桜の小径 (八木崎公園/山梨県 富士河口湖町)

山梨県・河口湖畔の八木崎公園での星空と桜の撮影を楽しみます。 大きな桜の木の枝が広がる小径を入れての星空の1枚です。 背景にちょっぴり河口湖を入れ込みます。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1654 桜の小径 (八木崎公園/山梨県 富士河口湖町)

桜の小径 (八木崎公園/山梨県 富士河口湖町)    Photo No.1654

こちらの八木崎公園には約100本のソメイヨシノが植林されていまして、この小径沿いにもずらりと桜の木々が並びます。 そんな中で、選んだのがこちらの桜です。 2本の桜が並んでまるで1本の桜のようにも見えます。  (桜の咲く風景) (星空の風景) 

SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  12mm f2.8 10s ISO3200 WBマニュアル ハーフソフトフィルター

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/04/17 00:00 ]   山梨(富士五湖) | TB(-) | コメント(9)

桜と北斗七星 (八木崎公園/山梨県 富士河口湖町)

山梨県・河口湖畔の八木崎公園からの1枚です。 富士山にガスがかかっていることから、気を取り直して河口湖側に向かって桜と星空の撮影を行います。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1653 桜と北斗七星 (八木崎公園/山梨県 富士河口湖町)

桜と北斗七星 (八木崎公園/山梨県 富士河口湖町)    Photo No.1653

ちょうど北西の空には北斗七星が輝いていましたので、これを活かそうと縦構図とし桜と組み合わせての作品としてみました。 穏やかな湖畔の春の夜のひと時が表現できたのではと思います。  (桜の咲く風景) (星空の風景) 

SONY α7RⅢ FE 20mm F1.8 G  20mm f1.8 13s ISO1600 ソフトクリアフィルター

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/04/16 00:00 ]   山梨(富士五湖) | TB(-) | コメント(22)

富士山の見える桜の公園 (八木崎公園/山梨県 富士河口湖町)

この前の週末は山梨県・河口湖畔の八木崎公園に行ってきました。 いつもは南側の湖畔に出かけているのですが、北側にある八木崎公園の桜がとにかく見事だと教えていただき、夜の撮影をしようとこちらにすっ飛んできたという次第です。 私がよく活用する日本気象協会のお天気アプリでは、この日の河口湖の星空指数は80%と言うことで、星空と富士山、夜桜の風景が楽しめそうだと期待感いっぱいでの訪問でした。 

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1652 富士山の見える桜の公園 (八木崎公園/山梨県 富士河口湖町)

富士山の見える桜の公園 (八木崎公園/山梨県 富士河口湖町)    Photo No.1652

しかしながら、八木崎公園に着くと富士山の辺りがガスっていまして、目の前にあるはずの大きな富士山がいったいどこにあるのか目視ではまったく認識できない状態でした。  こうなるとカメラとレンズの高感度性能に頼るしかありません。 当たりをつけて撮影を開始します。 何枚か撮っていると、ほんの一瞬、ガスが薄くなった瞬間があり、カメラのイメージセンサーが見事に富士山の影を捉えてくれました。 ファインダー越しに富士山の薄い影を見ながら構図を素早く調整しシャッターを切ります。 ほんの数枚のシャッターを切ったところで再び富士山の姿が消えてしまいました。 星空指数の20%星空が隠れる部分が一番肝心な部分に重なってしまったようです。 夜中にはるばる高速に乗ってやって来たということもありとても複雑な気分でした。  (桜の咲く風景) (富士山のある風景) (星空の風景) 

SONY α7RⅢ FE 20mm F1.8 G  20mm f1.8 4s ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/04/15 00:00 ]   山梨(富士五湖) | TB(-) | コメント(22)

夜明け前の雲仙岳・平成新山 (しまばら火張山花公園/長崎県 島原市)

長崎県島原市の「しまばら火張山花公園」の桜と星空の風景からはこれが最後の1枚となります。 こちらは雲仙岳の山々のうちでも特徴的な形を見せている「平成新山」です。 1990年(平成2年)におよそ200年ぶりに噴火、その後5年に渡って、ねばり気の強いデイサイトマグマが、火山の上に盛り上がってできた溶岩ドームの山とのことです。 

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1651 夜明け前の雲仙・平成新山(しまばら火張山花公園 長崎県 島原市)

夜明け前の雲仙岳・平成新山 (しまばら火張山花公園/長崎県 島原市)    Photo No.1651

今は何事もなかったかのように、桜と星空の静けさ漂う風景を見せる平成新山(1483m)ですが、噴火時には溶岩ドームがどんどん成長して行き、それに伴い幾度かの崩落を繰り返し続け、その崩落の際の火砕流により、多くの人命と民家や田畑が奪われて行ったとのことです。 現在は噴火も収まり、2006年(平成16年)には国指定の天然記念物に指定されました。 (桜の咲く風景)  (星空の風景) 

SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  14mm f2.8 10s ISO1600 ハーフソフトフィルター

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/04/14 00:00 ]   長崎 | TB(-) | コメント(22)

天の川かかる島原・眉山 (しまばら火張山花公園/長崎県 島原市)

長崎県島原市の「しまばら火張山花公園」の外から桜と星空の風景を撮らせていただいています。 公園名に付く火張山(ひばるやま)の名称は、この辺りの別称で、200年前の噴火の時に、ここにあった番所で役人が火の様子を見張っていたことにちなんでいるそうです。 この公園から見える山々は、眉山(まゆやま)、平成新山、雲仙普賢岳などです。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1650 天の川かかる島原・眉山 (しまばら火張山花公園/長崎県 島原市)

天の川かかる島原・眉山 (しまばら火張山花公園/長崎県 島原市)    Photo No.1650

こちらは眉山(まゆやま)と星空の風景となります。 桜が綺麗で改めていい時期にやって来れたものだと思います。 向きは前回の作品のちょうど背中側になります。 こちらの眉山の山頂にかかる天の川がまるで噴煙のようにも見え、面白く感じながらの撮影となりました。  (桜の咲く風景)  (星空の風景) 

SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  12mm f2.8 10s ISO1600 ハーフソフトフィルター

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/04/13 00:00 ]   長崎 | TB(-) | コメント(26)

朝へと続く桜の道 (しまばら火張山花公園/長崎県 島原市)

早起きして朝の風景を楽しもうと島原の東の海へと移動します。 途中、桜並木がきれいな「しまばら火張山花公園」の脇を通りました。 こちらは雲仙普賢岳噴火災害時に市民を守るため指定された砂防指定地を活用し、島原の観光地として平成24 年(2012年)につくられた公園とのことです。 公園の入り口の前に桜並木が続いていますので、普賢岳や桜と星空の風景を撮影しようと思います。  

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1649 朝へと続く桜の道 (しまばら火張山花公園/長崎県 島原市)

朝へと続く桜の道 (しまばら火張山花公園/長崎県 島原市)    Photo No.1649

「しまばら火張山花公園」は雲仙普賢岳噴火災害時に市民を守るため指定された砂防指定地を活用し、島原の観光地として平成24 年(2012年)につくられた公園とのことです。 公園内では、四季を通じて様々な花が楽しめるそうです。 公園の外ですらこのような素晴らしい風景を見ることが出来ますので、公園内もさぞかし素晴らしいのではと思います。 次に島原に来ることがあれば、公園内の花畑で咲き誇る花々と雲仙普賢岳の風景を楽しんでみたいと思います。  (桜の咲く風景) (星空の風景) 

SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  12mm f2.8 20s ISO1600 ハーフソフトフィルター

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/04/12 00:00 ]   長崎 | TB(-) | コメント(24)

雲仙 春の夜 (おしどりの池/長崎県 雲仙市)

長崎県雲仙市と言えば、雲仙温泉が有名ですが、今回はこちらでゆっくりと日々の疲れを取ろうとやって来たのです。 疲れも取れ、元気回復となれば、いつものように夜の風景を楽しみに出かけます。 まずやって来たのがこちらの雲仙温泉エリアの地図上のランドマークとなっている 「おしどりの池」 です。 
 
絶景探しの旅 - 絶景写真No.1647 雲仙 春の夜 (おしどりの池/長崎県 雲仙市)

雲仙 春の夜 (おしどりの池/長崎県 雲仙市)    Photo No.1647

夜の星空の風景を楽しみに訪れたおしどりの池の湖畔は静かで人影もなく、私一人が立っているだけです。 この夜は風もなく穏やかな湖面となっており、鏡のようになっています。 月光が湖畔に咲く満開の桜の木々を浮かび上がらせ、頭上には空から降りて来たようなオーロラのようなカーテン雲もあり、雲仙の春の夜を盛り上げてくれました。   (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  12mm f2.8 10s ISO800 WBマニュアル ハーフソフトフィルター

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/04/10 00:00 ]   長崎 | TB(-) | コメント(22)

月夜 (多摩川/東京都 昭島市)

多摩川の河原で見かけた大きな枯木を向きを変えて撮っています。 昼間にこの木を見つけたときに真っ先に頭にイメージしたのがこの方向からの星空の写真でした。 この場所までの道を記憶しておくとともに、月夜で足元も明るかったのですが、夜道の草むらを抜けますのでちょっと迷ってしまいました。 

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1621 月夜 (多摩川/東京都 昭島市)

月夜 (多摩川/東京都 昭島市)    Photo No.1621

暗くなってすぐにやって来たこともあって、お月様やオリオン座をいい位置に配置することが出来ました。 伸びる木の根をできるだけ入れようと構図の配置をしています。 それにしても横一方向に向かって随分伸びているものですね。 この木のあった場所の特殊性をうかがい知ることが出来ます。  (星空の風景)
 
SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  16mm f2.8 5s ISO800 ハーフソフトF(角)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/03/15 00:00 ]   東京(立川・北多摩) | TB(-) | コメント(26)

夜明け前の三浦海岸の風景 (神奈川県 三浦市)

先月ご紹介しました満開の河津桜と京急線を見に行った時の1枚です。 桜の撮影前に暗いうちから神奈川県三浦市の金田湾に臨む三浦海岸に到着です。 この日の最初のお目当てはこちらの岩礁と夜明け前の星空の風景でした。 砂と波対策のために長靴に履き替え、砂浜を歩きながら波打ち際に向かいます。 

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1617 夜明け前の三浦海岸の風景 (神奈川県 三浦市) (神奈川県 三浦市)

夜明け前の三浦海岸の風景 (神奈川県 三浦市)    Photo No.1617

東の空の水平線には対岸の千葉県の房総半島と夜明けの赤い光、そして空の低い場所に横たわる冬の天の川が綺麗に見えます。 超広角レンズで星空と岩礁を撮影するために波打ち際ギリギリのところに三脚をセットし撮影を始めます。 干潮から満潮に向かって徐々に潮が戻って来ているために、波が砂を流し三脚の足を動かしてしまうこともあり、少しずつ後退しながらの撮影となりました。  (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  12mm f2.8 10s ISO3200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/03/11 00:00 ]   神奈川(横浜・東部) | TB(-) | コメント(24)

月明かりの本栖湖 (山梨県 身延町)

昨夜の地震は久しぶりの大きなもので揺れの時間がとても長く感じました。 揺れの中で、これ以上大きな揺れが来ないようにと祈りながらの恐怖の時を過ごしました。 おかげさまで、しばらくして揺れも収まり、今のところ大した被害はないようです。 東北地方の皆さんのご無事をお祈り申し上げます。

昨年12月31日の夜明けがもうそこまで来ている本栖湖の風景です。 西湖での撮影の後、精進湖で数枚撮ってこちらにやって来ました。 月の明かりを受けて肉眼でも辺りの様子がよく見えます。 こちらの場所は静岡方面からのアクセスも良いことから関西ナンバーの車も多く、東西の人たちが交わって撮影をしているというスポットです。 

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1592 月明かりの本栖湖 (山梨県 身延町)

月明かりの本栖湖 (山梨県 身延町)    Photo No.1592

月明かりに照らされ、富士山の姿もきれいに見える本栖湖畔の眺めです。 富士山の絶景が楽しめるということもあり、年末の真冬の氷点下の中でも眼下の湖畔のキャンプ場はにぎわっているようです。 こちらの展望所には2020年最後の日の出を見ようとする人々がすでに集まり始めています。 夜明けも近くいこともあり、冷えっぷりも半端なく、思わず口がガチガチするほどで、車に入って暖まり、また外に出て撮影を繰り返しています。   (富士山のある風景) (星空の風景)
 
SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  24mm f4 13s ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/02/14 00:00 ]   山梨(富士五湖) | TB(-) | コメント(24)

西湖の夜 (山梨県 富士河口湖町)

昨年12月31日の夜明け前に、富士五湖のうち遠く離れた山中湖を除く、4湖と富士山の風景を撮り歩きました。 河口湖、西湖、精進湖、本栖湖の順番に回りましたが、そのうち河口湖の風景はすでに20日ほど前にご紹介させていただきました。 今回の富士山編はその次の西湖から続けたいと思います。 通常、この時間帯のカメラマンの数は圧倒的に本栖湖で、西湖で撮影者を見かけることほとんどありません。 そんなこともあってこちらは私一人の贅沢な時間を過ごさせていただきました。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1591 西湖の夜 (山梨県 富士河口湖町)

西湖の夜 (山梨県 富士河口湖町)    Photo No.1591

西湖の最も西の外れの湖畔からの眺めです。 この夜は月明かりに浮かび上がった富士山頂や、ようやく積もり始めた冠雪が吹き飛ばされている様子が間近に眺められると言う見たことのないような夜の風景魅了されています。 この日に出動を決意し、やって来ることが出来て本当によかったと思っています。 撮影時の外気温は氷点下7~8℃か、それよりももっと寒かったかような記憶がありますが、1枚撮ったらもう1枚、さらにもう1枚と寒さも忘れ、こちらの現場でつい長時間撮影を続けてしまいました。   (富士山のある風景)(星空の風景)
 
SONY α7RⅢ FE 20mm F1.8 G  20mm f2 5s ISO800 WBマニュアル ソフトクリアF

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/02/13 00:00 ]   山梨(富士五湖) | TB(-) | コメント(24)

きぼう 国際宇宙ステーション ISS の流れる空 (小宮公園/東京都 八王子市)

昨夜は誰もいない公園の高台の原っぱで星空を流れて行く宇宙飛行士の野口聡一さんの滞在する国際宇宙ステーション/きぼう(ISS)を狙いました。 この日の情報では、若狭湾上空から伊勢湾上空を通過することになっています。 金沢で18:32(西南西)、東京で18:33(南南西)に通過して行く様子が見られるとの情報です。 飛行機でも40分ほどの距離がたった1分かと思うとすさまじい速さで地球を回っているのだなと改めて認識です。 

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1585 きぼう 国際宇宙ステーション ISS の流れる空 (小宮公園/東京都 八王子市)

きぼう 国際宇宙ステーション ISS の流れる空 (小宮公園/東京都 八王子市)    Photo No.1585

情報通りに南南西の空を眺めていると、ぴったりの18:33に明るく輝く宇宙ステーションが頭上を流れてきました。 感動でいっぱいの中で思わず、「野口さん、頑張ってくださ~い。」とエールを送ってしまいました。 野口さんのように宇宙ステーションから地球や宇宙の風景を一度でいいからこの目で見てみたいものですよね。 この写真では右上から左下に向かってISSが移動しています。   (星空の風景)
 
SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  12mm f2.8 20sX4枚 ISO200  比較明合成(タイマー連写)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/02/07 00:00 ]   東京(八王子中央) | TB(-) | コメント(26)

銀河を航行する宙船 Fuji (河口湖/山梨県 富士河口湖町)

米国のSFドラマシで、スタートレックシリーズの第2作「新スタートレック ネクスト・ジェネレーション」というTVプログラムがありましてよく見ていました。 1つの回に2つの話が盛り込まれることが多く、それが絡み合って視聴者を飽きせない構成となっており、とても楽しめました。 その中で、治療方法がない伝染病が宇宙船内で蔓延したりするという話がありまして、とても恐怖に感じました。 今は新型ウィルスが地球という宇宙船全体に蔓延していて、この先いったいどうなるのか、まるでTVドラマを見ているようです。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1552 銀河を航行する宇宙船 Fuji (河口湖/山梨県 富士河口湖町)

銀河を航行する宇宙船 Fuji (河口湖/山梨県 富士河口湖町)    Photo No.1552

冠雪がなくなった頃の富士山と星空の風景です。 さて写真を撮ろうと車のトランクを開ければ、あるはずの三脚がなく焦りました。 いつもは2セットは積んでいるのですが、手入れをした後に車に戻すのを忘れていました。 風がなく湖面が穏やかな素晴らしいチャンス時にそれはないよという感じです。 はるばる車で1時間かけてやって来ましたのであきらめるのももったいないということで、湖畔から顔を出した小さな岩の上にカメラバッグを置き、その上にカメラを置いての撮影です。 上下左右位置合わせはもちろんのこと、この写真は縦撮りとしたく四苦八苦でした。 その甲斐あって、まるで銀河を行く宇宙船のような1枚となりました。 最初の話に戻りますが、スタートレックにはエンタープライズ号と同じ最大級の宇宙船 U.S.S.Yamato号も登場しました。   (星空の風景) (富士山のある風景)

SONY α7RⅢ FE 20mm F1.8 G  30mm相当(APS-Cモード) f1.8 25s ISO800 ソフトクリアF

新年も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/01/05 00:00 ]   山梨(富士五湖) | TB(-) | コメント(30)

新永吉の棚田の夜 (鹿児島県 指宿市)

夜明け前の鹿児島・指宿の池田湖畔の新永吉の棚田と開聞岳の1枚です。 朝早く起き、やって来ました。 この棚田へは道が細く、通行規制がかかる明かりもない崖沿いの道を通ってと、やって来るのも大変でした。 それらしき場所に到着も辺りは真っ暗闇で肝心の棚田も見えません。 足元に大きな石碑がありまして、懐中電灯の灯りに照らして見れば、こちらのお米は平成13年9月に天皇陛下に献上されたとありました。 まずは石碑の前で撮影をしながら辺りの様子を知ることからのスタートでした。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1541 新永吉の棚田の夜 (鹿児島県 指宿市)

新永吉の棚田の夜 (鹿児島県 指宿市)    Photo No.1541

とにかく崖に囲まれたような場所ということもあり、辺りは真っ暗闇です。 開聞岳と池田湖は認識できるものの肝心の棚田が肉眼で見えません。 SONYのαの特徴であるブライトモニタリング機能を使い大まかな構図を決め、1枚撮っては位置の微調整をしながらの撮影です。 最終的には三脚を1番高くまで伸ばし頭上にカメラを置いての撮影となりました。 長時間露光により、池田湖の対岸から届く微かな赤い光が描く新永吉の棚田の姿をカメラが見せてくれました。 今回はあまりの光のなさに撮影ができるのか不安なものがありましたが、何とか撮影できたという感じです。  (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 20mm F1.8 G  30mm相当(APS-Cモード) f1.8 13s ISO3200 ソフトクリアF

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/12/25 05:00 ]   鹿児島 | TB(-) | コメント(24)

神秘的な池田湖の月夜 (鹿児島県 指宿市)

指宿市内から山道を車で走って登って行けば大きな湖が現れます。 九州最大の湖で池田湖と言います。 調べてみれば、とても不思議な湖で驚きます。 Wikipediaによりますと、湖面の標高は66m、深さは233mということで、山の上にあるのに、湖底は海抜マイナス167mとなっています。 さらに湖底には高さ約150mの湖底火山があるとのことです。 

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1540 神秘的な池田湖の月夜 (鹿児島県 指宿市)

神秘的な池田湖の月夜 (鹿児島県 指宿市)    Photo No.1540

湖面の向こうに見えるのは開聞岳(924m)です。 誰もいない、夜の静まり返った池田湖畔の「おこへた展望所」から撮影を行っています。 この湖面の下に湖底火山が沈んでいると思うととても不思議に感じます。 今回は池田湖の夜の風景を青色基調とすることでその神秘さを表現してみました。  (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 20mm F1.8 G  20mm f1.8 8s ISO800 WBマニュアル ソフトクリアF

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/12/24 00:00 ]   鹿児島 | TB(-) | コメント(28)

指宿の星空を眺めながら (鹿児島県 指宿市)

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1539 指宿の星空を眺めながら (鹿児島県 指宿市)

指宿の星空を眺めながら (鹿児島県 指宿市)    Photo No.1539

ちょっと一息、ブレイクタイムの1枚です。 夜も深くなりました。 東の空の雲がどんどん流れて行き、やがてきれいな星空が顔を出しました。 しばらくの間、指宿での星空を堪能します。    (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 20mm F1.8 G  30mm(APS-Cモード) f1.8 6s ISO1600 WBマニュアル ソフトクリアF

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/12/23 00:00 ]   鹿児島 | TB(-) | コメント(22)

輝くオリオン座と冬の大三角形 (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)

高ボッチ高原での一番メインの撮影場所と言えば富士山と諏訪湖の風景です。 いつもですと諏訪市の街並みの上にうっすらとベールがかかった幻想的な風景が楽しめたりしますが、この日はベールがとても薄く街灯りがそのまま飛び込んでくる難しい撮影条件となりました。 この時間は車で皆さん眠っていらっしゃるようで、隙間なくずらりと場所確保の三脚の隙間をお借りして、撮影を楽しみます。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1510 輝くオリオン座と冬の大三角形 (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)

輝くオリオン座と冬の大三角形 (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)    Photo No.1510

街灯りの中の黒い部分が諏訪湖となります。 夜中の2時30分過ぎとなり、天の川が縦になり、それをはさむようにオリオン座、冬の大三角形が輝く、最高の時間帯を迎えました。 オリオン座の黄色く輝くペテルギウスを頂点に下方に大きな明るい星が2つあり、それらを結べば冬の大三角形となります。 手前のススキには誰かが足元を照らした懐中電灯の明かりが入り、効果的な表現につながりました。  (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 20mm F1.8 G  20mm f1.8 10s ISO1600 プロソフトン クリア (W)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/24 00:00 ]   長野 | TB(-) | コメント(28)

北斗七星 (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)

ここ数日の季節外れの高い温度のために、少し前までの寒さをもう忘れている人も多いのではないかと思います。 私が高ボッチ高原を訪れたのはちょうど寒さが厳しい頃で、登るためにスタッドレスタイヤが必要なのでは思っていたくらいです。 秋から冬の高ボッチ高原の夜はすでに激寒で氷点でレンズに霜が付くような環境でした。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1509 北斗七星 (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)

北斗七星 (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)    Photo No.1509

そんな高ボッチ高原では見事な星空の風景が頭上に広がっています。 北側の山々の空を見れば、北斗七星が輝きます。北斗七星は柄杓のような形がわかりやすく、北極性を探す目印に使っている方も多いのではと思います。この日、この時間の北斗七星はまるで「?」のような向きでその存在感を示していました。  (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 20mm F1.8 G  20mm f1.8 15s ISO3200 プロソフトン クリア (W)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/23 00:00 ]   長野 | TB(-) | コメント(34)

高原の夜 (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)

長野県の高ボッチ高原に行って来ました。 山の天気は変わりやすいと言うこともあり、天気予報で晴れが連続して続く日の真ん中を狙って行くようにしています。 今年はとにかく週末の天気が悪くなかなか高ボッチ高原に行く機会がありませんでしたが、秋も深くなりようやくといった感じです。 さっそく、高ボッチ高原に向かいます。 狙いは明け方の富士山と諏訪湖の風景ですが、こちらの星空もなかなか素晴らしく深夜の到着となるように出発しました。 到着してみれば、深夜にも関わらず、私の経験の中での最高値の人出で驚きです。 皆さん、晴れの週末を待っていたようです。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1508 高原の夜 (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)

高原の夜 (高ボッチ高原/長野県 岡谷市)    Photo No.1508

ようやく着いた高ボッチ山の頂上に立ちます。 空には雲もなく満天の星空の風景が続きます。 いつも満天の星を見れば人生が変わるような思いになれますが、この日も広く輝く星々に宇宙をしっかり感じ、小さな悩み事などどこかに吹っ飛びました。 ランドマークの電波塔を入れての天の川の撮影を開始します。 天の川にはカシオペア座、その脇にはアンドロメダ星雲もしっかりと確認できます。 先日、宇宙に飛び出した野口さんは銀河の星空を眺めながら様々な実験に取り組んでいることでしょうね。 今年から使い始めたソフトクリアフィルターですが、かなり使い勝手がよく、私的にはとてもお役立ちと判断しています。  (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 20mm F1.8 G  20mm f1.8 15s ISO3200 プロソフトン クリア (W)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/22 00:00 ]   長野 | TB(-) | コメント(22)

星がまたたく戦場ヶ原の風景 (栃木県 日光市)

栃木・奥日光 戦場ヶ原を背に男体山と星空の風景を撮っています。 奥に見えるのは男体山です。 やさしい紳士のような中禅寺湖側からの姿に対してこちらはがっちりとした力強いまさに男体山というにふさわしい姿に見えます。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1496 星がまたたく戦場ヶ原の風景 (栃木県 日光市)

星がまたたく戦場ヶ原の風景 (栃木県 日光市)    Photo No.1496

月明かりに照らされる男体山の上にちょうどふたご座とオリオン座が輝いています。 そろそろ23時30分になります。 明日はお楽しみの風景を楽しみに行く予定になっています。 これからホテルの温泉に浸かって今日の疲れを取って休みたいと思います。   (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 20mm F1.8 G  20mm f1.8 6s ISO800 ソフトクリアF

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/10 00:00 ]   栃木 | TB(-) | コメント(28)

月夜に流れる竜頭の滝 (栃木県 日光市)

栃木県・奥日光には、華厳ノ滝、竜頭ノ滝そして、湯滝の名瀑三滝と呼ばれる滝があります。 今回は夜の湯滝と竜頭の滝を訪問したのですが、そのうちの竜頭の滝の1枚をご紹介したいと思います。 遊歩道を下って滝のそばまでやって来ました。 月明かりに照らされた竜頭の滝を滑り落ちるように水が流れて行きます。 

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1495 月夜に流れる竜頭の滝 (栃木県 日光市)

月夜に流れる竜頭の滝 (栃木県 日光市)    Photo No.1495

撮影も完了し、元来た道を登って帰ろうとすれば、山側の柵のすぐ向こうに低くて大きな影が逃げ去りました。 その黒い影は子熊のように見えました。 こちらの様子をうかがっていたのかも知れません。 いずれにせよ、月明かりによって相手もこちらの動きが見やすく逃げてくれたようです。 いつもは夜の撮影時は辺りを警戒して対応しているのですが、奥日光は人出も多いエリアなのでつい油断していました。 調べてみたら、この場所でもつい1週間前の昼間に熊の目撃情報があったようでした。 今年の秋も断続的に目撃情報が寄せられているようなので、奥日光を楽しまれる方は用心して散策なされてください。 (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  12mm f2.8 10s ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/09 00:00 ]   栃木 | TB(-) | コメント(28)

中禅寺湖の夜 (栃木県 日光市)

栃木県日光市の奥日光にある大きな湖、中禅寺湖の湖畔に立っています。 約2万年前の男体山(2,486m)の噴火によってできたとも言われています。中禅寺湖からの男体山の眺めはとても最高でして、この日はほぼ満月ということもあり、その光で浮き上がる男体山と中禅寺湖の夜景を楽しみにやって来ました。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1494 中禅寺湖の夜 (栃木県 日光市)

中禅寺湖の夜 (栃木県 日光市)    Photo No.1494

昼間は多くの人々でにぎわう中禅寺湖の湖畔も夜の21時を回りひっそりとしています。 一人じっくりと月の光に照らされる夜の中禅寺湖と男体山の星空の風景を楽しんでいます。  (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  12mm f2.8 5s ISO800 ハーフソフトF

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/08 05:00 ]   栃木 | TB(-) | コメント(20)

秋に燃ゆる中禅寺 (栃木県 日光市)

栃木県日光市の奥日光と言われるエリアからです。 湯ノ湖で夜景の撮影を行った後にやって来たのは中禅寺湖畔です。 ちょうど湖畔に中禅寺がありまして、そちらの境内の建物を下方から見上げるように撮った1枚です。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1493 秋に燃ゆる中禅寺 (栃木県 日光市)

秋に燃ゆる中禅寺 (栃木県 日光市)    Photo No.1493

中禅寺湖の駐車場から上を見上げるとお月様の光に照らされる中禅寺の建物や紅葉が浮き出しています。その時にちょうど私と中禅寺の間を走る車のライトが手前のススキに光を当てながら走って行ったのを見てひらめき、撮影開始です。 車がやって来るのに合わせてシャッターを切ります。 何枚か撮影していると強力な黄色い光を放つフォグランプの車が横切ってくれまして、こちらがその1枚となります。 ススキの揺れで 秋の風の様子も取り込め面白い作品になったのではと思います。  (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  54mm f2.8 4s ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/07 00:00 ]   栃木 | TB(-) | コメント(22)

奥日光 湯ノ湖畔の夜 (栃木県 日光市)

秋から冬への奥日光の風景を楽しもうと栃木県日光市にやって来ました。 奥日光の群馬県境からも近い湯ノ湖湖畔に立っています。 この日はいろは坂の群馬の渋滞を避けるために沼田IC経由で日光に向かいました。 夕方くらいに峠を越え、奥日光に入って来たのですが、晴れの予報が、西高東低の気圧配置の境目に入ったらしく、初雪に出会ってしまいました。 ノーマルタイヤなので正直焦りましたが、積もるほどには至らずひと安心でした。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1492 奥日光 湯ノ湖畔の夜 (栃木県 日光市)

奥日光 湯ノ湖畔の夜 (栃木県 日光市)    Photo No.1492

雲が流され雪も止みましたが、この日は氷点下の風が強く湖畔を強い風がビュウビュウと吹き木の枝がすごい勢いで揺れ続けます。 ようやく風が落ち着くのを待って撮った1枚です。 満月になろうとしている月がが辺りを明るく照らしてくれています。  峠道を走る車の光が湯ノ湖の湖面に映り込みます。  (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 20mm F1.8 G  20mm f1.8 6s ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/11/06 06:00 ]   栃木 | TB(-) | コメント(26)

芦ノ湖に広がる星空 (神奈川県 箱根町)

芦ノ湖の湖畔で星空を眺めています。 西の空に夏の大三角形や白鳥座が見られる頃です。 気が付けば雲が流れて来るなど微妙な状況となっていますが、私的にはそれよりも富士山の近くにある少々薄汚れたような雲の存在が悔しくて仕方がありませんでした。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1464 芦ノ湖に広がる星空 (神奈川県 箱根町)

芦ノ湖に広がる星空 (神奈川県 箱根町)   Photo No.1464

いいタイミングで流れ星が入ってくれました。 時期的にペルセウス座流星群の頃です。 流れ星が消えるまでに願い事を三回唱えると叶うという話がありますが、いつも一瞬で3回も願っている時間などありません。 もし今願えるならば、「毎週末に晴れますように。」X3です。 今週末にかけてまたも台風がやって来そうで気が滅入ります。   (富士山のある風景) (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 24mm F1.4 GM  24mm f1.4 10s ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/10/09 00:00 ]   神奈川(北部・西部) | TB(-) | コメント(28)

蒼い芦ノ湖の風景 (神奈川県 箱根町)

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1463 蒼い芦ノ湖の風景 (神奈川県 箱根町)

蒼い芦ノ湖の風景 (神奈川県 箱根町)   Photo No.1463

この日の芦ノ湖の空は雲も少なくなかなかきれいな空が広がっています。 ただ、残念なことに富士山の前を薄雲が遮っています。 ホワイトバランスを調整して青味を引き上げることで、画面を引き締めるとともに、孤独感や静寂感などの空気感を表現してみました。  (富士山のある風景)(星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 24mm F1.4 GM  24mm f1.4 10s ISO400 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/10/08 00:00 ]   神奈川(北部・西部) | TB(-) | コメント(26)

鏡の芦ノ湖 (神奈川県 箱根町)

久しぶりに箱根・芦ノ湖にやって来ました。 芦ノ湖(あしのこ)は箱根山のカルデラ湖だとのです。 こちらは神奈川県最大の湖とのことです。 しかしながら、水利権は神奈川県側になく、静岡県にあるそうです。 理由は江戸時代に現在の静岡県裾野市にあたる、駿河国の名主・大庭源之丞が用水路を完成させて静岡側に水を引いたことによるような記述がありました。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1462 鏡の芦ノ湖 (神奈川県 箱根町)

鏡の芦ノ湖 (神奈川県 箱根町)   Photo No.1462

芦ノ湖畔に立っています。 この日の芦ノ湖は水面に星が落ちるほど湖面が穏やかで鏡のようです。 まずはこの落ちた星を拾おうと湖面の撮影を開始です。   (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 24mm F1.4 GM  24mm f1.4 10s ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/10/07 00:00 ]   神奈川(北部・西部) | TB(-) | コメント(28)

名蔵湾と星空 (沖縄県 石垣島)

あいにくの雲に空を覆われてしまった石垣島です。 川平湾を撮影した後に、石垣島の市内中心部に戻るために通過の名蔵湾沿いの道に差し掛かりました。 名蔵湾は石垣島で最も大きい湾であるとともにラムサール条約にも登録された湿地帯が広がっている場所です。 こちらでも星空を楽しみたいと思っていたのですが、残念な気持ちでいたら、空にぽっかりと隙間が開いて、星々が輝いている風景が目に飛び込んできました。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No. 1401 名蔵湾と星空 (沖縄県 石垣島)

名蔵湾と星空 (沖縄県 石垣島)    Photo No.1401

もう少し名蔵湾の風光明媚な場所に移動したいとの気持ちに誘われますが、こちらでの撮影を済ませてからと撮影準備を始めます。 撮れるうちに撮っておくという、そんな判断もよく、この後のわずかな時間の後には、星々は再び流れてくる雲の中にその姿を隠してしまいました。   (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 16-35mm F2.8 GM  22mm f2.8 20s ISO3200 ハーフソフトF(角)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/08/07 00:00 ]   沖縄(石垣島) | TB(-) | コメント(24)

空を切り裂く青いライトセーバー (サザンゲートブリッジ/沖縄県 石垣島)

引き続き、石垣島と埋立地を結ぶサザンゲートブリッジからです。 しばらく赤くライトアップされていた橋ですが、時間とともに、燃えるような赤い色がクールなブルーに変わりました。色が変わると橋の印象も随分変わって見えます。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No. 1399 空を切り裂く青いライトセーバー (サザンゲートブリッジ/沖縄県 石垣島)

空を切り裂く青いライトセーバー (サザンゲートブリッジ/沖縄県 石垣島)    Photo No.1399

赤い光の時はその燃えるような色から永遠の命、火の鳥のイメージを感じたのですが、青い光になると、今度はあのブーンといったような音まで聞こえてきそうな、スター・ウォーズのジェダイの剣 ライトセーバー をすぐに思い描きました。 そんな印象もあって、今日はまるで宇宙映画のポスターのようにも感じる1枚となりました。  (星空の風景)
 
SONY α7RⅢ FE 16-35mm F2.8 GM  16mm f8 13s (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/08/05 00:00 ]   沖縄(石垣島) | TB(-) | コメント(22)

赤い火の鳥が舞うサザンゲートブリッジ (沖縄県 石垣島)

石垣島には埋立地があり、そちらの埋立地には町名が付いていまして“南ぬ浜町”と言います。 読みは“ぱいぬはまちょう”です。 南=pai(パイ)って、どうしたらそう読むのか不思議ですね。 石垣島の市内とその埋め立て地「南ぬ浜町」を結ぶのが、こちらのサザンゲートブリッジです。 訪問した時には、ちょうど、手前の橋桁にプロジェクトマッピングのテスト上映の映し込みも行われていてカラフルな模様も見ることが出来ました。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No. 1398 赤い火の鳥が舞うサザンゲートブリッジ (沖縄県 石垣島)

赤い火の鳥が舞うサザンゲートブリッジ (沖縄県 石垣島)    Photo No.1398

昼間の青空を見れば、夜の星空への期待が高まります。 夜の21時になり、星空とサザンゲートブリッジのライトアップを楽しもうと橋のたもとにやって来ました。 この日は空気中に水分の粒子が多いようで、橋を照らすライトの輝きから発せられた光の筋が天に伸び、それはまるで火の鳥が橋の上で舞っているようにも見えます。 光のラインにはオリオン座が重なっています。  (星空の風景)
 
SONY α7RⅡ FE 12-24mm F4 G  12mm f11 13s ISO400 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/08/04 00:00 ]   沖縄(石垣島) | TB(-) | コメント(20)








FC2 Management