桜の小径 (八木崎公園/山梨県 富士河口湖町)

山梨県・河口湖畔の八木崎公園での星空と桜の撮影を楽しみます。 大きな桜の木の枝が広がる小径を入れての星空の1枚です。 背景にちょっぴり河口湖を入れ込みます。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1654 桜の小径 (八木崎公園/山梨県 富士河口湖町)

桜の小径 (八木崎公園/山梨県 富士河口湖町)    Photo No.1654

こちらの八木崎公園には約100本のソメイヨシノが植林されていまして、この小径沿いにもずらりと桜の木々が並びます。 そんな中で、選んだのがこちらの桜です。 2本の桜が並んでまるで1本の桜のようにも見えます。  (桜の咲く風景) (星空の風景) 

SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  12mm f2.8 10s ISO3200 WBマニュアル ハーフソフトフィルター

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/04/17 00:00 ]   山梨(富士五湖) | TB(-) | コメント(9)

桜と北斗七星 (八木崎公園/山梨県 富士河口湖町)

山梨県・河口湖畔の八木崎公園からの1枚です。 富士山にガスがかかっていることから、気を取り直して河口湖側に向かって桜と星空の撮影を行います。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1653 桜と北斗七星 (八木崎公園/山梨県 富士河口湖町)

桜と北斗七星 (八木崎公園/山梨県 富士河口湖町)    Photo No.1653

ちょうど北西の空には北斗七星が輝いていましたので、これを活かそうと縦構図とし桜と組み合わせての作品としてみました。 穏やかな湖畔の春の夜のひと時が表現できたのではと思います。  (桜の咲く風景) (星空の風景) 

SONY α7RⅢ FE 20mm F1.8 G  20mm f1.8 13s ISO1600 ソフトクリアフィルター

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/04/16 00:00 ]   山梨(富士五湖) | TB(-) | コメント(22)

富士山の見える桜の公園 (八木崎公園/山梨県 富士河口湖町)

この前の週末は山梨県・河口湖畔の八木崎公園に行ってきました。 いつもは南側の湖畔に出かけているのですが、北側にある八木崎公園の桜がとにかく見事だと教えていただき、夜の撮影をしようとこちらにすっ飛んできたという次第です。 私がよく活用する日本気象協会のお天気アプリでは、この日の河口湖の星空指数は80%と言うことで、星空と富士山、夜桜の風景が楽しめそうだと期待感いっぱいでの訪問でした。 

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1652 富士山の見える桜の公園 (八木崎公園/山梨県 富士河口湖町)

富士山の見える桜の公園 (八木崎公園/山梨県 富士河口湖町)    Photo No.1652

しかしながら、八木崎公園に着くと富士山の辺りがガスっていまして、目の前にあるはずの大きな富士山がいったいどこにあるのか目視ではまったく認識できない状態でした。  こうなるとカメラとレンズの高感度性能に頼るしかありません。 当たりをつけて撮影を開始します。 何枚か撮っていると、ほんの一瞬、ガスが薄くなった瞬間があり、カメラのイメージセンサーが見事に富士山の影を捉えてくれました。 ファインダー越しに富士山の薄い影を見ながら構図を素早く調整しシャッターを切ります。 ほんの数枚のシャッターを切ったところで再び富士山の姿が消えてしまいました。 星空指数の20%星空が隠れる部分が一番肝心な部分に重なってしまったようです。 夜中にはるばる高速に乗ってやって来たということもありとても複雑な気分でした。  (桜の咲く風景) (富士山のある風景) (星空の風景) 

SONY α7RⅢ FE 20mm F1.8 G  20mm f1.8 4s ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/04/15 00:00 ]   山梨(富士五湖) | TB(-) | コメント(22)

夜明け前の雲仙岳・平成新山 (しまばら火張山花公園/長崎県 島原市)

長崎県島原市の「しまばら火張山花公園」の桜と星空の風景からはこれが最後の1枚となります。 こちらは雲仙岳の山々のうちでも特徴的な形を見せている「平成新山」です。 1990年(平成2年)におよそ200年ぶりに噴火、その後5年に渡って、ねばり気の強いデイサイトマグマが、火山の上に盛り上がってできた溶岩ドームの山とのことです。 

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1651 夜明け前の雲仙・平成新山(しまばら火張山花公園 長崎県 島原市)

夜明け前の雲仙岳・平成新山 (しまばら火張山花公園/長崎県 島原市)    Photo No.1651

今は何事もなかったかのように、桜と星空の静けさ漂う風景を見せる平成新山(1483m)ですが、噴火時には溶岩ドームがどんどん成長して行き、それに伴い幾度かの崩落を繰り返し続け、その崩落の際の火砕流により、多くの人命と民家や田畑が奪われて行ったとのことです。 現在は噴火も収まり、2006年(平成16年)には国指定の天然記念物に指定されました。 (桜の咲く風景)  (星空の風景) 

SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  14mm f2.8 10s ISO1600 ハーフソフトフィルター

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/04/14 00:00 ]   長崎 | TB(-) | コメント(22)

天の川かかる島原・眉山 (しまばら火張山花公園/長崎県 島原市)

長崎県島原市の「しまばら火張山花公園」の外から桜と星空の風景を撮らせていただいています。 公園名に付く火張山(ひばるやま)の名称は、この辺りの別称で、200年前の噴火の時に、ここにあった番所で役人が火の様子を見張っていたことにちなんでいるそうです。 この公園から見える山々は、眉山(まゆやま)、平成新山、雲仙普賢岳などです。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1650 天の川かかる島原・眉山 (しまばら火張山花公園/長崎県 島原市)

天の川かかる島原・眉山 (しまばら火張山花公園/長崎県 島原市)    Photo No.1650

こちらは眉山(まゆやま)と星空の風景となります。 桜が綺麗で改めていい時期にやって来れたものだと思います。 向きは前回の作品のちょうど背中側になります。 こちらの眉山の山頂にかかる天の川がまるで噴煙のようにも見え、面白く感じながらの撮影となりました。  (桜の咲く風景)  (星空の風景) 

SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  12mm f2.8 10s ISO1600 ハーフソフトフィルター

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/04/13 00:00 ]   長崎 | TB(-) | コメント(26)

朝へと続く桜の道 (しまばら火張山花公園/長崎県 島原市)

早起きして朝の風景を楽しもうと島原の東の海へと移動します。 途中、桜並木がきれいな「しまばら火張山花公園」の脇を通りました。 こちらは雲仙普賢岳噴火災害時に市民を守るため指定された砂防指定地を活用し、島原の観光地として平成24 年(2012年)につくられた公園とのことです。 公園の入り口の前に桜並木が続いていますので、普賢岳や桜と星空の風景を撮影しようと思います。  

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1649 朝へと続く桜の道 (しまばら火張山花公園/長崎県 島原市)

朝へと続く桜の道 (しまばら火張山花公園/長崎県 島原市)    Photo No.1649

「しまばら火張山花公園」は雲仙普賢岳噴火災害時に市民を守るため指定された砂防指定地を活用し、島原の観光地として平成24 年(2012年)につくられた公園とのことです。 公園内では、四季を通じて様々な花が楽しめるそうです。 公園の外ですらこのような素晴らしい風景を見ることが出来ますので、公園内もさぞかし素晴らしいのではと思います。 次に島原に来ることがあれば、公園内の花畑で咲き誇る花々と雲仙普賢岳の風景を楽しんでみたいと思います。  (桜の咲く風景) (星空の風景) 

SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  12mm f2.8 20s ISO1600 ハーフソフトフィルター

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/04/12 00:00 ]   長崎 | TB(-) | コメント(24)

妖雲 (仁田峠/長崎県 雲仙市)

長崎県雲仙市・仁田峠付近での夜景の1枚です。 薄い雲が月にかかり、日暈ならぬ、月暈がおぼろげに見えます。 枯れ枝にかかる雲の様子がまるで妖雲のように感じます。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1648 妖雲 (仁田峠/長崎県 雲仙市)

妖雲 (仁田峠/長崎県 雲仙市)    Photo No.1648

峠道で面白い場所を見かけましたので車を停めます。 月明かりに辺りが照らされます。 いつものことながら車もあまり通らず、誰もいない場所で撮る特別な夜の風景の撮影を楽しみます。

SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  13mm f2.8 20s ISO800 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/04/11 00:00 ]   長崎 | TB(-) | コメント(20)

雲仙 春の夜 (おしどりの池/長崎県 雲仙市)

長崎県雲仙市と言えば、雲仙温泉が有名ですが、今回はこちらでゆっくりと日々の疲れを取ろうとやって来たのです。 疲れも取れ、元気回復となれば、いつものように夜の風景を楽しみに出かけます。 まずやって来たのがこちらの雲仙温泉エリアの地図上のランドマークとなっている 「おしどりの池」 です。 
 
絶景探しの旅 - 絶景写真No.1647 雲仙 春の夜 (おしどりの池/長崎県 雲仙市)

雲仙 春の夜 (おしどりの池/長崎県 雲仙市)    Photo No.1647

夜の星空の風景を楽しみに訪れたおしどりの池の湖畔は静かで人影もなく、私一人が立っているだけです。 この夜は風もなく穏やかな湖面となっており、鏡のようになっています。 月光が湖畔に咲く満開の桜の木々を浮かび上がらせ、頭上には空から降りて来たようなオーロラのようなカーテン雲もあり、雲仙の春の夜を盛り上げてくれました。   (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  12mm f2.8 10s ISO800 WBマニュアル ハーフソフトフィルター

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/04/10 00:00 ]   長崎 | TB(-) | コメント(22)

長崎に日が沈む (長崎県 雲仙市)

長崎・島原半島の吹越峠から見える海の向こうに見えるのは長崎市のある長崎半島だと思われます。 思いがけないところから海の向こうに沈む夕陽の風景を眺めることになりました。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1640 長崎に日が沈む (長崎県 雲仙市)

長崎に日が沈む (長崎県 雲仙市)    Photo No.1640

空とお日様の色が刻一刻と変化して行きます。 山々の合間から見える長崎の夕暮れ時はとても素晴らしく、時の経つのも忘れてシャッターを押し続けていました。

SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  24mm f8 1/250 (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/04/03 00:00 ]   長崎 | TB(-) | コメント(18)

吹越峠からの夕日の眺め (長崎県 雲仙市)

長崎県島原市の有明の森フラワー公園を出発し、国道389号線を利用して雲仙市の雲仙温泉に向かって車を走らせます。 山道をどんどんと登りながら島原半島の中央部辺りにやって来ました。 峠の吹越トンネルを抜けた場所からの眺めが素晴らしく、こちらの場所に立ち止まり山々の隙間から見える橘湾とその向こうの長崎市の陸地の見える風景を楽しみました。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1639 吹越峠からの夕日の眺め (長崎県 雲仙市)

吹越峠からの夕日の眺め (長崎県 雲仙市)    Photo No.1639

島原半島の中央部の峠道からまさかこのような海の風景を見ることが出来るとは想像していませんでした。 地図で調べてみれば、島原半島の中心点から真西に一直線上に山々の隙間ができている場所があります。 どうもそのスポットがここのようです。 この特等席からしばらく夕陽のショーを楽しもうと思います。

SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  13mm f8 1/160 (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/04/02 00:00 ]   長崎 | TB(-) | コメント(20)

雲仙普賢岳の見える公園 (有明の森フラワー公園/長崎県 島原市)

長崎県島原市の「有明の森フラワー公園」からです。 こちらの公園は丘陵地帯にあり、有明海や雲仙普賢岳と花のある風景が見えるのが特徴的です。 遠くに見える山が雲仙普賢岳となります。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1638 雲仙普賢岳の見える公園 (有明の森フラワー公園/長崎県 島原市)

海の見える丘から (有明の森フラワー公園/長崎県 島原市)    Photo No.1638

菜の花畑と満開の桜並木の風景がとても清々しく感じます。 (桜の咲く風景)

SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  16mm f3.5 1/800 (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/04/01 00:00 ]   長崎 | TB(-) | コメント(30)

海の見える丘から (有明の森フラワー公園/長崎県 島原市)

長崎県島原市の海のそばの大三東駅(おおみさきえき)から、島原半島の内陸に入って行きます。 やって来たのは、四季を通じて公園がきれいな花で囲まれるという島原市の「有明の森フラワー公園」です。 こちらの公園の案内では、春は桜と菜の花、秋にはコスモスやサルビア、マリーゴールドなど四季折々の花の絨毯を見ることができるということで楽しみにしていました。 晴れた日には丘の上から有明海、海の向こうには阿蘇、そして後ろには雲仙普賢岳を眺望できる、とても美しいロケーションの公園です。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1637 海の見える丘から (有明の森フラワー公園/長崎県 島原市)

海の見える丘から (有明の森フラワー公園/長崎県 島原市)    Photo No.1637

夕暮れが近づき、斜めからの赤い光が公園に差し込みます。 原色の菜の花と満開の桜の花々、そしてきれいな青い空に青い海が気持ちがいい眺めです。 海の向こうには遠く熊本の大地も見えます。 平日の夕方ということもあり、パーク内には人は数人だけ。 実にいいタイミングでやって来ることが出来ました。 贅沢な眺めを独り占め気分です。 (桜の咲く風景)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  24mm f4 1/500 (-1) ISO100 PL

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/03/31 00:30 ]   長崎 | TB(-) | コメント(26)

黄色いハンカチと海の見える駅 (大三東駅/長崎県 島原市)

諫早湾干拓堤防道路を渡り、島原半島の有明海沿いの道を走ります。 目的地は有明海に臨む島原鉄道の大三東駅です。 「大三東駅」と書いて何と読むかわかりますでしょうか。 私的には「だいさんひがしえき」一択なのですが、正解は「おおみさきえき」と読みます。 九州には独特の読みがある地名が多い印象があります。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1636 黄色いハンカチと海の見える駅 (大三東駅長崎県 島原市)

黄色いハンカチと海の見える駅 (大三東駅/長崎県 島原市)    Photo No.1636

大三東駅(おおみさきえき)では、青い空と青い有明海、そして黄色い列車と幸せの黄色いハンカチの色の対比を楽しむことが出来ます。  こちらの風景は宮崎アニメ「千と千尋の神隠し」に出てきた海の中の駅のようだという声もあったりと、きれいな風景が楽しめる駅でした。  (鉄道のある風景) 

SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  12mm f3.5 1/250 (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/03/30 00:00 ]   長崎 | TB(-) | コメント(24)

諫早湾干拓北部排水門の風景 (長崎県 諫早市)

ここからは春の長崎の旅の風景をご紹介させていただこうと思います。 長崎県諫早市側にある諫早湾干拓北部排水門です。 閉門状態が続いているようですが、こちらは機会があれば、1度は目に入れておきたいと思っていまして、長崎空港に降り立った後、真っ先にこちらに立ち寄ってみました。 諫早湾干拓事業については過去からのニュースでご存じの方も多いかと思います。 また、これまでの経緯などはWikipediaにも「諫早湾干拓事業」という項目にまとめられていることから、目にした方もいらっしゃるのではと思います。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1635 諫早湾干拓北部排水門の風景 (長崎県 諫早市)

諫早湾干拓北部排水門の風景 (長崎県 諫早市)    Photo No.1635

見えているのは有明海の海面で、遠く向こうに見えるのは島原半島と三峰五岳と呼ばれる雲仙岳を構成する山々です。 潮受堤防に設けられた道路は諫早湾干拓堤防道路(雲仙多良シーライン)として走行可能で、対岸までの海と干拓地を分けるように伸びる8.2kmの直線道路となっており、私も島原半島に行くために往復利用させていただきました。 

SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  12mm f11 1/250 (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/03/29 00:00 ]   長崎 | TB(-) | コメント(22)

陰陽天 (東京都 豊島区)

こちらは2021年2月20日、サンシャインシティ60の展望台からの空です。 とても珍しいことに東京の空が斜めにスパッと青空と曇の空に分かれました。 半分に分かれる空は見たことが何回か見たことがありますが、こんなにきれいに斜めに切れたものは初めて見ました。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1627 陰陽天 (東京都 豊島区)

陰陽天 (東京都 豊島区)    Photo No.1627

ちょうど東京スカイツリーの上空で分かれているようにも見えます。 とても珍しい空だと思いました。 中国では半分晴れで半分曇り空が見えることを陰陽天と言うとネットで知りました。 青空の中に上弦の満ち行く上弦の月が浮かび、お月様もパワーを蓄えつつあるようです。

SONY α7RⅢ FE 24-105mm F4 G  25mm f9 1/125 (-0.3) ISO100 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/03/21 00:00 ]   東京(新宿・池袋) | TB(-) | コメント(20)

燃ゆる梅林 (木下沢梅林/東京都 八王子市)

東京・八王子市裏高尾エリアの木下沢梅林(こげさわばいりん)にやって来ています。 春と言えば必ず足を運んで楽しむ場所なのですが、今年は中央道の工事のために撮影の足場が大幅に占領されてしまっていることもあってか、他の方々の作品を見る機会が今のところありません。 

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1622 燃ゆる梅林 (木下沢梅林/東京都 八王子市)

燃ゆる梅林 (木下沢梅林/東京都 八王子市)    Photo No.1622

夜明け前に高尾梅郷・木下沢梅林にやって来ました。 工事のための仕切りがいつもの場所に張り巡らされて痛々しく思います。 とりあえずフェンス越しの風景が撮れるようにカメラをセットし長時間露光を始めます。 手元の拡散光型のLEDライトで梅の木々をさらっと舐めるように照らします。 この日は脇を走る中央道の明かりを拾ったのか空の色が若干オレンジがかって撮れました。
 
SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  14mm f2.8 15s (+1.7) ISO1600 LEDライト

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/03/16 05:30 ]   東京(八王子高尾) | TB(-) | コメント(26)

月夜 (多摩川/東京都 昭島市)

多摩川の河原で見かけた大きな枯木を向きを変えて撮っています。 昼間にこの木を見つけたときに真っ先に頭にイメージしたのがこの方向からの星空の写真でした。 この場所までの道を記憶しておくとともに、月夜で足元も明るかったのですが、夜道の草むらを抜けますのでちょっと迷ってしまいました。 

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1621 月夜 (多摩川/東京都 昭島市)

月夜 (多摩川/東京都 昭島市)    Photo No.1621

暗くなってすぐにやって来たこともあって、お月様やオリオン座をいい位置に配置することが出来ました。 伸びる木の根をできるだけ入れようと構図の配置をしています。 それにしても横一方向に向かって随分伸びているものですね。 この木のあった場所の特殊性をうかがい知ることが出来ます。  (星空の風景)
 
SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  16mm f2.8 5s ISO800 ハーフソフトF(角)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/03/15 00:00 ]   東京(立川・北多摩) | TB(-) | コメント(26)

枯木 (多摩川/東京都 昭島市)

多摩川の中流域の河川敷に立っている巨大な枯木です。 明るい時間帯に訪れたときに見つけ、頭の中にいくつか撮りたいイメージがわき、暗くなるのを待ってやって来ました。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1620 枯木 (多摩川/東京都 昭島市)

枯木 (多摩川/東京都 昭島市)    Photo No.1620

左側は多摩川の堰堤です。 今は河原の丸い石の上に乗っているだけの枯木です。 もともとここにあったのか、それとも流されてきたのかはわかりません。 あくまでも私の推測でありますが、2019年10月の台風19号で多摩川が氾濫したことがありましたが、その時に根元の土をごっそりとそぎ取られたのか、少々流されて今の場所に鎮座してしまったのではないかなど想像しています。
 
SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  12mm f2.8 4s ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/03/14 00:00 ]   東京(立川・北多摩) | TB(-) | コメント(20)

夜明け (三浦海岸/神奈川県 三浦市)

神奈川県の三浦海岸からの夜明けの1枚です。 日の出の時間となり、対岸の千葉県の房総半島の向こうから朝日が顔を出し始めました。 久しぶりに見る海岸からの朝日の風景です。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1619 夜明け (三浦海岸 神奈川県 三浦市)

夜明け (三浦海岸/神奈川県 三浦市)    Photo No.1619

岩礁越しの朝日の風景です。 緊張感の張り詰めるこの瞬間は期待感も最高潮です。 人の少ない場所で朝日の昇る風景を見るのは独り占め感もあり、気持ちがいいものですね。  

SONY α7RⅢ FE 70-200mm F2.8 GM  86mm f13 1.6s ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/03/13 00:00 ]   神奈川(横浜・東部) | TB(-) | コメント(20)

波雲 (三浦海岸/神奈川県 三浦市)

日の出時間が近づき、辺りが明るくなってきました。 岩礁の波をスローシャッターで抑えます。 その様子はまるで波が作る雲のようで、雲海のようにも感じました。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1618 波雲 (三浦海岸/神奈川県 三浦市)

波雲 (三浦海岸/神奈川県 三浦市)    Photo No.1618

三浦海岸の岩礁帯からです。 この日は日の出後の華やかな色合いの風景に変わる直前の水墨画のような時間帯をスローシャッターでの撮影としました。

SONY α7RⅢ FE 70-200mm F2.8 GM  84mm f16 8s ISO100 WBマニュアル ND

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/03/12 00:00 ]   神奈川(横浜・東部) | TB(-) | コメント(28)

夜明け前の三浦海岸の風景 (神奈川県 三浦市)

先月ご紹介しました満開の河津桜と京急線を見に行った時の1枚です。 桜の撮影前に暗いうちから神奈川県三浦市の金田湾に臨む三浦海岸に到着です。 この日の最初のお目当てはこちらの岩礁と夜明け前の星空の風景でした。 砂と波対策のために長靴に履き替え、砂浜を歩きながら波打ち際に向かいます。 

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1617 夜明け前の三浦海岸の風景 (神奈川県 三浦市) (神奈川県 三浦市)

夜明け前の三浦海岸の風景 (神奈川県 三浦市)    Photo No.1617

東の空の水平線には対岸の千葉県の房総半島と夜明けの赤い光、そして空の低い場所に横たわる冬の天の川が綺麗に見えます。 超広角レンズで星空と岩礁を撮影するために波打ち際ギリギリのところに三脚をセットし撮影を始めます。 干潮から満潮に向かって徐々に潮が戻って来ているために、波が砂を流し三脚の足を動かしてしまうこともあり、少しずつ後退しながらの撮影となりました。  (星空の風景)

SONY α7RⅢ FE 12-24mm F2.8 GM  12mm f2.8 10s ISO3200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/03/11 00:00 ]   神奈川(横浜・東部) | TB(-) | コメント(24)

JALと空の木 (東京都 豊島区)

東京・池袋のサンシャイン展望台からの風景のご紹介は一旦こちらを最後の1枚にしたいと思います。 この日は北風の吹く1日となりました。 羽田空港を飛び立ち、北に向かう飛行機が、東京スカイツリーの上空を飛んで行きます。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1616 JALと空の木 (東京都 豊島区)

JALと空の木 (東京都 豊島区)    Photo No.1616

連日、休むことなく更新をしていますが、いつも悩ましいのは作品のタイトルです。 いつもですと撮影しながらタイトルが決まることも多いのですが、こちらの1枚はああでもない、こうでもないと悩ましい限りでした。 今回は「スカイツリー」を「空の木」と日本語にして、語呂合わせとしようと決めました。 その結果、「ジャックの豆の木」などを思い出して、「JALと空の木」とすることにしました。 (航空機のある風景)

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  121mm f8 1/500 (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/03/10 00:00 ]   東京(新宿・池袋) | TB(-) | コメント(18)

マジックアワーのビッグターミナル (池袋駅/東京都 豊島区)

駅での乗降客数が多い日本のビッグターミナルの第一位が新宿駅、第二位が池袋駅だそうです。 池袋駅はJR、西武、東武、東京メトロ線が乗り入れていまして、多くの乗り換え客でにぎわっています。 そんな東京の西の副都心のひとつ池袋駅をサンシャイン60の展望台から眺めた1枚です。 いきなりですが、ここで面白クイズです。 コロナ禍でもにぎわう池袋界隈ですが、隠し絵のようにマスクをしたパックマン(?)のビルがあります。 どこにあるのか探してみてくださいね!

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1614 マジックアワーのビッグターミナル (池袋駅/東京都 豊島区)

マジックアワーのビッグターミナル (池袋駅/東京都 豊島区)    Photo No.1614

マジックアワーのひと時の池袋駅の風景です。 遠くに見える富士山のシルエットを入れ込みました。 同じビッグターミナルでも新宿や渋谷とはまた違った雰囲気が池袋にはあります。 手前のビルの上に青と赤のベースに白の文字でSEIBUとある看板のビルの所が西武池袋線、まっ平らな部分がJRの駅でその奥の横長のビルの辺りが東武東上線の駅になります。 (富士山のある風景)
 
SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  33mm f4 1/25 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/03/08 05:00 ]   東京(新宿・池袋) | TB(-) | コメント(24)

ムーンライトシティ (東京都 豊島区)

今日も映り込みのある風景です。 日没後の東京・池袋からの西の空を眺めています。 遠くに見えるのは富士山です。 フロアに置いてある月のディスプレイの輝きをガラスに映していますが、夜の街の景色にとても似合っていると思いました。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1613 ムーンライトシティ (東京都 豊島区)

ムーンライトシティ (東京都 豊島区)    Photo No.1613

無機質な都会の夜の街に輝く誇張された月を見ると人気アニメの美少女戦士セーラームーンなど思い出してしまいます。 ちなみにサンシャインシティ (SunshineCity)は夜になるとムーンライトシティ (MoonlightCity)として、レストランや展望台などの施設を楽しんで欲しいそうです。 それを聞いてなるほど面白いマーケティングだと思いました。 (富士山のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  24mm f2.8 1/15 ISO1250

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/03/07 00:00 ]   東京(新宿・池袋) | TB(-) | コメント(24)

東京スカイウォーカー (東京都 豊島区)

こちらは冬の18時頃の空が暗くなってきたスカイツリーが見える東京の夜景です。 池袋のサンシャイン60の展望台の窓越しから手持ちで撮影しています。 昨年までの2年間は港区の六本木ヒルズの展望台の年間パスポートを購入していたのですが、発行が中止になったことと、どうしても撮りに通いたいのもあり、いい機会ですので今年からは池袋のサンシャイン60展望台の年間パスポートに切り替えました。 今は狙えるタイミングが少ない時期なのですが、これからそのチャンスが増えますので楽しみにしています。 

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1612 東京スカイウォーカー (東京都 豊島区)

東京スカイウォーカー (東京都 豊島区)    Photo No.1612

東京を含む一都三県での緊急事態宣言の2週間延長が正式に発表されました。 会社の帰りに見かけていた社会人や学生たちでにぎやかな通りも、今は20時を過ぎれば、お店の後片付けの明かりが漏れている程度の閑散とした風景となっています。 そんな様子を見続けていますので、さすがにこの延期は、お店の人たちの気持ちを考えると私ですら気が重くなってしまいます。 そんな気の重い時期の東京の街の様子です。 ちょうど私がいる場所の背後に歩いている人型の明かりがありましたので、その映り込みを入れて撮りました。  この映り込みのように自由に東京の街を行き来できる日が戻って来ることを祈っています。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  63mm f2.8 1/100  (-2) ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/03/06 05:00 ]   東京(新宿・池袋) | TB(-) | コメント(26)

赤い目のヒレンジャク (多摩川/東京都 昭島市)

多摩川河川敷でのヒレンジャクです。 ヒレンジャクは鮮やかな赤い色の尾羽が特徴的で、キレンジャク(尾が黄色い)に比べ、この色鮮やかさがたまらなくいいという人もいます。 従来からの目撃例ではヒレンジャクが多く、キレンジャクが貴重な感じなようです。 しかしながら、今回の多摩川に現れたレンジャクの混群はキレンジャクが多く、ヒレンジャクがそれに混じっている感じす。 

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1611 赤い目のヒレンジャク (多摩川/東京都 昭島市)

赤い目のヒレンジャク (多摩川/東京都 昭島市)    Photo No.1611

こちらはキレンジャクの中でヒレンジャクを探しての1枚です。 たまにいい高さに降りてくれることもあるのですが、とにかく河原の茂みの中ですので撮影も四苦八苦でした。 風が吹いて木々が揺れ、ヒレンジャクの上半身に光が当たった一瞬です。 光が目に差し込み、この時にレンジャクの目が赤いことを知ることが出来ました。 ところで、フィールド図鑑で分布を調べてみれば、キレンジャクがユーラシア大陸に広範囲に分布、ヒレンジャクは局地的で、世界的にはヒレンジャクの方が見る機会が少ない様です。    (野鳥のいる風景) 

SONY α7RⅢ FE200-600mm F5.6-6.3G + 1.4X 840mm f9 1/2500 ISO3200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/03/05 05:00 ]   東京(立川・北多摩) | TB(-) | コメント(22)

キレンジャクのいる風景 (多摩川/東京都 昭島市)

冬の渡り鳥のレンジャクが見られることもあるということで2月は河川敷でのウォーキングも兼ねて多摩川を何度か訪れました。 こちらもご近所でうれしい状況ではありますが、私が行くと会えない日の方が多く、その分、会えた時のうれしさは格別です。 この日はキレンジャク、ヒレンジャクの群れに会えました。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1610 キレンジャクのいる風景 (多摩川/東京都 昭島市)

キレンジャクのいる風景 (多摩川/東京都 昭島市)    Photo No.1610

いつものように青空をバックに木の高い位置にレンジャクたちが固まっているのですが、たまに地表に降りてきて小さな実などを食べたりしています。 そんな一瞬のタイミングで撮ったものです。 こちらは小枝の隙間からキレンジャクを狙ったものですが、それが幸いして柔らかな前ボケとなってキレンジャクを包み込むような1枚となりました。   (野鳥のいる風景) 

SONY α7RⅢ FE200-600mm F5.6-6.3G + 1.4X 840mm f9 1/800 (+0.3) ISO3200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/03/04 05:00 ]   東京(立川・北多摩) | TB(-) | コメント(24)

月とメジロ (東京都 日野市)

明け方の東京都日野市の公園からの1枚です。 この公園では背の高い木が多いのが特徴です。 この日はメジロをやたら多く見かけましたが、至近距離で人を気にしないでちょこまか動いているのでちょっと驚きます。 せっかくのチャンスなのですが、近すぎて超望遠レンズではことごとくピントが合いません。 それならばそれでと、花の季節の頃にレンズを変えてまた訪れてみようと思っています。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1609 月とメジロ (東京都 日野市)

月とメジロ (東京都 日野市)    Photo No.1609

薄暗い早朝の公園の空を見上げれば月がまだ明るく残っています。 ちょうどメジロが高い枝に止まっていましたので、立っている位置を少し左右前後に動き、月と重なるように撮影してみました。 ビューワで見れば暗く影っぽく写っているのですが、RAWで撮っていますのでシルエット部分を明るく現像し、絵のように表現することにしました。 今どきのカメラは黒い写真でも色の情報をしっかり記録しているので助かります。   (野鳥のいる風景) 

SONY α7RⅢ FE200-600mm F5.6-6.3G + 1.4X 679mm f9 1/200 ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/03/03 05:00 ]   東京(日野・南多摩) | TB(-) | コメント(22)

飛び立つ (コミミズク/千葉県 柏市)

はるばる遠征の千葉・手賀沼干拓地でしたが、あいにくの強風で決していいコンデションではありませんでした。 とにかく金網に邪魔されない飛翔シーンを撮るぞと張り切ってはいたものの、残念ながらビギナーズラックはありませんでした。 それでもこの悪条件でコミミズクを見れただけでもラッキーだと言う人もいて、これはこれでよかったと思うようにしています。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1608 飛び立つ (コミミズク 千葉県 柏市)

飛び立つ (コミミズク/千葉県 柏市)    Photo No.1608

こちらはコミミズクが川の方に姿を隠す直前の飛翔に入った時のものです。 昨日も今日もほぼ記録状態の1枚ではありますが、せっかく時間と高い電車賃かけてやって来ましたので、ご紹介させていただくことにしました。   (野鳥のいる風景) 

SONY α7RⅢ FE200-600mm F5.6-6.3G 900mm相当(APSーCモード) f6.3 1/5000 ISO1600 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/03/02 00:00 ]   千葉 | TB(-) | コメント(22)

手賀沼干拓地のコミミズク (千葉県 柏市)

今日からいよいよ3月ですね。 先月はお誘いを受けて、電車に乗って千葉・手賀沼干拓地にコミミズクを見に行ってきました。 皆さんが手賀沼にコミミズクを見に行くと言えばの場所と同じかどうかわかりませんが、こちらは金網もなく、とにかく広大で気持ちのいい見晴らしです。  現場までの歩きの移動は苦にならないのですが、この日の干拓地の北風がびゅうびゅう吹き抜ける凍えそうな寒さにはまいりました。 とにかく風も強いのでコミミズクが出動するのかしないのか微妙な中、日没1時間ほど前になり、土の中でじっとしているコミミズクを発見することができました。

絶景探しの旅 - 絶景写真No.1607 手賀沼干拓地のコミミズク (千葉県 柏市)

手賀沼干拓地のコミミズク (千葉県 柏市)    Photo No.1607

ご近所にお住いの方も、今日のこの風の中でまさか出て来るとは思わなかったとのこと。 そのような状況でしたので、うずくまったコミミズクが動き出すワンチャンスに全力集中です。 刻々と時間が流れ、日没30分前になった頃にいきなりコミミズクが飛び出しまして遠くのパイプに止まりました。 ようやくの活動開始に寒さも吹き飛びます。 コミミズクを刺激しないように数十メートルほどの距離を歩いて近づきます。 こちらの個体は顔が美形で、コミミズクも個体によって随分顔が違うものだと感心しながらシャッターを切りました。    (野鳥のいる風景) 
 
SONY α7RⅢ FE200-600mm F5.6-6.3G 900mm相当(APSーCモード) f6.3 1/4000 (-1) ISO1600 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2021/03/01 00:00 ]   千葉 | TB(-) | コメント(24)








FC2 Management