三輪のコスモス (昭和記念公園/東京都 立川市)

東京西部にある国営昭和記念公園の花の丘に咲き乱れるコスモスを撮影してきました。 広大な敷地に咲き乱れるコスモスなのですが、作品にするには、これはという個体を探し出し、様々な工夫を凝らしてみることが必要だと改めて実感です。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1476 三輪のコスモス (昭和記念公園/東京都 立川市)

三輪のコスモス (昭和記念公園/東京都 立川市)    Photo No.1476

私の場合は敷地内に咲くコスモスのワンポイントにと選んだもののひとつは園内に咲くコスモス畑の中にしっかりと根を張る木々です。 今回の撮影ではそんな木々の力を借りてコスモスの存在感を高めようと工夫してみました。

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  393mm f5.6 1/80 (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/10/21 00:00 ]   東京(立川・北多摩) | TB(-) | コメント(18)

コスモスの丘から (昭和記念公園/東京都 立川市)

コスモスがきれいに咲いていると聞き、先日は東京都立川市から昭島市にまたがるように広がる昭和記念公園に出かけてきました。 この日は無料開放日ということもあり、一部では三密の人だかりのエリアも見られましたが、そこを横目に見ながら、園内を1~2kmほど歩いて、コスモスが咲いているという花の丘に到着です。 

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1475 コスモスの丘から (昭和記念公園/東京都 立川市)

コスモスの丘から (昭和記念公園/東京都 立川市)    Photo No.1475

もともと、この日は曇りのち雨の予報だったのですが、目を覚ませば朝から晴れていて大焦りです。 完全に出遅れました。 人の減少を期待して、午後からの訪問としたのですが、あてが外れました。 さらに空には雲が覆い始め、到着した時から微妙な気持ちです。 それでも、久しぶりにたくさんの花々を見てうれしくなってしまいます。 大きな花畑ということもあり、いつものように100-400mmレンズを中心にどっぷりと撮影モードに浸り始めます。 

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  600mm相当 (APS-Cモード) f5.6 1/250 (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/10/20 00:30 ]   東京(立川・北多摩) | TB(-) | コメント(26)

空と海のライン (東京ゲートブリッジ/東京都 江東区)

辺りが暗くなった東京都江東区の若洲公園からです。 目の前の東京ゲートブリッジのライトアップが闇夜に浮かび上がっています。 いつものように都会のシャープな夜景を表現してみました。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1474 空と海のライン (東京ゲートブリッジ/東京都 江東区)

空と海のライン (東京ゲートブリッジ/東京都 江東区)    Photo No.1474

気が付けば船がゲートブリッジの下を行き来しています。 船が橋の下を通るタイミングで、ちょうど飛行機が上空を通り過ぎようとしています。 このチャンスを逃さないようにシャッターを切りました。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  57mm f16 8s ISO400 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/10/19 00:00 ]   東京(23区東部) | TB(-) | コメント(28)

昼と夜の間 (東京ゲートブリッジ/東京都 江東区)

東京都江東区の若洲公園で東京ゲートブリッジの撮影を続けています。 日が沈み、辺りが暗くなって来るタイミングに合わせ、橋のライトが点灯し始めました。 こちらはライトアップも計算されているようで光と影が埋立地を結ぶ橋に特別な立体感を演出しています。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1473 昼と夜の間 (東京ゲートブリッジ 東京都 江東区)

昼と夜の間 (東京ゲートブリッジ/東京都 江東区)    Photo No.1473

飛行機の座席のモニターには、世界マップに昼と夜のラインをはっきりと見せてくれるものがあり、それを見ながら、その境目のことをあれこれ思いながら楽しむことがあります。 事象的には単純に回転する地球を一方向から太陽が照らしているだけなのですが、地上ではそれにつれ連続してこのような昼と夜の間が生まれ続けていることに面白さを感じます。

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  100mm f8 4s ISO100 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/10/18 00:30 ]   東京(23区東部) | TB(-) | コメント(18)

近未来都市 (東京都 港区)

東京都港区の六本木ヒルズからのスカイデッキから下に降りた、東京シティビュー (TOKYO CITY VIEW)からの夜の東京の風景です。 少しダークに撮れば、SF映画のちょっと重い未来が待ち受けているような近未来都市のイメージとなりました。 昨日からiPhoneユーザーが待ちに待った5G対応のiPhone12シリーズの予約が開始されましたが、今回から追加の新色のパシフィックブルーがまさにこの色のイメージでして、少々洗練された色合いにも感じます。 

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1472 近未来都市 (東京都 港区)

近未来都市 (東京都 港区)    Photo No.1472

今回の写真は12mmの超広角での1枚です。 人間の視覚を越える画の表現がたまりません。 もともと16mmの広角が気に入り、その後、もっと広角を撮りたいと購入のLUMIXの14mmで超広角の世界に目覚めました。 今は12mmの世界にどっぷりとハマっていまして、このレンズを持ち歩かないと不安になるくらい中毒になっています。 この領域は普通に買う人の少ないレンズで特別な世界だったのですが、旧モデルのiPhone11Proでは13mm、そして新型の12Proでは12mmまでレンズがワイド化してしまって、特別な世界が今は普通になりつつあります。 私もiPhone6sからの機種変更のために12Proを予約しました。 これからは高画質のコンパクトな12mmカメラがいつも手元にあると思うとちょっとした外出も楽しくなりそうです。

SONY α7RⅢ FE 12-24mm F4 G  12mm f8 6s ISO100 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/10/17 05:30 ]   東京(23区東部) | TB(-) | コメント(18)

マジックアワーの浅川橋梁 (東京都 八王子市)

再び、ご近所からの写真に戻りたいと思います。 この日の1枚は夕暮れ時からマジックアワーに変わる浅川と八高線浅川橋梁の風景です。 電車のシルエットを強調したく露出を大きくアンダーにしています。 

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1471 マジックアワーの浅川橋梁 (東京都 八王子市)

マジックアワーの浅川橋梁 (東京都 八王子市)    Photo No.1471

遮断機の音が鳴り響き、遠くから電車がやって来る音がかすかにします。 音が大きくなったらいよいよ電車が浅川橋梁を渡って行きます。 橋梁の中央を電車が通り過ぎる瞬間を待ってシャッターボタンを押しています。  (鉄道のある景)

SONY α7RⅢ FE 24mm F1.4 GM  24mm f1.4 1/500 (-2) ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/10/16 00:00 ]   東京(八王子東部) | TB(-) | コメント(22)

エゴノキの実を突くベンケイヤマガラ (東京都 府中市)

この日のお楽しみは、皆がベンケイヤマガラという愛称で呼ぶ、全身茶色のヤマガラです。 突然変異のヤマガラという説を唱える人もいますし、希少種のオーストンヤマガラやナミエヤマガラかも知れないという人もいたりで、実際のところ、この個体は何なのかわかりません。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1470 エゴノキの実を突くベンケイヤマガラ (東京都 府中市)

エゴノキの実を突くベンケイヤマガラ (東京都 府中市)    Photo No.1470

この日のベンケイヤマガラは私の嫌いな見上げるような高い位置にばかり回遊して来ていましてガッカリです。 それでも私たちの滞在時間中は4回ほどヤマガラに混じってやって来て、木の実を突いたり、何処かに木の実を運んだりしていました。 位置は微妙なもののやって来てくれる度に現場は大盛り上がり。 この日は証拠写真と開き直って撮影を楽しんでいるようでした。 もちろん、私も証拠写真として本日はUPです!?  (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE200-600mm F5.6-6.3G  900mm相当(APS-Cモード) f6.3 1/5000 ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/10/15 05:00 ]   東京(武蔵野・東多摩) | TB(-) | コメント(28)

ヤマガラのいる散策路 (東京都 府中市)

府中辺りに珍しい鳥が出ていると聞き、この日はAさんにお願いして共に参戦させていただくことになりました。 アオバズク以来の久しぶりの野鳥撮影です。 超望遠撮影も練習せねば上手くならないと気合を入れて現地に出向きました。 最近は週末になると天気が悪く、撮影を断念していた日々が続いていたのですが、今回も微妙な感じです。 それでもきっと晴れると信じての参戦となりましたが、当日は台風の影響もあり、朝から小雨もパラつく天候でのスタートとなりました。 

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1469 ヤマガラのいる散策路 (東京都 府中市)

ヤマガラのいる散策路 (東京都 府中市)    Photo No.1469

どんよりした空の下、今回はヤマガラの撮影チャンスもありました。 木の実をくわえたヤマガラの写真もいくつか撮ったのですが、どうもそのガツガツさが気に入りません。 こちらの1枚は、曇天ならではの光回りによるヤマガラのやさしい表情がたまらないことや、縦に伸びる2本の細い木が面白く感じたこともあり、UPすることにしました。 撮影のこの場所は1週間ほど前にはヤマガラの大好きな木の実がたくさんあり、にぎやかだったとのことでしたが、ご覧のように今はすっかりなくなって数えるほどしかありません。  (野鳥のいる風景)

SONY α7RⅢ FE200-600mm F5.6-6.3G  900mm相当(APS-Cモード) f6.3 1/250 ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/10/14 00:00 ]   東京(武蔵野・東多摩) | TB(-) | コメント(28)

鉄の恐竜 (東京ゲートブリッジ/東京都 江東区)

空の上からの景色から、再び東京都江東区の若洲公園からの東京ゲートブリッジの風景に戻ります。 少しずつ夕暮れ色に空が変わりつつあります。 それまで北から南方向に侵入する飛行機が多かったのですが、気が付けば、ゲートブリッジに沿うように東から西に進路を取る機体が増え始めました。

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1468 鉄の恐竜 (東京ゲートブリッジ/東京都 江東区)

鉄の恐竜 (東京ゲートブリッジ/東京都 江東区)   Photo No.1468

夕暮れ時の航空ダイヤのラッシュアワーの時間帯を迎えてか、羽田空港への着陸態勢に入った飛行機が次から次へと私の頭上を飛んで行きます。 通り過ぎる飛行機の窓からゲートブリッジの眺めに感動したり、東京の街とともに眼下の写真を撮ったりしている人がきっといるに違いありません?!   (航空機のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  105mm相当(APS‐Cモード) f2.8 1/250 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/10/13 00:00 ]   東京(23区東部) | TB(-) | コメント(30)

空から東京ゲートブリッジ (東京湾上空)

今日は東京湾上空から見た東京ゲートブリッジです。 その姿がまるで恐竜のように見える特徴的なデザインから、レインボーブリッジとともに東京を代表する橋のひとつとなっています。 

絶景探しの旅 - 絶景写真 No.1467 空から東京ゲートブリッジ (東京湾上空)

空から東京ゲートブリッジ (東京湾上空)   Photo No.1467

こちらは2月に石垣島から羽田空港に帰るために搭乗の航空機からの風景です。 遠くにスカイツリー、真下には東京ゲートブリッジが見えます。 着陸態勢に入るために高度を落としている機内からゲートブリッジを後ろ向きに追いながらレンズを向け、撮影をしています。  風向きによってはこのようにゲートブリッジの真上を飛びながら羽田空港の滑走路に入って行きますが、私的にはこのコースが大好きだったりします。

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  27mm f4 1/1600 (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2020/10/12 00:00 ]   東京(羽田・東京上空) | TB(-) | コメント(28)