夜の川平湾の風景 (沖縄県 石垣島)

石垣島の市街地にあるサザンゲートブリッジから、30分ほど車を走らせ北上します。 向かったのは風光明媚な石垣島で1番の景勝地と言われる川平湾です。 昼間はたくさんの人々でにぎわう場所も今は貸し切り状態。 途中まではいい感じで星空を見ながらの走行だったのですが、川平湾の上空となる東の空は雲に覆われ、星のかけらも見えません。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No. 1400 夜の川平湾の風景 (沖縄県 石垣島)

夜の川平湾の風景 (沖縄県 石垣島)    Photo No.1400

星空と川平湾は抑えておきたかったのですが今回はお預けとなってしまいました。 それでもせっかくやって来ましたので1枚撮って帰ることにしました。 実際の現地は足元も見えないくらい暗さです。 星空の撮影と同じような条件でマニュアル撮影をしています。 仕上がったものをみれば、遠くの明かりを映す雲のスクリーンが屋根のように見え、青い海と組み合わさって、まるでディズニーランドやシーのアトラクションの室内感のあるような風景の1枚となりました。 

SONY α7RⅢ FE 24mm F1.4 GM  24mm f1.4 15s ISO3200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/08/06 05:00 ]   沖縄(石垣島) | TB(-) | コメント(24)

輝く魔法の木 (東京都 あきる野市 横沢入里山保全地域)

東京・あきる野市の横沢入里山保全地域からの最後の1枚です。ホタルが今宵1度目の輝きを終えましたので、帰路につきます。高台の向こうに、こちら側を照らしながら移動する人がいまして、目の前の木の裏側にやって来た時にその光と影を撮らせていただきました。 ちなみに、撮らせてはいただいたものの、ホタルが輝きを止めたとは言え、この時期、ホタルが生息する場所での懐中電灯をつけての歩行やホタルを明かりで照らすことはやめるべきだと言われています。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1365 輝く魔法の木 (東京都 あきる野市 横沢入里山保全地域)

輝く魔法の木 (東京都 あきる野市 横沢入里山保全地域)    Photo No.1365

夜中の里山の輝きです。 木の向こう側に何か不思議なものがあるのを教えてくれているようです。 ひょっとしたら誰かが見つけた魔法のかかった宝箱があけられた瞬間のようにも感じました。 移動する光の動きを見て瞬間の判断だったのですが、ISOを手持ちができるレベルにまで上げて、瞬間を狙いました。 夜間の撮影では情報量やピント合わせの容易さなど、解放f値が1台のレンズの使い勝手の良さを改めて感じています。 これを使い始めると、いままで平気で使っていた解放f値が4の超広角レンズでの星撮りが途端に難しいものに感じだしています。 

SONY α7RⅢ FE 24mm F1.4 GM  24mm f1.4 1/40 ISO12800
 
本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/07/02 05:00 ]   東京(青梅・西多摩) | TB(-) | コメント(24)

森の沼を舞うホタル (東京都 あきる野市 横沢入里山保全地域)

東京西部のあきる野市の横沢入里山保全地域にやって来ています。 森の入り口にある沼地の前で空が暗くなるのを首を長くして待ちます。19時45分ごろになり、ポツリ、ポツリとグリーンの光が見え始めました。 目を凝らして、ホタルのいる位置を探します。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1363 森の沼を舞うホタル (東京都 あきる野市 横沢入里山保全地域)

森の沼を舞うホタル (東京都 あきる野市 横沢入里山保全地域)    Photo No.1363

こちらの横沢入では主にヘイケボタルとゲンジボタルが見られるようです。 例年、この場所では多くのホタルが見られるとのことですが、今年はなかなか難しいようです。 それでも右の方の奥から行き来するホタルたちが点のように多く見えます。ホタルの谷への通り道のようです。 場所を移してみようと思います。  (生き物のいる風景)

SONY α7RⅢ FE 24mm F1.4 GM  24mm f1.4 8s ISO800 比較明合成(24枚)
 
本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/06/30 00:00 ]   東京(青梅・西多摩) | TB(-) | コメント(22)

星の海に泳ぎだすマンタ (海人公園 /沖縄県 八重山郡 竹富町 小浜島 )

マンタ像の三部作の最後の1枚となります。 そもそもなぜ、石垣島から船に乗って、八重山諸島の小さな島である小浜島へやって来たのかと言えば、南十字星を楽しめる島のひとつということからでした。 夕食を取ってさっさと眠り、深夜の南十字星が見えるという時間に合わせて夜中の2時30分に起きました。 残念ながら、この時間は空がほとんど雲に覆われていて、高い確率であきらめねばならない状況です。 それでも、雲が切れるかも知れないと思い向かった場所はマンタのモニュメントの海人公園(うみんちゅこうえん)です。 沖縄・石垣島の旅編からです。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1351 星の海に泳ぎだすマンタ (海人公園/沖縄県 八重山郡 竹富町 小浜島)

星の海に泳ぎだすマンタ (海人公園 /沖縄県 八重山郡 竹富町 小浜島)   Photo No.1351

夜中の海人公園にやって来ました。 南十字星を見るための場所にはいくつか候補があったのですが、とにかく夜行性の動物を狙うハブには出会いたくないと、できるだけ茂みなどを避けた場所をチェックしていました。 しかしながら、そんな苦労も水の泡です。 南の低い空はずっと厚い雲に覆われたままでした。 さらに空も広範囲に薄い雲に覆われています。 そんな中、作戦変更で雲が流れ星がよく見えた瞬間に防波堤の上から北向きにマンタ像を入れ撮った1枚です。 低い雲が地上の灯りを拾い、とてもきれいな色を見せてくれていました。  (星空の風景)
 
SONY α7RⅢ FE 24mm F1.4 GM  24mm f1.4 15s ISO3200 WBマニュル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/06/18 00:00 ]   沖縄(石垣島) | TB(-) | コメント(22)

星が落ちる海 (帽子岩/北海道 網走市)

北海道・網走の夜の絶景写真の最後の1枚です。神の岩 カムイ・ワタラ (帽子岩) の背景の満天の星空を楽しむことができました。絶景探しの旅に出かけたときに、今回のように星空まで堪能できる1日となることが何よりうれしく感じます。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1322 星が落ちる海 (帽子岩 北海道 網走市)

星が落ちる海 (帽子岩/北海道 網走市)   Photo No.1322

網走湾の内側は波が穏やかなため、海面に星が落ち、小さく揺らめきます。今回のオホーツクの旅も翌朝までしかありません。 残された時間はあとわずか。天気予報では明日の午前まではいい天気が続くようです。翌朝も早起きして朝陽を楽しむためにも名残惜しいですが、この辺りで切り上げたいと思います。  (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 24mm F1.4 GM  36mm相当(APS-Cモード) f1.4 10s ISO1600 WBマニュル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/05/20 00:00 ]   北海道(網走・北見) | TB(-) | コメント(24)

日没の余韻残る知床の海 (北海道 斜里町 ウトロ西)

コロナ自粛も第2段階に入ったようです。4月16日以降、緩和される地域の方が羨ましくて仕方がありません。私の住むエリアも早く多少は動けるようにならないかなと願います。「石垣島編」に差し込むように始まった「オホーツクの旅編」もコロナ影響で、気が付けば、いつもより多めの写真の紹介が30日以上もある、いつもにないロングランとなりました。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1317 日没の余韻残る知床の海 (北海道 斜里町 ウトロ西)

日没の余韻残る知床の海 (北海道 斜里町 ウトロ西)    Photo No.1317

赤い光が残るオホーツク・知床の海岸で、ゴジラ流氷(ガメラ流氷)とともに日没後の余韻に浸ります。名残惜しいですが、足元が暗くならないうちに再び車に戻らねばなりません。撮影機材をしまおうと思うのですが、ついもう1枚と、とめどなく撮影を続けてしまいました。「オホーツクの旅編」まだまだ続きます。

SONY α7RⅢ FE 24mm F1.4 GM  24mm f8 1/20 ISO200 WBマニュル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/05/15 00:00 ]   北海道(知床・清里) | TB(-) | コメント(20)

朝靄の裏高尾を疾走する松本行き特急あずさ (東京都 八王子市)

引き続き、東京都八王子市の裏高尾エリアからです。この前の1枚と同じ場所からです。お日様が高くなるにつれ朝靄が消えていきます。いい味わいがなくなっていく中で、時刻表を調べればちょうど八王子駅を7時29分に出る松本行きの特急あずさ(E353系)があり、これが最後のチャンスになりそうです。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1253 朝靄の裏高尾を疾走する松本行き特急あずさ (東京都 八王子市)

朝靄の裏高尾を疾走する松本行き特急あずさ (東京都 八王子市)    Photo No.1253

八王子駅を出発し、10分も経たずに特急車両がやって来ました。山陰からの朝靄が光芒を作ります。朝の山間部を疾走する特急列車とうまく絡めることができました。こちらでは、望遠レンズと広角レンズでそれぞれ異なったコンセプトでの撮影を楽しむことができました。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅡ FE 24mm F1.4 GM  24mm f8 1/800 (-2) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/03/12 00:00 ]   東京(八王子西部) | TB(-) | コメント(20)

薄明の橋梁を渡る (中央線浅川橋梁/東京都 八王子市)

薄明の中央線浅川橋梁を列車が次から次へと走り抜けていく様子を楽しみます。
こんな撮影の時に便利なのが、川の中に入るための長靴とそして、明るいレンズですね!

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1251 薄明の橋梁を渡る (中央線浅川橋梁/東京都 八王子市)

薄明の橋梁を渡る (中央線浅川橋梁/東京都 八王子市)    Photo No.1251

特別な旅行のためにSONYのEマウントレンズ FE 24mm F1.4 GM を購入しましたが、やはり開放F値1.4はすごいものですね。この暗さでもマニュアルのピント合わせもラクラクです。シャッタースピードも稼げるし、この暗さでの手持ち撮影も可能です。こちらのレンズのおかげでこれからの行動範囲も広がりそうです。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅡ FE 24mm F1.4 GM  24mm f1.4 1/200 (-2) ISO3200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/03/10 00:00 ]   東京(八王子東部) | TB(-) | コメント(20)

航海薄明 (中央線浅川橋梁/東京都 八王子市)

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1250 航海薄明 (中央線浅川橋梁/東京都 八王子市)

夕刻の新宿に向かう富士回遊92号 (東京都 八王子市)    Photo No.1250

デジタル大辞泉でマジックアワーについてのことを調べてみました。おそらく日没後の「薄暮」の時間帯にかぶるのではと思います。薄暮は日没後のうすあかりの状態で、地平線または水平線下の太陽の高度に応じて、市民薄明・航海薄明・天文薄明の3段階に分けられるとのことです。市民薄明と言われる時間帯を過ぎ、今は航海薄明の時間帯でしょうか。北西の空の地平線が確認できます。そんな時間帯の空の下、中央線浅川橋梁を列車が通過して行きます。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅡ FE 24mm F1.4 GM  24mm f1.4 1/200 (-2) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/03/09 00:00 ]   東京(八王子東部) | TB(-) | コメント(18)

夕刻の新宿に向かう富士回遊92号 (東京都 八王子市)

今回からしばらく八王子の中央線特集となります。夕刻の中央線浅川橋梁を渡る中央線の列車を何枚か撮影していますので、まずは、そちらからのUPとしたいと思います。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1249 夕刻の新宿に向かう富士回遊92号 (東京都 八王子市)

夕刻の新宿に向かう富士回遊92号 (東京都 八王子市)    Photo No.1249

こちらは土休日の夕方、富士山のすぐ近く富士急線河口湖駅を出発し、大月駅を経由して新宿に向かう臨時特急です。こちらの特急はいつものE353系の特急と違っていまして、E257系と呼ばれる特急型車両です。このデザインの車両は東京から千葉の房総半島を走る外房線「わかしお」として通常使用されているのではないかと思います。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅡ FE 24mm F1.4 GM  24mm f1.7 1/640 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/03/08 00:00 ]   東京(八王子東部) | TB(-) | コメント(16)

ブルーアワーの浅川を行くE353系 (東京都 八王子市)

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1242 ブルーアワーの浅川を行くE353系 (東京都 八王子市)

ブルーアワーの浅川を行くE353系 (東京都 八王子市)   Photo No.1242

日が沈んだ後の空の色を楽しみます。東の低い空がピンク色に染まって見えます。 そんな空に向かってE353系の特急車両が走り抜けて行きます。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅡ FE 24mm F1.4 GM  24mm f1.8 1/2000 (-1) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/03/01 00:00 ]   東京(八王子東部) | TB(-) | コメント(14)

マジックアワー (中央線/東京都 日野市)

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1241 マジックアワー (中央線/東京都 日野市)

マジックアワー (中央線/東京都 日野市)   Photo No.1241

夕暮れ時の中央線の写真を続けます。小さく見える富士山をバックに浅川に架かる鉄橋を越え新宿方面に向かってやって来たE353系中央線特急です。マジックアワーの光がボディに映り込んでいます。地域の住民の人たちが使うとても小さな踏み切りの前からの前からの撮影です。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅡ FE 24mm F1.4 GM  24mm f4 1/200 (-2) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/29 06:40 ]   東京(日野・南多摩) | TB(-) | コメント(20)

日没の街を走る中央線 (東京都 八王子市)

この前、コンパクトな24㎜の単焦点レンズ SONY FE 24mm F1.4 GM を購入しました。ずっと欲しいと思っていたレンズなのですが、使ってみると描写力が想像以上で感動しました。それまでも素晴らしいと思って使っていたズームレンズよりもひと皮もふた皮向けた感じです。それからこのレンズ1本で撮りに行きたいという衝動にかられっ放しです。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1240 日没の街を走る中央線 (東京都 八王子市)

日没の街を走る中央線 (東京都 八王子市)   Photo No.1240

本格的な初撮りのために夕暮れ時の中央線の電車を撮りに行きました。明るいレンズなので手持ちでの実力を試そうと思います。軽さもあってか、手ブレもよく防げていると思いますし、透き通るような気持ちのいい描写がたまりません。日が沈む瞬間にうまく中央線が駆け抜けて来てくれました。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅡ FE 24mm F1.4 GM  24mm f16 1/40 (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/28 00:00 ]   東京(八王子東部) | TB(-) | コメント(20)

ちゃぶ台の目玉おやじ (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1239 ちゃぶ台の目玉おやじ (鬼太郎ひろば 東京都 調布市)

ちゃぶ台の目玉おやじ (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)   Photo No.1239

鬼太郎ひろばからの最後の1枚としたいと思います。丸い図形がいくつも重なる鬼太郎の家のちゃぶ台を真上から撮影してみました。夜の街灯の明かりが鬼太郎の家に差し込みます。

SONY α7RⅡ FE 24mm F1.4 GM  24mm f1.4 1/6 (-2) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/27 00:00 ]   東京(武蔵野・東多摩) | TB(-) | コメント(16)

お風呂の目玉おやじ (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)

東京都調布市の鬼太郎ひろばには妖怪ポストや鬼太郎の家もちゃんとあります。はしごを登って鬼太郎の家に入ってみました。中を見れば、そこには茶碗のお風呂に入る鬼太郎の親父がいました。

1絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1238 お風呂の目玉おやじ (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)

お風呂の目玉おやじ (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)   Photo No.1238

何ともかわいらしい姿の鬼太郎の父、目玉おやじです。口もないのにどこからかしゃべるし、踏まれても無事という不思議な能力も併せ持ちます。境港市水木しげるロードの案内によれば、「亡くなった鬼太郎の父親の目玉に魂が宿り復活した目玉おやじ。茶碗風呂に入るのが大好き。」とありました。

SONY α7RⅡ FE 24mm F1.4 GM  24mm f1.4 1/30 (-2) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/26 00:00 ]   東京(武蔵野・東多摩) | TB(-) | コメント(24)

やまびこのベンチ (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)

明かりの灯る家の前のベンチに座っているのは、「やまびこ」という妖怪です。周りの住民の方は、どんな気持ちなのでしょうか。ちょっと自慢!?それとも困る?

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1237 やまびこのベンチ (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)

やまびこのベンチ (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)   Photo No.1237

鳥取県境港市の紹介によれば、「ヤッホーと山で叫んで、ヤッホーと返ってきたら、それはやまびこからの返事。呼子(よぶこ)、山小僧とも呼ばれ、山間をこだましながら飛び歩く一本足の妖怪。やまびこのことを「こだま」ということもあるが、これは漢字で書くと木霊で、木に宿る精霊が返す声だと考えられている。声が大きいので、鬼太郎たちの伝令役をかってでている。」とのことです。

SONY α7RⅡ FE 24mm F1.4 GM  24mm f1.4 1/30 (-2) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/25 00:00 ]   東京(武蔵野・東多摩) | TB(-) | コメント(20)

鬼太郎の幻の聖火ランナー (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)

東京都調布市の鬼太郎ひろばからの作品を続けます。最近の新型コロナウイルス問題で、東京オリンピックの開催に影が落ち始めて来ています。日々不安感ばかりが高くなり早めの事態の収拾が望まれます。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1236 鬼太郎の幻の聖火ランナー (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)

鬼太郎の幻の聖火ランナー (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)   Photo No.1236

今日は劇画調の鬼太郎としていますが、よく見れば鬼太郎の持つ聖火が手元から消えかかっています・・・。

SONY α7RⅡ FE 24mm F1.4 GM  24mm f1.4 1/30 (-2) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/24 00:00 ]   東京(武蔵野・東多摩) | TB(-) | コメント(24)

妖怪ぬらりひょんの縁台 (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)

夜の雨上がりの鬼太郎ひろばからです。ここには優しい妖怪だけでなくちょっと怖そうな妖怪もいまして、夜にそれを見れを見るのもなかなかおこっかなかったりします。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1235 妖怪ぬらりひょんの縁台 (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)

妖怪ぬらりひょんの縁台 (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)   Photo No.1235

水木しげるの妖怪の世界観の中で、妖怪総大将とされるのが、このぬらりひょんです。人との距離の近い鬼太郎と敵対しています。今回はモノクローム調での表現としてみました。

SONY α7RⅡ FE 24mm F1.4 GM  24mm f1.4 1/25 (-2) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/23 00:00 ]   東京(武蔵野・東多摩) | TB(-) | コメント(18)

夜の妖怪の潜む場所 (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)

東京からの写真を続けたいと思います。今度はたくさんの人の住む街からです。雨上がりの夜に電車に揺られてやって来たのは京王線調布駅。駅前から少し歩くと明かりも少ない住宅地となります。夜にこちらにやって来れば暗闇の中で街灯の光の影が伸びる妖怪たちの風景が見られるのではと勇気を振り絞ってやって来ました。暗い細道を西に向かって歩けば小さな公園に到着です。公園に着くなり私を出迎えてくれる子どもがいます。よく見れば、ゲゲゲの鬼太郎ではありませんか。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1234 夜の妖怪の潜む場所 (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)

夜の妖怪に出会う場所 (鬼太郎ひろば/東京都 調布市)   Photo No.1234

今回は昨年出来た調布市の鬼太郎ひろばからです。ゲゲゲの鬼太郎の作者の水木しげるが調布市に住んでいたことによることから整備されたようです。今回からしばらく人が誰もいない夜の妖怪公園の様子を雰囲気たっぷりの表現を交えながらお届けしたいと思います。

SONY α7RⅡ FE 24mm F1.4 GM  24mm f1.4 1/30 (-1.7) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/22 00:00 ]   東京(武蔵野・東多摩) | TB(-) | コメント(22)








FC2 Management