運河に架かる橋とサン・二コラ トレンティーノ教会 (イタリア ベネチア)

日本編と海外編を数点ずつ交互にご紹介させていただいています。ベネチアの街歩きは本当に疲れます。石畳の道が小さく迷路のようになっていることに加え、運河に架かる橋をやたらに渡るのですが、その橋がこんな凸型形状で平坦ではないのです。

絶景探しの旅 - 0872 運河に架かる橋とサン・二コラ トレンティーノ教会 (イタリア ベネチア)

運河に架かる橋とサン・二コラ トレンティーノ教会 (イタリア ベネチア)   Photo No.0872

サン・二コラ トレンティーノ教会の塔から続く建物が小さな運河に沿って並びます。ベネチアにはカナル・グランデと呼ばれる大運河に続く支流のような小さな運河があちこちに張り巡らされています。

SONY α7RⅡ FE 24-105mm F4 G  84mm f8 1/125 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2019/02/25 00:00 ]   イタリア(ベネチア) | TB(-) | コメント(16)

見る分にはとても素敵な街並みに見えますが
カメラを数台抱えたりしての移動は大変かもですね^^

でもでも素敵です(#^.^#)
橋の下からボートが通る

何ともいい景色
昼休みなんかにぼ~^っとしたいものです^^
[ 2019/02/25 04:49 ] [ 編集 ]

おはようございます。旅慣れているMTさんが疲れるということはベネチアはかなりの起伏がある街なのですね。

イメージ的には平坦なベネチアですが、起伏のある橋が多いのと日本人には石畳は慣れていないので、じわじわと体力を奪われるのでしょうね。
[ 2019/02/25 06:57 ] [ 編集 ]

いかにもベネチアらしい光景ですね。私も幾つかこういう小さな橋を渡りましたが、どの橋だったかまでは覚えていません。
この連続だと、中年以降の旅行者にはボディブローのように疲れが蓄積していくかもしれませんね。それも旅の思い出かも。
[ 2019/02/25 07:05 ] [ 編集 ]

おはようございます。
緻密な構図が素晴らしいです。
人やものの動きのある絵は素敵ですね。
[ 2019/02/25 09:20 ] [ 編集 ]

ほんと美しいですねーーーー。
日本ではディズニーシーぐらいしか、こう言う光景撮れないと思います。
でもニセモノだしねー。
[ 2019/02/25 12:54 ] [ 編集 ]

石畳って歩きにくいですよねぇ。
私などはいつもスニーカーですが
ハイヒールで歩く女性観光客は
絶対に大変だと思います^ ^

応援ぽち
[ 2019/02/25 19:19 ] [ 編集 ]

デコさん

ありがとうございます。励みになります。
そうなんですよー。ちょっと重いバックを持って数キロを歩くことが普通なのですが、こういった足場の悪いところは疲れます。でも、石畳以外にも観光客があまりにも多すぎて、見たり避けたりして疲れやすくなるのかもしれません。
[ 2019/02/25 22:05 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

進行方向に向かって横に曲がって行ったり後に逆戻りしたりの迷路のような小道を行くのはとても疲れます。急がば回れと言う言葉がありますが、まさにこの場所もそういったような場所だと思いました。
[ 2019/02/25 22:07 ] [ 編集 ]

つじさんこんばんは~

アップダウンの多いところを歩くと

かなり疲れます

観光地なら人も多くて余計に


疲れます、更につじさんの

伝家の宝刀カメラが何台か

持って歩くと結構な重さで

疲労感がじわりじわりと

ボディブロ-のように

効いてきますよね~

イタリアは、サンと名前がつくところが

多いですね

「聖」イタリア語で「サン」英語では「セイント」

イタリアの、サン・マリ-ノなど地名に

なることが多いですね~

人、偉人にちなんで

都市や施設などを命名する

習慣が欧米文化圏で多いような気がしますね



[ 2019/02/25 23:01 ] [ 編集 ]

この間、ベネチアに行った人が、市内は車で通れないと言っていましたが、移動手段が全部ゴンドラなのでしょうか?、買い物もゴンドラで行くのでしょうか?もしそうだとしたら、晴れている日はいいけれど、寒い日や雨の日は、大変ですよね。
[ 2019/02/26 02:14 ] [ 編集 ]

AzTakさん

私も疲れながらも数多くの橋を渡ったので、記憶が曖昧です。でもカナルグランデの大橋は記憶に強く残っています。それ以外の橋もこのように写真を撮ったのでいつまでも記憶が蘇ります。こんな時のためにも写真っていいですよね!
[ 2019/02/26 06:47 ] [ 編集 ]

さゆうさん

ありがとうございます。いつも励みになるお言葉を頂き嬉しく思います。
人の住む場所は人が入るといいものですね!
[ 2019/02/26 06:49 ] [ 編集 ]

onorinbeckさん

そういえばディズニーシーも地中海の街をイメージした場所がありいいですね!
また、アトラクションではヴェネツィアンゴンドラなるものもあるようです。
[ 2019/02/26 06:53 ] [ 編集 ]

よっちんさん

昔はひとつひとつ職人さんが石を敷き詰めたのですよね。大小いろいろな石を高さを合わせて敷き詰めるなんて大変な作業だったと思います。そんな道をハイヒールで歩くと足をくじいて思わぬ大怪我をしてしまいそうですので注意が必要です。
[ 2019/02/26 06:57 ] [ 編集 ]

たまごバナナさん

貴重な瞬間を逃さないように、この日も2台持ち歩いていました。小型軽量のボディにレンズでしたので、それほど荷物にはなりませんでしたが、それでも一直線の道が少なくクネクネ曲がった道を遠方まで歩いたので、最後は足が棒のようになりました。セイント、サン、そう言われてみればそうですね!
[ 2019/02/26 07:02 ] [ 編集 ]

Roseさん

運河沿いはまだいいにしても中は歩きしかなかったです。ただ、たくさんの食品などを積んでいるゴンドラも見かけましたので、運んでくれるサービスもあるのかも知れません。綺麗な街も生活するのは大変そうです。ちなみに橋を渡った陸地のベネチアの郊外には大きなショッピングモールがいくつもありました。こちらに住んでたまに本島を訪ねるのがよさそうだと思いました。
[ 2019/02/26 07:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する