樹氷の森 (八甲田山/青森市)

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1213 樹氷の森 (八甲田山 青森市)

樹氷の森 (八甲田山/青森市)    Photo No.1213

八甲田ロープウェーの山頂公園駅付近だけでは面白くないので、少々斜面を歩きます。今年は北国訪問用にと氷上でも滑らないウィンタートレッキングシューズを購入しまして、機動力が増しました。足元が固い場所を選びながら人のいない雪の斜面を少しずつ降りて行きます。樹氷の森の中に何日か前にスキーヤーが木々の間を通り抜けたような跡を見つけました。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  24mm f16 1/125 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/01 00:00 ]   青森 | TB(-) | コメント(12)

青い樹氷の斜面 (八甲田山/青森市)

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1214 青い雪面 (八甲田山 青森市)

青い樹氷の斜面 (八甲田山/青森市)   Photo No.1214

人がいない八甲田山の空間で、樹氷と光を組み合わせた撮影をしっかりと楽しみました。八甲田山の上に広がる青い空の色を拾った静かな日陰の景色もとても素晴らしく、ここにやって来てとてもよかったと改めて思いました。

SONY α7RⅡ FE 12-24mm F4 G  12mm f16 1/800 (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/02 00:00 ]   青森 | TB(-) | コメント(14)

輝く雪面 (八甲田山/青森市)

樹氷の八甲田山からの最後の1枚となります。日々、1日が長くなってきているとはいえ、北の街の夕暮れ時は早いままです。この日は移動時間がたっぷりの計画を組んでいます。名残惜しいですが、撮影を早々に切り上げ、次の目的地に向かおうと思います。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1215 輝く雪面 (八甲田山/青森市)

輝く雪面 (八甲田山/青森市)   Photo No.1215

樹氷を見ながらのスキーやスノーボードはさぞかし気持ちがいいことでしょうね。これから再びロープウェー頂上駅に向かいます。汗をかきながら降りて来た斜面を引き返すように登って行きます。もこもこスノーモンスターの樹氷をしっかり見たいですし、昨年の秋にも行きそびれていましたので、八甲田山に二度、三度と機会を見つけてまたやって来たいと思います。

SONY α7RⅡ FE 12-24mm F4 G  12mm f16 1/800 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/03 00:00 ]   青森 | TB(-) | コメント(22)

青函トンネルを行く北海道新幹線 (青森県 東津軽郡 今別町)

樹氷の八甲田山から次のお楽しみのために移動してやって来たのは、八甲田ロープウェー山麓駅から83km離れた津軽半島の北にある青函トンネル入口広場です。青函トンネルの長さは53.85kmで、津軽海峡の海底の下をくぐり抜けることから、海峡のかなり手前から海底トンネルへの入り口が設けられています。その入口の所に設けられた展望デッキから北海道新幹線がやって来るのを待ちます。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1216 青函トンネルを行く北海道新幹線 (青森県 東津軽郡 今別町)

青函トンネルを行く北海道新幹線 (青森県 東津軽郡 今別町)   Photo No.1216

いよいよ上りの新青森方面へ向かう北海道新幹線がやって来る時間です。約40分前に新函館北斗駅を出発したはやぶさが青函トンネルから顔を出しました。胴体にラベンダーカラーのパープルのラインが引かれていますのでJR北海道の新幹線車両ですね。現在のトンネル内での運行速度は160㎞/hですが、今年中に210km/hまで引き上げられるとのことです。こちらでは降る雪を弾き飛ばして走る新幹線を期待していたのですが、到着時の曇り空は、その後に雪に変わらず、青空に変わってしまいました。今年もなかなか天気は思ったようにならないものです。 (鉄道のある風景)

SONY α7RⅡ FE 12-24mm F4 G  36mm相当(APS‐Cモード) f8 1/6400 (-1) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/04 00:00 ]   青森 | TB(-) | コメント(20)

北海道に向かう (青森県 東津軽郡 今別町)

こちらの区間では新幹線とともに北海道への大切な物流を担うJR貨物の行き来を見ることができます。新幹線の運行の間にこちらのきれいな赤のEH800形電気機関車(EH800-17)が青函トンネルに向かって走って行く姿もなかなか感動ものでした。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1217 北海道へ向かう (青森県 東津軽郡 今別町)

北海道に向かう (青森県 東津軽郡 今別町)   Photo No.1217

青函トンネルのひとつ手前にあるトンネルから顔を出したEH800形電気機関車です。このトンネルを抜けたと思った瞬間に青函トンネルに突入です。新幹線の通過速度は現在、160km/hとのことですが、貨物は100㎞/hとのことです。単純計算では、新幹線が20分程度でトンネルを通過に対して、こちらは33分ほどですので、新幹線、貨物の共用を行ってもそれほどダイヤに負荷がかからないように思います。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  32mm f7.1 1/2000 (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/05 00:00 ]   青森 | TB(-) | コメント(24)

冬の日本海の海岸線を走るキハ40形 (五能線/青森県 西津軽郡 深浦町)

青森・津軽半島の北端から南下して次にやって来たのは、日本海側の風光明媚な沿岸を走る姿が素晴らしいと評判の五能線「驫木駅(とどろきえき)」と「風合瀬駅(かそせえき)」間のスポットです。Googleマップとにらめっこしながら、この辺りかなと選んだ場所までやって来るのには、とにかく時間がかかりました。狙っている時間の1本を逃すと、上り下りとも暗くなる時間までキハ40形がやって来ません。この場所への到着は列車がやって来る7~8分前と、ギリギリでホント焦りました。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1218 冬の日本海の海岸線を走るキハ40形 (五能線/青森県 西津軽郡 深浦町)

冬の日本海の海岸線を走るキハ40形 (五能線/青森県 西津軽郡 深浦町)   Photo No.1218

八甲田、津軽半島の雪の中からやって来ると、ここが同じ青森かと思うくらい雪がまったくありません。そして、この日は寒々しい冬の日本海のイメージとは程遠い、暖かで南国のような青空の広がっていました。驫木駅を出発した弘前行きのキハ40形の普通列車が私の目の前を通り過ぎていきます。こちらでは今後、新型の電気モーターで走るハイブリット列車が、この愛らしいキハ40形に置き換わって行く予定とのことです。 (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  37mm f7.1 1/1000 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/06 00:00 ]   青森 | TB(-) | コメント(18)

驫木海岸を走る五能線普通列車 (青森県 西津軽郡 深浦町)

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1219 驫木海岸を走る五能線普通列車 (青森県 西津軽郡 深浦町)

驫木海岸を走る五能線普通列車 (青森県 西津軽郡 深浦町)   Photo No.1219

五能線 「驫木駅(とどろきえき)」 と 「風合瀬駅(かそせえき)」 間からもう1枚。日本海の海岸線を走る列車の遠景です。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  70mm f7.1 1/1250 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/07 00:00 ]   青森 | TB(-) | コメント(14)

夕陽の千畳敷海岸 (青森県 西津軽郡 深浦町)

「日本の夕陽百選」にも選ばれているという、千畳敷海岸にやって来ました。名前の由来はその昔にお殿様が千畳の畳を敷き酒宴を催したといわれる岩棚が広大に続いていることからだそうです。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1220 夕陽の千畳敷海岸 (青森県 西津軽郡 深浦町)

夕陽の千畳敷海岸 (青森県 西津軽郡 深浦町)   Photo No.1220

この辺りには奇岩も多くあり、私たちの目を楽しませてくれます。これはライオン岩でしょうか。沈みゆく夕日を頭の部分に重ねるように位置取りをして撮影しています。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  24mm f16 1/500 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/08 00:00 ]   青森 | TB(-) | コメント(18)

カモメたちのライオン岩 (青森県 西津軽郡 深浦町)

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1221 カモメたちのライオン岩 (青森県 西津軽郡 深浦町)

夕陽の畳敷海岸 (青森県 西津軽郡 深浦町)   Photo No.1221

青森県西津軽郡深浦町にある千畳敷海岸のライオン岩からもう1枚です。 百獣の王と言えばライオンと呼ばれていますが、そんなライオンの形をした奇岩、ライオン岩の頭の上がカモメたちの指定席のようです。  (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  100mm f7.1 1/1250 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/09 00:00 ]   青森 | TB(-) | コメント(14)

津軽西海岸と夕陽を受ける岩木山 (青森県 西津軽郡 深浦町)

青森県では日本海側のエリアを津軽西海岸や、西海岸などと呼んでいるとか。西海岸の海越しに、どんどん落ちて行く夕陽の光を受け、岩木山がきれいに浮き出してきました。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1222 津軽西海岸と夕陽を受ける岩木山 (青森県 西津軽郡 深浦町)

津軽西海岸と夕陽を受ける岩木山 (青森県 西津軽郡 深浦町)   Photo No.1222

こちらから見る岩木山は大きくそびえてとても迫力があります。高さは思ったほど高くはない1,625 mですが、あちこちから見えるだけでなく、富士山同様に圧倒的な存在感を感じます。地元の人たちが誇れる山というのも納得です。

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  100mm f22 10s (-1) ISO100 ND+PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/10 00:00 ]   青森 | TB(-) | コメント(20)

岩木山の見える冬の田園風景 (青森県 西津軽郡 鰺ヶ沢町)

五能線「陸奥赤石駅」付近の鰺ヶ沢町(あじがさわまち)大字赤石町の田園の見える場所にいます。弘前から見た岩木山も素晴らしく感じましたが、鰺ヶ沢町から見える岩木山は山の形もきれいでとても魅力的でした。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1223 岩木山の見える冬の田園風景 (青森県 西津軽郡 鰺ヶ沢町)

岩木山の見える冬の田園風景 (青森県 西津軽郡 鰺ヶ沢町)   Photo No.1223

日没後の水平線の向こうから届く光が岩木山の山頂を照らします。この後は赤みのある光がだんだん白くなっていきやがて辺りは夜の闇に包まれていきました。夕暮れ時の岩木山の光のドラマをしっかりと楽しんだ後は弘前に戻りたいと思います。

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  150mm f8 1/4 (-1) ISO100 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/11 00:00 ]   青森 | TB(-) | コメント(20)

夜明けの奥羽本線と岩木山 (石川駅/青森県 弘前市)

夜が明けて、素晴らしい眺めを満喫の青森の旅も後は青森空港経由で東京に戻るだけとなりました。でもせっかく帰るならとホテルの朝食を食べている時間ももったいないので、せっかくの食事をパスして、撮り鉄をしてから空港に向かおうと思います。もちろん、狙いは岩木山と鉄道です。今回、撮影場所として選んでいるのはこちらの場所となります。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1224 夜明けの奥羽本線と岩木山 (石川駅/青森県 弘前市)

夜明けの奥羽本線と岩木山 (石川駅/青森県 弘前市)   Photo No.1224

奥羽本線の石川駅を出た鷹ノ巣駅(秋田県北秋田市)行きの普通電車です。五能線の西海岸側は雪がとても少なかったのですが、こちらは内陸のために雪がしっかりと残っています。弘前駅前のホテルを暗いうちに出発しました。石川駅に到着もまだ薄暗さが残ります。現場の様子を確認し、これからしばらくの間、時刻表をメモした紙を手に撮り鉄に大忙しとなります。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  135mm f5 1/160 (-1) ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/12 05:00 ]   青森 | TB(-) | コメント(20)

赤く染まる岩木山と桜ミク電車 (弘南鉄道 大鰐線/青森県 弘前市)

奥羽本線石川駅で1枚撮った後は、すぐに弘南鉄道大鰐線(おおわにせん)の「義塾高校前」駅方面に向かいます。石川駅と義塾高前駅はすぐ近くなので、時刻に合わせて行ったり来たりの作戦です。ちなみに義塾高校とはスキーなどで有名な東奥義塾高等学校のことです。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1225 赤く染まる岩木山と桜ミク電車 (弘南鉄道 大鰐線/青森県 弘前市)

赤く染まる岩木山と桜ミク電車 (弘南鉄道 大鰐線/青森県 弘前市)   Photo No.1225

明け方の岩木山と弘南鉄道 大鰐線の列車を狙います。そろそろ日の出時刻となりました。岩木山の山頂にはお日様の光が当たり始めました。やって来たのは初音ミクの桜バージョンの桜ミク電車です。「弘前さくらまつり」の公式応援キャラクターに就任したそうで、開催100回目のメモリアルイヤーを迎える2020年度の「弘前さくらまつり」を電車とともに盛り上げます。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  229mm f5.6 1/320 (-1) ISO1600

桜ミク  桜ミク(初音ミク桜バージョン)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/13 00:00 ]   青森 | TB(-) | コメント(18)

岩木山を背に走る弘南鉄道7000系電車 (青森県 弘前市)

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1226 岩木山を背に走る弘南鉄道7000系電車 (青森県 弘前市)

岩木山を背に走る弘南鉄道7000系電車 (青森県 弘前市)   Photo No.1226

引き続き、弘南鉄道大鰐線からの風景です。列車の時間に合わせ、JRに行ったり、弘南鉄道に行ったりしながら撮り鉄を楽しんでいます。今度は岩木山が大きく見えるような1枚を狙ってみました。脇にあるのはりんご畑です。りんごが実った頃に また訪れてみたくなるような場所でした。 (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  253mm f5.6 1/1000 (-1) ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/14 00:00 ]   青森 | TB(-) | コメント(20)

朝焼けの弘南鉄道立体交差橋 (青森県 弘前市)

撮り鉄が続きます。岩木山と弘南鉄道7000系の撮影の後、今度は岩木山を背にして、東側のJR奥羽本線と弘南鉄道大鰐線の立体交差が見える場所に少々移動し、日の出のタイミングを待ちます。日の出の時刻を過ぎているのですが、山影からの日の出となりますので、お日様が顔を出すまでタイムラグがあります。運転本数の少ないローカル線ということで、差し込む朝日にうまく重なるようにと祈りながら電車がやって来るのを待ちます。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1227 朝焼けの弘南鉄道立体交差橋 (青森県 弘前市)

朝焼けの弘南鉄道立体交差橋 (青森県 弘前市)   Photo No.1227

JRの電車の時刻に重なれば列車の真後ろからの光を楽しめたのですが、この日の朝日に重なるのは弘南鉄道大鰐線です。どういうカットにしようかイメージをし、あれこれちょっと欲張った場所での待機としました。場所を朝焼けが始まるとともに、空が明るくなって行きます。時刻表を書いたメモと時計にちらちら目をやりながら、その時を待ちます。遠くからガタゴトと音が聞こえ始め、中央弘前駅行の上り列車が立体橋にやって来ました。   (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  70mm f5 1/2000 (-1) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/15 05:00 ]   青森 | TB(-) | コメント(14)

朝日を受けて走る (弘南鉄道 大鰐線/青森県 弘前市)

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1228 朝日を受けて走る (弘南鉄道 大鰐線 青森県 弘前市)

朝日を受けて走る (弘南鉄道 大鰐線/青森県 弘前市)   Photo No.1228

帰る前の朝の撮り鉄もこの列車で撮り収めです。弘南鉄道大鰐線の7000系列車が朝日を受けながら高架橋を義塾高校前駅に向かって走って行きます。畑に差し込む朝の光がの色も素晴らしいひと時でした。   (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  46mm f5 1/4000 (-1) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/16 00:00 ]   青森 | TB(-) | コメント(20)

青森空港から岩木山を望む (青森県 青森市)

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1229 青森空港から岩木山を望む (青森県 青森市)

青森空港から岩木山を望む (青森県 青森市)   Photo No.1229

撮り鉄をこれで青森の旅も終わりとなります。青森空港の滑走路に向かう機内からです。窓の外に見えるのは岩木山。名残り惜しく感じます。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  105mm相当 (APS-Cモード) f8 1/2000 (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/17 00:00 ]   青森 | TB(-) | コメント(24)

岩木山の空からパノラマ風景 (青森県上空)

冬の青森からの写真はこれが最後となります。青森空港を離陸した飛行機は岩木山の手前で大きく左旋回をします。岩木山の手前に広がる風景が実に素晴らしく感じます。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1230 岩木山の空からパノラマ風景 (青森県上空)

岩木山の空からパノラマ風景 (青森県上空)   Photo No.1230

奥に見えるのが日本海(西海岸)です。名残り惜しい気持ちがいっぱいも、この後の窓の外から見える鳥海山に蔵王、八ヶ岳、筑波山、富士山と続く山々の素晴らしい眺めに釘付けとなりました。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  31mm f8 1/3200 (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/18 05:00 ]   青森 | TB(-) | コメント(28)

カモフラージュ (都民の森/東京都 檜原村)

東京都西多摩郡檜原村にある東京都民の森に行ってきました。私の住む東京西部でもこちらへは山道を走って行く標高のかなり高い場所で1時間以上は軽くかかってしまいます。こちらは秩父多摩甲斐国立公園内にあり、都内では見ることもない雪が残っていたりして別世界のようでした。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1231 カモフラージュ (都民の森/東京都 檜原村)

カモフラージュ (都民の森/東京都 檜原村)   Photo No.1231

都民の森の管理事務所から山の遊歩道を歩いていると、何やら茂みの向こうにいるようです。よく見ればニホンカモシカです。自然の中のニホンカモシカを見るのは2回目かなと思います。人を見てもすぐには逃げていきませんので、かなり人懐っこい個体なのかも知れません。ニホンカモシカはその後、この場所の下にある谷に降りて行ったのですが、この後、私の行く先に3度も現れてくれました。

(野生動物のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  400mm f5.6 1/320 (-1) ISO800


本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/19 00:00 ]   東京(青梅・奥多摩) | TB(-) | コメント(22)

落ち葉を行く (都民の森/東京都 桧原村)

東京檜原村の都民の森の山道からです。よく見るニホンシカはシカ科ですが、同じようにシカと呼ばれるニホンカモシカは別の科の生き物で、ウシ科のようです。それでもウシ科の動物の割には機敏で崖を飛び跳ねて移動するのを以前、見たことがあります。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1232 落ち葉を行く (都民の森/東京都 桧原村)

落ち葉を行く (都民の森/東京都 桧原村)   Photo No.1232

山道を滝の方に向かって歩いていると下の方からガサゴソ音がするので、谷をのぞき込めば、先ほど出会ったニホンカモシカがいました。あまり人を怖がらないようです。気になって調べてみれば、そんなところもニホンカモシカの特徴であると言われているようです。  (野生動物のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  504mm相当 (APS-Cモード) f5.6 1/1600 (-1) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/20 00:00 ]   東京(青梅・奥多摩) | TB(-) | コメント(30)

にらめっこ (都民の森/東京都 桧原村)

宮崎アニメの「もののけ姫」をご覧になられた方も多いのではないでしょうか。作品では大自然の中での不思議な世界が描かれていて、そこに登場するキャラクターはとてもインパクトのあるものが多く、その中でもシカの形をしたシシ神様が印象深く感じていました。そしてそのシシ神様を見る度に、ニホンカモシカを思い出しまして、この日は特別なシシ神様に出会えたような気がしています。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1233 にらめっこ (都民の森/東京都 桧原村)

にらめっこ (都民の森/東京都 桧原村)   Photo No.1233

東京の西の端、山梨県との境界付近にある檜原都民の森のニホンカモシカの最後の1枚となります。山道が凍結してこの先は軽装備では歩行困難な場所に差し掛かりました。ちょうどその辺りにある吊り橋のところで、三頭大滝の撮影をしています。するとまたもガサガサ音がします。音の方向を見れば今度はもっと近くにあのニホンカモシカがいました。とてもご縁があるようです。この日のシシ神様はとても穏やかなお顔に感じました。  (野生動物のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  600mm相当 (APS-Cモード) f5.6 1/125 (-2) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/21 00:00 ]   東京(青梅・奥多摩) | TB(-) | コメント(24)

夜の妖怪の潜む場所 (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)

東京からの写真を続けたいと思います。今度はたくさんの人の住む街からです。雨上がりの夜に電車に揺られてやって来たのは京王線調布駅。駅前から少し歩くと明かりも少ない住宅地となります。夜にこちらにやって来れば暗闇の中で街灯の光の影が伸びる妖怪たちの風景が見られるのではと勇気を振り絞ってやって来ました。暗い細道を西に向かって歩けば小さな公園に到着です。公園に着くなり私を出迎えてくれる子どもがいます。よく見れば、ゲゲゲの鬼太郎ではありませんか。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1234 夜の妖怪の潜む場所 (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)

夜の妖怪に出会う場所 (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)   Photo No.1234

今回は昨年出来た調布市の鬼太郎ひろばからです。ゲゲゲの鬼太郎の作者の水木しげるが調布市に住んでいたことによることから整備されたようです。今回からしばらく人が誰もいない夜の妖怪公園の様子を雰囲気たっぷりの表現を交えながらお届けしたいと思います。

SONY α7RⅡ FE 24mm F1.4 GM  24mm f1.4 1/30 (-1.7) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/22 00:00 ]   東京(武蔵野・東多摩) | TB(-) | コメント(22)

妖怪ぬらりひょんの縁台 (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)

夜の雨上がりの鬼太郎ひろばからです。ここには優しい妖怪だけでなくちょっと怖そうな妖怪もいまして、夜にそれを見れを見るのもなかなかおこっかなかったりします。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1235 妖怪ぬらりひょんの縁台 (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)

妖怪ぬらりひょんの縁台 (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)   Photo No.1235

水木しげるの妖怪の世界観の中で、妖怪総大将とされるのが、このぬらりひょんです。人との距離の近い鬼太郎と敵対しています。今回はモノクローム調での表現としてみました。

SONY α7RⅡ FE 24mm F1.4 GM  24mm f1.4 1/25 (-2) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/23 00:00 ]   東京(武蔵野・東多摩) | TB(-) | コメント(18)

鬼太郎の幻の聖火ランナー (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)

東京都調布市の鬼太郎ひろばからの作品を続けます。最近の新型コロナウイルス問題で、東京オリンピックの開催に影が落ち始めて来ています。日々不安感ばかりが高くなり早めの事態の収拾が望まれます。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1236 鬼太郎の幻の聖火ランナー (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)

鬼太郎の幻の聖火ランナー (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)   Photo No.1236

今日は劇画調の鬼太郎としていますが、よく見れば鬼太郎の持つ聖火が手元から消えかかっています・・・。

SONY α7RⅡ FE 24mm F1.4 GM  24mm f1.4 1/30 (-2) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/24 00:00 ]   東京(武蔵野・東多摩) | TB(-) | コメント(24)

やまびこのベンチ (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)

明かりの灯る家の前のベンチに座っているのは、「やまびこ」という妖怪です。周りの住民の方は、どんな気持ちなのでしょうか。ちょっと自慢!?それとも困る?

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1237 やまびこのベンチ (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)

やまびこのベンチ (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)   Photo No.1237

鳥取県境港市の紹介によれば、「ヤッホーと山で叫んで、ヤッホーと返ってきたら、それはやまびこからの返事。呼子(よぶこ)、山小僧とも呼ばれ、山間をこだましながら飛び歩く一本足の妖怪。やまびこのことを「こだま」ということもあるが、これは漢字で書くと木霊で、木に宿る精霊が返す声だと考えられている。声が大きいので、鬼太郎たちの伝令役をかってでている。」とのことです。

SONY α7RⅡ FE 24mm F1.4 GM  24mm f1.4 1/30 (-2) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/25 00:00 ]   東京(武蔵野・東多摩) | TB(-) | コメント(20)

お風呂の目玉おやじ (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)

東京都調布市の鬼太郎ひろばには妖怪ポストや鬼太郎の家もちゃんとあります。はしごを登って鬼太郎の家に入ってみました。中を見れば、そこには茶碗のお風呂に入る鬼太郎の親父がいました。

1絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1238 お風呂の目玉おやじ (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)

お風呂の目玉おやじ (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)   Photo No.1238

何ともかわいらしい姿の鬼太郎の父、目玉おやじです。口もないのにどこからかしゃべるし、踏まれても無事という不思議な能力も併せ持ちます。境港市水木しげるロードの案内によれば、「亡くなった鬼太郎の父親の目玉に魂が宿り復活した目玉おやじ。茶碗風呂に入るのが大好き。」とありました。

SONY α7RⅡ FE 24mm F1.4 GM  24mm f1.4 1/30 (-2) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/26 00:00 ]   東京(武蔵野・東多摩) | TB(-) | コメント(24)

ちゃぶ台の目玉おやじ (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1239 ちゃぶ台の目玉おやじ (鬼太郎ひろば 東京都 調布市)

ちゃぶ台の目玉おやじ (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)   Photo No.1239

鬼太郎ひろばからの最後の1枚としたいと思います。丸い図形がいくつも重なる鬼太郎の家のちゃぶ台を真上から撮影してみました。夜の街灯の明かりが鬼太郎の家に差し込みます。

SONY α7RⅡ FE 24mm F1.4 GM  24mm f1.4 1/6 (-2) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/27 00:00 ]   東京(武蔵野・東多摩) | TB(-) | コメント(16)

日没の街を走る中央線 (東京都 八王子市)

この前、コンパクトな24㎜の単焦点レンズ SONY FE 24mm F1.4 GM を購入しました。ずっと欲しいと思っていたレンズなのですが、使ってみると描写力が想像以上で感動しました。それまでも素晴らしいと思って使っていたズームレンズよりもひと皮もふた皮向けた感じです。それからこのレンズ1本で撮りに行きたいという衝動にかられっ放しです。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1240 日没の街を走る中央線 (東京都 八王子市)

日没の街を走る中央線 (東京都 八王子市)   Photo No.1240

本格的な初撮りのために夕暮れ時の中央線の電車を撮りに行きました。明るいレンズなので手持ちでの実力を試そうと思います。軽さもあってか、手ブレもよく防げていると思いますし、透き通るような気持ちのいい描写がたまりません。日が沈む瞬間にうまく中央線が駆け抜けて来てくれました。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅡ FE 24mm F1.4 GM  24mm f16 1/40 (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/28 00:00 ]   東京(八王子東部) | TB(-) | コメント(20)

マジックアワー (中央線/東京都 日野市)

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1241 マジックアワー (中央線/東京都 日野市)

マジックアワー (中央線/東京都 日野市)   Photo No.1241

夕暮れ時の中央線の写真を続けます。小さく見える富士山をバックに浅川に架かる鉄橋を越え新宿方面に向かってやって来たE353系中央線特急です。マジックアワーの光がボディに映り込んでいます。地域の住民の人たちが使うとても小さな踏み切りの前からの前からの撮影です。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅡ FE 24mm F1.4 GM  24mm f4 1/200 (-2) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/29 06:40 ]   東京(日野・南多摩) | TB(-) | コメント(20)