雪の粉の舞い (八甲田山 青森市)

八甲田山は青森市内中心部からの距離も近く、1時間ほどで麓の八甲田ロープウェイ乗り場に到着です。なかなかいいローケーションの場所だと思います。八甲田山は、18の成層火山や溶岩円頂丘で構成される火山群の総称で、北部八甲田山系と南部八甲田山系に分けられているようです。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1207 雪の粉の舞い (八甲田山 青森市)

雪の粉の舞い (八甲田山 青森市)   Photo No.1207

今回は八甲田ロープウェイの設置されている田茂萢岳(たもやちだけ/1324m)に雪を楽しみに行きます。この日は朝から始発のロープウェイを利用しようとする人たちで混みあっていましたが、私もようやく2番目の便に乗り込むことができました。今回の青森の旅では降雪に出会えることはありませんでしたが、ロープウェイでの移動中に、支柱通過中に雪の粉が舞い降りてきてくれました。

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  123mm f8 1/400 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/01/26 06:30 ]   青森 | TB(-) | コメント(3)

雪の舞台 (八甲田山麓/青森市)

この日は朝早く弘前市を出発し八甲田山を目指します。国道394号線の黒石市の山間を縫うように走る山岳路を走り、国道103号から八甲田山方面に抜ける道を選んでいます。八甲田周辺道路は朝の7時30分まで道路が通行止め、八甲田山ロープウェイは9時から運転開始になっていまして、その時間を考慮しての移動にしています。途中、黒石と青森の市境にある「山のかあさんの店(冬季休業中)」の前から八甲田山がきれいに見えますので、車を停めて撮影タイムとしました。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1206 雪の舞台 (八甲田山麓 青森市)

雪の舞台 (八甲田山麓/青森市)   Photo No.1206

八甲田山の麓にちょっと面白い場所を見つけましたので、超望遠域で撮影することにしました。沼か何かでしょうか。木々に覆われた雪の大地に朝の光のスポットライトを受けた舞台が現れました。ひょっとして冬の妖精たちが楽しそうに遊んでいたりして、なんて想いを巡らせながらの撮影です。

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM + 1.4X  642mm相当 f8 1/640 (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/01/25 07:00 ]   青森 | TB(-) | コメント(12)

冬の日本三大夜桜の弘前公園 (青森県 弘前市)

青森空港から弘前へ移動です。弘前と言えば、なんと言っても、日本三大夜桜としても有名な桜の名所「弘前公園」ですよね。あのお濠の花筏の風景が素晴らしくいつも憧れの的です。今回の弘前での最大の楽しみは弘前公園の「冬に咲くさくらライトアップ」です。この風景を見るために冬の青森にやって来たと言っても過言ではありません。ホテルのチェックインを済ませ、暗くなるのを待って弘前公園にやって来ました。

景探しの旅 - 絶景写真No.1204 冬の日本三大夜桜の弘前公園 (青森県 弘前市)

冬の日本三大夜桜の弘前公園 (青森県 弘前市)   Photo No.1204

桜の弘前公園に行きたい!そんな思いが何年も続いていました。そんな私の目に入ったのはJRの駅で見た弘前公園の冬の夜桜のイベントのポスターやパンフレットです。その幻想的な風景を一度見てみたいと思うようになり、ついに今回、弘前公園を訪れることができました。降雪時の花吹雪や枝に積もった雪なども楽しみにしていたのですが、それでもお堀の積雪にもピンクの光がきれいに映り、いい雰囲気を味わう事ができました。混み知らずでこの冬の桜のライトアップ風景を見ただけで今回の訪問の目標の半分は達成されたようなものです。

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  109mm f11 3.2s ISO800 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/01/23 00:00 ]   青森 | TB(-) | コメント(20)

冬の光差し込むカルスト台地 (平尾台/北九州市 小倉南区)

山口県下関・長門方面から再び北九州市に戻ってきました。訪問先は小倉南区にある平尾台と呼ばれるカルスト台地です。カルスト台地は石灰岩などの水に溶解しやすい岩石でできた地形で、自然の雨水や地下水などで侵食され独特の景観を見せています。平尾台は秋吉台(山口県)、四国カルスト(愛媛県・高知県)と並んで日本三大カルスト地形とも呼ばれています。

絶景探しの旅 - 絶景写真 1187 冬の光差し込むカルスト台地 (平尾台/北九州市 小倉南区)

冬の光差し込むカルスト台地 (平尾台/北九州市 小倉南区)   Photo No.1187

小倉南区の郊外の山道をどんどんと上っていきます。山の頂上のような場所までくれば、そこには広範囲に見事なカルスト台地が広がっていました。先ほどまできれいな青空が広がっていましたが、気が付けば厚い雲にお日様がすっぽりと覆われてしまいました。そんな雲の切れ目から、平尾台に日の光が差し込みます。

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  297mm f8 1/250 (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/01/06 00:00 ]   福岡 | TB(-) | コメント(26)

冬の海辺の教会 (山口県 下関市)

2019年もいよいよ大晦日となりました。今年は大きな自然災害が多く、なかなか厳しい年となりました。そしてそのために天候も崩れがちで、撮影には出られないと言う方も多かったのではないでしょうか。私も今年の天候には泣かされました。来年こそは週末によい天気が恵まれることを期待したいと思います。2019年の最後の1枚は、まるで異国のような雰囲気もある教会の風景です。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1181 冬の海辺の教会 (山口県 下関市)

冬の海辺の教会 (山口県 下関市)   Photo No.1181

こちらでは、まるで本州とは思えない綺麗な海に架かる見事な角島大橋を展望台から楽しみました。角島大橋の脇を見ればみれば、教会らしい建物があり、その風景も日本っぽく、まるで異国のような気分です。

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  203mm f8 1/640 (-1) ISO800 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/12/31 00:00 ]   山口 | TB(-) | コメント(26)

門司港レトロからの下関の夜景 (福岡県 北九州市)

門司港レトロのマジックアワーの空も時間とともに暗さが増してきました。暗さとともに関門海峡の対岸の山口県下関市の街灯りがきれいに輝きだしました。街灯りの主人公は観覧車です。こちらの観覧車は 「しものせき遊園地 はい!からっと横丁」のものです。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1178 門司港レトロからの下関の夜景 (福岡県 北九州市)

門司港レトロからの下関の夜景 (福岡県 北九州市)   Photo No.1178

横に伸びる4本のラインが入りました。カメラのイメージセンサーに不都合が起きているのではと思われた方も多いのではと思いますが、これはすぐ目の前を通過した海上保安庁の船の光のラインです。こんな光のラインを含め各種の光が重なる門司港レトロからの夕刻の眺めです。

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  297mm f20 30s (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/12/28 00:00 ]   福岡 | TB(-) | コメント(16)

黄金に輝く夜のイチョウ並木 (昭和記念公園/東京都 昭島市)

東京・昭和記念公園の2019年のライトアップイベント「秋の夜散歩」(11/29-12/1)を楽しんでいます。次から次へと人の押しかける日本庭園を切り上げ、もう1か所ライトアップされているイチョウ並木に移動します。

絶景探しの旅 - 絶景写真 1164 黄金に輝く夜のイチョウ並木 (昭和記念公園/東京都 昭島市)

黄金に輝く夜のイチョウ並木 (昭和記念公園/東京都 昭島市)   Photo No.1164

こちらは入り口からも近く、時間的にも完全に出遅れ状態です。いつもの人がいなくなる瞬間待ちは厳しそうです。イチョウ並木を楽しみながら日本庭園に向かう多くの人々に逆らうように帰り道を行きます。

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  100mm f6.3 1/10 ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/12/14 00:00 ]   東京(多摩エリア) | TB(-) | コメント(18)

紅葉のトンネルを行く高尾山ケーブルカー (東京都 八王子市)

紅葉の高尾山ケーブルカーはこれが最後の1枚となります。高尾山に向かう大勢の人たちが行列を作って乗るのを待ちわびる中で、下りのあおば号が降りてきました。このトンネルを抜ければすぐに麓の清滝駅に到着です。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1161 紅葉のトンネルを行く高尾山ケーブルカー (東京都 八王子市)

紅葉のトンネルを行く高尾山ケーブルカー (東京都 八王子市)   Photo No.1161

いつも私が訪れる頃はトンネル付近の線路のところが赤い落ち葉でいっぱいなのですが、今年は紅葉が遅れていたせいか、落ち葉が少ない一方で、枝にきれいなもみじがたくさん残っています。駅に向かってトンネルに入ろうとする瞬間の「あおば号」を狙ってみました。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  276mm f5.6 1/200 ISO800 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/12/11 00:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(20)

すれ違う高尾山ケーブルカー (東京都 八王子市)

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1160 すれ違う高尾山ケーブルカー (東京都 八王子市)

すれ違う高尾山ケーブルカー (東京都 八王子市)   Photo No.1160

高尾山駅に向かって来たあおば号と下りのもみじ号がすれ違います。夏の若葉の頃もいいですが、やはり紅葉の季節が最高に素晴らしく感じます。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  400mm f5.6 1/200 ISO400 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/12/10 00:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(28)

紅葉の高尾山ケーブルカー (東京都 八王子市)

先週末の高尾山からです。東京都八王子市にある高尾山(たかおさん)は以前、ブラタモリでも放送がありました。非常に特殊な自然体系になっており、そこで見られる植物数は英国の丸ごとのそれに匹敵することなどが伝えられました。 また、手軽なハイキングコースとしても人気があり、その人気を支えるのが 高尾山ケーブルカー高尾山登山鉄道)の存在です。全長1,020mで、麓の「清滝駅」(海抜201m)から高尾山の中腹にある「高尾山駅」(海抜472m)までの標高差271mを約6分で登ります。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1158 紅葉の高尾山ケーブルカー (東京都 八王子市)

紅葉の高尾山ケーブルカー (東京都 八王子市)   Photo No.1158

高尾山へは紅葉とケーブルカーの撮影をメインにやって来ました。私の頭の中では、高尾山で紅葉を楽しむならケーブルカーという図式があります。例年、麓の清滝駅の紅葉と落ち葉の様子が最高で、ケーブルカーの中間地点辺りまで鮮やかな色彩が楽しめます。高尾山の位置的な要素もあり、ここでの紅葉撮影は朝の時間帯が最高で、お日様の光がきれいに差し込むとともに、PLフィルターの効果も最大になります。今回はそのタイミングに合わせ、展望スポットからの撮影を開始しました。まずは清滝駅を出てすれ違いの中間地点に向け、登りを行くケーブルカーの1枚です。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  400mm f5.6 1/200 ISO400 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/12/08 05:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(16)









FC2 Management