夕暮れのシルエット (サロマ湖・栄浦大橋/北海道 北見市 常呂町)

サロマ湖の最後の夕暮れ時を楽しむために、栄浦大橋にやって来ました。栄浦漁港から見えるこの橋がとても気になっていました。やって来た橋の上から見る夕日の色がとても印象的でした。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1272 夕暮れの栄浦大橋 (サロマ湖・栄浦大橋/北海道 北見市 常呂町)

夕暮れのシルエット (サロマ湖・栄浦大橋/北海道 北見市 常呂町)     Photo No.1272

栄浦大橋の街灯もちょうど点灯前でしょうか。夕日に橋がシルエットのように浮き出します。街灯の上に佇んでいるのはオジロワシです。

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  85mm f8 1/80 (-1) ISO100 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/03/31 00:00 ]   北海道(オホーツク) | TB(-) | コメント(8)

サロマ湖・栄浦漁港の夕景 (北海道 北見市 常呂町)

サロマ湖が氷雪で閉ざされるとき、漁港の船は陸に上がり、春を待っているようです。それにしてもどうやって船を浮かすのでしょうか。受け台はローラーが付いているわけでもなさそうです。私にとっては、上げ下ろしの方法が気になるところです。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1271 サロマ湖・栄浦漁港の夕景 (北海道 北見市 常呂町)

サロマ湖・栄浦漁港の夕景 (北海道 北見市 常呂町)      Photo No.1271

夕暮れ時のサロマ湖・栄浦辺りがどんどんと暗くなっていきます。陸に上げられ、再び湖に浮く時を待つ船の風景とれいな航海薄明の時を楽しみます。

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  24mm f8 1/50 (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/03/30 00:00 ]   北海道(オホーツク) | TB(-) | コメント(20)

春近い北の大地から (メルヘンの丘/北海道 網走郡 大空町)

南の島の青空から、今度は最北の地、北海道の青空の風景の1枚です。ということで、南の島の旅の途中ですが、ここからは春がもうそこまで来ている北の大地の風景など織り込みながらご紹介させていただきたいと思います。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1264 春近い北の大地から (メルヘンの丘/北海道 網走郡 大空町)

春近い北の大地から (メルヘンの丘/北海道 網走郡 大空町)      Photo No.1264

女満別空港に到着しました。この日のオホーツク地方は曇りのち雨の場所が多い天気予報となっています。そんなこともあって着陸寸前まで厚い雲や雨にたたられていて1日損したとがっかり気分でした。メルヘンの丘に差し掛かった時です。背後は厚い雲のある空なのですが、この向きだけ青空が広がっています。何とも素晴らしいメルヘンの丘の木々たちのお出迎えとなりました。実はメルヘンの丘を最初見たときは木の並びが不ぞろいで、イマイチかなとも思っていたのですが、何度か見ているうちにこの不ぞろい感がたまらなく好きになってしまいました。そんな木々たちの素敵なお出迎えにいいことありそうな予感です。

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  24mm f4 1/8000 (-1) ISO400 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/03/23 00:00 ]   北海道(オホーツク) | TB(-) | コメント(24)

カーブ&ループの風景 (東京都 八王子市)

八王子市の裏高尾エリアでの中央線の撮影です。お日様が山陰から顔を出しました。徐々に朝靄が消え始めています。早く列車が通り過ぎないかと祈りながら、その時を待ちます。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1252 カーブ&ループの風景 (東京都 八王子市)

カーブ&ループの風景 (東京都 八王子市)    Photo No.1252

こちらは中央線の大きなカーブ(手前)、中央自動車道のカーブ(上)、そして圏央道へのジャンクションのループ(右奥)がすぐ近くに重なっているエリアです。これらがリズミカルにつながるように、望遠レンズの圧縮効果を利用し、構図を決めてみました。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  81mm f8 1/1000s ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/03/11 00:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(24)

三層の空を飛ぶ (羽田空港/東京都 大田区)

飛行機の着陸寸前のふんわり浮きながらすーっと滑って行く不思議な感じと、その後の地上を走りながらのブレーキ感とのギャップが何とも言えませんが、そんなところを皆さんも同じに感じているのではと思います。着陸寸前の飛行機を横から見るのも同様に不思議な感じがあります。グライダーやプロペラ機などなら理解はできるのですが、ジェット機なのにあんなゆっくりした速度でよく落ちないものだと思います。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1194 三層の空を飛ぶ  (羽田空港/東京都 大田区)

三層の空を飛ぶ (羽田空港/東京都 大田区)   Photo No.1194

この日の空は3つの色の層に分かれていて、陸や海の色も含め5つの層からなる模様となりました。下で間もなく滑走路に着陸の体制を取りながら飛行するJAL機の風景です。これからスーッと滑走路に入るものと思います。 (航空機のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  105mm f4 1/3200s (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/01/13 00:00 ]   東京(羽田・東京上空) | TB(-) | コメント(20)

羽田沖の風景 (羽田空港/東京都 大田区)

羽田沖の様子です。“羽田(はねだ)”という地名について、私は飛行場に由来する名前として付けられたものだと思っていました。しかしWikipediaで調べてみれば、羽田村なるものがもともと存在していたようです。そして、江戸時代後期に羽田村沖の干潟が水田開発のため干拓され、幕末には東側にも拡張され、江戸防衛のための砲台が設置された(羽田お台場)そうです。ついでに“お台場“という意味も知ることができました。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1193 羽田沖の風景 (羽田空港/東京都 大田区)

羽田沖の風景 (羽田空港/東京都 大田区)  Photo No.1193

この日は天気があまりよく雲の多い1日でした。この日は空の色の変化を期待していなかったなのですが、日没時付近に水平線が赤みがかってきました。そのため、ちょっと珍しい空模様になっています。昔は赤トンボがたくさん飛んでいたであろう場所も今は巨大な航空機がひっきりなしに飛んでいる羽田です。  (航空機のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  105mm f4 1/3200s (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/01/12 00:30 ]   東京(羽田・東京上空) | TB(-) | コメント(12)

牡鹿鍾乳洞での出会い!間近から見るコウモリたち (北九州市 小倉南区 平尾台)

北九州・下関・長門の旅はこれが最後の1枚です。北九州市小倉南区にあるカルスト台地「平尾台」の牡鹿鍾乳洞で出会えたコウモリ。私の頭にぶつかったのにも関わらず、飛び立たずじっとしたままなので、こちらも一安心。変に引っかかれたり噛まれたりして病気でももらったら困りますものね。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1192 牡鹿鍾乳洞での出会い!間近から見るコウモリたち (北九州市 小倉南区 平尾台)

牡鹿鍾乳洞での出会い!間近から見るコウモリたち (北九州市 小倉南区 平尾台) Photo No.1192

全然動かないので、こちらも調子に乗ってちょっとだけアップ写真を撮らせていただくことにしました。ちょうど正面を向いて翼で顔を覆い隠しているようです。こんなに間近でじっとしているコウモリが見られるのは冬の洞窟ならではですね。  (野生動物のいる風景)

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  105mm f4 10s ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/01/11 00:00 ]   福岡 | TB(-) | コメント(14)

冬眠するコウモリの鍾乳洞 (牡鹿鍾乳洞/北九州市 小倉南区 平尾台)

北九州のカルスト台地の平尾台の中にある牡鹿鍾乳洞の洞窟にいます。そういえば、入場料を支払ったときに係の方から私を呼びとめるように、「鍾乳洞に冬眠しているコウモリがいますが、じっとしていますから大丈夫ですよ。」と言われたことを思い出しました。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1191 冬眠するコウモリの鍾乳洞 (牡鹿鍾乳洞/北九州市 小倉南区 平尾台)

冬眠するコウモリの鍾乳洞 (牡鹿鍾乳洞/北九州市 小倉南区 平尾台)   Photo No.1191

最初に鍾乳洞の中に入ろうとしていた時にはコウモリのことを意識をしていたのですが、見当たらないのですっかりその後は頭の中からなくなっていました。洞窟の奥から折り返しの時に、頭に何か触れたような気がして振り向けば、なんとたくさんのコウモリが天井からぶら下がって冬眠しているではありませんか。かなり洞窟の奥の方でしたし、暗闇(写真は明るくしてあります)の中の低い位置ということもあり、すっかり油断していました。今回のように冬眠する生き物を直接目の前で見るのは初めてです。  (野生動物のいる風景)

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  46mm f8 6s ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/01/10 00:00 ]   福岡 | TB(-) | コメント(20)

下関に向かって山間を走る山陰本線列車 (阿川駅付近/山口県 下関市)

ローカル線は本数の関係もあり、スケジュールを上手使う必要があります。このエリアの山陰本線は1時間に1往復となっていますが、京都では10分に1往復程度の運行です。そういえば、昨年、京都駅から山陰本線の電車に乗った事を思い出しました。それほどまでに差があっても鉄道があるなしでは地域の活性度も違うような気がします。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1186 下関に向かって山間を走る山陰本線列車 (阿川駅付近/山口県 下関市)

下関に向かって山間を走る山陰本線列車 (阿川駅付近/山口県 下関市)   Photo No.1186

斜めにお日様の光が差し込む山間のカーブにかかる場所で下関方面に向かうキハ40系の列車がやって来るのを待ちます。弧の小さなカーブはスピードを落として進入して来るので撮りやすいかなという印象です。こちらでの撮影を終え再び北九州へ戻ります。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  67mm f8 1/125 (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/01/05 07:00 ]   山口 | TB(-) | コメント(18)

粟野川を渡る山陰本線キハ40系気動車(長門粟野駅付近/山口県 長門市)

ドーナツ雲の下を阿川駅を出発した山陰本線のたらこ色の列車が粟野川を渡り次の停車駅の長門粟野駅に向かいます。青空と赤い列車の風景がとても似合います。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1185 粟野川を渡る山陰本線キハ40系気動車(長門粟野駅付近/山口県 長門市)

粟野川を渡る山陰本線キハ40系気動車 (長門粟野駅付近/山口県 長門市)   Photo No.1185

粟野川の架かる郷の橋を列車が駆け抜けて行きます。川向こうに見えるのは粟野の集落です。また粟野川は橋を越え大きく右に曲がって日本海に注ぎます。 (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  24mm f8 1/2000 (-1) ISO800 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/01/04 00:00 ]   山口 | TB(-) | コメント(26)









FC2 Management