アオバトの海 (照ヶ崎海岸/神奈川県 大磯町)

神奈川県大磯町の照ヶ崎海岸(てるがさきかいがん)と言えば、アオバトが集団で海水を飲みに来ることで有名です。 今年も恒例のアオバト撮影にやって来ました。 いつもは波に打たれる岩とアオバトのスリルいっぱいの様子を撮るのですが、この日は波が穏やかな上に、アオバトたちが一番好む小さな穴がたくさん空いた岩場に釣り人がいつもより早い時間から居座ってしまって、アオバトもカメラマンもがっかりな朝となってしまいました。 

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1408 アオバトの海 (照ヶ崎海岸神奈川県 大磯町)

アオバトの海 (照ヶ崎海岸/神奈川県 大磯町)    Photo No.1408

照ヶ崎海岸の岩場全般はアオバトの貴重な海水の摂取場所なので、夏場については、県や町が岩場を立ち入り禁止などにして欲しいところですが、今はやむなしです。 この日は大きな群れは来るものの、遠くの面倒な場所の岩場に降り立つことが多い印象です。 そんなこともあって、今年のアオバトは飛んでいるシーンに狙いを定めて撮ることにしました。 まずは、流し撮りです。 本来は低速シャッターで流し撮りをした方が、背景もきれいに流れていいと思うのですが、今回は羽ばたきを止めたいので高速シャッターで回して撮っています。  (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE200-600mm F5.6-6.3G  900mm相当(APS-Cモード) f6.3 1/2000 (-0.7) ISO400 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/08/14 00:00 ]   神奈川 | TB(-) | コメント(25)

夏の海のアート (照ヶ崎海岸/神奈川県 大磯町)

湘南海岸から相模湾を取り囲むように続く、神奈川県大磯町の照ヶ崎海岸からです。 海にカメラを向けていると、そこに飛んできたサギの群れ。 群れの動きをレンズ越しに追いながらの1枚です。 

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1407 夏の海のアート (照ヶ崎海岸/神奈川県 大磯町)

夏の海のアート (照ヶ崎海岸/神奈川県 大磯町)    Photo No.1407

後ろには、ピンクのハートのようなマーキングを立てたハワイ生まれという、SUP(スタンドアップパドルボード)を楽しむ人のボケが、手前は岩の上で釣りを楽しむ人がボケで写りこんでいます。 レンズの圧縮効果に、遠近感が狂って見える組み合わせが絶妙で、大人の夏の海を楽しみを表現したアートなポスターのような1枚となりました。   (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE200-600mm F5.6-6.3G  900mm(APS-Cモード) f6.3 1/2000 (-0.7) ISO100 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/08/13 00:00 ]   神奈川 | TB(-) | コメント(22)

海を渡るサギの群れ (照ヶ崎海岸/神奈川県 大磯町)

神奈川県大磯町の相模湾からです。 砂浜でかぶと岩と朝日を撮った後は、少し西側にある照ヶ崎海岸(てるがさきかいがん)に横移動します。 日もどんどん高くなり、照ヶ崎海岸独特の濃いブルーの海の色が映え始めます。 さっそく海岸でカメラを構えます。 目の前をサギの群れが飛んで来ました。 川の河口から河口への移動かと思いますが、私の頭の中ではサギは陸の鳥で、群れが海の上を飛ぶということ自体がなかなかピンときません。 

絶景探しの旅 - 絶景写真 No. 1406 海を渡るサギの群れ (照ヶ崎海岸 神奈川県 大磯町)

海を渡るサギの群れ (照ヶ崎海岸/神奈川県 大磯町)    Photo No.1406

超望遠レンズの圧縮効果のためか、遠い沖に浮かぶ小さな船が大きく見え、手前のコサギらしいサギの群れが小さく写るというちょっと不思議な写真となっています。 それでも青い海に白い鳥が組み合わさると言う、夏らしさを感じる1枚となりました。  (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE200-600mm F5.6-6.3G  900mm(APS-Cモード) f6.3 1/2000 (-0.7) ISO100 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/08/12 00:00 ]   神奈川 | TB(-) | コメント(22)

アオバズクのエンゼルポーズ (東京都 八王子市)

今年の4月以降はコロナ自粛のために、市内から外への結界が強くて遠出がしにくい状況が続いています。そんなこともあって、最近の週末は市内のアオバズクのスポットに通っています。この日は駐車場の確保のために少々早めに現場にやって来ました。 1人、2人くらいしか人がいないのではとの予想は外れ、思った以上に人がいて出遅れてしまった感がいっぱいです。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1379 アオバズクのエンゼルポーズ (東京都 八王子市)

アオバズクのエンゼルポーズ (東京都 八王子市)    Photo No.1379

通っていてわかったのですが、風が吹いて枝葉が揺れだすとアオバズクが動き出すことが多いようです。 この日も風が吹くと膨らんだり、羽根を整えたりをする行動に至っています。 そういう時はどうこうするとたまにエンゼルポーズに発展する事があります。 この日はいつも以上にエンゼルポーズをしてよオーラを出してリクエストをしていると、祈りが通じたのか、アオバズクがしっかりとエンゼルポーズを取ってくれました。今回は枝葉が風で揺れてアオバズクを隠すこともなく、ホッとひと安心です。おかげさまでしっかりと撮影を楽しむことが出来ました。  (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM + 1.4X 840mm相当(APSーCモード) f8 1/160 (-1) ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/07/16 00:00 ]   東京(八王子西部) | TB(-) | コメント(30)

斜光を受けるアオバズク (東京都 八王子市)

この日の朝は、少々迷ったことも影響して、アオバズクのスポットに出向くのに遅れてしまって車を停めることが出来ずに、引き返してしまいました。 比較的夕方は人も少ないということもあって、夕方のちょっと前に再びこちら出向きました。日中は雨も降っていて、あまりいいコンディションではありませんでしたが、かえって夕方にやって来たことが功を奏したようです。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1378 斜光を受けるアオバズク (東京都 八王子市)

斜光を受けるアオバズク (東京都 八王子市)    Photo No.1378

西日がどんどん落ちてきてアオバズクに斜光が当たり始めました。 夕方の光と影の中でのアオバズクの様子も素晴らしいものがあり、人も少ない中でのアオバズクの撮影をしっかりと楽しむことが出来ました。  (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM + 1.4X 840mm相当(APSーCモード) f8 1/200 (-1) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/07/15 00:00 ]   東京(八王子西部) | TB(-) | コメント(30)

木漏れ日とアオバズク (東京都 八王子市)

こちらは夕方にアオバズクに会いにやって来た時の1枚です。日中は雨も落ちる空模様だったのですが、夕暮れ時間が迫るとともに、曇り空の隙間から西日が差し始めました。背景のアオモモミジの葉に西日が当たり、透過光となってアオバズクの背景を明るくしてくれます。

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1377 木漏れ日とアオバズク (東京都 八王子市)

木漏れ日とアオバズク (東京都 八王子市)    Photo No.1377

このタイミングでエンゼルポーズをやってくれれば、天使の光の輪のイメージが狙えるのではないかと期待で胸が膨らみます。 しかしながら、いつものように世の中、そうはうまくいかないものですね。 そろそろエンゼルになる時間だったのですが、風も吹かず、モゾモゾモ動きすらもお預けとなり、光のスポットは睨み顔でハイチーズとなりました。  (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM + 1.4X 840mm相当(APSーCモード) f8 1/250 (-1) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/07/14 00:00 ]   東京(八王子西部) | TB(-) | コメント(22)

アオバズクのいる風景 (東京都 八王子市)

ここからはコロナ禍アオバズク編の第2部を開始したいと思います。 今年はコロナ自粛が緩和になったとたんに長い梅雨の季節に入っていましてなかなか遠出をすることが出来ずにいます。 そんなこともあって、今年はアオバズクのいる場所に何度か足を運んでいます。 鳥を見に同じところに通っているなんて、気が遠くなるくらい久しぶりです。 これもコロナ禍の今年ならではのことかなと思っています。 

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1376 アオバズクのいる風景 (東京都 八王子市)

アオバズクのいる風景 (東京都 八王子市)    Photo No.1376

大きなモミジの木の枝にアオバズクが止まっています。 私のこちらに通う楽しみは2つあり、ひとつは前回も記事にしたエンゼルポーズを楽しむことです。 普段はじっとしているアオバズクが動き始めるときは風が吹く時のことが多く、運がよければエンゼルポーズまで発展することがあります。   (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM + 1.4X 185mm相当  f7.1 1/250 (-1) ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/07/13 00:00 ]   東京(八王子西部) | TB(-) | コメント(30)

羽根を伸ばすアオバズク (東京都 八王子市)

アオバズクの写真をもう1枚続けます。 現場で出会った地元の鳥屋さんとあれこれ話しをしながら撮影を続けます。 今日はエンゼルポーズを狙っているそうです。 エンゼルポーズとは羽根がまるで天使の羽根のようにように背中から突き出しているように見えるポーズなのですが、アオバズクでは時々見られる仕草のようです。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1367 羽根を伸ばすアオバズク (東京都 八王子市)2

羽根を伸ばすアオバズク (東京都 八王子市)    Photo No.1367

この日は待つことわずかでアオバズクがそれを披露してくれたのですが、ちょうどそのタイミングで強い風が吹き手前の木の枝が大きく揺れてそれを隠してしまいました。 自然相手の撮影では運のいいこともあれば、そうでないこともあるものですね。 エンゼルポーズはまた次回のお楽しみです。 気を取り直して、これはアオバズクが大きな羽根を下に伸ばしたところです。 この日のアオバズクは時折あれこれ面白い仕草をしてくれました。 (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM + 1.4X (+APS-Cモード) 730mm相当  f8 1/200 ISO1600 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/07/04 00:00 ]   東京(八王子西部) | TB(-) | コメント(24)

アオバズクとアオモミジ (東京都 八王子市)

先月の晴れた休日の朝に市内の神社の境内の木に止まるアオバズクを撮りに行ってきました。梅雨時期での貴重な晴れた朝となったので、この日しかないかなと思ってのことでしたが、その後は週末の朝は晴れた日に出会えませんので実にいいタイミングで出かけたものだと思っています。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1366 アオバズクとアオモミジ (東京都 八王子市)

アオバズクとアオモミジ (東京都 八王子市)    Photo No.1366

朝の木漏れ日が差し込みます。アオバズクは東南アジアから渡り鳥として私たちの街にやって来るようで、集団でやって来て市内のいくつかの場所に分散して住み着くようです。 この木には子育てをする穴もあってまさに絶好の場所のようです。今月の早いうちにもう一度様子を見に行こうと思っていますが、今週末もまたまた天気が悪く撮影はお預けのようです。    (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM + 1.4X (+APS-Cモード) 840mm相当  f8 1/160 ISO1600 WBマニュアル
 
本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/07/03 00:00 ]   東京(八王子西部) | TB(-) | コメント(16)

降り出す雨と岩礁のダイゼンのシルエット (浜島/沖縄県 八重山郡 竹富町)

引き続き、沖縄県 八重山諸島の石垣島の旅編からです。お楽しみの幻の島「浜島」に渡ったはいいですが、岩礁の鳥たち(ダイゼン)を数枚撮ったところで、空の様子が怪しげな雰囲気になってきました・・・。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1344 降り出す雨と岩礁のダイゼンのシルエット (浜島/沖縄県 八重山郡 竹富町)

降り出す雨と岩礁のダイゼンのシルエット (浜島/沖縄県 八重山郡 竹富町)   Photo No.1344

おやっ?!と思うや否や、ポツポツと海面に雨が落ち始めてきました。 予想していた以上の早さで雨雲がこちらにやって来たようです。 辺りが暗くなって鳥たちがシルエット見え始めました。 雨足が激しくなってきましたので、始めたばかりの撮影を一旦、止めます。 カメラバッグを応急的にレインカバーで覆い、雨宿りをしようと大急ぎで船に戻ります。 幻の島で、わずかばかりの遠景の風景と鳥だけを撮って終わりなんてあまりにもむなしすぎるというものです!? こちらは一応、カラー写真です。 続きます。 (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  294mm f5.6 1/100 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/06/11 00:00 ]   沖縄(石垣島) | TB(-) | コメント(18)

離れ小島の岩礁でのんびりするダイゼン (浜島/沖縄県 八重山郡 竹富町)

いよいよ幻の島「浜島」に上陸し、本格的に撮影を開始です。 砂浜側はちょっと人が多いので、砂浜の反対側の岩礁の方での撮影を先に行おうと思います。 行って見れば岩の上に鳥たちが止まっています。 今回も沖縄県 八重山諸島の石垣島の旅編です。 

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1343 離れ小島の岩礁でのんびりするダイゼン (浜島/沖縄県 八重山郡 竹富町)

離れ小島の岩礁でのんびりするダイゼン (浜島/沖縄県 八重山郡 竹富町)    Photo No.1343

まさかこの島で鳥たちに出会えるとは思ってもいませんでした。 ちょっと自信がありませんが、冬羽のダイゼンでしょうか。 磯の鳥たちの中には冬を南国で過ごし、夏に向けて北上するものがいると聞いています。 しばらく観察しているのですが、ほとんど動きません。 そんなものなのかも知れないと思う一方で、ひょっとしたら渡りの途中で旅の疲れを癒している最中かも知れないなどとあれこれ想像を巡らせます。  (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  294mm f5.6 1/100 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/06/10 00:00 ]   沖縄(石垣島) | TB(-) | コメント(20)

北の国の春を待つゴジュウカラ (北海道 網走市 駒場)

夕暮れ前の知床半島の流氷の途中ですが、ちょっと息抜きをしたいと思います。 網走は思いのほか大きな街で、市街地が広範囲に広がっています。それでも自然がまだまだたくさん残されていて、そんな自然がいっぱいの林の中でも野生の生き物たちが元気に活動していました。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1299 北の国の春を待つゴジュウカラ (北海道 網走市 駒場)

北の国の春を待つゴジュウカラ (北海道 網走市 駒場)     Photo No.1299

網走では久しぶりに野鳥たちを近くで目にすることができました。こちらは木々の間をエサを求めて飛び回るゴジュウカラの様子です。ゴジュウカラとともに北の国の冬から春へと季節の変わる林の風景を切り取ってみました。 野鳥と言えば、今年は地元で、これからが本番の希少な野鳥をしっかり撮ろうと決めていたのですが、そんな矢先の外出自粛に我慢の日々となりそうです。  (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  600mm相当(APS-Cモード) f5.6 1/1000 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/04/27 00:00 ]   北海道(網走・北見) | TB(-) | コメント(22)

野付湾を飛ぶ (野付半島/北海道 別海町)

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1268 野付湾を飛ぶ (野付半島/北海道 別海町)

野付湾を飛ぶ (野付半島/北海道 別海町)      Photo No.1268

野付半島から眺める海面を覆う白い氷が残る野付湾。望遠レンズの圧縮効果を狙って縞模様をデザインのように表現しました。2羽の白いハクチョウをアクセントとしています。  (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM + 1.4X (+APS-Cモード) 655mm相当  f11 1/1250 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/03/27 00:00 ]   北海道(根室) | TB(-) | コメント(18)

白の世界を歩く (北海道 別海町 野付)

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1267 白の世界を歩く (北海道 別海町 野付)

白の世界を歩く (北海道 別海町 野付)      Photo No.1267

野付半島の白く凍る海面をよちよち歩き行くハクチョウの姿がどこか面白く感じます。その歩くハクチョウを中心に望遠域を使って平面的なイラストのように構成して見ました。手前には丸くなって休むハクチョウたち。旅の途中なのでしょうか、こちらでは昼間でもうずくまるハクチョウがとても多く見られました。  (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  400mm  f6.3 1/3200 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/03/26 00:00 ]   北海道(根室) | TB(-) | コメント(14)

野付半島の野鳥たちの風景 (北海道 別海町 野付)

流氷船オーロラ号を予約していましたが、雨が降り出して来ましたので予約を翌日に振替しました。ちなみにこの日は乗っても強い風や海流のためかたくさんの流氷がわずか1日で北海道近海から消え失せて見ることが出来なかったようです。この天気では網走にいても仕方がなく、根室地方が晴れているようなので目的地を野付半島に変更することにしました。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1266 野付半島の野鳥たちの風景 (北海道 別海町 野付)

野付半島の野鳥たちの風景 (北海道 別海町 野付)      Photo No.1266

長時間走り続け、ようやく野付半島に到着です。こちらは曇りから晴れに向かっているものの網走同様にかなりの強風です。強い横風を感じながら半島の最果てに向かって細い半島を何キロも東に走ります。途中、目の前に鳥たちが集まっている場所を発見です。仕留めたハクチョウを食べる大きなオオワシ(中央)を取り囲むようにおこぼれにありつこうと虎視眈々と狙うオオワシやオジロワシ、カラスたちが集まっているようです。時々隙をついてエサを巡ってのいさかいが始まります。一方でこの時間帯は安全とみているのでしょうか、仲間が食べられているのにその近くで藻をあさるハクチョウたちなどを見て大自然の厳しさを感じます。  (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM + 1.4X (+APS-Cモード) 840mm相当  f8 1/3200 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/03/25 05:40 ]   北海道(根室) | TB(-) | コメント(24)

カモメたちのライオン岩 (青森県 西津軽郡 深浦町)

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1221 カモメたちのライオン岩 (青森県 西津軽郡 深浦町)

夕陽の畳敷海岸 (青森県 西津軽郡 深浦町)   Photo No.1221

青森県西津軽郡深浦町にある千畳敷海岸のライオン岩からもう1枚です。 百獣の王と言えばライオンと呼ばれていますが、そんなライオンの形をした奇岩、ライオン岩の頭の上がカモメたちの指定席のようです。  (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  100mm f7.1 1/1250 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/09 00:00 ]   青森 | TB(-) | コメント(14)

タンチョウの夏 (釧路湿原/北海道 釧路市)

夏の北海道周遊の旅編はいよいよこちらで最後となります。とにかく今年の夏の訪問は天気に恵まれず、残念な思いもありましたが、それでも北の大地は魅力いっぱいで、私を魅了してくれました。

絶景探しの旅 - 1060 タンチョウの夏 (釧路湿原/北海道 釧路市)

タンチョウの夏 (釧路湿原/北海道 釧路市)    Photo No.1060

早朝の摩周湖を楽しんだ後は釧路空港から羽田空港に移動です。途中、雨の釧路湿原に差し掛かった時、大きな木の付近に1羽のタンチョウが地表のエサをついばんでいました。緑の風景の中の白が栄えます。  (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  157mm相当 (APS-Cモード) f4.5 1/500 (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/09/01 00:00 ]   北海道(釧路・鶴居) | TB(-) | コメント(12)

はじける波から飛び立つアオバト (神奈川県 大磯町)

神奈川県大磯町の照ヶ崎海岸には砂浜近くに存在する多数の小さな岩礁群が存在します。そして海が穏やかな時でも常に波が岩礁にぶつかり飛び散っていて、岩礁上部のくぼみに海水が常にたまっている状態です。その地形的な特徴もあってか遠い山からはるばるアオバトたちが集団で海水を飲みにやって来ます。時には波に飲まれたアオバトの死骸が浜に打ち上げられる事もあるようですので、まさに命がけの活動となっています。

絶景探しの旅 - 0969 はじける波から飛び立つアオバト (神奈川県 大磯町)

はじける波から飛び立つアオバト (神奈川県 大磯町)   Photo No.0969

この日もアオバトは波しぶきと波しぶきの合間に岩礁の上に降り立ち海水を飲んでいます。次の波が小さければそのまま居座りますし、ぶつかる波が大きければ一斉に飛び立ちます。そんな瞬間を捉えようとレンズを岩礁のアオバトたちに向けます。新しい波が岩礁にぶつかりました。大きな波しぶきが飛び散ると同時にアオバトたちがすごい早さで慌てながら飛び立つ瞬間を捉える事が出来ました。   (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM + 1.4X (+APS-Cモード)  840mm相当 f8 1/5000 (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2019/06/02 00:00 ]   神奈川 | TB(-) | コメント(18)

初夏の朝日を受けるアオバトたち (神奈川県 大磯町)

アオバトが大磯の照ヶ崎海岸の岩礁に海水を飲みにやって来る時間帯は夜明けから朝の10時までが最も多いとのことです。日によって多い少ないはあるようですが、この時期は繁殖期に向けて数もどんどん増えていて、調査の方の記録によれば昨日は今年ピークの飛来で8時から10時の間だけでも45回、1349羽もの飛来があったそうです。

絶景探しの旅 - 絶景写真 0968 初夏の朝日を受けるアオバトたち (神奈川県 大磯町)

初夏の朝日を受けるアオバトたち (神奈川県 大磯町)   Photo No.0968

神奈川県大磯町の照ヶ崎海岸の岩礁に降り立ったアオバトたちです。朝の斜めの光を受けながら、一旦休むアオバトの姿が愛らしく感じます。飛来を待っている時間や、どこの岩に止まるのかなど目で追ったり、その飛来に一喜一憂の時間ががいつも楽しく感じます。   (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM + 1.4X (+APS-Cモード)  840mm相当 f8 1/1600 (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2019/06/01 00:00 ]   神奈川 | TB(-) | コメント(14)

アオバトの海 (神奈川県 大磯町)

今年も梅雨時期前の5月後半の週末に神奈川県大磯町の照ヶ崎海岸にやってきました。こちらにはアオバトたちが海水を集団で飲みに来る場所としても知られています。岩礁に飛び散る波に飲み込まれないように波と波の間に岩のくぼみにたまった海水を命がけで飲む姿にいつも元気をもらっています。 今年も何枚かの写真を撮ってきました。それでは2019年版のアオバトたちの様子をお楽しみいただければと思います。

絶景探しの旅 - 0967 アオバトの海 (神奈川県 大磯町)

アオバトの海 (神奈川県 大磯町)   Photo No.0967

大磯にやって来るアオバトは丹沢山地などから飛来し、主食の木の実では足りないミネラルを補うために海水を飲むのではないかと考えられています。照ヶ崎海岸に着いて、海岸の空を眺めて待てば、近くの森で待機していたアオバトたちが集団で砂浜から海の上を旋回した後に、海水を飲むために高度を下げて岩礁に舞い降りてきました。   (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM + 1.4X  210mm f8 1/2000 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2019/05/31 00:00 ]   神奈川 | TB(-) | コメント(14)

運河とカモメ (イタリア ベネチア)

ベネチア本島の大運河「カナル・グランデ」の北西の端にいます。この近くにあるベネチ・サンタルチア駅を見に行ってきました。高速列車も発着する22ものホームがある大きな駅なのですが、近代的な四角い建物でちょっと残念でした。

絶景探しの旅 - 0866 運河とカモメ (イタリア ベネチア)

運河とカモメ (イタリア ベネチア)   Photo No.0866

がっかりの駅舎は外観を見るだけにして、再びイタリアらしい建物が並ぶ旧市街の散策に戻ろうと歩き始めます。目に前の運河の杭や空にカモメの姿も見えます。やはり、ベネチアにはこんな風景が似合うと思うのです。 (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅡ FE 24-105mm F4 G  37mm f8 1/50 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2019/02/19 00:00 ]   イタリア(ベネチア) | TB(-) | コメント(22)

夜のマイン川のほとりにたたずむ水鳥の家族 (ドイツ フランクフルト)

2018年もあとわずかとなりました。今年も多くの皆さんにブログ「絶景探しの旅」にお越しいただきましてありがとうございました。今年最後の1枚は「立つ鳥跡を濁さず」ということで、水鳥の写真をアップしたいと思います。

絶景探しの旅 - 0816 夜のマイン川のほとりにたたずむ水鳥の家族 (ドイツ フランクフルト)

夜のマイン川のほとりにたたずむ水鳥の家族 (ドイツ フランクフルト)   Photo No.0816

フランクフルトの街の中央を流れて行くマイン川の河川敷を歩けば、カモ?それともグース?!夜の橋のライトアップが映る川のほとりにじっとたたずんでいる水鳥の家族が目に入りました。半分寝ているのでしょうか。この撮影の5秒間はじっとしてくれました。 (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅡ FE 24-105mm F4 G  105mm f8 5s ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/12/31 00:00 ]   ドイツ | TB(-) | コメント(16)

夕暮れの屈斜路湖の波に揺れるハクチョウ (砂場/北海道 弟子屈町)

せっかくなので、初冬の屈斜路湖編のハクチョウ特集としています。こちらは、夕刻日没後の砂場と呼ばれる場所です。湖畔が温泉地帯になっているようで多くのハクチョウたちが集まってきています。こちらの場所は夕日を浴びて波がオレンジ色の揺らめきが楽しめる場所にもなっています。

絶景探しの旅 - 0789 夕暮れの屈斜路湖の波に揺れるハクチョウ (砂場/北海道 弟子屈町)

夕暮れの屈斜路湖の波に揺れるハクチョウ (砂場/北海道 弟子屈町)   Photo No.0789

夕暮れ時のお日様が山陰に隠れ辺りがどんどんと暗くなっていきます。湖面が物悲しいオレンジ色の輝きをゆらゆらと映し出してくれます。そんなオレンジの湖面にぷかぷかと波に揺れる2匹を望遠レンズで切り取ってみました。 *初冬の屈斜路湖編の途中ですが、次回から新シリーズの差し込みを行います。 (野鳥のいる風景)

LUMIX G9PRO LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  311mm相当 f4.6 1/250 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/12/04 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(20)

キラキラ星降るハクチョウの湖 (屈斜路湖/北海道 弟子屈町)

朝の屈斜路湖の和琴半島でハクチョウに遊んでもらいます。ここからさほど遠くない砂場と呼ばれる屈斜路の温泉が出ている場所では人との距離も近く人間慣れしているのでしょうね。朝からこんなサービスをしてくれました。

絶景探しの旅 - 0788 キラキラ星降るハクチョウの湖 (斜路湖 北海道 弟子屈町)

キラキラ星降るハクチョウの湖 (屈斜路湖/北海道 弟子屈町)   Photo No.0788

ハイキー調の仕上がりとなっているこの1枚ですがこちらはiPhoneでの撮影です。
まるで降ってきた星と遊ぶようにハクチョウが羽根を広げてくれました。  (野鳥のいる風景)

Apple iPhone6s AUTO (29mm f2.2 1/469 ISO25)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/12/03 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(18)

初冬の屈斜路湖の黄金の朝 (和琴半島/北海道 弟子屈町)

引き続き、11月末の三連休の北海道・道東、弟子屈町(てしかがちょう)の屈斜路湖からです。和琴半島から見る屈斜路湖の湖面には朝日が昇り始めるとともに気嵐が上がり始めています。

絶景探しの旅 - 0787 初冬の屈斜路湖の黄金の朝 (和琴半島/北海道 弟子屈町)

初冬の屈斜路湖の黄金の朝 (和琴半島/北海道 弟子屈町)   Photo No.0787

お日様が高くなるにつれ、湖面からフレアのような高い湯気も立っています。ハクチョウたちも活動を始めました。こういう風景が普通に眺められる道東の冬がたまりません。この日の朝も見事な黄金の朝を楽しむことができました。 (野鳥のいる風景)

LUMIX G9PRO LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  207mm相当 f8 1/8000 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/12/02 00:00 ]   北海道(屈斜路・摩周) | TB(-) | コメント(16)

夕空がピンクに染まる湿地の遊歩道 (多大浦/釜山広域市 沙下区)

峨眉山展望台(アミサンチョンマンデ)での夕陽の撮影を早々に切り上げて、山を下り、多大浦(タデポ)海水浴場の近くにある、多大浦海辺公園の干潟に設けられた、コウニ生態キル(キル=道)という遊歩道の見える場所にやってきました。

絶景探しの旅 - 0785 夕空がピンクに染まる湿地の遊歩道 (多大浦/釜山広域市 沙下区)

夕空がピンクに染まる湿地の遊歩道 (多大浦/釜山広域市 沙下区)   Photo No.0785

夕陽が沈んだ後のマジックアワーの時間帯になりますが、その色付きが何とも言えない色合いです。ピンクに染まった部分が干潟にも映ります。アオサギが目に入りまして、ちょうどいい場所に移動してくれるまで待ちます。待つことしばし見事にいい位置に入ってくれました。 ⋆ お楽しみいただいた釜山編はこちらまでとなります。お付き合いいただきありがとうございます。  (野鳥のいる風景)   

LUMIX G9PRO LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0  39mm相当 f11 0.6s ISO200 ND

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/11/30 00:00 ]   韓国(釜山) | TB(-) | コメント(20)

ゴンドラの舳先に佇むゴイサギ (愛河/台湾 高雄市) 

夜も更けた台湾・高雄を流れる愛河の緑道を散策します。川に架かる中正橋の下に降ります。
運行の終わったベネチア風のゴンドラの舳先にゴイサギを見つけました。

絶景探しの旅 - 0757 ゴンドラの舳先に佇むゴイサギ (愛河/台湾 高雄市)

ゴンドラの舳先に佇むゴイサギ (愛河/台湾 高雄市)   Photo No.0757

夜のライトの黄色い光に包まれるゴイサギです。ゴイサギを見かけるのはずいぶん久しぶりなのですが、台湾では比較的よく見かけるようです。こちらでは人と鳥との距離が近く感じられました。 (野鳥のいる風景)

LUMIX GX7MK2 LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0  124mm相当 f4.5 1/10 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/11/02 00:00 ]   台湾 | TB(-) | コメント(18)

アムステル川越しに昇るオランダの朝日 (アムステルダム)

さらに先に進み、目的地にやってくれば目に前に大きな湖が現れ始めました。何という湖なのだろうかと調べてみれば、それは湖ではなくアムステルダムの語源にもなったアムステル川だったのです。(アムステルダムの名前はアムステル川をせき止めていたダムが市内中心部にあったことから来ているそうです。)

絶景探しの旅 - 0717 アムステル川に昇るオランダの朝日 (アムステルダム)

アムステル川越しに昇るオランダの朝日 (アムステルダム)   Photo No.0717

アムステル川の向こうに日が昇り始めました。ちょうどバンがいいタイミングでこちらに向かって泳いできてくれました。 海外に出かけたときはほとんど都市部での宿泊となるために朝夕の自然の風景を撮る機会もあまりありませんが、この日は路線バスを上手く活用し郊外に出ることができとても幸運だったと思います。 (野鳥のいる風景)

LUMIX G7 LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0  60mm相当 f6.3 1/500 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/23 00:00 ]   オランダ | TB(-) | コメント(16)

朝靄のアムステルパーク (オランダ アムステルダム)

いよいよ、オランダ・アムステルダム編の最終章です。朝の真っ暗いうちにホテルを出て路線バスに乗り、アムステルダムの南の方に向かいます。30分ほど走ったところで降り、目的地に向かってアムステルパークの南端の道を歩きます。

絶景探しの旅 - 0716 朝靄のアムステルパーク (オランダ アムステルダム)

朝靄のアムステルパーク (オランダ アムステルダム)   Photo No.0716

予定通り日の出前になんとか現地に着き、目的地に向かって歩きます。途中にある小さな川に架かる橋に差し掛かります。目の前に朝靄に覆われるモノトーンの世界が広がります。静けさの中、2匹のカモメを横目に見ながら先を急ぎます。  (野鳥のいる風景)

LUMIX G7 LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0  87mm相当 f8 1/125 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/09/22 00:00 ]   オランダ | TB(-) | コメント(20)

北方領土「国後島」を望む (北海道 羅臼町)

知床半島の先端部にある羅臼町に入りました。海岸線の道路を走ります。羅臼では至る所から今はロシアに実行支配されている北方領土「国後島」を見ることができます。

絶景探しの旅 - 0596 国後島を望む (北海道 羅臼町)

北方領土「国後島」を望む (北海道 羅臼町)   Photo No.0596

Wikipediaによりますと、国後島の島の名前の由来は、アイヌ語の「クンネ・シリ(黒い・島→黒い島)」または、「キナ・シリ/キナ・シル(草の・島→草の島)」からではないかとされているそうです。この島に先住していたアイヌ人はアイヌ語で「クナシル」と呼んでおり、日本語名「国後島」もロシア語名「」クナシル島」も国際標記「Kunashir」もこれに起源を持つとのことです。  (野鳥のいる風景)

SONY α99Ⅱ 70-300mm F4.5-5.6G SSM 70mm f8 1/1600 ISO400 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/05/25 05:00 ]   北海道(根室) | TB(-) | コメント(28)








FC2 Management