冬の日差しの中を走る小海線 (山梨県 北杜市)

小海線からの最後の1枚です。 南アルプス・甲斐駒ヶ岳の見える場所での撮影の後、次の列車まで時間がありますので、辺りを少々散策すれば、冬らしい斜めの光の影が伸びている場所を見つけました。 木々の向こうにはテーブルとイスもあっていい雰囲気です。 仕上がりのイメージが頭の中にわきましたので、こちらで次の小海線がやって来るのを待つことにしました。 

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1555 冬の日差しの中を走る小海線 (山梨県 北杜市)

冬の日差しの中を走る小海線 (山梨県 北杜市)    Photo No.1555

今は駅の時刻表がスマホですぐに取り出せますので便利ですよね。 列車がそろそろやって来る時間になりました。 右方向から遮断機の下りる音が聞こえ始めました。 ガタゴト音を響かせ待ちに待った小海線の列車がやって来ました。     (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  24mm f8 1/320 (-1) ISO800

新年も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/01/08 00:00 ]   山梨(北西部) | TB(-) | コメント(24)

甲斐駒ヶ岳と小海線 (山梨県 北杜市)

引き続き、小海線沿線からの1枚です。 甲斐駒ヶ岳と小海線の風景が見える場所にやって来ました。 こちらでは春になると残雪のある甲斐駒ヶ岳と新緑を走る小海線の素晴らしい風景が楽しめます。 

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1554 甲斐駒ヶ岳と小海線 (山梨県 北杜市)

甲斐駒ヶ岳と小海線 (山梨県 北杜市)    Photo No.1554

今シーズンは富士山の冠雪が少ないことが話題になっていますが、目の前にあるのは同じように冬なのに雪が少ない南アルプス・甲斐駒ヶ岳です。 今はもう少し積もっているのかも知れませんが、暖かい季節になったときに、果たして雪のある素敵なパノラマ風景を見せてくれるのどうか、ちょっと心配になってしまいます。   (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  63mm f8 1/1000 (-1) ISO400

新年も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/01/07 00:00 ]   山梨(北西部) | TB(-) | コメント(24)

厳かな朝の昇るダイヤモンド富士 (山梨県 富士川町)

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は皆様には日々の作品をご覧いただき、誠にありがとうございました。
本年はコロナ禍の下でどこまで自由な撮影活動ができるかは不透明ですが、引き続き、1枚1枚に思いを込めた作品をご紹介できればと思いますので、何卒よろしくお願いします。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1548 厳かな朝の昇るダイヤモンド富士 (山梨県 富士川町)

厳かな朝の昇るダイヤモンド富士 (山梨県 富士川町)    Photo No.1548

2021年最初の1枚は山梨県富士川町からのダイヤモンド富士の作品です。 厳かで静寂な朝の印象での撮影としました。 この展望所は、富士川町高下の高村光太郎文学碑付近にありまして、富士山がとてもきれいに見える場所です。 年末の時期、およそ2週間ほど、ダイヤモンド富士が楽しめ、この日もテレビ局の取材が入っていました。 Googleマップでは「ダイヤモンド富士スポット駐車場」で検索されます。 広い駐車場も完備され、車のトランクのすぐ後ろでの撮影が可能です。 おそらく日本で一番容易にダイヤモンド富士が撮影できる場所のひとつではないかと思います。  (富士山のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  32mm f16 1/100 (-2) ISO100 WBマニュアル

新年も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/01/01 00:00 ]   山梨(中部) | TB(-) | コメント(42)

明けの明星 (山梨県 富士川町)

富士山の見える町、山梨県南巨摩郡富士川町(みなみこまぐん ふじかわちょう)の高台からの富士山のシルエットと明けの明星(金星)の1枚です。 撮影に出かけると朝夕の日の出、日の入りの写真を撮ることが多いのですが、12月の空には明けの明星がきれいに輝く様子を楽しむことができます。 

1絶景探しの旅 - 絶景写真No.1546 明けの明星 (山梨県 富士川町)

明けの明星 (山梨県 富士川町)    Photo No.1546

先ほどまで満天の星空が見えていた東の空も夜明けで空が明るんでくるとともに、急にたくさんの星たちが姿を消し、ひとつだけきれいな輝きを示すのが明けの明星です。 冬の時期の透き通るような空に富士山とともに浮かび上がる様子がとてもきれいです。  (富士山のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  62mm f2.8 2s (-1) ISO640 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/12/30 04:30 ]   山梨(中部) | TB(-) | コメント(16)

JR日本最南端の駅 (西大山駅/鹿児島県 指宿市)

鹿児島市から、あちこち立ち寄りながら指宿市(いぶすきし)に到着です。 指宿名物の砂風呂を楽しんだ後は、もうひとつの人気スポットの指宿枕崎線「西大山」駅を訪問しました。 田畑の中にポツンと存在する西大山駅ですが、目の前には、薩摩富士」とも言われる開聞岳(かいもんだけ)がそびえたちます。 この日も駅前にある幸せを届けるという黄色いポストや、幸せの鐘と一緒に写真に写りたい人たちでにぎわっていました。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1536 JR日本最南端の駅 (西大山駅/鹿児島県 指宿市)

JR日本最南端の駅 (西大山駅/鹿児島県 指宿市)    Photo No.1536

夕暮れ時迫る西大山駅です。 無人駅のホームの端には、「JR日本最南端の駅」と書かれた支柱が立っています。 こちらが最高に人気のフォトスポットとなっていまして、支柱と開聞岳と一緒に自分のスマホの写真に収まりたいと次から次に人々が訪れます。 私もそんな人の依頼を受けシャッターを切ることもありました。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  24mm f8 1/400 (-2) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/12/20 00:00 ]   鹿児島 | TB(-) | コメント(24)

後光 (桜島/鹿児島県 鹿児島市)

星空から夜明けの風景を撮った後は、車で場所移動です。 鹿児島の桜島の見える海沿いは国道10号線となっているために車の通行量も多いだけでなく、車を停める場所も限られています。 

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1529 後光 (桜島/鹿児島県 鹿児島市)

後光 (桜島/鹿児島県 鹿児島市)    Photo No.1529

気持ちはダイヤモンド桜島を狙いたいところですが、それはあきらめて、この日の日の出と桜島がかろうじて被る場所にある駐車場からの撮影を開始です。 日の出時間になり、桜島の裏側から後光が差し始めました。 

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  24mm f8 1/1.3 (-1) ISO100 WBマニュアル ND

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/12/13 00:00 ]   鹿児島 | TB(-) | コメント(26)

朝霧の道 (高ボッチ高原/長野県 塩尻市)

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1514 朝霧の道(高ボッチ高原/長野県 塩尻市)

朝霧の道 (高ボッチ高原/長野県 塩尻市)    Photo No.1514

朝の素晴らしい風景をたくさん撮らせていただいた高ボッチの大自然に感謝しつつ、これから帰路につきます。 再び高原を覆いだした霧の中を電波塔方面へと続く道を歩きます。遠くに北アルプスの風景が霞んで見えます。 今回の高ボッチ高原編はこちらまでとなります。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  70mm f2.8 1/125 IS100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/28 07:00 ]   長野 | TB(-) | コメント(20)

明暗 (高幡不動尊/東京都 日野市)

東京・日野市の高幡不動尊からです。 狙える紅葉が1本ということもあっていかに工夫するかがポイントになっています。 辛いところではありますが、こういう時だからこそ、イマジネーションを膨らませての撮影です。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1506 明暗 (高幡不動尊/東京都 日野市)

明暗 (高幡不動尊/東京都 日野市)    Photo No.1506

朝日の位置がどんどん変わって行きます。 木々の隙間からの光の差し込みが枝の先の紅葉に当たり始めました。 透過光で色鮮やかな葉をぼかすとともに、陰で暗くなっている五重塔の壁面にピントを合わせ明暗差を付けて見ました。 金色に光る部分はお日様の光が反射して輝く枝の部分となります。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  105mm相当 (APS-Cモード) f2.8 1/125 (-1) ISO400 WBマニュアル PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/20 00:00 ]   東京(日野・南多摩) | TB(-) | コメント(26)

朝の光を受ける高幡不動尊 五重塔 (東京都 日野市)

この前の日曜日は、五重塔近くの紅葉が赤くなったとのことで、お馴染みの東京•日野市の高幡不動尊に出かけてきました。 やってくれば赤く染まっている2本だけ。 いつもは周りの紅葉ももっと色づいているような気がするのですが、今年はちょっと違うようです。 辺りを見渡せば、位置的にそれなりに狙える木はこの1本です。 悩ましいですが、あれこれ工夫しながらの撮影開始です。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1505 朝の光を受ける高幡不動尊 五重塔 (東京都 日野市)

朝の光を受ける高幡不動尊 五重塔 (東京都 日野市)    Photo No.1505

ちょうど朝日が五重塔の後ろ側から昇り始めました。 しばらくして斜めの光が五重塔の屋根の下の垂木に当たり、面白い表情を見せてくれています。 手前の紅葉にピントを合わせ、紅い五重塔に重ねながら、朝の光のアクセントを取り込んでみました。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  70mm f2.8 1/6 ISO100 WBマニュアル PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/19 00:00 ]   東京(日野・南多摩) | TB(-) | コメント(26)

湯ノ湖と男体山 (栃木県 日光市)

奥日光への絶景探しの旅はこちらを最後の1枚としたいと思います。 奥日光では行きたかった場所がもう少しあったのですが、秋の紅葉渋滞を考え、群馬経由で早めに上がることにしました。 帰りの山道で奥日光を振り返っての撮影です。 

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1504 湯ノ湖と男体山 (栃木県 日光市)

湯ノ湖と男体山 (栃木県 日光市)   Photo No.1504

奥日光の秋の色に包まれる男体山と湯ノ湖風景です。 男体山の麓の紅葉の様子がきれいなだけでなく、山頂付近の雲がまるで噴煙のようにも見える面白い作品となりました。 

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  51mm f8 1/80 ISO100 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/18 00:00 ]   栃木 | TB(-) | コメント(28)

秋色の中禅寺湖と男体山の風景 (半月山展望台/栃木県 日光市)

細くて急な山道をやっと登って来た栃木・奥日光の半月山(はんげつさん)展望台です。 前回の写真は中禅寺湖に突き出した八丁出島を望遠で切り取った1枚でしたが、こちらは広角で撮った1枚です。 目に前に大きな男体山その脇に戦場ヶ原も見える大パノラマの絶景風景に感動です。、

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1502 秋色の中禅寺湖と男体山の風景 (半月山展望台/栃木県 日光市)

秋色の中禅寺湖と男体山の風景 (半月山展望台/栃木県 日光市)   Photo No.1503

半月山の展望台のデッキに登れば、目の前に広がるのは秋色に染まる奥日光・中禅寺湖、男体山の素晴らしい眺めです。 駐車場の展望も老若男女が苦労しながら目指す場所だというのも納得の景色です。 天気もよく、素晴らしい見晴らしをしっかりと撮影することが出来ました。 それにしてもこの中禅寺湖ブルーの色はどこから来るものなのでしょうか。 このブルーにすっかり魅了されました。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  24mm f8 1/125 ISO100 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/16 00:00 ]   栃木 | TB(-) | コメント(30)

秋に燃ゆる中禅寺 (栃木県 日光市)

栃木県日光市の奥日光と言われるエリアからです。 湯ノ湖で夜景の撮影を行った後にやって来たのは中禅寺湖畔です。 ちょうど湖畔に中禅寺がありまして、そちらの境内の建物を下方から見上げるように撮った1枚です。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1493 秋に燃ゆる中禅寺 (栃木県 日光市)

秋に燃ゆる中禅寺 (栃木県 日光市)    Photo No.1493

中禅寺湖の駐車場から上を見上げるとお月様の光に照らされる中禅寺の建物や紅葉が浮き出しています。その時にちょうど私と中禅寺の間を走る車のライトが手前のススキに光を当てながら走って行ったのを見てひらめき、撮影開始です。 車がやって来るのに合わせてシャッターを切ります。 何枚か撮影していると強力な黄色い光を放つフォグランプの車が横切ってくれまして、こちらがその1枚となります。 ススキの揺れで 秋の風の様子も取り込め面白い作品になったのではと思います。  (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  54mm f2.8 4s ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/07 00:00 ]   栃木 | TB(-) | コメント(22)

紅葉の風雲丹波山城 (山梨県 丹波山村)

山梨県北都留郡丹波山村(きたつるぐん たばやまむら)のランドマークと言えば、この山の上の白いお城ではないかと思っています。 とてもきれいな紅葉と山を覆う雲の間に挟まれたお城の1枚がなかなかいい感じに撮れたと思っています。 しかしながら、このお城には誰も言い当てることが出来ないような驚くべき秘密があったのです。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1491 紅葉の風雲丹波山城 (山梨県 丹波山村)

紅葉の風雲丹波山城 (山梨県 丹波山村)    Photo No.1491

条件が会えば、竹田城や越前大野城のような霧に浮かぶ天空の城が再現されそうな雰囲気がいっぱいです。 今回、勝手に丹波山城とタイトルなどに付けていますが、実は正式名称でもなく、「丹波山ローラー滑り台」と言う遊戯施設で、滑り台の出発地点となっています。 それでも雰囲気がいい山城のようでもありこの道を通ればいつもシャッターを必ず切るくらい気に入っています。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  55mm f8 1/40 (-1) ISO800 WBマニュアル PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/05 00:00 ]   山梨(東部・富士吉田) | TB(-) | コメント(24)

丹波川の秋 (山梨県 丹波山村)

山梨県北都留郡丹波山村(きたつるぐん たばやまむら)からのホットな1枚です。 昨日はこちらの紅葉がピークを迎えていると教えていただき、急遽やって来ました。 天候も前日の雨も上がり回復傾向にはあったのですが、予想された青空もわずかな隙間から見ることが出来たくらいで、その後はずっと雨が降りそうな空が続いていました。 

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1490 丹波川の秋 (山梨県 丹波山村)

丹波川の秋 (山梨県 丹波山村)    Photo No.1490

こちらは多摩川の源流のひとつ、丹波川(たばがわ)とその木々が織り成す渓谷の秋の風景です。 この丹波川の流れは間もなく奥多摩湖にそそがれ、多摩川となって下流域に流れ込みます。 

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  55mm f8 1/10 (-1) ISO400 WBマニュアル PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/04 00:00 ]   山梨(東部・富士吉田) | TB(-) | コメント(26)

空と海のライン (東京ゲートブリッジ/東京都 江東区)

辺りが暗くなった東京都江東区の若洲公園からです。 目の前の東京ゲートブリッジのライトアップが闇夜に浮かび上がっています。 いつものように都会のシャープな夜景を表現してみました。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1474 空と海のライン (東京ゲートブリッジ/東京都 江東区)

空と海のライン (東京ゲートブリッジ/東京都 江東区)    Photo No.1474

気が付けば船がゲートブリッジの下を行き来しています。 船が橋の下を通るタイミングで、ちょうど飛行機が上空を通り過ぎようとしています。 このチャンスを逃さないようにシャッターを切りました。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  57mm f16 8s ISO400 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/10/19 00:00 ]   東京(23区東部) | TB(-) | コメント(28)

鉄の恐竜 (東京ゲートブリッジ/東京都 江東区)

空の上からの景色から、再び東京都江東区の若洲公園からの東京ゲートブリッジの風景に戻ります。 少しずつ夕暮れ色に空が変わりつつあります。 それまで北から南方向に侵入する飛行機が多かったのですが、気が付けば、ゲートブリッジに沿うように東から西に進路を取る機体が増え始めました。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1468 鉄の恐竜 (東京ゲートブリッジ/東京都 江東区)

鉄の恐竜 (東京ゲートブリッジ/東京都 江東区)   Photo No.1468

夕暮れ時の航空ダイヤのラッシュアワーの時間帯を迎えてか、羽田空港への着陸態勢に入った飛行機が次から次へと私の頭上を飛んで行きます。 通り過ぎる飛行機の窓からゲートブリッジの眺めに感動したり、東京の街とともに眼下の写真を撮ったりしている人がきっといるに違いありません?!   (航空機のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  105mm相当(APS‐Cモード) f2.8 1/250 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/10/13 00:00 ]   東京(23区東部) | TB(-) | コメント(30)

空から東京ゲートブリッジ (東京湾上空)

今日は東京湾上空から見た東京ゲートブリッジです。 その姿がまるで恐竜のように見える特徴的なデザインから、レインボーブリッジとともに東京を代表する橋のひとつとなっています。 

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1467 空から東京ゲートブリッジ (東京湾上空)

空から東京ゲートブリッジ (東京湾上空)   Photo No.1467

こちらは2月に石垣島から羽田空港に帰るために搭乗の航空機からの風景です。 遠くにスカイツリー、真下には東京ゲートブリッジが見えます。 着陸態勢に入るために高度を落としている機内からゲートブリッジを後ろ向きに追いながらレンズを向け、撮影をしています。  風向きによってはこのようにゲートブリッジの真上を飛びながら羽田空港の滑走路に入って行きますが、私的にはこのコースが大好きだったりします。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  27mm f4 1/1600 (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/10/12 00:00 ]   東京(羽田・東京上空) | TB(-) | コメント(30)

都心を望む東京湾 臨海夜景 (若洲公園/東京都 江東区)

今年の夏はコロナ禍のために、旅もできずにストレスが溜まっていました。 その分、今まで行こうと思っていたもののなかなか行けなった場所を訪ねることが出来たように思います。 こちらはそんな場所のひとつ、東京湾臨海エリアにある江東区立若洲公園(わかすこうえん)からの1枚です。 夕暮れ時の若洲公園からの風景撮影をたっぷり楽しんだ後に狙うのは、公園脇のお隣にある太平洋セメントの東京サービスステーション(セメント物流基地)と東京都心のコラボ夜景です。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1465 都心を望む東京湾 臨海夜景 (若洲公園/東京都 江東区)

都心を望む東京湾 臨海夜景 (若洲公園/東京都 江東区)   Photo No.1465

今年の夏の夕暮れ時はとにかく雲が多い日ばかりで残念な思いでした。 それでもこうやって夜になるとその雲が面白みを演出し、絶景夜景を見せてくれますので、わからないものですね。 マジックアワーの光がまだ残る空と、工場夜景のような設備の風景、そして遠くに見える東京タワーを始めとした都心の明かりに魅了されました。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  70mm f16 6s (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/10/10 00:00 ]   東京(23区東部) | TB(-) | コメント(22)

朝日の玉取崎 (沖縄県 石垣島)

引き続き、沖縄・石垣島の東海岸玉取崎展望台からです。  空を覆っていた厚い雲は流れて行ったものの、今度は水平線に厚い雲が見えます。 そろそろ日の出時間となります。 いったいどんな朝の様子が見られるのでしょうか。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No. 1403 朝日の玉取崎 (沖縄県 石垣島)

玉取崎の夜明け (沖縄県 石垣島)    Photo No.1403

残念ながら、水平線の厚い雲は居座ったままです。 日の出時間を少々過ぎましたが、せっかく早くからここにやって来ていましたので、もう少々お日様が顔を出すのを待ちます。 しばらくしてようやく朝の光が差し込み始めます。 滞在最後の水平線からの日の出を見ることが出来ませんでしたが、朝の眩しいお日様の様子を見ることが出来、素直にヨシとしたいと思います。 今年2月の沖縄・石垣島編は、一旦、ここまでとしたいと思います。 お付き合いいただきましてありがとうございました。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  34mm f16 1/60 (-2) ISO200 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/08/09 00:00 ]   沖縄(石垣島) | TB(-) | コメント(16)

玉取崎の夜明け (沖縄県 石垣島)

石垣島の朝日を拝もうと今朝は東海岸の風光明媚な場所、玉取崎にやって来ました。 昨夜の東海岸方面も移動にかなり時間をかけているのですが、こちらはさらに遠く、石垣島の広さを実感します。 

絶景探しの旅 - 絶景写真 No. 1402 玉取崎の夜明け (沖縄県 石垣島)

玉取崎の夜明け (沖縄県 石垣島)    Photo No.1402

真っ暗闇のうちに玉取崎展望台にやって来ました。 どこから朝日を見るのが絵になるのか、小高い丘の上にある東屋と駐車場の間を歩いて行き来してポジションを決めました。 最初は東屋で陣取っていたのですが、目の前には、ただ水平線しかなく、それではあまり画にならないような気がしまして、直前に場所を変え、駐車場の一番端でお日様が出る時間を待つことにしました。 スローシャッターで夜明け前の雲を流してみます。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  25mm f4.5 25s (-1) ISO400 ND

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/08/08 00:00 ]   沖縄(石垣島) | TB(-) | コメント(20)

南の島でのひととき (川平湾/沖縄県 石垣島)

今年の2月に訪問の石垣島編です。 1年に1度、沖縄の絶景を楽しむ島めぐりが恒例となっています。 例年だともっと遅い時期に訪問しているのですが、今となって思えば、いつもより早い計画としていたことがよかったようです。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1381 南の島でのひととき (川平湾/沖縄県 石垣島)

南の島でのひととき (川平湾/沖縄県 石垣島)    Photo No.1381

沖縄の南の島へは1年に1度の最高の息抜きを目的に訪問しています。 今年の南の島は石垣島だったわけですが、石垣島の絶景スポットと言われる川平湾(かびらわん)の風景はやはり素晴らしかったです。 この場所で、海からの優しい風を受けながら時を過ごすのもいいものですね。 木陰のベンチに腰かけて行き来する観光船とその風景を眺めながら、何もかも忘れてボーっとしていたいものです。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  27mm f5.6 1/1000 (-1) ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/07/18 01:00 ]   沖縄(石垣島) | TB(-) | コメント(20)

波形模様 (上信電鉄/群馬県 富岡市)

雨上がりの群馬・富岡の風景です。 この辺りの青い稲の大きさを見ていると、6月ごろに田植え時期を行った感じです。 こちらの水田ではお隣との境界の畔が曲線になっていて、それに沿って田植えが行われたようです。 波形のような模様の青い稲のラインが面白く感じ、上信電鉄の電車と組み合わせてみました。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1375 波形模様 (上信電鉄/群馬県 富岡市)

波形模様 (上信電鉄/群馬県 富岡市)    Photo No.1375

こちらでは上信電鉄の色違いの電車を何本か撮影しました。 色違いと電車と言えば、紫陽花と電車で紹介させていただいた京王井の頭線のようなルールに乗っ取ったものもあれば、こちらは、まったくルールもなくそれぞれが主張しあう、ブルーの電車、クリーム色の電車、赤い色の電車など、統一感のない電車が行き来します。 私的にはこの赤く塗られた列車がこの風景にあっているように思いました。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  36mm f11 1/500 (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/07/12 00:15 ]   群馬 | TB(-) | コメント(28)

雨上がりを行くマンナンライフの蒟蒻畑電車 (上信電鉄/群馬県 富岡市)

群馬県富岡市の古代蓮の里の最寄り駅南蛇井(なんじゃい)駅と神農原(かのはら)駅の駅間にいます。 雨も上がり天気が回復し始めた田園の風景の中を上信電鉄の高崎駅行きの電車がやって来ました。 

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1374 マンナンライフの蒟蒻畑列車 (上信電鉄/群馬県 富岡市)

雨上がりを行くマンナンライフの蒟蒻畑電車 (上信電鉄/群馬県 富岡市)    Photo No.1374

とても変わったデザインが施されているこの列車は、マンナンライフの蒟蒻畑電車です。 蒟蒻畑(こんにゃくばたけ)ってご存じですよね。 蒟蒻を使った満腹感のある低カロリーのダイエットおやつで有名なあのこんにゃくゼリーです。 すぐこの近くに蒟蒻畑の製造元、マンナインライフの本社工場があることから、宣伝も兼ねて、このカラフルなラッピング電車を走らせているのではと思います。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  60mm f11 1/640 (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/07/11 00:00 ]   群馬 | TB(-) | コメント(20)

それがなんじゃい! (上信電鉄 南蛇井駅/群馬県 富岡市)

群馬県富岡市の古代蓮の里での撮影を終え、やって来たのは最寄り駅の上信電鉄 「南蛇井」駅です。 上信電鉄の始発駅は高崎で、その沿線には世界遺産富岡製糸場もあったりします。 こちらで作った絹の糸の一部は八王子に運ばれ加工され横浜から海外に輸出されていた時期もありました。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1373 それがなんじゃい! (上信電鉄 南蛇井駅/群馬県 富岡市)

それがなんじゃい! (上信電鉄 南蛇井駅/群馬県 富岡市)    Photo No.1373

地方に来ればお楽しみはローカル鉄道の撮り鉄です。今回は上信電鉄とセットでの訪問でした。 そんな上信電鉄「南蛇井駅」の改札にいます。 この駅の名前の読みはと言えば、特別に気分が悪いわけではないのですが、「なんじゃい」となります!?  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  60mm f5.6 1/800 (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/07/10 00:59 ]   群馬 | TB(-) | コメント(22)

ホタルの谷への通り道 (東京都 あきる野市 横沢入里山保全地域)

引き続き、東京都 あきる野市の横沢入里山保全地域のホタルの1枚です。 ホタルが行き来する小さな谷へと続く場所にやって来ました。 ホタルたちが右から左、左から右へと行き来ます。 この右奥が ヘイケボタルの住処につながっているのではないかと思われます。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1364 ホタルの谷への通り道 (東京都 あきる野市 横沢入里山保全地域)

ホタルの谷への通り道 (東京都 あきる野市 横沢入里山保全地域)    Photo No.1364

谷が横から見える高台にいます。 覆い茂る草の隙間からの撮影です。 水辺の白い小花を画面に入れ込む構図としました。 今年は昨年の豪雨の影響を受けてか、ホタルが少ないとのことですが、来年は例年のように多くのホタルが乱舞する様子が見られるようになればいいなと思います。    (生き物のいる風景)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  91mm(APS-Cモード) f2.8 15s ISO1600 比較明合成(16枚)
 
本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/07/01 00:00 ]   東京(青梅・西多摩) | TB(-) | コメント(24)

里山の夕暮れ時 (東京都 あきる野市 横沢入里山保全地域)

コロナ自粛緩和となりましたが、私もマスク着用で三密を避け、大人の行動を意識しながら、少しずつ活動範囲を広げています。 この日にやって来たのは、自宅から車でわずか30分でやって来ることができる東京都あきる野市の横沢入里山保全地域です。目的はホタル観賞です。  あきる野と言えば例年ですと市のあちこちでホタルが楽しめますが、今年は昨年の大雨の影響で数が少なかったり、壊滅的状況の場所もあるようです。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1362 里山の夕暮れ時 (東京都 あきる野市 横沢入里山保全地域)

里山の夕暮れ時 (東京都 あきる野市 横沢入里山保全地域)    Photo No.1362

この日は梅雨の合間の青空も見ることができました。 金曜日はテレワークでしたので、通勤時間がセーブできまして、まだ明るいうちに横沢入(よこさわいり)にやって来ることができました。 日没時間の19:03を過ぎ、南の空が赤い光を引きずっています。 今年のホタルの数は随分少ないと聞いていますが、あと30~40分ほど待てば、ホタルの光が輝きだすのではと思います。 こちらのエリアはかなり広いので出そうな場所を推理し、その時を待ちます。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  36mm f4 1/160 (-2) ISO500 WBマニュアル
 
本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/06/29 00:00 ]   東京(青梅・西多摩) | TB(-) | コメント(18)

青い海に浮かぶ嘉弥真島 (小浜島/沖縄県 八重山郡 竹富町)

沖縄・八重山諸島 小浜島からです。石垣空港に着くなりフェリーでやってきた小浜島からはあと2枚お届けしたいと思います。 今度は小浜島で一番高い海抜99mの山、大岳(うふだき)に登っています。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1353 青い海に浮かぶ嘉弥真島 (小浜島/沖縄県 八重山郡 竹富町)

青い海に浮かぶ嘉弥真島 (小浜島/沖縄県 八重山郡 竹富町)   Photo No.1353

大岳展望台から海を眺めます。 眩しくて爽快な景色がとてもすばらしく、目の前に広がる南国の青い海に浮かぶ島の風景に日々のストレスも吹き飛んでしまいます。透き通る海の上の丸い島は、うさぎがたくさん住んでいるという無人島「嘉弥真島 (かやまじま)」です。 
  
SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  24mm f8 1/800 (-1) ISO100 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/06/20 00:00 ]   沖縄(石垣島) | TB(-) | コメント(16)

幻の島でのひと時 (浜島/沖縄県 八重山郡 竹富町)

幻の島探検も暗雲からの強い雨で、船に戻って避難です。 様子見の間、今日は何時ごろから何時ごろまで島が顔を出しているのか聞いてみました。すると、幻の島のように紹介されているが、満ち潮で島が完全に水没する事は無いとの回答。どこか顔を出している部分があるとか。また、普通の地図には載っていないようですが、Googleマップを空撮モードにして探せば見つかりますよとのこと。ほらねとスマホで見せてくれました。引き続き、沖縄県 八重山諸島の石垣島の旅編からです。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1345 幻の島でのひと時 (浜島/沖縄県 八重山郡 竹富町)

幻の島でのひと時 (浜島/沖縄県 八重山郡 竹富町)    Photo No.1345

20~30分ほど雨宿りしたでしょうか、あれこれ話をしているとあっという間に時が過ぎます。 雨も通り過ぎ、青空が顔を出し始めました。 残された時間はあとわずかです。急いで撮影を再開します。 素晴らしい海の色と私がやって来た小型船を組み合わせてみた1枚です。 綺麗な南の島の風景には船が似合います。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  70mm f8 1/60 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/06/12 00:00 ]   沖縄(石垣島) | TB(-) | コメント(22)

ただ青い世界・・・ (小浜島/沖縄県八重山郡竹富町)

石垣島離島ターミナルから約30分で小浜島に到着です。小浜島は人口約700人の小さな島で、2001年に放送されたNHK朝ドラの「ちゅらさん」の舞台になった島でもあります。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1259 ただ青い世界・・・ (小浜島/沖縄県八重山郡竹富町)

ただ青い世界・・・ (小浜島/沖縄県八重山郡竹富町)      Photo No.1259

小浜島の玄関口「小浜港」の港内に船が入って行きます。船の窓から見える海と空の鮮やかな青色と白い船に白い車が眩しすぎます。何もない青い空と青い海があるだけの空間に感動し、思わずシャッターボタンを押してしまいます。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  31mm f8 1/2500 (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/03/18 00:00 ]   沖縄(石垣島) | TB(-) | コメント(23)

青い地球の富士山 (静岡県上空)

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1255 青い地球の富士山 (静岡県上空)

青い地球の富士山 (静岡県上空)    Photo No.1255

始発電車では間に合わないほど早い時間に出発の飛行機の窓からの富士山です。まるで宇宙ステーションから地球を見ているような感じです。  (富士山のある風景) (空撮写真・空からの風景)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  27mm f5 1/2500 (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/03/14 00:00 ]   静岡(富士山) | TB(-) | コメント(22)








FC2 Management