉の中禅寺湖 (栃木県 日光市)

昨夜の雪がウソのように、この日の朝の空は快晴の天候となりました。 支度を済ませ、これから今回の日光訪問で最も楽しみにしていた場所に向かいます。 目的地に向かう途中の中禅寺湖展望台からの風景です。 

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1497 紅葉の中禅寺湖 (栃木県 日光市)

紅葉の中禅寺湖 (栃木県 日光市)    Photo No.1497

ピークを過ぎた紅葉の彩りとなっている中禅寺湖の様子です。 船がいい位置にやって来るまで待って撮った1枚です。 光で色が飛ばないように露出を落とすとともに、PLフルターを使って湖面の色や紅葉の色をしっかりと出るように設定しています。 

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  137mm f11 1/60 (-2) ISO100 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/11 00:00 ]   栃木 | TB(-) | コメント(32)

秋の尾根 (半月山/栃木県 日光市)

秋にの栃木・奥日光の紅葉を楽しみながら、山道を走って到着は半月山駐車場です。 これから簡単な山登りをして半月山展望台に向かうわけですが、駐車場からの大展望があまりにも素晴らしく、朝の風景を写真に収めてから、山登りをすることにしました。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1498 秋の尾根 (半月山/栃木県 日光市)

秋の尾根 (半月山/栃木県 日光市)    Photo No.1498

こちらの半月山駐車場はとても高い位置にあり、素晴らしい展望が楽しめます。 まずは日光らしい紅葉の尾根と遠くの富士山をワンポイントに撮った1枚です。 こちらでは富士山を飛ばさすに記録させるために露出を大きく落とすとともに、PLで富士山の姿が1番くっきりするような位置に回して撮影しています。 (富士山のある風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  100mm f8 1/80 (-2) ISO100 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/12 00:00 ]   栃木 | TB(-) | コメント(26)

秋色のパレット (半月山/栃木県 日光市)

栃木県・日光市の奥日光 半月山駐車場からの1枚です。 山の上の平地と言うこともあり、結構、風が強く身体が冷え込みます。 そんな中で面白いなと思った部分を望遠レンズで切り取っての撮影を楽しみました。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1499 秋色のパレット (半月山/栃木県 日光市)

秋色のパレット (半月山/栃木県 日光市)    Photo No.1499

この眺めがとにかく素晴らしく、いつまでも撮影を続けたいところですが、これから山登りを済ませて、大渋滞前に帰路に着こうかと思っていますので、ほどほどにしての撮影です。 その中で見つけた風景です。 まるで油絵のパレットに乗せた絵の具のように感じました。 これから、この絵の具を使ってこの先の素晴らしい奥日光の眺めを写真に描いてみようと思います。

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  513mm(APS-Cモード) f8 1/200 (-1) ISO100 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/13 00:00 ]   栃木 | TB(-) | コメント(28)

光のライン (半月山/栃木県 日光市)

栃木県日光市 奥日光・半月山駐車場の展望を楽しんでいます。 山頂付近の展望台への山登り前でずっと道草状態になっていますが、これを道草と呼ぶにはもったいない風景が広がっています。 この後の空がどうなるかもわかりませんので、現場で粘っているのです。 おかげさまで、日々更新の写真が今回で1500枚目となりました。 節目の作品は、こちらで撮影したとっておきの1枚としたいと思います。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1500 光のライン (半月山/栃木県 日光市)

光のライン (半月山/栃木県 日光市)    Photo No.1500

奥日光では朝夕には斜めや横からの光が山陰に差し込み、スポットライトになって浮かび上がる木々が現れます。 それがたまらなく幻想的で、この風景に出会いたくなってやって来たくなります。 この日に出会えたスポットライトの中で1番のお気に入りは、山の斜面に現れた木々を照らす一直線の光のラインでした。

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  143mm f8 1/20 (-1) ISO100 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/14 00:00 ]   栃木 | TB(-) | コメント(24)

紅葉に染まる中禅寺湖 八丁出島 (半月山展望台/栃木県 日光市)

栃木・奥日光の半月山展望台(はんげつさん)からの1枚です。 中禅寺湖に突きだした八丁出島の風景はYahoo!ニュースに提供された下野新聞社(しもつけ)の写真でご覧になった方も多いのではないかと思います。 今回の奥日光への訪問の一番の楽しみはこちらの風景を見ることでした。 半月山駐車場のすぐ脇から頂上方面に向かう登山道があり、その途中に展望台があり、駐車場からゆっくり登って30~40分くらいで到着しました。 足元の悪い傾斜の道を登るのですが、かなりの高齢の方や、綺麗な身なり、かかとの高い靴を履いた女性なども山登りしていて驚くこともありました。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1501 紅葉に染まる中禅寺湖 八丁出島 (半月山展望台/栃木県 日光市)

紅葉に染まる中禅寺湖 八丁出島 (半月山展望台/栃木県 日光市)   Photo No.1501

この秋の紅葉シーズンでは一番の人出と言われていたこともあり、狭い展望台は次から次へとやって来る人々で三密状態です。 さらに展望台も目の前の木々が邪魔をして前の開けた場所は限られています。 皆さん、いい場所で撮りたいでしょうから、私も長居をせずに、もう一度、順番待ちの列に並び直し、遊覧船がいい位置にやってくるのを待ちました。

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  203mm f11 1/40 (-1) ISO100 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/15 00:00 ]   栃木 | TB(-) | コメント(26)

秋色の中禅寺湖と男体山の風景 (半月山展望台/栃木県 日光市)

細くて急な山道をやっと登って来た栃木・奥日光の半月山(はんげつさん)展望台です。 前回の写真は中禅寺湖に突き出した八丁出島を望遠で切り取った1枚でしたが、こちらは広角で撮った1枚です。 目に前に大きな男体山その脇に戦場ヶ原も見える大パノラマの絶景風景に感動です。、

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1502 秋色の中禅寺湖と男体山の風景 (半月山展望台/栃木県 日光市)

秋色の中禅寺湖と男体山の風景 (半月山展望台/栃木県 日光市)   Photo No.1503

半月山の展望台のデッキに登れば、目の前に広がるのは秋色に染まる奥日光・中禅寺湖、男体山の素晴らしい眺めです。 駐車場の展望も老若男女が苦労しながら目指す場所だというのも納得の景色です。 天気もよく、素晴らしい見晴らしをしっかりと撮影することが出来ました。 それにしてもこの中禅寺湖ブルーの色はどこから来るものなのでしょうか。 このブルーにすっかり魅了されました。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  24mm f8 1/125 ISO100 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/16 00:00 ]   栃木 | TB(-) | コメント(30)

半月山から富士山を望む (栃木県 日光市)

半月山からの中禅寺湖と男体山の絶景写真をしっかり収め、展望台から駐車場に戻ってきました。 この感動をもうひとつということで、今度は半月山駐車場から見えるはるか向こうの富士山を引き寄せた1枚をお届けします。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1503 半月山から富士山を望む (栃木県 日光市)

半月山から富士山を望む (栃木県 日光市)   Photo No.1503

こちらから富士山までの距離は直線で、164㎞だという記述を見つけました。 それだけ離れていてもしっかり見えるというのもすごいものですね。 ちなみに認定レベルでの富士山が地上から見える最北端は、こちらよりさらに北にある福島県の花塚山で、富士山まで308㎞だそうです。  (富士山のある風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  345mm f8 1/250 (-2) ISO100 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/17 00:00 ]   栃木 | TB(-) | コメント(20)

湯ノ湖と男体山 (栃木県 日光市)

奥日光への絶景探しの旅はこちらを最後の1枚としたいと思います。 奥日光では行きたかった場所がもう少しあったのですが、秋の紅葉渋滞を考え、群馬経由で早めに上がることにしました。 帰りの山道で奥日光を振り返っての撮影です。 

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1504 湯ノ湖と男体山 (栃木県 日光市)

湯ノ湖と男体山 (栃木県 日光市)   Photo No.1504

奥日光の秋の色に包まれる男体山と湯ノ湖風景です。 男体山の麓の紅葉の様子がきれいなだけでなく、山頂付近の雲がまるで噴煙のようにも見える面白い作品となりました。 

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  51mm f8 1/80 ISO100 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/18 00:00 ]   栃木 | TB(-) | コメント(28)

朝の光を受ける高幡不動尊 五重塔 (東京都 日野市)

この前の日曜日は、五重塔近くの紅葉が赤くなったとのことで、お馴染みの東京•日野市の高幡不動尊に出かけてきました。 やってくれば赤く染まっている2本だけ。 いつもは周りの紅葉ももっと色づいているような気がするのですが、今年はちょっと違うようです。 辺りを見渡せば、位置的にそれなりに狙える木はこの1本です。 悩ましいですが、あれこれ工夫しながらの撮影開始です。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1505 朝の光を受ける高幡不動尊 五重塔 (東京都 日野市)

朝の光を受ける高幡不動尊 五重塔 (東京都 日野市)    Photo No.1505

ちょうど朝日が五重塔の後ろ側から昇り始めました。 しばらくして斜めの光が五重塔の屋根の下の垂木に当たり、面白い表情を見せてくれています。 手前の紅葉にピントを合わせ、紅い五重塔に重ねながら、朝の光のアクセントを取り込んでみました。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  70mm f2.8 1/6 ISO100 WBマニュアル PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/19 00:00 ]   東京(日野・南多摩) | TB(-) | コメント(26)

明暗 (高幡不動尊/東京都 日野市)

東京・日野市の高幡不動尊からです。 狙える紅葉が1本ということもあっていかに工夫するかがポイントになっています。 辛いところではありますが、こういう時だからこそ、イマジネーションを膨らませての撮影です。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1506 明暗 (高幡不動尊/東京都 日野市)

明暗 (高幡不動尊/東京都 日野市)    Photo No.1506

朝日の位置がどんどん変わって行きます。 木々の隙間からの光の差し込みが枝の先の紅葉に当たり始めました。 透過光で色鮮やかな葉をぼかすとともに、陰で暗くなっている五重塔の壁面にピントを合わせ明暗差を付けて見ました。 金色に光る部分はお日様の光が反射して輝く枝の部分となります。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  105mm相当 (APS-Cモード) f2.8 1/125 (-1) ISO400 WBマニュアル PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/20 00:00 ]   東京(日野・南多摩) | TB(-) | コメント(26)

秋の明かり (高幡不動尊/東京都 日野市)

東京・日野市の高幡不動尊からの最後の1枚になります。 お日様の光がどんどん差し込み始めました。 この光と遊びながらの撮影です。 今回は真新しい萬燈會(万灯会/まんどうえ)と書いた提灯がとても気になっています。 何だろうと調べてみれば、多くの灯明をともして仏・菩薩を供養し、衆人の罪障を懺悔し、滅罪を祈願する法会のこととありました。 高幡不動尊でもそのような催しをやっているのでしょうね。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1507 秋の明かり (高幡不動尊/東京都 日野市)

秋の明かり (高幡不動尊/東京都 日野市)    Photo No.1507

朝の光が提灯を光で染めます。 手前の提灯は影に入っているので純白の白さが残ります。 この提灯を赤さの異なる紅葉のボケで挟み込みます。 お日様の光の反射の丸ボケなども入れ込んで、秋の明かりというタイトルとしてみました。

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  600mm相当 (APS-Cモード) f5.6 1/8 (-1) WBマニュル ISO100 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/21 00:00 ]   東京(日野・南多摩) | TB(-) | コメント(24)

高原の夜 (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)

長野県の高ボッチ高原に行って来ました。 山の天気は変わりやすいと言うこともあり、天気予報で晴れが連続して続く日の真ん中を狙って行くようにしています。 今年はとにかく週末の天気が悪くなかなか高ボッチ高原に行く機会がありませんでしたが、秋も深くなりようやくといった感じです。 さっそく、高ボッチ高原に向かいます。 狙いは明け方の富士山と諏訪湖の風景ですが、こちらの星空もなかなか素晴らしく深夜の到着となるように出発しました。 到着してみれば、深夜にも関わらず、私の経験の中での最高値の人出で驚きです。 皆さん、晴れの週末を待っていたようです。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1508 高原の夜 (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)

高原の夜 (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)    Photo No.1508

ようやく着いた高ボッチ山の頂上に立ちます。 空には雲もなく満天の星空の風景が続きます。 いつも満天の星を見れば人生が変わるような思いになれますが、この日も広く輝く星々に宇宙をしっかり感じ、小さな悩み事などどこかに吹っ飛びました。 ランドマークの電波塔を入れての天の川の撮影を開始します。 天の川にはカシオペア座、その脇にはアンドロメダ星雲もしっかりと確認できます。 先日、宇宙に飛び出した野口さんは銀河の星空を眺めながら様々な実験に取り組んでいることでしょうね。 今年から使い始めたソフトクリアフィルターですが、かなり使い勝手がよく、私的にはとてもお役立ちと判断しています。  (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 20mm F1.8 G  20mm f1.8 15s ISO3200 プロソフトン クリア (W)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/22 00:00 ]   長野 | TB(-) | コメント(22)

北斗七星 (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)

ここ数日の季節外れの高い温度のために、少し前までの寒さをもう忘れている人も多いのではないかと思います。 私が高ボッチ高原を訪れたのはちょうど寒さが厳しい頃で、登るためにスタッドレスタイヤが必要なのでは思っていたくらいです。 秋から冬の高ボッチ高原の夜はすでに激寒で氷点でレンズに霜が付くような環境でした。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1509 北斗七星 (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)

北斗七星 (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)    Photo No.1509

そんな高ボッチ高原では見事な星空の風景が頭上に広がっています。 北側の山々の空を見れば、北斗七星が輝きます。北斗七星は柄杓のような形がわかりやすく、北極性を探す目印に使っている方も多いのではと思います。この日、この時間の北斗七星はまるで「?」のような向きでその存在感を示していました。  (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 20mm F1.8 G  20mm f1.8 15s ISO3200 プロソフトン クリア (W)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/23 00:00 ]   長野 | TB(-) | コメント(34)

輝くオリオン座と冬の大三角形 (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)

高ボッチ高原での一番メインの撮影場所と言えば富士山と諏訪湖の風景です。 いつもですと諏訪市の街並みの上にうっすらとベールがかかった幻想的な風景が楽しめたりしますが、この日はベールがとても薄く街灯りがそのまま飛び込んでくる難しい撮影条件となりました。 この時間は車で皆さん眠っていらっしゃるようで、隙間なくずらりと場所確保の三脚の隙間をお借りして、撮影を楽しみます。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1510 輝くオリオン座と冬の大三角形 (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)

輝くオリオン座と冬の大三角形 (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)    Photo No.1510

街灯りの中の黒い部分が諏訪湖となります。 夜中の2時30分過ぎとなり、天の川が縦になり、それをはさむようにオリオン座、冬の大三角形が輝く、最高の時間帯を迎えました。 オリオン座の黄色く輝くペテルギウスを頂点に下方に大きな明るい星が2つあり、それらを結べば冬の大三角形となります。 手前のススキには誰かが足元を照らした懐中電灯の明かりが入り、効果的な表現につながりました。  (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 20mm F1.8 G  20mm f1.8 10s ISO1600 プロソフトン クリア (W)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/24 00:00 ]   長野 | TB(-) | コメント(28)

霧晴れ行く高ボッチ山から (長野県 岡谷市)

山の天気は変わりやすいと言いますが、あれほど満天の星が楽しめた高ボッチ高原でしたが、その後、雲が流れて来たのか、霧が発生したのか、周りが濃い霧に覆われてしまいました。 いつまでも霧の中と言うことで、断念して撤収する人も出始めています。 自分の運の悪さに嘆きたくなってしまいます。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1511 霧晴れ行く高ボッチ山から (長野県 岡谷市)

霧晴れ行く高ボッチ山から (長野県 岡谷市)    Photo No.1511

それでも万が一のこともあるのではと粘っていたら、すごい速さで霧が流れて行き、富士山とおぼしきシルエットがどんどんと鮮明化していきます。 諦めずに待っているといい事もあるものですね。 (富士山のある風景)

SONY α7RⅢ FE 70-200mm F2.8 GM  75mm f2.8 1/1.6 (-1) ISO400 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/25 00:00 ]   長野 | TB(-) | コメント(30)

諏訪湖の夜明け (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)

長野・高ボッチ山(たかぼっちやま)からの夜明けの風景です。 目の前の霧がすっかりと晴れました。 手前の山々の向こうに富士山の様子もくっきりと見えます。 街明かりに囲まれた諏訪湖の湖面に見える不思議な模様は風が作ったものでしょうか。 

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1512 諏訪湖の夜明け (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)

諏訪湖の夜明け (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)    Photo No.1512

私はこの明かりが残る朝の諏訪湖の風景がとても気に入っています。 しばらくすれば街灯の明かりが一斉に消え、諏訪の街も落ちついた風景に変わってしまいます。 こちらは明かりが消える直前の最後の街の輝きの1枚です。  (富士山のある風景)

SONY α7RⅢ FE 70-200mm F2.8 GM  137mm f2.8 2s (-1) ISO100 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/26 00:00 ]   長野 | TB(-) | コメント(28)

北アルプスと朝焼けのグラデーション (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)

長野・高ボッチ山の風景です。 富士山と諏訪湖の後ろ側の風景です。 お日様の光を受け、北アルプスの山々の上に広がる空がきれいなサーモンピンクの色に染まり始めました。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1513 北アルプスと朝焼けのグラデーション (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)

諏訪湖の夜明け (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)    Photo No.1512

北アルプスの風景に広がる朝焼けのグラデーションの空の一瞬の色合いがとても素晴らしく感じます。 高原の朝の雰囲気を表現するために手前の休憩所と原っぱの道を入れた構図としています。

SONY α7RⅢ FE 70-200mm F2.8 GM  100mm f2.8 1/60 (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/27 00:00 ]   長野 | TB(-) | コメント(32)

朝霧の道 (高ボッチ高原/長野県 塩尻市)

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1514 朝霧の道(高ボッチ高原/長野県 塩尻市)

朝霧の道 (高ボッチ高原/長野県 塩尻市)    Photo No.1514

朝の素晴らしい風景をたくさん撮らせていただいた高ボッチの大自然に感謝しつつ、これから帰路につきます。 再び高原を覆いだした霧の中を電波塔方面へと続く道を歩きます。遠くに北アルプスの風景が霞んで見えます。 今回の高ボッチ高原編はこちらまでとなります。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  70mm f2.8 1/125 IS100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/28 07:00 ]   長野 | TB(-) | コメント(20)

夕日の赤富士 (東京都 八王子市)

電車を利用して晩秋の高尾山に登ってきました。 最近の秋の高尾山と言えば、すさまじい人出なのですが、この日は我慢の三週間に加えて海外からの人も少なくなり、例年に比べてやや落ち着いている感じでした。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1515 夕日の赤富士(東京都 八王子市)

夕日の赤富士 (東京都 八王子市)    Photo No.1515

ひょっとしたら綺麗な夕暮れ時の富士山が見えるかなと山頂の展望スポットでその時を待ちます。 最初は雲で覆われて富士山の存在すらわからない状態だったのですが、日没時間が近づき、直前まで富士山を隠していた雲が東に流されて山頂が顔を出し始めました。 まだ雲は残りますが、それがかえってダイナミック感を強調してくれたように思います。  (富士山のある風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  259mm f5.6 1/8 (-1) WBマニュル ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/29 00:00 ]   東京(八王子高尾) | TB(-) | コメント(32)

ナベヅル飛来 (鹿児島県 出水市)

鹿児島県出水市(いずみし)についに念願のツルの撮影に行ってきました。 相当以前、私が野鳥写真をやっていた頃に手ほどきを受けたこともある当時の野鳥写真の第1人者の叶内拓哉氏の「鳥に会う旅」という著書がありまして、その第一章が「出水のツル」です。 お金をためてようやく念願の望遠レンズを手に入れた氏が真っ先に訪れたのが、出水でして、現地を訪れたときに三羽のナベヅルを見たときの第一声が「ツルだっ!」だったという文章が長年頭の頭から離れることはありませんでした。 私もいつか出水にツルを撮りに行きたいと思うものの、野鳥写真を止め、もう行くことはないかも知れないと思っていました。 それからたくさんの月日が流れ、写真を再開、野鳥も再び少しずつ撮るようになり、ついにこの日が実現しました。 夕日とシルエットのツルを撮ろうと鹿児島市から車を走らせ北上してきました。 しかしながら、降水確率0%の予報も、鹿児島市を出発したときから天気が急変、雨となってしまいました・・・。 

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1516 ナベヅル飛来 (鹿児島県 出水市)

ナベヅル飛来 (鹿児島県 出水市)    Photo No.1516

ちょうど到着する頃に雨が上がりました。 ここでの撮影は帰りの飛行機の時間に合わせてわずか1時間10分。 まだ雲も残り夕日とツルたちの写真はあきらめなければいけませんが、それでもしっとりした写真が撮れそうです。 途中の田畑でツルを目にすることはありませんでしたが、出水市ツル観察センター付近に来るといきなりたくさんのでツルたちが目の前に現れました。 これには大興奮で、ハンドルを握りながら思わず、「ツルだっ!」と叫んでしまいました。 こちらの1枚は大興奮で撮った、雨上がりの空に飛んできたナベヅルの群れです。   (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE200-600mm F5.6-6.3G  430mm f6.3 1/500 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/30 00:00 ]   鹿児島 | TB(-) | コメント(30)