アオバズクのエンゼルポーズ (東京都 八王子市)

今年の4月以降はコロナ自粛のために、市内から外への結界が強くて遠出がしにくい状況が続いています。そんなこともあって、最近の週末は市内のアオバズクのスポットに通っています。この日は駐車場の確保のために少々早めに現場にやって来ました。 1人、2人くらいしか人がいないのではとの予想は外れ、思った以上に人がいて出遅れてしまった感がいっぱいです。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1379 アオバズクのエンゼルポーズ (東京都 八王子市)

アオバズクのエンゼルポーズ (東京都 八王子市)    Photo No.1379

通っていてわかったのですが、風が吹いて枝葉が揺れだすとアオバズクが動き出すことが多いようです。 この日も風が吹くと膨らんだり、羽根を整えたりをする行動に至っています。 そういう時はどうこうするとたまにエンゼルポーズに発展する事があります。 この日はいつも以上にエンゼルポーズをしてよオーラを出してリクエストをしていると、祈りが通じたのか、アオバズクがしっかりとエンゼルポーズを取ってくれました。今回は枝葉が風で揺れてアオバズクを隠すこともなく、ホッとひと安心です。おかげさまでしっかりと撮影を楽しむことが出来ました。  (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM + 1.4X 840mm相当(APSーCモード) f8 1/160 (-1) ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/07/16 00:00 ]   東京(八王子西部) | TB(-) | コメント(30)

斜光を受けるアオバズク (東京都 八王子市)

この日の朝は、少々迷ったことも影響して、アオバズクのスポットに出向くのに遅れてしまって車を停めることが出来ずに、引き返してしまいました。 比較的夕方は人も少ないということもあって、夕方のちょっと前に再びこちら出向きました。日中は雨も降っていて、あまりいいコンディションではありませんでしたが、かえって夕方にやって来たことが功を奏したようです。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1378 斜光を受けるアオバズク (東京都 八王子市)

斜光を受けるアオバズク (東京都 八王子市)    Photo No.1378

西日がどんどん落ちてきてアオバズクに斜光が当たり始めました。 夕方の光と影の中でのアオバズクの様子も素晴らしいものがあり、人も少ない中でのアオバズクの撮影をしっかりと楽しむことが出来ました。  (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM + 1.4X 840mm相当(APSーCモード) f8 1/200 (-1) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/07/15 00:00 ]   東京(八王子西部) | TB(-) | コメント(30)

木漏れ日とアオバズク (東京都 八王子市)

こちらは夕方にアオバズクに会いにやって来た時の1枚です。日中は雨も落ちる空模様だったのですが、夕暮れ時間が迫るとともに、曇り空の隙間から西日が差し始めました。背景のアオモモミジの葉に西日が当たり、透過光となってアオバズクの背景を明るくしてくれます。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1377 木漏れ日とアオバズク (東京都 八王子市)

木漏れ日とアオバズク (東京都 八王子市)    Photo No.1377

このタイミングでエンゼルポーズをやってくれれば、天使の光の輪のイメージが狙えるのではないかと期待で胸が膨らみます。 しかしながら、いつものように世の中、そうはうまくいかないものですね。 そろそろエンゼルになる時間だったのですが、風も吹かず、モゾモゾモ動きすらもお預けとなり、光のスポットは睨み顔でハイチーズとなりました。  (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM + 1.4X 840mm相当(APSーCモード) f8 1/250 (-1) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/07/14 00:00 ]   東京(八王子西部) | TB(-) | コメント(22)

アオバズクのいる風景 (東京都 八王子市)

ここからはコロナ禍アオバズク編の第2部を開始したいと思います。 今年はコロナ自粛が緩和になったとたんに長い梅雨の季節に入っていましてなかなか遠出をすることが出来ずにいます。 そんなこともあって、今年はアオバズクのいる場所に何度か足を運んでいます。 鳥を見に同じところに通っているなんて、気が遠くなるくらい久しぶりです。 これもコロナ禍の今年ならではのことかなと思っています。 

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1376 アオバズクのいる風景 (東京都 八王子市)

アオバズクのいる風景 (東京都 八王子市)    Photo No.1376

大きなモミジの木の枝にアオバズクが止まっています。 私のこちらに通う楽しみは2つあり、ひとつは前回も記事にしたエンゼルポーズを楽しむことです。 普段はじっとしているアオバズクが動き始めるときは風が吹く時のことが多く、運がよければエンゼルポーズまで発展することがあります。   (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM + 1.4X 185mm相当  f7.1 1/250 (-1) ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/07/13 00:00 ]   東京(八王子西部) | TB(-) | コメント(30)

羽根を伸ばすアオバズク (東京都 八王子市)

アオバズクの写真をもう1枚続けます。 現場で出会った地元の鳥屋さんとあれこれ話しをしながら撮影を続けます。 今日はエンゼルポーズを狙っているそうです。 エンゼルポーズとは羽根がまるで天使の羽根のようにように背中から突き出しているように見えるポーズなのですが、アオバズクでは時々見られる仕草のようです。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1367 羽根を伸ばすアオバズク (東京都 八王子市)2

羽根を伸ばすアオバズク (東京都 八王子市)    Photo No.1367

この日は待つことわずかでアオバズクがそれを披露してくれたのですが、ちょうどそのタイミングで強い風が吹き手前の木の枝が大きく揺れてそれを隠してしまいました。 自然相手の撮影では運のいいこともあれば、そうでないこともあるものですね。 エンゼルポーズはまた次回のお楽しみです。 気を取り直して、これはアオバズクが大きな羽根を下に伸ばしたところです。 この日のアオバズクは時折あれこれ面白い仕草をしてくれました。 (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM + 1.4X (+APS-Cモード) 730mm相当  f8 1/200 ISO1600 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/07/04 00:00 ]   東京(八王子西部) | TB(-) | コメント(24)

アオバズクとアオモミジ (東京都 八王子市)

先月の晴れた休日の朝に市内の神社の境内の木に止まるアオバズクを撮りに行ってきました。梅雨時期での貴重な晴れた朝となったので、この日しかないかなと思ってのことでしたが、その後は週末の朝は晴れた日に出会えませんので実にいいタイミングで出かけたものだと思っています。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1366 アオバズクとアオモミジ (東京都 八王子市)

アオバズクとアオモミジ (東京都 八王子市)    Photo No.1366

朝の木漏れ日が差し込みます。アオバズクは東南アジアから渡り鳥として私たちの街にやって来るようで、集団でやって来て市内のいくつかの場所に分散して住み着くようです。 この木には子育てをする穴もあってまさに絶好の場所のようです。今月の早いうちにもう一度様子を見に行こうと思っていますが、今週末もまたまた天気が悪く撮影はお預けのようです。    (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM + 1.4X (+APS-Cモード) 840mm相当  f8 1/160 ISO1600 WBマニュアル
 
本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/07/03 00:00 ]   東京(八王子西部) | TB(-) | コメント(16)

梅雨空の朝 (京王井の頭線/東京都 三鷹市)

コロナ禍での活動制約中ということで、電車と紫陽花のある風景にもう少しお付き合いいただければと思います。 京王井の頭線の線路に沿って三鷹台駅から井の頭公園駅に向かって歩いています。 いくらか歩いたでしょうか。 目の前には井の頭公園駅のホームも見え始めました。 

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1360 梅雨空の朝 (京王井の頭線/東京都 三鷹市)

梅雨空の朝 (京王井の頭線/東京都 三鷹市)    Photo No.1360

土曜日から日曜日の夜中に降り続いていた激しい雨が上ったものの、青空が見える気配もありません。 どんよりした梅雨空の下、辺りはまだまだ湿っぽい状態が残ります。 とても気が重くなってしまいそうな早朝の井の頭線沿線です。 そんな1日の始まりに、この日も働きに出かける人たちを乗せ、カラフルカラーの電車は渋谷駅と吉祥寺駅の間の武蔵野台地を行き来します。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  241mm f5.6 1/640 (-1) ISO1250 PL
 
本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/06/27 05:45 ]   東京(武蔵野・東多摩) | TB(-) | コメント(10)

あじさい色の電車 (京王井の頭線/東京都 杉並区)

京王井の頭線の電車の正面の色は7+レインボーカラーの8色があると言われてます。この日もグリーンから始まって、アイボリー、青、水色、オレンジ、ピンク、パープル、レインボーとすべて確認しました。その中でもこの紫陽花の花の咲く梅雨時期にしっくり来るのはやっぱり、グリーンやパープルカラーの電車かなと思います。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1359 あじさい色の電車 (京王井の頭線/東京都 杉並区)

あじさい色の電車 (京王井の頭線/東京都 杉並区)    Photo No.1359

早朝の雨上がりの浜田山駅-西永福駅間からの1枚です。パステル調のパープルカラーを北の大地の北海道で見るならならラベンダー色と皆は言いますが、ここ東京・武蔵野台地を走る井の頭線で見るならば、あじさい色と呼んでもいいかも知れませんね。   (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  400mm f6.3 1/500 (-1) ISO1250 PL
 
本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/06/26 00:00 ]   東京(23区西部) | TB(-) | コメント(22)

AM6:30 紫陽花のホーム (京王井の頭線/東京都 杉並区)

紫陽花と京王井の頭線沿線編をお楽しみいただけていますでしょうか。 先日の日曜日の天気予報は6時ぐらいに雨が上がり曇り空に変わるという予報でした。 そんなこともあって朝早くからスポットに向かいました。 この日にまずは最初に降り立ったのがこちらの西永福駅でした。 西永福駅は近代的な屋根付きの駅のホームの中に紫陽花が咲くというアンバランスさがたまらない駅です。 ロケハンの時から出来上がりのイメージが固まっていまして、さっそく撮影準備を行います。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1357 AM6:30 紫陽花のホーム (京王井の頭線/東京都 杉並区)

AM6:30 紫陽花のホーム (京王井の頭線/東京都 杉並区)    Photo No.1357

西永福駅の渋谷方面行きの電車がやって来るホームです。 こちらは駅の外にもポイントがあるのですが、焦らずにまずはこのホームでの撮影を行います。 早朝で人のいない時間でしたが、予想外のいいアクセントがそこに立っていてくれてうれしい限りです。 野球部と思われる高校生の後ろ姿を借りながら、ホームに電車が入って来るタイミングでシャッターを切ります。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  400mm f5.6 1/320 (-1) ISO1600 WBマニュアル PL
 
本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/06/24 00:00 ]   東京(23区西部) | TB(-) | コメント(22)

小浜港の見える風景 (小浜島/沖縄県 八重山郡 竹富町)

沖縄・八重山諸島 小浜島からの最後の1枚です。 小浜島で一番高い山、大岳(うふだき)にの頂上からの眺めです。 小浜港や防波堤の風景に、刈り取りの終わったサトウキビ畑の様子も印象的です。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1354 小浜港の見える風景 (小浜島/沖縄県 八重山郡 竹富町)

小浜港の見える風景 (小浜島/沖縄県 八重山郡 竹富町)   Photo No.1353

海の向こうに見える陸地ですが、手前に見えるのは竹富島、奥に見えるのは石垣島です。 車で走っての実感ですが、小浜島ですら大きな島に感じる大きさです。石垣島に至っては、島というより大きな陸地といった感覚でした。
  
SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  100mm f4.5 1/1000 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/06/21 00:00 ]   沖縄(石垣島) | TB(-) | コメント(20)

降り出す雨と岩礁のダイゼンのシルエット (浜島/沖縄県 八重山郡 竹富町)

引き続き、沖縄県 八重山諸島の石垣島の旅編からです。お楽しみの幻の島「浜島」に渡ったはいいですが、岩礁の鳥たち(ダイゼン)を数枚撮ったところで、空の様子が怪しげな雰囲気になってきました・・・。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1344 降り出す雨と岩礁のダイゼンのシルエット (浜島/沖縄県 八重山郡 竹富町)

降り出す雨と岩礁のダイゼンのシルエット (浜島/沖縄県 八重山郡 竹富町)   Photo No.1344

おやっ?!と思うや否や、ポツポツと海面に雨が落ち始めてきました。 予想していた以上の早さで雨雲がこちらにやって来たようです。 辺りが暗くなって鳥たちがシルエット見え始めました。 雨足が激しくなってきましたので、始めたばかりの撮影を一旦、止めます。 カメラバッグを応急的にレインカバーで覆い、雨宿りをしようと大急ぎで船に戻ります。 幻の島で、わずかばかりの遠景の風景と鳥だけを撮って終わりなんてあまりにもむなしすぎるというものです!? こちらは一応、カラー写真です。 続きます。 (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  294mm f5.6 1/100 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/06/11 00:00 ]   沖縄(石垣島) | TB(-) | コメント(18)

離れ小島の岩礁でのんびりするダイゼン (浜島/沖縄県 八重山郡 竹富町)

いよいよ幻の島「浜島」に上陸し、本格的に撮影を開始です。 砂浜側はちょっと人が多いので、砂浜の反対側の岩礁の方での撮影を先に行おうと思います。 行って見れば岩の上に鳥たちが止まっています。 今回も沖縄県 八重山諸島の石垣島の旅編です。 

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1343 離れ小島の岩礁でのんびりするダイゼン (浜島/沖縄県 八重山郡 竹富町)

離れ小島の岩礁でのんびりするダイゼン (浜島/沖縄県 八重山郡 竹富町)    Photo No.1343

まさかこの島で鳥たちに出会えるとは思ってもいませんでした。 ちょっと自信がありませんが、冬羽のダイゼンでしょうか。 磯の鳥たちの中には冬を南国で過ごし、夏に向けて北上するものがいると聞いています。 しばらく観察しているのですが、ほとんど動きません。 そんなものなのかも知れないと思う一方で、ひょっとしたら渡りの途中で旅の疲れを癒している最中かも知れないなどとあれこれ想像を巡らせます。  (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  294mm f5.6 1/100 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/06/10 00:00 ]   沖縄(石垣島) | TB(-) | コメント(20)

無人島で助けの船を待つ気分になる (浜島/沖縄県 八重山郡 竹富町)

沖縄県 八重山諸島の石垣島の旅編、幻の島に上陸の巻きの続きです。 普通の地図には載っていないという、幻の島「浜島」に上陸しました。 こちらは上陸したときに、島からまず見た風景です。遠くに小さく海を行きかう船が見えます。 こちらの存在など気にならない感じです。 そういわれれば、小浜島に来る時には、この浜島など目にも入りませんでした。 無人島に漂流した人が助けの船を待てど暮らせど、こちらの存在に気が付いてもらえない気分がちょっと味わえたような気がしました。 

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1342 無人島で助けの船を待つ気分になる (浜島 沖縄県 八重山郡 竹富町)

無人島で助けの船を待つ気分になる (浜島/沖縄県 八重山郡 竹富町)    Photo No.1342

せっかく水平線辺りの空が砂浜の色に似たやさしい色となっていますので、そちらを望遠レンズで切り取ります。 手前に砂浜と打ち寄せる波をぼかして手前に入れるとともに、行きかう船がやって来た時を狙ってシャッターボタンを押しました。

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  294mm f5.6 1/100 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/06/09 00:00 ]   沖縄(石垣島) | TB(-) | コメント(24)

菜の花と電車の風景 (北陸鉄道石川線/石川県 白山市)

一時期は新規コロナ感染者が大きく減り1ケタ台も続いた東京都でしたが、ここに来て一挙に増加気味に転じてしまいました。撮影活動に再びどっぷりとつかりたい私としましては、ちょっと困った事態です。それはさておき、コロナ自粛の影響を受け、昨年撮っていたものの未公開だった写真をご紹介する機会を得ることができました。まだまだ多くの未公開写真があるのですが、状況を見ながら随時ご紹介させていただければと思います。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1336 菜の花と電車の風景 (北陸鉄道石川線/石川県 白山市)

菜の花と電車の風景 (北陸鉄道石川線/石川県 白山市)    Photo No.1336

こちらは雨上がりの石川県白山市~金沢市を走る北陸鉄道石川線の沿線(鶴来駅~日御子駅間)からのものです。運よく鉄道沿いに菜の花の咲く場所を発見しました。そちらで車を停め、電車が向かって来るタイミングを待ちます。やがて金沢方面に向かう電車が動き始め、こちらに向かってきます。思い切って手前の菜の花にピントを合わせて、鉄道をぼかして撮った1枚ですが、これが思いのほか、春の優しい雰囲気が伝わる1枚となりました。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅡ FE100-400mm F4.5-5.6GM  162mm f5 1/320 (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/06/03 00:00 ]   石川 | TB(-) | コメント(22)

菜の花と白山の見える風景 (石川県 白山市)

午後になりどんどん天気が回復してきれいな青空となりました。白山の春の雪がお日様に照らされてくっきり浮き出しています。白山に限らず、日本各地の素晴らしい山の風景を撮るときは心が躍ります。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1335 菜の花と白山の見える風景 (石川県 白山市)

菜の花と白山の見える風景 (石川県 白山市)    Photo No.1334

菜の花と白山を組み合わせての撮影を時間を変えながら、あれこれ楽しむことができました。ただ、左の菜の花を見てお分かりかと思いますが、撮影のために、地面に相当近い位置での撮影となっています。私の場合、身体が固いので、低位置からの撮影はいつも四苦八苦ですが、カメラの可動式の裏面液晶モニターのおかげで助かることも多くあります。

SONY α7RⅡ FE100-400mm F4.5-5.6GM  135mm f5.6 1/2500 (-0.3) ISO200 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/06/02 00:00 ]   石川 | TB(-) | コメント(28)

菜種梅雨 (白山/石川県 白山市)

引き続き昨年5月の写真からです。春になって、菜の花が咲く頃、しとしと雨が続くことを、春の長雨と言いますが、菜種梅雨なんて言い方も聞き覚えがあるのではと思います。本来は、3月中旬から 4月上旬にかけての頃の雨の日を言うようですが、昨年は寒さが続いていて桜もかなり遅れているほどで、そんなこともあってか、白山麓エリアでは5月の頭頃に菜の花がきれいな黄色を見せていました。
 
絶景探しの旅 - 絶景写真No.1334 菜種梅雨 (白山/石川県 白山市)

菜種梅雨 (白山/石川県 白山市)    Photo No.1334

夜明け前から降り続いていた雨が上がりました。山肌から湯気が立ち始めるとともに、ずっと白山を覆っていた雲や霧が風に流され始め、山頂が見え出しました。雪の残る白山と菜の花の素敵なコラボレーションのひとときを楽しみます。

SONY α7RⅡ FE100-400mm F4.5-5.6GM  253mm f5.6 1/25 (-0.3) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/06/01 00:00 ]   石川 | TB(-) | コメント(18)

夕暮れ空に染まる白山 (石川県 白山市)

コロナ自粛緩和も始まりうれしく思いますが、北九州や北海道に第2波が訪れたようにまだまだ油断は禁物のようです。そんなこともあって、2月の石垣島編再開の前に、昨年撮影し、紹介していなかったものから何枚か季節の近いものを紹介をさせていただきたいと思います。こちらは昨年5月に撮った白山の夕暮れ時のものです。 

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1333 夕暮れ空に染まる白山 (石川県 白山市)

夕暮れ空に染まる白山 (石川県 白山市)    Photo No.1333

金沢方面から白山方面に向かう白山麓の集落の道から見える風景です。 車を走らせていると、道路の脇にある小さな菜の花畑を見つけました。 いい具合に白山も見えることもあり、これと白山を組み合わせようとこの場所に何回か通いました。  この時は夕陽の染まりを期待して夕暮れ時にやって来ました。 願い叶ったりで、白山の山肌がはっきりと見えていまして、夕暮れ時の光が、空をピンクに染め、白山の残雪を浮かび上がらせる風景を撮影することができました。

SONY α7RⅡ FE100-400mm F4.5-5.6GM  156mm f5.6 1/25 (-1) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/05/31 06:00 ]   石川 | TB(-) | コメント(24)

終着の網走駅に向かうキハ40形普通列車 (石北本線 呼人駅/北海道 網走市)

今回訪れた石北本線(せきほくほんせん)の「呼人駅 (よびとえき)」で、上りと下りの列車のすれ違いを見ることができました。網走までわずか1駅なのですが、こんな所でのすれ違いもあるものなのですね。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1329 終着の網走駅に向かうキハ40形普通列車 (石北本線 呼人駅 北海道 網走市)

終着の網走駅に向かうキハ40形普通列車 (石北本線 呼人駅/北海道 網走市)    Photo No.1329

こちらの列車は北見方面からやってきた列車です。呼人駅を発車した列車はこれから終点の網走駅に向かってカーブになっている坂道を上っていこうと切り替えポイントを通過して行きます。列車を見送った後は、私も女満別空港に向けて出発です。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  303mm f8 1/800 (-1) ISO320

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/05/27 00:00 ]   北海道(網走・北見) | TB(-) | コメント(24)

停車中 (石北本線 呼人駅/北海道 網走市)

引き続き、北海道・網走の石北本線(せきほくほんせん)「呼人(よびと)」駅での列車の1枚です。 こちらは網走駅から旭川方面にひと駅で、同じ網走市内にあるとはいえ、駅間は8.1kmもあります。また次の女満別駅まで7.8㎞でさすが北海道という感じです。 呼人駅のホームの名所案内の看板によれば、最寄には「網走湖(北2㎞、徒歩20分)」、「大観山(東2㎞、徒歩30分)」、「水ばしょう群落(5月/北1.5㎞、徒歩15分)」、「探鳥遊歩道(北1.5m、徒歩15分)」などとあり、この付近は結構楽しめそうな印象です。 

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1328 停車中 (石北本線 呼人駅/北海道 網走市)

停車中 (石北本線 呼人駅/北海道 網走市)    Photo No.1328

ワンマンと書かれた表示板の上に、白いペイントがはがれ、地のタラコ色が見えていますが、そんなところがうれしく感じるキハ40形気動車の1枚です。停車中の列車からお客さんが降り、運転手さんが切符を受け取りに外に出て来るのを待ちます。しかし、ここでは当てが外れ、誰も乗り降りすることもない寂しい1枚となりました。 (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  100mm f8 1/400 (-1) ISO320

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/05/26 00:00 ]   北海道(網走・北見) | TB(-) | コメント(18)

呼人駅へ入線する石北本線普通列車 (北海道 網走市)

網走市内を出発し、女満別(めまんべつ)空港に向かいます。 休日の朝ということで渋滞もなくスムーズな移動ができています。ならばと時計を見ればジャストタイム。 帰り道にうまく時間が合えばと考えていた石北本線(せきほくほんせん)の「呼人駅 (よびとえき)」で列車の1枚を撮ろうと立ち寄ります。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1327 呼人駅へ入線する石北本線普通列車 (北海道 網走市)

呼人駅へ入線する石北本線普通列車 (北海道 網走市)    Photo No.1327

網走発北見行きの列車がカーブを曲がって来るその瞬間を抑えようと撮影イメージを固めます。見えたらすぐにシャッターを押さねば間に合いませんので、その瞬間に全神経を注ぎます。 JR北海道色のキハ40系気動車の頭が見えました。シャッターボタンを押し込みます。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  265mm f8 1/800 (-1) ISO320

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/05/25 00:00 ]   北海道(網走・北見) | TB(-) | コメント(26)

朝日輝く神の海 (帽子岩/北海道 網走市)

お日様がどんどん高く昇って行きます。網走のオホーツクの海が朝日を受けて黄金色に輝き出します。ファインダー越しのその見事な色合いに感動をもらいながらシャッターを切ります。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1326 朝日輝く神の海 (帽子岩/北海道 網走市)

朝日輝く神の海 (帽子岩/北海道 網走市)    Photo No.1326

この日の朝は、最後に知床・海別岳、網走・帽子岩越しに差し込む朝陽の輝きを堪能することができました。時間の過ぎるのはあっと言う間ですね。この素晴らしい朝の風景を背に撮影終了です。名残惜しいですが、これからホテルに戻って帰り支度を始めようと思います。

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  235mm f8 1/1000 (-1) ISO100 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/05/24 00:00 ]   北海道(網走・北見) | TB(-) | コメント(16)

オホーツクの日の出 (帽子岩/北海道 網走市)

北海道・オホーツク海に面した網走海岸の防波堤で日の出時間を待ちます。この日の構図の主役は帽子岩(神の岩 カムイ・ワタラ)としました。前方と腕時計を交互に見つめながらその時を待ちます。いよいよ網走の日の出時刻、5時23分になりました。知床連山の尾根越しにお日様が上りますので、時間差が5~10分ほどあるものと思います。その時間差を今か今かと待ちます。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1325 オホーツクの日の出 (帽子岩/北海道 網走市)

オホーツクの日の出 (帽子岩/北海道 網走市)    Photo No.1325

そろそろかなと思った瞬間、山陰から大きく輝く朝日が顔を出し始めました。薄暗いうちから網走海岸で待っていた甲斐がありました。オホーツクで見る文句のつけようもない素晴らしい朝日の風景に感動です。

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  291mm f11 1/640 (-2) ISO100 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/05/23 00:00 ]   北海道(網走・北見) | TB(-) | コメント(20)

シルエットの朝 (網走海岸/北海道 網走市)

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1324 シルエットの朝 (網走海岸/北海道 網走市)

シルエットの朝 (網走海岸/北海道 網走市)    Photo No.1324

日の出時間が刻一刻と近づいてきます。網走の海が赤く染まった部分を引き寄せます。網走の港の小さな灯台の光がまだ点灯しています。知床連山の海別岳を背景にしたシルエットの帽子岩の風景です。

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  152mm f5 1/160 (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/05/22 00:00 ]   北海道(網走・北見) | TB(-) | コメント(24)

オホーツク海の沈む夕陽 (北海道 斜里町 ウトロ西)

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1316 オホーツク海の沈む夕陽 (北海道 斜里町 ウトロ西)

オホーツク海の沈む夕陽 (北海道 斜里町 ウトロ西)    Photo No.1316

再び知床半島の流氷の海岸からです。真っ赤に燃える輝きを放つ夕陽の海岸でただひとり立ちながら、1日のうちで最も贅沢なひとときを楽しみます。いよいよオホーツク海の向こうに夕陽が落ちていきます。夕陽の落ちる辺りは網走の街の辺りではないかと思います。先ほどまで対岸の海辺の森でエゾモモンガに出会っていたのがウソのようです。

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  600mm (APS-Cモード) f8 1/400 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/05/14 00:00 ]   北海道(知床・清里) | TB(-) | コメント(18)

こんにちは!森のエゾモモンガです。 (北海道 網走市 駒場)

網走・こまば木のひろばのエゾモモンガは愛嬌たっぷり、最高でした。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1314 こんにちは!森のエゾモモンガです。 (北海道 網走市 駒場)

こんにちは!森のエゾモモンガです。 (北海道 網走市 駒場)    Photo No.1314

オホーツクの森の人気者エゾモモンガです。どうしてこうもかわいいのでしょうか。すっかりこの愛らしい表情の虜になってしまいました。  (野生動物のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  600mm (APS-Cモード) f5.6 1/125 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/05/12 00:00 ]   北海道(網走・北見) | TB(-) | コメント(26)

木の枝に乗るエゾモモンガ (北海道 網走市 駒場)

コロナ自粛のために北海道オホーツクの旅の写真を長々とご紹介させていただいています。そんな中で名残惜しいですが、網走のエゾモモンガの写真はこちらを含めてあと3枚としたいと思います。私たちの周りにはいろいろな動物がいますが、エゾモモンガには野生動物にも関わらず、ワンコやニャンコたちに匹敵する可愛いさを感じました。ということで、絶景探しの旅のエゾモモンガ編は、愛嬌いっぱいのかわいい表情のもので締めくくりたいと思います。網走・こまば木のひろばのエゾモモンガは愛嬌もあって最高でした。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1313 木の枝に乗るエゾモモンガ (北海道 網走市 駒場)

木の枝に乗るエゾモモンガ (北海道 網走市 駒場)    Photo No.1313

最初はその姿を待ち望む人々に警戒していたエゾモモンガでしたが、やがて慣れて来たのかあまり気にせずにマイペースに動き出したように感じました。ツルのような植物の木の枝の上に止まっています。小さな両手をちょこんと前にそろえ、後ろ足で枝に乗る様子もかわいい、素敵な表情を見せてくれ始めました。  (野生動物のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  445mm (APS-Cモード) f5.6 1/400 (-1) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/05/11 00:00 ]   北海道(網走・北見) | TB(-) | コメント(30)

流氷スプラッシュ!知床しぶき (北海道 斜里町 ウトロ西)

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1312 流氷スプラッシュ!知床しぶき (北海道 斜里町 ウトロ西)

流氷スプラッシュ!知床しぶき (北海道 斜里町 ウトロ西)    Photo No.1312

大きな夕陽がオホーツク海の水平線の向こうの地平線にどんどん落ちていきます。波は穏やかなのですが、所々で小さな波が流氷にぶつかってはじけ飛んでいます。水しぶきができやすい場所を見つけましたので、夕陽にかぶる場所まで横移動し、飛び散る瞬間を待ちます。水平線(地平線)ギリギリにお日様が落ちようとするタイミングで見事に波しぶきが飛んでくれました。これぞまさに知床しぶきですね。

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  336mm f8 1/400 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/05/10 00:00 ]   北海道(知床・清里) | TB(-) | コメント(26)

ハートの樹洞からスマイルのエゾモモンガ (北海道 網走市 駒場)

引き続き、森の小道をはさんだ反対側の木に飛び移った目と目の間にホクロのあるエゾモモンガの1枚です。 この個体は正面から見ると耳が三角にとがって見えるのも特徴です。本当に驚くくらい穴の場所を知っているようで、あっちの穴、こっちの穴と自由に動き回ります。 引き続き、網走・こまば木のひろばのエゾモモンガの写真です。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1310 ハートの樹洞からスマイルのエゾモモンガ (北海道 網走市 駒場)

ハートの樹洞からスマイルのエゾモモンガ (北海道 網走市 駒場)    Photo No.1310

同じエリアにあるキツツキの穴や樹洞をエゾリスたちと取り合ったりしないのかと気になっていたのですが、またまたこんな記述を見つけました。 Wikipediaによれば、本州・四国・九州のニホンモモンガはムササビと巣穴をめぐり競合するため比較的高地に生息することが多いそうです。 一方、北海道はムササビがいないことからエゾモモンガは、低地から高地まで幅広く見られるようです。 気になるエゾリスとの競合ですが、活動時間や空間、餌や巣などの資源を使い分けてしているため、同じ環境で生息できるとありました。 厳しい環境の北の大地では似たもの同士、お互いを尊重しあっての共存共栄が実現しているようです。   (野生動物のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  400mm f5.6 1/800 (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/05/08 00:00 ]   北海道(網走・北見) | TB(-) | コメント(22)

身を乗り出すエゾモモンガ (北海道 網走市 駒場)

網走の森で撮ったエゾモモンガの写真を見ていると3匹くらいいることがわかりました。今回は鼻の上にほくろがある個体でまとめています。よく観察するといろいろわかって面白いものですね。引き続き、網走・こまば木のひろばのエゾモモンガの写真です。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1308 身を乗り出すエゾモモンガ (北海道 網走市 駒場)

身を乗り出すエゾモモンガ (北海道 網走市 駒場)    Photo No.1308

手前に延びる細い枝に身を乗り出すように口に当てています。木の芽でも食べているのでしょうか。 Wikipediaによりますと、エゾモモンガは夜行性で、通常日没から平均15 ~20分程度で巣から出て活動を開始するそうです。樹木や木の実などのエサを食べ、巣に戻って休むを繰り返し、日の出前20~25分ごろには活動を終えるようです。ただし、エサが厳しい時期や状態の時、春先の繁殖期などは、夜間だけでなく日中にも活動するとのことです。   (野生動物のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  450mm相当(APS-Cモード) f5.6 1/200 (-1) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/05/06 00:00 ]   北海道(網走・北見) | TB(-) | コメント(16)

枝の上のエゾモモンガ (北海道 網走市 駒場)

多くの人々が予想していた通り、コロナ自粛が5月末まで延長となってしまい気分も落ち込みます。 一度は落ち着いたはずの北海道での感染の再増加を考えれば、ここはもうひと我慢かなと思います。こんな残念な気持ちの時は動物たちの顔を見るのが一番。まだまだお見せしていないエゾモモンガの写真がありますので再びUPしていきたいと思います。かわいいエゾモモンガの表情を見て楽しんでいただければと思います。網走・こまば木のひろばのエゾモモンガの写真です。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1307 枝の上のエゾモモンガ (北海道 網走市 駒場)

枝の上のエゾモモンガ (北海道 網走市 駒場)    Photo No.1307

枝の上でじっとしているエゾモモンガです。じっとしている間も鼻先をクンクンと小さく動かしています。この写真のエゾモモンガの鼻がクンクンしていると思ってじ~っと見てください。とてもかわいい仕草が頭の中に描かれますよ。  (野生動物のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  400mm f5.6 1/80 (-1) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/05/05 00:00 ]   北海道(網走・北見) | TB(-) | コメント(20)








FC2 Management