北の国の春を待つゴジュウカラ (北海道 網走市 駒場)

夕暮れ前の知床半島の流氷の途中ですが、ちょっと息抜きをしたいと思います。 網走は思いのほか大きな街で、市街地が広範囲に広がっています。それでも自然がまだまだたくさん残されていて、そんな自然がいっぱいの林の中でも野生の生き物たちが元気に活動していました。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1299 北の国の春を待つゴジュウカラ (北海道 網走市 駒場)

北の国の春を待つゴジュウカラ (北海道 網走市 駒場)     Photo No.1299

網走では久しぶりに野鳥たちを近くで目にすることができました。こちらは木々の間をエサを求めて飛び回るゴジュウカラの様子です。ゴジュウカラとともに北の国の冬から春へと季節の変わる林の風景を切り取ってみました。 野鳥と言えば、今年は地元で、これからが本番の希少な野鳥をしっかり撮ろうと決めていたのですが、そんな矢先の外出自粛に我慢の日々となりそうです。  (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  600mm相当(APS-Cモード) f5.6 1/1000 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/04/27 00:00 ]   北海道(網走・北見) | TB(-) | コメント(22)

野付湾を飛ぶ (野付半島/北海道 別海町)

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1268 野付湾を飛ぶ (野付半島/北海道 別海町)

野付湾を飛ぶ (野付半島/北海道 別海町)      Photo No.1268

野付半島から眺める海面を覆う白い氷が残る野付湾。望遠レンズの圧縮効果を狙って縞模様をデザインのように表現しました。2羽の白いハクチョウをアクセントとしています。  (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM + 1.4X (+APS-Cモード) 655mm相当  f11 1/1250 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/03/27 00:00 ]   北海道(根室) | TB(-) | コメント(18)

白の世界を歩く (北海道 別海町 野付)

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1267 白の世界を歩く (北海道 別海町 野付)

白の世界を歩く (北海道 別海町 野付)      Photo No.1267

野付半島の白く凍る海面をよちよち歩き行くハクチョウの姿がどこか面白く感じます。その歩くハクチョウを中心に望遠域を使って平面的なイラストのように構成して見ました。手前には丸くなって休むハクチョウたち。旅の途中なのでしょうか、こちらでは昼間でもうずくまるハクチョウがとても多く見られました。  (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  400mm  f6.3 1/3200 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/03/26 00:00 ]   北海道(根室) | TB(-) | コメント(14)

野付半島の野鳥たちの風景 (北海道 別海町 野付)

流氷船オーロラ号を予約していましたが、雨が降り出して来ましたので予約を翌日に振替しました。ちなみにこの日は乗っても強い風や海流のためかたくさんの流氷がわずか1日で北海道近海から消え失せて見ることが出来なかったようです。この天気では網走にいても仕方がなく、根室地方が晴れているようなので目的地を野付半島に変更することにしました。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1266 野付半島の野鳥たちの風景 (北海道 別海町 野付)

野付半島の野鳥たちの風景 (北海道 別海町 野付)      Photo No.1266

長時間走り続け、ようやく野付半島に到着です。こちらは曇りから晴れに向かっているものの網走同様にかなりの強風です。強い横風を感じながら半島の最果てに向かって細い半島を何キロも東に走ります。途中、目の前に鳥たちが集まっている場所を発見です。仕留めたハクチョウを食べる大きなオオワシ(中央)を取り囲むようにおこぼれにありつこうと虎視眈々と狙うオオワシやオジロワシ、カラスたちが集まっているようです。時々隙をついてエサを巡ってのいさかいが始まります。一方でこの時間帯は安全とみているのでしょうか、仲間が食べられているのにその近くで藻をあさるハクチョウたちなどを見て大自然の厳しさを感じます。  (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM + 1.4X (+APS-Cモード) 840mm相当  f8 1/3200 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/03/25 05:40 ]   北海道(根室) | TB(-) | コメント(24)

カモメたちのライオン岩 (青森県 西津軽郡 深浦町)

絶景探しの旅 - 絶景Photo No.1221 カモメたちのライオン岩 (青森県 西津軽郡 深浦町)

夕陽の畳敷海岸 (青森県 西津軽郡 深浦町)   Photo No.1221

青森県西津軽郡深浦町にある千畳敷海岸のライオン岩からもう1枚です。 百獣の王と言えばライオンと呼ばれていますが、そんなライオンの形をした奇岩、ライオン岩の頭の上がカモメたちの指定席のようです。  (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  100mm f7.1 1/1250 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/02/09 00:00 ]   青森 | TB(-) | コメント(14)

タンチョウの夏 (釧路湿原/北海道 釧路市)

夏の北海道周遊の旅編はいよいよこちらで最後となります。とにかく今年の夏の訪問は天気に恵まれず、残念な思いもありましたが、それでも北の大地は魅力いっぱいで、私を魅了してくれました。

絶景探しの旅 - 1060 タンチョウの夏 (釧路湿原/北海道 釧路市)

タンチョウの夏 (釧路湿原/北海道 釧路市)    Photo No.1060

早朝の摩周湖を楽しんだ後は釧路空港から羽田空港に移動です。途中、雨の釧路湿原に差し掛かった時、大きな木の付近に1羽のタンチョウが地表のエサをついばんでいました。緑の風景の中の白が栄えます。  (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  157mm相当 (APS-Cモード) f4.5 1/500 (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/09/01 00:00 ]   北海道(釧路・鶴居) | TB(-) | コメント(12)

はじける波から飛び立つアオバト (神奈川県 大磯町)

神奈川県大磯町の照ヶ崎海岸には砂浜近くに存在する多数の小さな岩礁群が存在します。そして海が穏やかな時でも常に波が岩礁にぶつかり飛び散っていて、岩礁上部のくぼみに海水が常にたまっている状態です。その地形的な特徴もあってか遠い山からはるばるアオバトたちが集団で海水を飲みにやって来ます。時には波に飲まれたアオバトの死骸が浜に打ち上げられる事もあるようですので、まさに命がけの活動となっています。

絶景探しの旅 - 0969 はじける波から飛び立つアオバト (神奈川県 大磯町)

はじける波から飛び立つアオバト (神奈川県 大磯町)   Photo No.0969

この日もアオバトは波しぶきと波しぶきの合間に岩礁の上に降り立ち海水を飲んでいます。次の波が小さければそのまま居座りますし、ぶつかる波が大きければ一斉に飛び立ちます。そんな瞬間を捉えようとレンズを岩礁のアオバトたちに向けます。新しい波が岩礁にぶつかりました。大きな波しぶきが飛び散ると同時にアオバトたちがすごい早さで慌てながら飛び立つ瞬間を捉える事が出来ました。   (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM + 1.4X (+APS-Cモード)  840mm相当 f8 1/5000 (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2019/06/02 00:00 ]   神奈川 | TB(-) | コメント(18)

初夏の朝日を受けるアオバトたち (神奈川県 大磯町)

アオバトが大磯の照ヶ崎海岸の岩礁に海水を飲みにやって来る時間帯は夜明けから朝の10時までが最も多いとのことです。日によって多い少ないはあるようですが、この時期は繁殖期に向けて数もどんどん増えていて、調査の方の記録によれば昨日は今年ピークの飛来で8時から10時の間だけでも45回、1349羽もの飛来があったそうです。

絶景探しの旅 - 絶景写真 0968 初夏の朝日を受けるアオバトたち (神奈川県 大磯町)

初夏の朝日を受けるアオバトたち (神奈川県 大磯町)   Photo No.0968

神奈川県大磯町の照ヶ崎海岸の岩礁に降り立ったアオバトたちです。朝の斜めの光を受けながら、一旦休むアオバトの姿が愛らしく感じます。飛来を待っている時間や、どこの岩に止まるのかなど目で追ったり、その飛来に一喜一憂の時間ががいつも楽しく感じます。   (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM + 1.4X (+APS-Cモード)  840mm相当 f8 1/1600 (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2019/06/01 00:00 ]   神奈川 | TB(-) | コメント(14)

アオバトの海 (神奈川県 大磯町)

今年も梅雨時期前の5月後半の週末に神奈川県大磯町の照ヶ崎海岸にやってきました。こちらにはアオバトたちが海水を集団で飲みに来る場所としても知られています。岩礁に飛び散る波に飲み込まれないように波と波の間に岩のくぼみにたまった海水を命がけで飲む姿にいつも元気をもらっています。 今年も何枚かの写真を撮ってきました。それでは2019年版のアオバトたちの様子をお楽しみいただければと思います。

絶景探しの旅 - 0967 アオバトの海 (神奈川県 大磯町)

アオバトの海 (神奈川県 大磯町)   Photo No.0967

大磯にやって来るアオバトは丹沢山地などから飛来し、主食の木の実では足りないミネラルを補うために海水を飲むのではないかと考えられています。照ヶ崎海岸に着いて、海岸の空を眺めて待てば、近くの森で待機していたアオバトたちが集団で砂浜から海の上を旋回した後に、海水を飲むために高度を下げて岩礁に舞い降りてきました。   (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM + 1.4X  210mm f8 1/2000 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2019/05/31 00:00 ]   神奈川 | TB(-) | コメント(14)

運河とカモメ (イタリア ベネチア)

ベネチア本島の大運河「カナル・グランデ」の北西の端にいます。この近くにあるベネチ・サンタルチア駅を見に行ってきました。高速列車も発着する22ものホームがある大きな駅なのですが、近代的な四角い建物でちょっと残念でした。

絶景探しの旅 - 0866 運河とカモメ (イタリア ベネチア)

運河とカモメ (イタリア ベネチア)   Photo No.0866

がっかりの駅舎は外観を見るだけにして、再びイタリアらしい建物が並ぶ旧市街の散策に戻ろうと歩き始めます。目に前の運河の杭や空にカモメの姿も見えます。やはり、ベネチアにはこんな風景が似合うと思うのです。 (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅡ FE 24-105mm F4 G  37mm f8 1/50 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2019/02/19 00:00 ]   イタリア(ベネチア) | TB(-) | コメント(22)








FC2 Management