さよならレッドアロークラシック (埼玉県 所沢市)

埼玉県・所沢からの10000系特急レッドアロークラシックの1枚を続けます。 このカーブを曲がれば所沢駅に入線です。 実はこちらのレッドアロークラシックは残念ながら2021年4月29日に定期運行終了となります。 直前に近づくにつれファンが大結集かなと思い、川越訪問のついでに早めに撮りに行ったという次第です。 

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1643 さよならレッドアロークラシック (埼玉県 所沢市)

さよならレッドアロークラシック (埼玉県 所沢市)    Photo No.1643

所沢駅付近でレッドアロークラシックと桜の写真を撮った後は、本川越駅で折り返して再び所沢駅に戻って来るの待ちました。 40分ほど待ってレッドアロークラシックが再びやって来ました。 今度はカーブの所に咲いている紫の花をワンポイントにして撮影しようと構図を決めて待っていました。  お別れ前の雄姿を撮ることができとてもよかったと思います。    (鉄道のある風景)

SONY α7RⅣ FE100-400mm F4.5-5.6GM  237mm f11 1/125 (-0.7) ISO200 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/04/06 00:00 ]   埼玉 | TB(-) | コメント(22)

春の小江戸に向かう (埼玉県 所沢市)

埼玉県・所沢からの鉄道と桜の風景です。 小江戸と呼ばれる川越の街(本川越駅)に向かって所沢駅を出発する、10000系特急レッドアロークラシックです。 この列車には池袋⇔秩父方面行で運用されている頃に私も1度乗車したことがあります。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1642 春の小江戸に向かう (埼玉県 所沢市)

春の小江戸に向かう (埼玉県 所沢市)    Photo No.1642

この西武鉄道10000系は懐かしい初代レッドアローのデザインを取り入れた車両ということもあり人気があります。 初代レッドアロー5000系は今は富山地方鉄道16010形として立山黒部アルペンルートへの道先案内人として活躍しています。 その名残を汲むデザインの10000系と遅れて咲く桜とのコラボの1枚です。 (桜の咲く風景) (鉄道のある風景)

SONY α7RⅣ FE100-400mm F4.5-5.6GM  145mm f5.6 1/1250 (-0.7) ISO800 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/04/05 00:00 ]   埼玉 | TB(-) | コメント(28)

新河岸川の春 (埼玉県 川越市)

桜の花が散り始めたということで、4月2日の土曜日に埼玉県川越市の氷川神社脇の新河岸川に行ってきました。 こちらの場所では見事な花筏を見ることが出来るので、それを楽しみにやって来たのですが、花も終盤戦に入ってきているもののタイミングが悪く今年は川一面の素晴らしい花筏を見ることが出来ませんでした。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1641 新河岸川の春 (埼玉県 川越市)

新河岸川の春 (埼玉県 川越市)    Photo No.1641

でもせっかくやって来ましたので、春らしい写真をということで撮った1枚です。前ボケをソフトフィルターとして利用し、作品イメージを柔らかく仕上げてみました。 (桜の咲く風景)

SONY α7RⅣ FE100-400mm F4.5-5.6GM  265mm f5.6 1/1250 (-0.3) ISO800 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/04/04 00:00 ]   埼玉 | TB(-) | コメント(22)

朝日を浴びながら (シメ/埼玉県 坂戸市)

埼玉・坂戸からの野鳥写真はこちらの1枚で〆(シメ)としたいと思います。 氷点下の寒い朝、シメが霜が付着する落ち葉を散らかしながら、土の中のエサを探しています。 首をかしげるような仕草を繰り返しながらエサを探すシメの様子がとてもかわいく感じられて、見ていて飽きさせません。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1565 朝日を浴びながら (シメ/埼玉県 坂戸市)

朝日を浴びながら (シメ/埼玉県 坂戸市)    Photo No.1565

ピョンピョンと地面を蹴りながら飛び跳ねるようにしてエサを探し続けるシメです。 ちょうど口の中に何かエサなどをはさんでいるようです。 斜めからの朝の光がフィールドを照らし出しました。 こちらの公園では会いたかった鳥もいたのですが、結局、出会うことはできませんでした。 それでも鳥を撮るためのカメラやレンズの設定や特性を確認するためのいい練習ができたともに、いくらか鳥を撮るための勘を養うことが出来ました。    (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE200-600mm F5.6-6.3G + 1.4X 1260mm相当(APSーCモード) f9 1/160 ISO1600 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/01/18 00:00 ]   埼玉 | TB(-) | コメント(20)

歓喜の雄叫び上げるジョウビタキ (埼玉県 坂戸市)

ジョウビタキはとても縄張り意識が強く、特にベストポジションを同じ種類や他の種類の鳥たちと争う姿をよく見かけます。 相手が自分より大きかったり、強かったりしても決して負けたままではなく、相手が目を離しり、どこかへ出かけたすきに舞い戻って来たりなど、見ていて楽しめます。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1564 歓喜の雄叫び上げるジョウビタキ (埼玉県 坂戸市)

歓喜の雄叫び上げるジョウビタキ (埼玉県 坂戸市)    Photo No.1564

こちらは前回、シメがわずかに氷の溶けた部分を狙って水を飲んでいた場所です。 お日様がどんどん高くなって行くのと同時に、その暖かな光が氷面の穴を少しずつ大きくなっています。 シメがいなくなり、やって来たのはジョウビタキ(オス)です。 この場所はジョウビタキが縄張りを主張するエリアにあり、ついにベストポイントの失地回復ができた感じです。 この位置から頭を水面に伸ばして何度も水を飲んでいました。 今回はこの場の雰囲気からこのようなタイトルとさせていただきました。   (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE200-600mm F5.6-6.3G + 1.4X 1260mm相当(APSーCモード) f9 1/400 ISO1600 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/01/17 00:00 ]   埼玉 | TB(-) | コメント(22)

シメシメと思ったとか (埼玉県 坂戸市)

シロハラと同じ川なのですが、少しだけ離れた場所で野鳥観察を続けています。 こちらの場所は氷面に日の光が差し込み始めたものの、さすがに急には解氷しないようです。 水が飲みたいのに飲めない、そんな鳥たちの目に付いたのがこちらの場所となります。 さっそくシメが飛んできました。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1562 シメシメと思ったかとか (埼玉県 坂戸市)

シメシメと思ったかとか (埼玉県 坂戸市)    Photo No.1562

氷の川の上から顔を出した木の枝につかまりながら水を飲むシメです。 この姿勢のままで口先を前に伸ばしながら無理な姿勢で水を飲みます。 それでもいい場所を見つけることができ、シメシメと思っているようです。 一方でこの状況を羨ましく(?)見ている鳥もいまして、シメがいなくなるとこの枝にジョウビタキがやって来て水を同じような姿勢で水を飲みだします。 こちらもシメシメと思ったとか、思わなかったとか!?    (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE200-600mm F5.6-6.3G + 1.4X 1260mm相当(APSーCモード) f9 1/320 ISO1600 WBマニュアル

新年も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/01/15 00:00 ]   埼玉 | TB(-) | コメント(24)

氷の穴から水飲むシロハラ (埼玉県 坂戸市)

こちらの公園の川の流れはとても緩やかで日陰の部分は水面が凍ってしまっています。 ここで観察をしていれば、そのわずかな氷の溶けた部分部分に水を飲もうと代わる代わる鳥たちがやって来るのを見ることが出来ます。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1561 氷の穴から水飲むシロハラ (埼玉県 坂戸市)

氷の穴から水飲むシロハラ (埼玉県 坂戸市)    Photo No.1561

シロハラです。 他の鳥たちが見つけることのできなかった氷の穴を見つけました。 日陰にこのような場所があるとは気が付けなかったようです。 氷の上をピョンピョンやって来た甲斐がありました。 何度も何度も頭を落として水を飲みます。    (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE200-600mm F5.6-6.3G + 1.4X 1260mm相当(APSーCモード) f9 1/640 ISO1600 WBマニュアル

新年も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/01/14 00:00 ]   埼玉 | TB(-) | コメント(26)

ツグミくんを探せ! (埼玉県 坂戸市)

霜が降りたり、川の水面が凍ったりと氷点下の寒い朝となった埼玉県坂戸市の公園からです。 夜明けとともに生き物たちが活動を開始する時刻となりました。 辺りの落ち葉がガサゴソ音を立てています。 

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1560 ツグミくんを探せ! (埼玉県 坂戸市)

ツグミくんを探せ! (埼玉県 坂戸市)    Photo No.1560

ガサゴソする方に目向ければ、枯れ葉の落ち葉に中に何かいるようないないような。 ツグミがいるのですが、さてどこにいるのでしょうか。 探してみてください!?    (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE200-600mm F5.6-6.3G + 1.4X 1260mm相当(APSーCモード) f9 1/160 ISO3200 WBマニュアル

新年も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/01/13 00:00 ]   埼玉 | TB(-) | コメント(24)

凍てつく朝 (ツグミ/埼玉県 坂戸市)

埼玉県西部を流れる高麗川。 高麗川はくねくねと曲がりながら流れ、そのために河川沿いには曼殊沙華(彼岸花)の名所があったり自然が豊富です。 お正月休み中は高麗川の自然の恵みを受けた公園を散策してきました。 冬の朝の公園は寒く氷点下で完全防備での散策となります。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1559 凍てつく朝 (ツグミ/埼玉県 坂戸市)

凍てつく朝 (ツグミ/埼玉県 坂戸市)    Photo No.1559

朝食を取ろうとやって来る野鳥たちを撮影しようと夜明けの時間から朝の公園を散策します。 明るくなったすぐの時間帯は鳥たちの声も響き渡りにぎやかでいいものですね。 全国同じような感じかも知れませんが、こちらの公園にもツグミが多く、ツグミに目を向ける人はほとんどいません。 そんな中、朝の光を受けるとともに薄氷の川の脇で止まる1羽のツグミを見つけました。 霜の降りた土の様子も雰囲気があり、面白いと思いシャッターを切りました。  (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE200-600mm F5.6-6.3G + 1.4X 1260mm相当(APSーCモード) f9 1/640 (-1) ISO1600

新年も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/01/12 00:00 ]   埼玉 | TB(-) | コメント(22)

緑に浮く曼殊沙華のじゅうたん (巾着田/埼玉県 日高市)

日本最大級の5百万本の曼殊沙華群生地と言われる、埼玉県日高市の巾着田でしっかり曼殊沙華の撮影を楽しみました。最後はいかにも巾着田というような定番のような1枚で締めたいと思います。

絶景探しの旅 - 0715 緑に浮く曼殊沙華のじゅうたん (巾着田/埼玉県 日高市)

緑に浮く曼殊沙華のじゅうたん (巾着田/埼玉県 日高市)   Photo No.0715

日高の巾着田には2時間と決めて訪問でしたが、時の経つのはあっという間でした。曼殊沙華のじゅうたんの上に描き出される光と影を探してみたり、きれいな背景の場所を選んでみたりと、まさに思うような撮影ができる上質な場所だと思いました。明日からいよいよ曼殊沙華(彼岸花)のピークになると予想されているお彼岸の3連休ですが、目を閉じれば、満開の曼珠沙華で辺り一面真っ赤となったその様子が思い浮かぶようです。

SONY α99Ⅱ 70-200mm F2.8G 140mm f4 1/200 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/21 00:00 ]   埼玉 | TB(-) | コメント(18)

曼殊沙華の花とつぼみ (巾着田/埼玉県 日高市)

埼玉・日高の巾着田の曼殊沙華(彼岸花)はいよいよ今週末が見頃ではないかと言われています。私の行ったときは見頃1週間前だったこともあり、場所によってはつぼみも多く見られました。このつぼみがパカンと弾けたようにして不思議な長い雄しべと花びらが出てくるのでしょうね。

絶景探しの旅 - 0714 曼殊沙華の花とつぼみ (巾着田/埼玉県 日高市)

曼殊沙華の花とつぼみ (巾着田/埼玉県 日高市)   Photo No.0714

日当たりのいい場所から花が開き始めているような巾着田の曼殊沙華です。影になっている場所の曼殊沙華のつぼみもこれから開花に向けてどんどんと握りしめたこぶしを少しずつ開き始めています。

SONY α99Ⅱ 70-200mm F2.8G 140mm f2.8 1/25 (-2/3) ISO100 WB手動

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/20 00:00 ]   埼玉 | TB(-) | コメント(14)

曼殊沙華デザイン (巾着田/埼玉県 日高市)

今週末が見ごろと言われている埼玉・日高の巾着田の曼殊沙華(彼岸花)の写真を続けたいと思います。日高の巾着田は曼殊沙華のシーズン時は三脚だけでなく一脚も禁止になります。そのため、望遠レンズを使っての花の撮影は苦しい姿勢での撮影ばかりでしたが、それでも素敵な被写体を撮ることができるひと時が幸せに感じます。

絶景探しの旅 - 0713 曼殊沙華デザイン (巾着田/埼玉県 日高市)

曼殊沙華デザイン (巾着田/埼玉県 日高市)   Photo No.0713

私は花や風景をデザイン調に撮るのも好きでして、そんな写真をよく狙ったりします。今回も日高の巾着田に咲き誇る曼殊沙華をデザイン調に撮って見ようと考えてシャッターを押してみました。

SONY α99Ⅱ 70-200mm F2.8G 150mm f2.8 1/60 (-2/3) ISO100 WB手動

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/19 00:00 ]   埼玉 | TB(-) | コメント(20)

巾着田の曼殊沙華 (埼玉県 日高市)

敬老の日の月曜日は自宅から車で1時間ちょっとかけて埼玉県日高市の「巾着田(きんちゃくだ)」に出かけてきました。満開予想の1週間前の早朝にもかかわらず、すでにたくさんの車が駐車場に停められていました。

絶景探しの旅 - 0712 巾着田の曼殊沙華 (埼玉県 日高市)

巾着田の曼殊沙華 (埼玉県 日高市)   Photo No.0712

巾着田は日和田山(305m)を背景に高麗川(こまがわ)が「ひ」の字型に流れていく内側にあることからその名がついたものと思われます。秋の彼岸の頃になると500万本もの曼殊沙華の群生の様子が最高潮になります。昭和40年代後半(1972〜74年頃でしょうか)に当時の日高町が、巾着田の用地を取得、やぶや竹林、葦に覆われていた現地を整地したところ、9月になると一斉に曼殊沙華が咲き始めたそうです。河川の増水等ににより流れてきた球根が漂着して根付いたものと考えられているようです。

SONY α7RⅡ Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM 17mm相当 f16 1/8 SO100 WB手動 (LA-EA3) 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/18 00:00 ]   埼玉 | TB(-) | コメント(18)

春爛漫 川越氷川神社の花筏 (新河岸川/埼玉県 川越市)

例年、行きたくても行けないのが、桜の季節の青森・弘前公園。いつもGWの前半戦くらいに桜のピークが来ることもあり、その時期のお得な旅券と宿泊セットを狙うのですが、今年も弘前行きの格安チケットが取れずに我慢しています。いちばん見たいのがお堀の花筏(はないかだ)なのですが、これまたタイミングを事前に知るのが難しく感じます。 そんな中でリンクさせていただいています、わたすげのaruさんのブログを昨年見て、埼玉県川越川市の氷川神社の横を流れる新河岸川(しんがしがわ)できれいな花筏が見られることを知りました。 川越なら車でちょっと走れば着くくらいの場所にあります。 昨日は様子を探るべくロケハン目的で現地を訪ねましたが・・・。  

絶景探しの旅 - 0541 春爛漫 川越氷川神社の花筏 (新河岸川/埼玉県 川越市)

春爛漫 川越氷川神社の花筏 (新河岸川/埼玉県 川越市)    Photo No.0541

現場についてみれば、ラッキーなことに、そこには満開の後の見事な花筏が出来上がっていました。今までこんな素晴らしい花筏は見たことがありません。見に来ていた人たちも異口同音に素晴らしいを連発な状況でした。私も大感激です。青い鳥は実は身近にいたというお話がありましたが、遠くに行かずともこんな素晴らしいピンクの花筏が身近にもあったのだと思い知らされました。 (桜の咲く風景)

SONY α99Ⅱ 70-200mm F2.8G 200mm f2.8 1/2000 (-1) ISO100 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/04/01 00:00 ]   埼玉 | TB(-) | コメント(24)

羊山公園の芝桜とタンポポ (埼玉県 秩父市)

絶景探しの旅 - 0210 羊山公園の芝桜とタンポポ (埼玉県 秩父市)

羊山公園の芝桜とタンポポ (埼玉県 秩父市)  Photo No.0210

東京首都圏各地のGWの頃の人気のお花見と言えば、芝桜でしょうか。昔から(*)の首都圏の芝桜の有名なもののひとつとして、埼玉県秩父市の羊山公園(ひつじやまこうえん)の「芝桜まつり」があります。秩父地方の名山「武甲山(ぶこうざん)」を背景にした芝桜の様子は実に見事だったりします。 * 秩父の芝桜まつりは2000年より始まったとのことです。

そんな秩父・羊山公園の芝桜ですが、日当たりのいいところでは、春らしく、つくしやタンポポなどが芝桜に混じって顔を出したりしていました。マクロレンズも持って来ているのですが、タンポポを主題に芝桜の花びらやつぼみも見せつつ、そして、芝桜畑の起伏の中で白・ピンク・白と続く色模様の変化も考えて地面に近い高さから望遠で狙ってみました。ちなみに奥の肌色の縦のボケはつくしです。

SONY α99 70-300mm F4.5-5.6G SSM 210mm f9 1/640 ISO100 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/05/07 05:00 ]   埼玉 | TB(-) | コメント(22)

春の風が吹いてムーミン谷にスナフキンが帰って来た! (あけぼの子どもの森公園/埼玉県 飯能市)

絶景探しの旅 - 0195 春の風が吹いてムーミン谷にスナフキンが帰って来た! (あけぼの子どもの森公園埼玉県 飯能市)

春の風が吹いてムーミン谷にスナフキンが帰って来た! (あけぼの子どもの森公園/埼玉県 飯能市)   Photo No.0195

引き続きムーミンの世界を再現したという埼玉県飯能市の「あけぼの子どもの森公園」からです。ムーミンたちはすでに長かった冬眠から目覚めているようです。春になってベッドから起きたムーミンは、冬の間、旅立っていた大好きな友人で孤独な旅人「スナフキン」がムーミン谷に帰ってくるのを首を長くして待っているはずです。スナフキンはいつも春の風とともにムーミン谷に帰ってくるのです。そのときです。ムーミン谷に春の風が吹きました。桜の花びらが風に舞います。スナフキンが帰って来たのかな。これからまた楽しいムーミン谷の物語が始まるようです。 (桜の咲く風景)

*あけぼの子どもの森公園のムーミン谷ミニシリーズはこちらまでです。お付き合いありがとうございました。

SONY α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 45mm f2.8 1/4000 WB手動 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/04/22 05:00 ]   埼玉 | TB(-) | コメント(18)

ムーミン谷の桜 (あけぼの子どもの森公園/埼玉県 飯能市)

絶景探しの旅 - 0195 ムーミン谷の桜 (あけぼの子どもの森公園/埼玉県 飯能市)

ムーミン谷の桜 (あけぼの子どもの森公園/埼玉県 飯能市)  Photo No.0194

今回もムーミンの世界のようだといわれている「あけぼの子どもの森公園」からです。ムーミン谷(園内)を歩きます。釣り小屋の前にやってきました。暖かな春の日差しを受けて小さな2本の桜の木も満開です。そして、釣り小屋をのぞいてみようとすれば、扉が開いています!やっぱり、ムーミンたちが冬眠から目覚めているようです。

SONY α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 35mm f4.5 1/800 WB手動 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/04/21 05:00 ]   埼玉 | TB(-) | コメント(20)

冬眠から目覚めるムーミン谷 (あけぼの子どもの森公園/埼玉県 飯能市)

ムーミンのお話をご存知でしょうか。最近はムーミン人気が復活したり、過去に何度かアニメーションとなって放映されたこともあるのでご存知の方も多いと思います。東京都青梅市に隣接する埼玉県飯能市(はんのうし)には、まるでムーミンの世界のようだといわれている、「あけぼの子どもの森公園」があり、人気です。

絶景探しの旅 - 0193 冬眠から目覚めるムーミン谷 (あけぼの子どもの森公園/埼玉県 飯能市)

冬眠から目覚めるムーミン谷 (あけぼの子どもの森公園/埼玉県 飯能市)  Photo No.0193

ムーミン谷に住むムーミンたちは先祖の代から、冬になる11月から4月頃まで冬眠するのが伝統となっています。今年もここに来てようやく暖かくなって、そろそろムーミンたちが起き出しているのではないかと思います。春になるとこちらにやってムーミンたちが起きていないか確かめに来るのが最近の私の習慣になっています。 ムーミン谷からの作品、次回に続きます。 (桜の咲く風景) 

SONY α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 35mm f8 1/400 WB手動 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/04/20 05:00 ]   埼玉 | TB(-) | コメント(20)

夕日の落ちる駅からの風景 (さいたま市 中央区)

日曜日の夕方に都合があってやってきたのは、埼玉県さいたま市にある埼京線「南与野(みなみよの)」駅。この駅で待ち合わせをしています。埼京線は東北新幹線の開通に合わせて整備された歴史の浅い路線ですが、そのため、路線の大部分が高架になっているのが特徴です。

絶景探しの旅 - 0145 夕日の落ちる駅からの風景 (さいたま市 中央区)

夕日の落ちる駅からの風景 (さいたま市 中央区)  Photo No.0145

電車から降りれば沈み行く夕日がとてもきれいです。以前から南北に走る埼京線の高架駅は夕日の名所と認識していますので、このままここを立ち去るのはもったいないと、乗って来た電車がホームを離れるのを待ちます。高架ホームの夕日がきれいな場所に移動してカバンを開ければ、カメラがない!焦ります・・・。しかし、こんなときのお役立ちは、iPhone 。ちょうど高架を併走する東北へ向かう新幹線がやってきたようなので、沈み行く夕日と合わせて撮影してみました。

新宿駅のコンコースにiPhoneで撮ったという畳一畳分くらいの大伸ばしのAppleの写真広告がしょっちゅう貼り出されていてよく見ているのですが、最近の機種などではそれなりにきれいな写真が撮れたりします。 (鉄道のある風景)

Apple iPhone6 (AUTO) 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2017/03/03 05:00 ]   埼玉 | TB(-) | コメント(16)