春を待つ屈斜路湖 (北海道 美幌町上空)

オホーツクの街、網走の旅に利用する“北海道・女満別(めまんべつ)⇆ 羽田便”で、私が1番楽しみにしている空からの絶景は、こちら、屈斜路湖(くっしゃろこ)の風景です。南に向かう帰り便でその風景を見ることができ、気分も最高潮です。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1331 春を待つ屈斜路湖 (北海道 美幌町上空)

春を待つ屈斜路湖 (北海道 美幌町上空)    Photo No.1331

霞の風景の中で見えるモノクローム調の屈斜路湖の絶景に釘付けです。湖の水面の氷の半分くらいが溶けかかっている様子に、春の到来を感じます。撮影活動はもちろんのこと、あの辺りが美幌峠かなとか、湖の周辺のあちこち行ったことのある場所を探しながらのひと時がとても楽しく感じます。おやっと思い見れば、摩周岳(カムイヌプリ)の姿も発見です。今回はここまでと満足していたら、この先に思わぬ絶景が待ち受けていました。次はいよいよ今回の旅の最後の1枚となります。 (空撮写真・空からの風景)

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  37mm f4.5 1/2500 (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/05/29 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(32)

湖面に流れ込む摩周湖の風 (北海道 弟子屈町)

摩周第三展望台からの摩周湖の眺めです。冬の時期に通行止めとなることから第三展望台にやって来ることはありませんでしたが、今回は夏の訪問となり、ここまで車で簡単にやって来ることが出来ました。

絶景探しの旅 - 1059 湖面に流れ込む摩周湖の風 (北海道 弟子屈町)

湖面に流れ込む摩周湖の風 (北海道 弟子屈町)    Photo No.1059

霧で前が全く見えないだけでなく、湖面からの雨混じりの風の吹き上げが顔にあたって恐ろしいくらいの朝の摩周湖でしたが、その霧がすごい速さで消えて行きます。周りが見え始めると、今度は風が湖面に向かって流れ始めました。この日は刻々と変わる摩周湖の風景のダイナミックな変化を楽しむことができました。

SONY α7RⅢ FE 12-24mm F4 G  12mm f4.5 1/400 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/08/31 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(16)

湖面を臨む花 (摩周第三展望台/北海道 弟子屈町)

絶景探しの旅 - 1058 湖面を臨む花 (摩周第三展望台/北海道 弟子屈町)

湖面を臨む花 (摩周第三展望台/北海道 弟子屈町)    Photo No.1058

摩周湖の湖面をのぞき込めば黄色い花が短い夏に一生懸命に花を咲かせていました。霧もどんどんと薄くなって来たようです。

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  105mm f4 1/250 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/08/30 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(18)

吹き上げる霧 (摩周第三展望台/北海道 弟子屈町)

絶景探しの旅 - 1057 吹き上げる霧 (摩周第三展望台/北海道 弟子屈町)

青い霧の摩周湖 (摩周第三展望台/北海道 弟子屈町)    Photo No.1057

摩周湖の外周を取り巻く壁面です。摩周湖から吹き上げる風が霧をどんどん消し去って行きます。

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  66mm f4 1/500 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/08/29 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(18)

青い霧の摩周湖 (摩周第三展望台/北海道 弟子屈町)

絶景探しの旅 - 1056 青い霧の摩周湖 (摩周第三展望台/北海道 弟子屈町)

青い霧の摩周湖 (摩周第三展望台/北海道 弟子屈町)    Photo No.1056

摩周第三展望台へと向かう遊歩道からの霧の摩周湖の眺めです。こういう摩周ブルーもいいのではないかと表現してみました。

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  54mm f4 1/1000 ISO400 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/08/28 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(16)

霧中のシンクロ (摩周第三展望台外周/北海道 弟子屈町)

雨が降ったり止んだりの霧の摩周湖でしたが、雨も本格的に止んだようです。摩周第一展望台から、摩周第三展望台にや移動してきました。駐車場から外周の歩道を歩いて摩周湖が見える場所まで移動します。

絶景探しの旅 - 1055 霧中のシンクロ (摩周第三展望台外周/北海道 弟子屈町)

霧中のシンクロ (摩周第三展望台外周/北海道 弟子屈町)    Photo No.1055

霧の中ほど枯れ木の存在感があるシーンはないように思うくらいの霧の中の歩道を摩周湖が見える場所まで歩きます。シシウドの仲間なのではないかと思うのですが、それが霧の中で枯れ木とシンクロしているようにも感じて、撮った1枚です。

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  44mm f4 1/30 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/08/27 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(12)

霧の摩周湖 (摩周第一展望台/北海道 弟子屈町)

灼熱の北陸編から涼しげな夏の北海道周遊の旅編に戻ります。北海道編もいよいよ最終の第三部となります。第三部はサクラマスの遡上するさくらの滝を先に紹介しましたので、その続きからとなります。オホーツクの町清里町から南下し、弟子屈町(てしかがちょう)にやってきました。最後の目的は摩周湖の朝日の撮影です。

絶景探しの旅 - 1054 霧の摩周湖 (摩周第一展望台 北海道 弟子屈町)

霧の摩周湖 (摩周第一展望台/北海道 弟子屈町)    Photo No.1054

しかしながら、この日は朝の暗いうちから摩周湖にやって来たのですが、とにかく摩周湖付近は霧がすごくて何も見えない状況です。霧の摩周湖はひと言、全く何も見ない摩周湖でした。朝日は当然断念ですが、それでも何かを撮りたいと思うのですが、数時間経っても状況が改善されません。やむを得ず、一度は現場から立ち去りました。しかし、麓でしばらく時間をつぶしているうちに、空の様子がよくなってきたようなので、念のために引き返しまずは摩周第一展望台に立ち寄ってみました。運よくかすかに摩周湖や摩周岳(カムイヌプリ)が見え始めてきました。歌の霧の摩周湖とはこのような感じのイメージでしょうか。

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  43mm f4 1/800 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/08/26 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(14)

山陰に沈む満月 (屈斜路湖/北海道 弟子屈町)

屈斜路湖では想像もつかないような景色に会えることが多く私を虜にします。
この日の朝も何とも素晴らしい景色に出会えました。

0871 山陰に沈む満月 (屈斜路湖/北海道 弟子屈町)

山陰に沈む満月 (屈斜路湖/北海道 弟子屈町)   Photo No.0871

空に浮かび私の目を楽しませてくれていた大きな満月が山陰に落ちて行きます。静寂の時もいよいよ終わりを迎えようとしています。朝の赤い光が山肌を何層にも色分けして行き、毛嵐の中にはハクチョウの姿も浮かび上がります。自然の偶然の重なりが素晴らしい屈斜路湖の早朝の光景に感動いっぱいでした。 *昨年からお届けしました道東編はこれで最後となります。お付き合いいただきありがとうございました。

LUMIX G9PRO LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  311mm相当 f5.4 1/160 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2019/02/24 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(22)

幻想の朝 (屈斜路湖/北海道 弟子屈町)

朝の月が綺麗だと思うことがあるとすればまさにこんな風景に出会った時でしょうか。静寂の中の景色はいつも神がかったものを感じます。

絶景探しの旅 - 0870 幻想の朝 (屈斜路湖/北海道 弟子屈町)

幻想の朝 (屈斜路湖 北海道 弟子屈町)   Photo No.0870

空に浮かぶ満月が高度を下げて来ました。いい瞬間にやって来ることができました。湖面からの気嵐もこのひと時をより幻想的なものにしてくれます。

SONY α7RⅡ FE 24-105mm F4 G  62mm f8 2.5s ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2019/02/23 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(14)

静寂の屈斜路湖畔 (北海道 弟子屈町)

長々と続いた北海道・道東編もこれからの“屈斜路湖と満月編”で最後となりますのでお付き合いいただけますとうれしく思います。

絶景探しの旅 - 0869 静寂の屈斜路湖畔 (北海道 弟子屈町)

静寂の屈斜路湖畔 (北海道 弟子屈町)   Photo No.0869

明け方の屈斜路湖畔に立っています。私はこの朝の静寂な空気感が大好きです。

SONY α7RⅡ FE 12-24mm F4 G  12mm f8 0.3s ISO100 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2019/02/22 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(24)

摩周ブルーの夜明け (摩周湖/北海道 弟子屈町)

まだ暗い摩周第1展望台にやってきました。到着すれば、冷たく透き通るような空気に、昼間とは違った何の音もしない空間がたまりません。比較的なだらかな山道を延々と車で登って行った先に摩周湖があるのですが、どうしてこんな場所にこんな素晴らしい神秘的な風景が待っているのだろうといつも感動します。

絶景探しの旅 - 0856 摩周ブルーの夜明け (摩周湖/北海道 弟子屈町)

摩周ブルーの夜明け (摩周湖/北海道 弟子屈町)   Photo No.0856

この日は沈みかける満月の月明かりが湖面やカムイヌプリを照らしています。夜明け前の星の残るこの場所にいるのは私一人だけ。貸し切られた特等席で贅沢なひと時を過ごします。月明かりがあるとは言え、レンズの開放値が暗いのでミラーレスでもピント合わせに苦労する状態ですが、それもお楽しみのひとつ。やがて真っ暗だった摩周湖の向こうから少しずつ夜明けの赤い光が滲み始めてきました。  (星空の風景)

SONY α7RⅡ FE 12-24mm F4 G  12mm f4 20s ISO500

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2019/02/09 05:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(12)

満月に照らされる屈斜路湖 (北海道 弟子屈町)

道東の夜は寒く凍てつきそうですがその分いつも素敵な景色を見せてくれます。屈斜路湖を高台から見下ろすことのできる美幌峠にやってきました。満月がどんどん空に昇って行き、辺りを明るく照らしています。今はちょうど月が屈斜路湖の真上に昇ったところです。

絶景探しの旅 - 0855 満月に照らされる屈斜路湖 (北海道 弟子屈町)

満月に照らされる屈斜路湖 (北海道 弟子屈町)   Photo No.0855

美幌峠は屈斜路湖の北西側にある標高493mの峠ですが、とにかく横風がいつも強くて、容赦なく氷点下の風が襲ってきます。刺すようなマイナスの風を頬や全身に受けながら、三脚、カメラが風で倒されないようにしっかりと安全柵に固定です。峠の道を車が通りかかるのを待って露光開始と行きたいところですが、夜ということもあり、上りと下りの車がいい具合にやって来るのを待つのですが、そうは都合よくは行かないようです。厳重装備も風のために体温がどんどん下がって行きます。  (星空の風景)

SONY α7RⅡ FE 12-24mm F4 G  12mm f4.5 20s ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2019/02/08 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(16)

燃える湖面 (屈斜路湖/北海道 弟子屈町)

前回のすぐ後のもう1枚です。山の上にかかる厚い雲の境目ができている影響でしょうか、山の向こうがまるで燃えているようにも感じる屈斜路湖の輝きの風景です。

絶景探しの旅 - 0842 燃える湖面 (屈斜路湖/北海道 弟子屈町)

燃える湖面 (屈斜路湖/北海道 弟子屈町)   Photo No.0842

静まり返った北の大地で繰り広げられるダイナミックな自然の織りなす光景です。その神秘な光景に神々の神聖な世界への入り口が開いたようにも感じ、感動いっぱいでした。

SONY α99 70-200mm F2.8G 70mm f5.6 1/200 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2019/01/26 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(16)

日没に輝く屈斜路湖 (北海道 弟子屈町)

先日、写真を整理していたら、ちょうど昨シーズンの屈斜路湖での写真で準備しながらご紹介していないものが2枚ほど出て来ました。せっかくなので今シーズンの道東編にプラスしてご紹介したいと思います。

絶景探しの旅 - 0841 日没に輝く屈斜路湖 (北海道 弟子屈町)

日没に輝く屈斜路湖 (北海道 弟子屈町)   Photo No.0841

夕暮れで山の陰に日が落ちて行来ました。雲も急に厚くなり、この日はこれで終わりかなと思っていたら、日没直後の輝きが半端ないくらい見事な光景になって来ました。音のしない無の空間で何もかも忘れて無我夢中でシャッターを切った1枚です。屈斜路湖にはいつ来ても飽きることがなく、またやって来たくなる私のお気に入りのスポットとなっています。

SONY α99Ⅱ Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM 18mm f16 1/10 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2019/01/25 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(18)

夕暮れの色 (北海道 弟子屈町)

夕日が沈み、またたく間に空が暗くなって行きます。道東の日没後は吸い込まれそうな透き通るような蒼い夕闇が魅力的です。

絶景探しの旅 - 0814 夕暮れの色(北海道 弟子屈町)

夕暮れの色 (北海道 弟子屈町)   Photo No.0814

残念ながらこの日は思ったより雲が多く、透き通るような蒼い夕闇は期待できそうにありませんが、それでもマジックアワーの空の色合いが何とも言えない雰囲気を醸し出しくれました。

LUMIX G9PRO LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  207mm相当 f4 1/30 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/12/29 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(10)

雄阿寒岳の見える風景 (北海道 弟子屈町)

引き続き欧州編と初冬の道東編を交互にご紹介です。事前の予報では今年の冬は暖冬で、初冬の道東も暖かく過ごしやすい天候でした。しかしながら、ここにきて寒い日が続き、年末年始には厳しい寒波が訪れる予報となってしまっています。長期の天気の読みはなかなか難しいものですね。そんな暖かな初冬の摩周第一展望台からの1枚です。少々、暖かい初冬とは言え、すでに第三展望台や、裏摩周展望台へ続く道は閉鎖されてしまって残念な状況になります。また、摩周第一展望台へと続く大きな坂道の陰の部分では路面も凍結し、滑って大破した四駆のSUVなども見かけたりもしました。やはり冬の神々のエリアは甘く見てはいけないとあれこれ実感しています。

絶景探しの旅 - 0813 雄阿寒岳の見える風景 (北海道 弟子屈町)

雄阿寒岳の見える風景 (北海道 弟子屈町)   Photo No.0813

昼間の摩周第一展望台エリアからの風景です。摩周湖の景色はもちろん素晴らしいですが、摩周湖に背を向けた景色も結構気に入っていまして、摩周湖にやって来れば、反対側の様子も何枚か撮ったりします。奥にそびえる白い山は雄阿寒岳(おあかんだけ/1,370m)なのですが、特にこの場所から見える山の頂の形がきれいで神々しく感じたりしています。

LUMIX G9PRO LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  207mm相当 f11 1/125 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/12/28 04:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(10)

青い屈斜路湖の風景 (北海道 弟子屈町)

朝の屈斜路湖湖畔をあちこち移動しながら朝の風景を楽しみます。サーモン色に染まる夜明け前の光から1時間30分ほど経ちました。辺りの色が青味を帯びてきました。

絶景探しの旅 - 0802 青い屈斜路湖の風景 (北海道 弟子屈町)

青い屈斜路湖の風景 (北海道 弟子屈町)   Photo No.0802

朝の色の変化はとても楽しめます。今度は斜里岳と屈斜路湖の青い世界をしっかり楽しむことができました。

LUMIX G9PRO LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  207mm相当 f11 1/320 (-1) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/12/17 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(18)

夜明けの帽子山と斜里岳 (屈斜路湖/北海道 弟子屈町)

サーモン色の空が少しずつ明るさを増してきます。そろそろ日の出時刻です。

絶景探しの旅 - 0801 夜明けの帽子山と斜里岳 (屈斜路湖 北海道 弟子屈町)

夜明けの帽子山と斜里岳 (屈斜路湖/北海道 弟子屈町)   Photo No.0801

屈斜路湖の湖面で見ることが多い、風を拾ってできる小波の横筋がきれいです。遠くに見える雪をかぶった山は斜里岳で、手前に見えるきれいな凸型の山は帽子山(520m)です。

SONY α7RⅡ FE 24-105mm F4 G  105mm f4 1/160 ISO640

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/12/16 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(10)

サーモン色の光に染まる屈斜路湖と斜里岳 (北海道 弟子屈町)

初冬の道東編に戻ります。今回は屈斜路湖湖畔に滞在していまして、そのお陰で連日、朝の彩りをたっぷり楽しむことができました。この日の朝は空がだんだん明るんで来るとともに、夜明け前の光を空が拾ってか、色付いたサーモン色に辺りが包まれます。以前ご紹介の屈斜路湖の黄金色の朝と違った静寂な雰囲気があります。

絶景探しの旅 - 0800 サーモン色の光に染まる屈斜路湖と斜里岳 (北海道 弟子屈町)

サーモン色の光に染まる屈斜路湖と斜里岳 (北海道 弟子屈町)   Photo No.0800

斜里岳は知床半島の付け根にそびえる標高1,547mの名山ですが、ここ屈斜路湖からもその雄姿を見ることができます。夜明け前に染まり始めたサーモン色がとても綺麗です。連日、素晴らしい彩りの瞬間を見ることができ、屈斜路の魅力にどっぷりとはまってしまいました。

LUMIX G9PRO LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  207mm相当 f4 1/200 (-1) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/12/15 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(22)

屈斜路湖の山陰に隠れる夕日 (北海道 弟子屈町)

屈斜路湖の夕暮れ時です。今日の夕暮れ時の屈斜路湖では凪が起きていなく少々残念な感じです。場所もそれなりのエリアにいまして、夕日の料理方法を考えます・・・。

絶景探しの旅 - 0796 屈斜路湖の山陰に隠れる夕日 (北海道 弟子屈町)

屈斜路湖の山陰に隠れる夕日 (北海道 弟子屈町)   Photo No.0796

せっかく望遠を持ってきていますので、山陰に沈む夕日を屈斜路湖のほとりに覆い茂るネットのような冬の枝にかぶせてみました。

LUMIX G9PRO LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  207mm相当 f11 1/200 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/12/11 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(16)

アトサヌプリと雪の原野 (北海道 弟子屈町)

再び初冬の道東からです。屈斜路湖に近い山「アトサヌプリ」にやってきました。Wikipediaによりますと、アトサヌプリは、北海道弟子屈町にある第四紀火山で、標高は512m。今も火山活動をしています。アイヌ語で裸の山の意味があるそうです。また硫黄山とも呼ばれ、明治時代には麓に硫黄鉱山があったことによるそうです。 今も硫黄ガスを含む蒸気が立ち上るアトサヌプリですが、今回はこちらのレストハウスの売店の1個100円で購入できる温泉たまごを買いにやってきたのです(前回は買いそびれ)。アトサヌプリの熱でゆで上がったたまごは熱々でとても美味でした。

絶景探しの旅 - 0795 アトサヌプリと雪の原野 (北海道 弟子屈町)

アトサヌプリと雪の原野 (北海道 弟子屈町)   Photo No.0795

ちょうどお日様がアトサヌプリの山陰に隠れて行きます。アトサヌプリにはちょうど私がやって来る前日に降った雪が薄く残っていまして、多くの人々の足跡がまるで月の上を歩いた宇宙飛行士の足跡のクレーターのようにも感じました。

SONY α7RⅡ FE 12-24mm F4 G  12mm f16 1/320 (-1 1/3) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/12/10 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(12)

夕暮れの屈斜路湖の波に揺れるハクチョウ (砂場/北海道 弟子屈町)

せっかくなので、初冬の屈斜路湖編のハクチョウ特集としています。こちらは、夕刻日没後の砂場と呼ばれる場所です。湖畔が温泉地帯になっているようで多くのハクチョウたちが集まってきています。こちらの場所は夕日を浴びて波がオレンジ色の揺らめきが楽しめる場所にもなっています。

絶景探しの旅 - 0789 夕暮れの屈斜路湖の波に揺れるハクチョウ (砂場/北海道 弟子屈町)

夕暮れの屈斜路湖の波に揺れるハクチョウ (砂場/北海道 弟子屈町)   Photo No.0789

夕暮れ時のお日様が山陰に隠れ辺りがどんどんと暗くなっていきます。湖面が物悲しいオレンジ色の輝きをゆらゆらと映し出してくれます。そんなオレンジの湖面にぷかぷかと波に揺れる2匹を望遠レンズで切り取ってみました。 *初冬の屈斜路湖編の途中ですが、次回から新シリーズの差し込みを行います。 (野鳥のいる風景)

LUMIX G9PRO LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  311mm相当 f4.6 1/250 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/12/04 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(20)

キラキラ星降るハクチョウの湖 (屈斜路湖/北海道 弟子屈町)

朝の屈斜路湖の和琴半島でハクチョウに遊んでもらいます。ここからさほど遠くない砂場と呼ばれる屈斜路の温泉が出ている場所では人との距離も近く人間慣れしているのでしょうね。朝からこんなサービスをしてくれました。

絶景探しの旅 - 0788 キラキラ星降るハクチョウの湖 (斜路湖 北海道 弟子屈町)

キラキラ星降るハクチョウの湖 (屈斜路湖/北海道 弟子屈町)   Photo No.0788

ハイキー調の仕上がりとなっているこの1枚ですがこちらはiPhoneでの撮影です。
まるで降ってきた星と遊ぶようにハクチョウが羽根を広げてくれました。  (野鳥のいる風景)

Apple iPhone6s AUTO (29mm f2.2 1/469 ISO25)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/12/03 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(18)

初冬の屈斜路湖の黄金の朝 (和琴半島/北海道 弟子屈町)

引き続き、11月末の三連休の北海道・道東、弟子屈町(てしかがちょう)の屈斜路湖からです。和琴半島から見る屈斜路湖の湖面には朝日が昇り始めるとともに気嵐が上がり始めています。

絶景探しの旅 - 0787 初冬の屈斜路湖の黄金の朝 (和琴半島/北海道 弟子屈町)

初冬の屈斜路湖の黄金の朝 (和琴半島/北海道 弟子屈町)   Photo No.0787

お日様が高くなるにつれ、湖面からフレアのような高い湯気も立っています。ハクチョウたちも活動を始めました。こういう風景が普通に眺められる道東の冬がたまりません。この日の朝も見事な黄金の朝を楽しむことができました。 (野鳥のいる風景)

LUMIX G9PRO LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  207mm相当 f8 1/8000 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/12/02 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(16)

気嵐の屈斜路湖の釣り人たち (北海道 弟子屈町)

初冬の道東編を開始したいと思います。11月末の三連休は北海道・道東の弟子屈町を中心に滞在していました。今年この時期は朝夕夜は一挙に冷え込むものの昼間は汗をかくほど暖かく驚きでした。今回はいつものサバイバル撮影旅(?)とは違って、家族サービスの旅ゆえ、屈斜路湖湖畔のちゃんとしたホテルに泊まってのんびりしています。この日の朝はホテルからも近い屈斜路湖に突き出した和琴半島(わことはんとう)の湖畔にやってきました。屈斜路湖の湖面には朝日が昇り始めるとともに気嵐が上がり始めます。

絶景探しの旅 - 0786 気嵐の屈斜路湖の釣り人たち (北海道 弟子屈町)

気嵐の屈斜路湖の釣り人たち (北海道 弟子屈町)   Photo No.0786

気嵐の中、ゆらゆらゆらめく湖の先を眺めれば木の幹が倒れている場所が見えます。ハクチョウでもいるのかなと思い、ズームしてよく見てみれば、釣り人たちでした。この時期、屈斜路湖では何が釣れるのか、調べて見たらヤマメとかニジマスなども釣れるようです。雄大な自然を眺めながらの釣りはきっと最高でしょうね。

LUMIX G9PRO LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  831mm相当 f11 (-1) 1/1600 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/12/01 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(16)

うっすらと霧のかかる蒼い白鳥の湖 (屈斜路湖 北海道 弟子屈町)

3月の北海道の旅編は昨日の 「阿寒湖」 に 「摩周湖」 の2本に続き、今日の 「屈斜路湖」 の1枚でおしまいです。 最後の1枚は再び 「屈斜路湖」 からです。 早朝の屈斜路湖の湖面の一部には温泉が出ているような場所がありまして、ところどころ湯気が上がったりしています。 そんな場所が湖畔にもあり、ハクチョウたちが集まってきたりしています。

絶景探しの旅 - 0550 うっすらと霧のかかる蒼い白鳥の湖 (屈斜路湖 北海道 弟子屈町)

うっすらと霧のかかる蒼い白鳥の湖 (屈斜路湖 北海道 弟子屈町)    Photo No.0550

うっすらと霧のような湯気の向こうにハクチョウがいました。ハクチョウも群れでなければ物静かでいい雰囲気です。餌を取るために一生懸命、顔を水につけていますが、その波紋も美しく感じる屈斜路湖の蒼いひと時でした。  (野鳥のいる風景)

SONY α99 70-200mm F2.8G 100mm f9 1/60 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/04/09 05:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(20)

残雪の摩周湖ブルー (北海道 弟子屈町)

3月の北海道編ラストスパート、本日2回目のUPです。本日1本目の 「阿寒湖」 の次の紹介は、「摩周湖」です。 摩周湖と言えば、湖面の色が独特の美しさとなる摩周湖ブルーが有名です。そんな摩周湖にやってきたものの、残念、湖面は完全氷結中でした。とはいうものの、この日の摩周湖の空は雲ひとつない、きれいな青空ですがすがしい摩周湖の風景をしっかり楽しめました。

絶景探しの旅 - 0549 残雪の摩周湖ブルー (北海道 弟子屈町)

残雪の摩周湖ブルー (北海道 弟子屈町)    Photo No.0549

いつも憧れだった摩周湖にやってきました。第1展望台の駐車場に車を止め、ちょっとだけ奥に入ってこの景色を眺めています。目の前で見るカムイヌプリ(摩周岳)実に神秘的に感じます。摩周湖の湖面は雪で真っ白にも見えますが、気のせいかやや独特の青みがかかっているような、いないようなレベルですが、わずかに摩周湖ブルーがにじみ出しているようにも感じます。本来の摩周湖ブルーは今回はお預けですが、青い空の下、残雪の湖面が波打ち模様の摩周湖を楽しむことができました。また、次回、暖かい時期に来たときは実際の湖面の青さもしっかり堪能したいと思います。 * よろしければこの前の本日1本目の記事もご覧いただけますとうれしく思います。

SONY α99Ⅱ Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM 18mm f11 1/500 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/04/08 13:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(16)

朝日に輝く雪の屈斜路湖 (北海道 美幌町)

北海道に来るたびにいつも新しい喜びを覚えます。また、今回、訪問のメインである屈斜路湖の素晴らしい風景をたくさん見ることができ、本当によかったと思います。

絶景探しの旅 - 0540 朝日に輝く雪の屈斜路湖 (北海道 美幌町)

朝日に輝く雪の屈斜路湖 (北海道 美幌町)    Photo No.0540

屈斜路湖の向こうから昇り始めたお日様がどんどんまぶしい輝きを放ち始めます。その光を受け、雪面も黄金の反射を始めます。それはまるで大地が息を吹き返したようです。

SONY α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 24mm f11 1/160 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/03/31 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(14)

美幌峠の夜明け 雪に覆われた屈斜路湖 (北海道 美幌町)

暗いうちに眠い目をこすりながら起き、身体にいつものようにカイロを8個装備し、これから屈斜路湖の湖畔の宿泊先から美幌峠(びほろとうげ)に向かいます。屈斜路湖を挟んでちょうど向かい側にあるのですが、その距離は何とちょうど30km!いかに屈斜路湖が大きいかお分かり頂けると思います。およそ40分後に美幌峠(びほろとうげ)の展望台の駐車場に到着。暗闇の中、展望台の一番高い場所に向かって上りの道を登って行きます。昨日の日没写真の後に、こちらもロケハン済みです。靴にスパイクを取り付けてところどころ凍った雪の道を急いで登って行きます。

絶景探しの旅 - 0539 美幌峠の夜明け 雪に覆われた屈斜路湖 (北海道 美幌町)

美幌峠の夜明け 雪に覆われた屈斜路湖 (北海道 美幌町)    Photo No.0539

ようやく一番高い場所に到着です。いい運動をしたので身体も温まってポカポカです。カイロなんか要らなかったかなと思ったのも束の間、周りがよく見渡せる明るさになったと思った瞬間、猛烈な横風が吹き始めました。暖かさも一瞬、いきなり体感温度−10度は急降下気分です。3月なのに顔や耳、頭が凍りそうです。耳当て付きの帽子をしっかり被り直し、さらに風でカメラが揺れないように、三脚を安全柵に絡みつけながら寒さに耐えながら朝日が顔を出す瞬間を待ちます。待つ事しばし、湖面が雪で覆われた屈斜路湖の向こう側から日の光が差し込み始めました。その光景は、ここまでの苦労や寒さを一瞬のうちに忘れさせてくれるくらい素晴らしいものでした。

SONY α99Ⅱ Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM 18mm f11 1/100 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/03/30 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(16)

天の川と氷の屈斜路湖 (北海道 弟子屈町)

日没の後はいったん宿で夕食をいただき、再び撮影に出かけます。この日は新月なので屈斜路湖と星空撮影を行おうと思います。撮影場所候補は明るいうちに決めてあります。宿からそう遠くない場所に移動し、湖畔から星空を狙いますが、とにかく空気がきれいなこともあり、見える星の数の多さに大感動です。

絶景探しの旅 - 0538 天の川と氷の屈斜路湖 (北海道 弟子屈町)

天の川と氷の屈斜路湖 (北海道 弟子屈町)    Photo No.0538

山の向こうに美幌町(びほろちょう)辺りの光が漏れていますので、その灯りをアクセントに屈斜路湖の対岸の美幌峠辺りを狙おうと思います。湖面には手前の道の明かりが届きますので、氷で覆われた屈斜路湖の様子もしっかり写せます。撮影中には、時々、バキッと湖面の氷が割れる音やバチャという水の音も聞こえて、まるでそこに動物でもいるんじゃないかと、都度、ビクッとしながらの撮影となりました。 いつまでも撮影をしたかったのですが、寒さも厳しくバッテリーの消耗も早いので、早く片づけて、宿に帰り、かけ流し温泉をしっかり楽しもうと思います。 (星空の風景)

SONY α99Ⅱ Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM 16mm  f2.8 30s ISO6400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/03/29 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(24)