雲の上の日暈 (フィリピン上空)

南の島 フィリピン・セブ島に向かって飛ぶ航空機の中から沈みゆく太陽を眺めながめています。薄い雲の覆うエリアを飛行中に太陽を取り巻くような日暈(ひがさ/にちうん/ヘイロー/ハロ)が出現です。

絶景探しの旅 - 1074 雲の上の日暈 (フィリピン上空)

雲の上の日暈 (フィリピン上空)    Photo No.1074

コバルトブルーの海の上に出現した大きな日暈です。輪の部分が少々虹のようにも見えます。こんなにきれいな日暈を空の上から見ることはありませんでしたので、かなり興奮して撮影しています。   (神秘の自然現象) (空撮写真・空からの風景)

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  24mm f4 1/4000 (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/09/15 00:00 ]   フィリピン(セブ) | TB(-) | コメント(16)

鏡池に映る雲と山の風景 (旭岳/北海道 東川町)

前回の不思議な空の様子は旭岳(右から流れてくる斜面)だけの上ばかりかと思えば、旭岳の向かって左側の遠くに見える当麻岳(左)と連なる安足間岳(あんたろまだけ/右)の上にも出ています。旭岳と安足間岳の頂上付近の2か所で発生中の天をえぐるようななめずらしい空を見れば、誰かが言った大地震が起きるのではないかという不吉な予兆を感じても仕方がありません。

絶景探しの旅 - 1016 鏡池に映る雲と山の風景 (旭岳/北海道 東川町)

鏡池に映る雲と山の風景 (旭岳/北海道 東川町)   Photo No.1016

鏡池は擂鉢池の近くにある大きな池です。正面から見れば旭岳が鏡のように水面に映り、横に立てば当麻岳と安足間岳が映って見えるという、旭岳五合目の目玉のスポットです。右からのなだらかな斜面は旭岳のものです。あっちとこっちでWで発生中の珍しい空ばかりに目が奪われますが、夏でも残る雪を楽しむことも忘れてはいけませんよね。  (神秘の自然現象)

SONY α7RⅢ FE 16-35mm F2.8 GM  17mm f8 1/100 ISO100 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/07/19 00:00 ]   北海道(旭川・大雪山) | TB(-) | コメント(18)

擂鉢池と旭岳の不思議な光景 (北海道 東川町)

周りに雪が残り青い水の色もきれいな擂鉢池(すりばちいけ)と旭岳の風景です。曇りの空ながら、五合目に着いたときは霧も晴れて大雪山旭岳の雄姿がくっきり見えますが、何かちょっと違和感があります。旭岳の上空の様子が何とも不思議な状態となっているのです。

絶景探しの旅 - 1015 擂鉢池と旭岳の不思議な光景 (北海道 東川町)

擂鉢池と旭岳の不思議な光景 (北海道 東川町)   Photo No.1015

この光景には訪れた他の皆さんも驚いてしまって、中には大地震の前触れではないかと話す声も聞こえてきます。曇り空の雲が山頂を避けるように凹んでいます。富士山の傘雲と同じような原理で、湿った空気が山の斜面にぶつかって上昇しているとともに、厚い雲の空気の流れが速く動いているからでしょうか。 空が歪んでいるようにも見えるこのような貴重な光景に出会えただけでも、ここまでやって来た甲斐がありました。 (神秘の自然現象)

SONY α7RⅢ FE 16-35mm F2.8 GM  27mm f8 1/100 (-1.3) ISO100 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/07/18 00:00 ]   北海道(旭川・大雪山) | TB(-) | コメント(24)

平成最後の部分日食 (東京都 八王子市)

2019年のお正月休みは、1月4日のしぶんぎ座流星群、1月6日の部分日食の天体ショーがありました。雲がほとんどないような快晴だった年末年始の休暇も最終日の部分日食の日は広範囲の雲で少々不安な朝となりました。自宅からの観察と考えていたのですが、前日にお日様の位置を確認すれば肝心な時間にお日様が物陰に隠れるということがわかりましたので、当日は都立小宮公園(八王子市)の一番高台にある草地広場のベンチに座りながらでの観察としました。観察時間は東京地方で部分日食が始まる前の8時30分~終了の11時36分まで太陽観察用双眼鏡(ヨドバシで878円)をメインに、望遠レンズも準備し、観察に撮影にと平成最後の部分日食を楽しみました。

絶景探しの旅 - 0823 平成最後の部分日食 (東京都 八王子市)

平成最後の部分日食 (東京都 八王子市)   Photo No.0823

このお安い双眼鏡が実に楽しめまして3倍遮光度数13なのですが、ピント合わせもなく快適に太陽が観察できました。一方で撮影の方はおよそ30分ごとに記録撮影しようと決めていましたが、厚い雲にお日様が隠れることが多く上手くは行きませんでした。ただ、肝心な所で顔を出してくれるなど運も味方してくれました。上の写真の中央が最大値の10時06分のものです。次回は今年の12月26日とのことです。残念ながら水曜日ですが、休暇が取れれば今度は景色を組み込んだ撮影をしてみたいと思っています。  (神秘の自然現象)

*時間は左から8時37分(日食前)、9時26分、10時06分(極大)、11時15分、11時37分(終了)

LUMIX GX7MK2 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  831mm相当 f8 1/640~1/80 (-2) ISO200 ND

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/01/07 00:00 ]   東京(八王子東部) | TB(-) | コメント(18)

オーロラから始まる旅 (フィンランド上空)

初冬の道東編の途中ですが、お待たせしていました10月の欧州編を差し込んでいきたいと思います。真夜中に羽田空港を飛び出しパリに向かうANA機に搭乗しています。今回は予約が遅く通路際の席です。ロシアからフィンランド上空に差し掛かった頃でしょうか、人々が寝静まっている頃、夜中に目が覚めてしまったのでカメラの設定などお手入れを始めることにしました。そんな私を見てCAさんがやってきて、地上で見るのとは違いますけどオーロラが窓の外に見えますよと私を非常口の小さな窓に導いてくれました。その丸い小さな窓から見えるのは空にたなびく緑のカーテン!今までオーロラを見るのが夢でしたが、まさかこんな形で実現しようとは、もう大興奮です!

絶景探しの旅 - 0790 オーロラから始まる旅 (フィンランド上空)

オーロラから始まる旅 (フィンランド上空)   Photo No.0790

目の前に見えるのは真っ暗な空に架かるオーロラのカーテンです。問題は手ブレと被写体ブレです。床に膝を着け窓の脇に体をぴったり押し付けて手持ち撮影開始です。窓の日よけをギリギリまで下ろしたりして隙間を覆うのですが横撮りではどこからか入り込む機内の灯りを拾ってしまいます。カメラを縦位置にし、何とか反射を軽減することができました。おかげさまで、まずますの1枚が撮れました。 手前の星が流れるのは飛行機ゆえご愛嬌です。親切で気の利くCAさんのおかげで初めてのオーロラが楽しめるという、幸先のいい欧州訪問のスタートとなりました。  (神秘の自然現象)  (星空の風景) (空撮写真・空からの風景)

SONY α7RⅡ FE 24-105mm F4 G  24mm相当 f4 2.5s ISO8000

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/12/05 00:00 ]   フィンランド | TB(-) | コメント(28)

雨上がりの阿蘇山麓の風景 (阿蘇パノラマライン/熊本県 南阿蘇村)

雨が続く予報の熊本県・阿蘇エリアでしたが、土砂降りの後は、雨も上がり空も明るくなってきました。阿蘇パノラマラインを阿蘇山頂に向かって車を走らせます。途中でガスが立ち込める景色に何度も車を止めてシャッターを押します。

絶景探しの旅 - 0641 雨上がりの阿蘇山麓の風景 (阿蘇パノラマライン/熊本県 南阿蘇村)

雨上がりの阿蘇山麓の風景 (阿蘇パノラマライン/熊本県 南阿蘇村)   Photo No.0641

雨上がりの阿蘇パノラマラインの窓の外の景色を走りながら見ているとガスが何本かの帯のようになって雲に上って行く光景が目に入ります。温泉の熱と何か関係があるのでしょうか。実はここ以外でも同じような光景を見ることがあったのですが、本当に不思議な光景です。    (神秘の自然現象)

SONY α7RⅢ 70-200mm F2.8G 120mm f8 1/250 ISO800  (LA-EA3) 

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/07/09 00:00 ]   熊本 | TB(-) | コメント(18)

稲妻光る海辺の夜 (タイ シラチャ)

タイ・シラチャの海の見えるシーフードレストランで夕食を取っています。外の見えるテーブルをお願いしました。暗闇に辺りが包まれるタイランド湾を眺めながらのひと時を過ごします。

絶景探しの旅 - 0582 稲妻光る海辺の夜 (タイ シラチャ)

稲妻光る海辺の夜 (タイ シラチャ)   Photo No.0582

タイランド湾の夜の景色を眺めていると、あちこちで空が光り始めました。音は聞こえませんので、かなり遠くでの落雷かと思いますが、現地滞在の日本人に聞けば、たまに見られる光景とか。雨が降るときはスコールのように短時間にどっと豪雨が降るタイならではのことかも知れませんね。 (神秘の自然現象)

SONY RX100 34mm相当 AUTO( f4 1s ISO800 )

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/05/11 00:00 ]   タイ | TB(-) | コメント(22)

赤黒く輝く赤銅色の月 ブラッドムーン (東京都 八王子市)


前回に続いて、赤銅色の皆既月食のお月さまの写真です。2018年1月31日の皆既月食はスーパーブルーブラッドムーンと呼ばれる記憶に残るような鮮烈な印象を私たちに与えてくれました。それにしても、翌日の夜は東京でもみぞれの混じる天気のところもありましたので本当にラッキーでした。

絶景探しの旅 - 0483 赤黒く輝く赤銅色の月 ブラッドムーン (東京都 八王子市)

赤黒く輝く赤銅色の月 ブラッドムーン (東京都 八王子市)    Photo No.0483

皆既月食の月は、赤黒いく輝く赤銅色になることが多いそうです。理由を調べてみれば、太陽からの光が地球の影に隠れ、月に直接届かなくなり、満月の輝きを失うことになります。しかしながら、地球の大気を通過する太陽光のうちの波長の長い赤い色だけが月を照らすからだそうです。そして、地球の大気に含まれるチリの量が少ないと多くの光が大気を通り抜けて赤銅色の中でも明るいオレンジ色に近くなり、逆にチリが多いと黒っぽくなるとのことです。中国のPM2.5の影響もあるのでしょうか。今回の皆既月食は肉眼ではかなり濃い色のように感じました。  (神秘の自然現象)

LUMIX GX7MK2 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  831mm相当 f7.1 1.3s (-2) ISO800 WB 太陽光

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2018/02/02 00:00 ]   東京(八王子東部) | TB(-) | コメント(26)

月食とスーパーブルーブラッドムーン (東京都 八王子市)


2018年1月31日の朝のNHKのニュースでは東京地方でも薄雲の隙間からスーパーブルーブラッドムーンが見られるかも知れないとのことでした。せっかくの35年ぶりの天体ショーにも関わらず、なんともがっかりの天気予報でしたが・・・。

絶景探しの旅 - 0482 月食とスーパーブルーブラッドムーン (東京都 八王子市)

月食とスーパーブルーブラッドムーン (東京都 八王子市)    Photo No.0482

それがどっこい、皆既月食が始まる頃には雲もなくきれいな夜空となり、お月さまも無事にスタンバイ。ブルームーン(1月2度目の満月)となったスーパームーン(通常より大きな月)が、20時40分過ぎから月の下部からだんだん暗くなってきて、ハイライト時にはブラッドムーン(皆既月食による真っ赤なお月さま)に変わって行きました。この月の3つの現象が重なることがとても奇跡的という「スーパーブルーブラッドムーン」を自宅から見ることができました。 (神秘の自然現象)

LUMIX GX7MK2 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  831mm相当
(左から、以下4カット貼り合わせ) 
まずは欠けを楽しみます。どんどん月が欠けて行きます。
①21時15分 *f8.0 1/160 (-3 1/3) ISO200  WB AUTO
②21時40分 *f6.3 1/30  (-4 2/3) ISO200  WB AUTO
ここからは暗い部分の色合いを楽しもうと思います。
③21時45分 *f7.1 2s ISO200 WB 太陽光
食が最大の頃。赤銅色がきれいです。
④22時30分 *f7.1 1.3s (-2) ISO800 WB 太陽光

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2018/02/01 00:00 ]   東京(八王子東部) | TB(-) | コメント(26)

雲海のような濃霧にすっぽりと覆われる街 (千葉県 君津市)


羽田空港を飛び立ったJAL機がこれから向かうのは大阪。行先にもよりますが時間により新幹線ではなく飛行機を利用することもよくあります。出張のためのチケット手配が遅くなることが多く、大阪便では富士山側の窓席がまず取れることがなく、空いていても反対側ということがほとんどですが、実は私にはその方がちょっとありがたかったりします?!

絶景探しの旅 - 0471 雲海のような濃霧にすっぽりと覆われる街 (千葉県 君津市)

雲海のような濃霧にすっぽりと覆われる街 (千葉県 君津市)    Photo No.0471

実はこの白い雲の下にどこまでも街が続いていると聞いたら信じますか? JAL機は目的地に向かって房総半島の内房の海岸線に沿うように太平洋側に向かって進行しています。この日、1月18日は前日の暖かさで地表の温度が上がったところに朝の放射冷却で、関東のあちこちでは前が見えないくらいの濃霧が発生していました。こちらもそのようで、窓の外には我が目を疑うような景色が続きます。まるで山岳地谷で見かける雲海状態です。中央の大きな白く覆われているエリアは君津市です。地上では大混乱中のことと思いますが、こちらは空の上から珍しい光景を楽しむことができとてもラッキーでした。  (神秘の自然現象) (空撮写真・空からの風景)

SONY RX100 80mm相当 AUTO (f5.6 1/800) ISO125

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/21 00:00 ]   千葉 | TB(-) | コメント(14)

今年最大の満月 初冬のスーパームーン (東京都 立川市)

絶景探しの旅 - 0423 今年最大の満月 初冬のスーパームーン (東京都 立川市)

今年最大の満月 初冬のスーパームーン (東京都 立川市)   Photo No.0423

2017年12月4日0時47分の月は今年、地球に最も近い満月(スーパームーン)とのことです。そして本日17時46分には近地点を通過します。暗くなり空に昇った月を見上げれば、なるほど本当に大きいです。2017年は6月9日22時10分の満月が一番小さかったそうですが、感覚的にはふた回りくらい大きい印象でしょうか。こちらは12月3日17時19分に立川の多摩川からも近い開けた場所にてのものです。初冬の木の枝と残った葉にピントを合わせて、ほぼ満月のスーパームーンをバックに撮影したものです。 

ちなみに2018年の最大の大きさとなるスーパームーンは、年明け早々の1月2日とのことです。また、1月31日の満月では、月が地球の影に隠れる皆既月食を全国で観察できるとのことです。 (神秘の自然現象)

LUMIX GX7MK2 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  831mm相当(さらに約2倍にトリミング) f6.3 1/640 (-2) ISO640

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2017/12/04 00:00 ]   東京(立川・北多摩) | TB(-) | コメント(14)

雨のシャワーの瞬間 (英国/ロンドン上空)

ロンドン・ヒースロー空港に着陸のために、私を乗せた航空機はぐるぐるとロンドン上空を巡行中です。窓から見える遠方の街の上を見れば厚い雲の下から噴き出すようなシャワーのような土砂降り雨。

絶景探しの旅 - 0417 雨のシャワーの瞬間 (英国 ロンドン上空)

雨のシャワーの瞬間 (英国/ロンドン上空)   Photo No.0417

土砂降り雨を降らせている雲を観察すれば、まるで濡れ雑巾を絞っているようにも見えます。それにしてもいつもこんなふうに雲から雨が出てくるのですね。 初めて見る珍しい光景に驚きです。  (神秘の自然現象) (航空機のある風景) (空撮写真・空からの風景)


SONY RX100 33mm相当 AUTO (f5.6 1/200) ISO125

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/11/28 00:00 ]   英国(ロンドン) | TB(-) | コメント(18)

サーチライトのような夕焼け空 (東京都 新宿区)

絶景探しの旅 - 0356 サーチライトのような夕焼け空 (東京都 新宿区)

サーチライトのような夕焼け空 (東京都 新宿区)  Photo No.0356

ちょうど1年ほど前の2016年の9月6日の夕方に見られた空で、新宿区内では広範囲で見られたようです。このブログを始める前に撮ったもので、ストック写真をあれこれチェックしていたら、おお、そんなこともあったということで紹介します。光が地平線上の何かに遮られたのでしょうか。薄明光線なのかも知れません。自然現象は我々の思いもつかないような現象を見せてくれるものですね。  (神秘の自然現象)

Apple iPhone6 AUTO (29mm f2.2 1/120 ISO50)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2017/09/28 00:00 ]   東京(23区西部) | TB(-) | コメント(20)

小雨とともに・・・虹の新栄の丘(北海道 美瑛町)

絶景探しの旅 - 0309 虹の新栄の丘(北海道 美瑛町)

小雨とともに・・・虹の新栄の丘(北海道 美瑛町)  Photo No.0309

夕方の美瑛・新栄の丘の空が急に灰色の雲に覆われ、風とともにまるで霧吹きで吹いたような小雨がパラパラと横流れしながら舞い始めました。ええっ?!いきなりの雨なんて困るなあって思った瞬間、強い日差しが差し込み始めました。新栄の丘が日の光を浴びて見たことにないような黄緑色に輝き出すとともに、空には大きな虹の橋が架かり始めました。こんな立派な虹を見るのは何年ぶりでしょうか。しばらくの間、見事な鮮やかな色のショーをたっぷり楽しませていただきました。 (神秘の自然現象)

SONY α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 45mm f5.6 1/125 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2017/08/12 00:00 ]   北海道(美瑛) | TB(-) | コメント(16)

魚津・富山湾の蜃気楼 海に浮き出るバーコードの壁 (富山県 魚津市)

絶景探しの旅 – 0212 魚津・富山湾の蜃気楼 海に浮き出るバーコードの壁 (富山県 魚津市)

魚津・富山湾の蜃気楼 海に浮き出るバーコードの壁 (富山県 魚津市)  Photo No.0212

GWの後半戦でにぎわう魚津港脇の道の駅にやってきました。皆さんのお目当てはもちろん富山湾に浮き出るという、有名な春の風物詩、魚津の蜃気楼です。お昼前にツィッターによれば魚津港に蜃気楼が出たとの情報です。砂漠にラクダやオアシスが見えるという話を聞きますが、こちら、日本の蜃気楼の本場、魚津ではどんな蜃気楼が見えるのでしょうか。

防波堤の上に多くの人たちが超望遠レンズを並べて一生懸命撮影をしています。ちょうど今、蜃気楼発生中とのことです。その様子は、野鳥のスポット状態、いやそれ以上です?!しかし、肝心な蜃気楼がどこに出ているのかわかりません。ちょうど目の前に現場に待機する2名の「しんきろう見させ隊」の方を見つけましたので、蜃気楼がどこに出ているのか教えてもらいました。隊長と副隊長みずから撮影もなされていて、その間に入れていただき、とても親切に教えてもらうことができ、無事、蜃気楼の出ている辺りの写真を何ヶ所か撮ることができました。

今回の作品は、そのとき撮った、「バーコード」と呼ばれるタイプの蜃気楼の写真です。まるでどこまでも続く、万里の長城のようにでもあるし、長い防波堤のようにも見えますよね!?下の写真と比べてを見てください。蜃気楼が消えてから撮ったものなのですが、下の写真と比べていただければわかるとおもいますが、上の写真中央の細く突き出した煙突のまわりの部分が全然違いますし、実際にはこんなに横長くそのバーコードのような景色が続いていますせん。

さらにその後、写真とは別の場所に「北陸新幹線」と隊長たちが呼ぶ、まるで新幹線の車両のような蜃気楼が現れ、すぐに出現ランクがCからBに引き上げられたという放送も流れました(携帯から隊長が指示してます)。隊長から「東京からここに来てすぐに蜃気楼を見れて、さらに今年初めてのBランクの蜃気楼まで見られて、あなたは本当にラッキーな人だね~。」と言われてしまいました。この日は外気温が27℃まで上がったことが幸いしたのかも。しかし、この後、蜃気楼はどんどん消えてショーは終息に向かって行ったのでした・・・。まさに絶妙なタイミングでこちらに来ることができたと言っても過言ではない状況でした。 (神秘の自然現象)

SONY α99 70-200mm F2.8G  200mm f8 1/320 ISO100

魚津蜃気楼 蜃気楼見させ隊 蜃気楼がない時の細い煙突付近と、「しんきろう見させ隊」の方。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/05/09 05:00 ]   富山 | TB(-) | コメント(32)

マリンブルーの海と空 昇る蛍光色の朝日(シギラリゾート/沖縄県 宮古島市)

初日の宿泊は、事前に地図をしっかり確認して、宮古島シギラリゾートのドイツ村の隣にある東の海がしっかり見える宿泊先を予約しました。昨夜は日本最南端といわれるシギラ温泉の屋外温泉プールで温泉の上にぷかぷか浮かびながら仰向けになって、星空を眺めながらゆっくりと旅の疲れを取りました。翌日は早朝からベランダで朝日の撮影開始です。

絶景探しの旅 - 0166 マリンブルーの海と空 昇る蛍光色の朝日 (シギラリゾート/沖縄県 宮古島市)

マリンブルーの海と空 昇る蛍光色の朝日 (シギラリゾート/沖縄県 宮古島市) Photo No.0166

ベランダに出てみれば、昨日の海の色と違うマリンブルーの海とそれを映し出すような雲の色。昨日のコバルトブルーの宮古ブルーと違う何とも言えない色の海に、朝から感嘆のため息・・・。こんな色の朝の海は生まれて初めてです。そうこうしているうちに、そろそろ日の出の時間。日の出時間きっちりに水平線からお日さまが顔を出したらと思ったら、これまた、お日さまの色が驚きの蛍光色に輝く朱色!何がどうなったらこのような色になるのか知りませんが、予想もできない風景を体験できる宮古島の風景に私の心はふたたびがっちりと掴まれてしまいました・・・。  (神秘の自然現象)

SONY α99 70-200mm F2.8G  90mm f2.8 1/40 (-0.7) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/03/24 05:00 ]   沖縄(宮古島) | TB(-) | コメント(18)

ブロッケン現象 (ロンドン上空)

移動のために搭乗しているのは、ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)です。ロンドンの街の南東部上空にいます。窓の外からロンドンの街を見ていると飛行機は雲の中にすっぽりと入ります。そのとき、目の前に何かの影が虹色の輪とともに見えます。なんと私の乗る航空機の影がブロッケン現象として現れたのです。

絶景探しの旅 0112 ブロッケン現象 (ロンドン上空)

ブロッケン現象 (ロンドン上空)     Photo No.0112

Wikipediaによれば、ブロッケン現象は、太陽などの光が背後からさしこみ、影の側にある雲粒や霧粒によって光が散乱され、見る人の影の周りに虹と似た光の輪となって現れる大気光学現象だそうです。光輪(グローリー)、ブロッケンの怪物などとも呼ばれるそうです。生きているうちに一度は見てみたい神秘の自然現象のひとつにあげる人もいます。 *絶景探しの ロンドン編にはこれにて一旦終了です。お付き合いいただきありがとうございました。 (神秘の自然現象) (航空機のある風景)  (空撮写真・空からの風景)

SONY RX100 28mm相当 AUTO(f 6.3 1/125) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2017/01/29 05:00 ]   英国(ロンドン) | TB(-) | コメント(22)

旭日の手取川 (石川県 川北町)

七福神、招き猫に続く、新春縁起物シリーズの最終回です。今回の年末年始は新春の「絶景探しの旅」用の日の出の写真を撮ろうと、石川県能美市~川北町の手取川(てどりがわ)下流エリアにやってきました。

0090 旭日の手取川 (石川県 川北町)

旭日の手取川 (石川県 川北町)     Photo No.0090

マリンブルーのきれいな水の流れる手取川の奥に連なるのは白山連峰からの尾根続きとなる大倉山辺りでしょうか。ここまでやってきたのに、あいにくの曇り空でがっかり。あきらめかけていたところ急に山の向こうの空が輝き出しました。その奥にある立山連峰の山々の陰を拾っている裏後光なのでしょうか。朝日新聞の社旗のような旭日模様に光が広がり始めます。あっという間の出来事でしたが、初めて見る不思議なお日様の光模様を眺めることができ、とても幸運でした。  (神秘の自然現象)

SONY α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 40mm f8 1/60 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2017/01/07 05:00 ]   石川 | TB(-) | コメント(16)

空の波動 (山口宇部空港/山口県 宇部市)

絶景探しの旅 - 0007 雲の波紋 (山口宇部空港/山口県 宇部市)

空の波動 (山口宇部空港/山口県 宇部市)    Photo No.0007

羽田へ向かうために山口宇部空港に到着です。夕日が沈みかける空を見上げれば空の波動模様の巻積雲(けんせきうん)。秋の季語として用いられる雲ですが、水面の波のようにも見えるのが特徴です。人々からは、うろこ雲、いわし雲、さば雲などとも呼ばれますが、名前がどれかは見た目で判断すればいいようです。さてこれはどれでしょうか。うろこ雲かな・・・、やっぱり、さば雲?!  (神秘の自然現象)

LUMIX GM5 G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 24mm相当 f18 1/250 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2016/10/16 00:30 ]   山口 | TB(-) | コメント(4)








FC2 Management