浅川の朝日を渡る八高線 (東京都 八王子市)

絶景探しの旅 − 0087 浅川の朝日を渡る八高線

絶景探しの旅」 浅川の朝日を渡る八高線 (東京都 八王子市) Photo No.0087

新春特集の最終日です。2015年2月の日曜日の早朝、八王子市と日野市を流れる、多摩川の支流のひとつの浅川(あさかわ)にやってきました。狙っている写真のイメージがあり、その写真撮影のために訪れたのです。

前もって日の出の位置と八王子と高崎(群馬県)を結ぶ八高線(はちこうせん)の電車の通過時刻を計算してやってきたのですが、寒さと寝不足に加え日々の運動不足のせいか、河川敷の急な土手を降りる時に、ブチっという音とともになんと足の肉離れが起きてしまいました。このまま引き返そうとも思ったのですが、とにかく本数がとても少ない電車なので、このチャンスを逃すわけにはいけないと、痛くて歩くのもやっとな足をひきづり一歩づつ、そのまま川の足場のある場所に移動、何とか狙い通りの1枚を収めることができました。引き上げ時はまさに地獄、足が完全に治癒する迄に数ヶ月を要するというまさに執念の1枚です。

作品名は「朝日の浅川を渡る八高線」としようと思ったのですが、ここは虹を渡るオズの魔法使いではないですが、夢のある「浅川の朝日を渡る八高線」としました。ちなみに、なぜ、空をこんなに多く写しているのかと言いますと川幅が狭く水量も少ないだけでなく、絵にならないものが左右、手前にあるので余計なものを排除した苦肉の策なのです。こちらは八王子市と日野市の2市が主催の広域のフォトコンテストである「第5回あさかわ写真コンクール」に応募、第1次選考で選ばれたのち、両市内のいくつかの場所での市民投票による最終選考が行われた結果、佳作入賞となり、足を犠牲にしてでもシャッターを押した甲斐がありました。 (鉄道のある風景)

SONY α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 24mm f6.3 1/160 ISO100

■「第5回 あさかわ写真コンクール」佳作入賞(2015年 / 八王子市・日野市主催)

あさかわ写真コンクール募集要項 

数ある入賞作の中から、2016年八王子市・日野市カレンダー(非売品)に採用、第6回募集要項にこの作品を使用していただきました。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/01/04 05:00 ]   東京(八王子) | TB(-) | コメント(18)

おはようございます。
きれいな空ですね。雲に表情と川面の映り込みがとても素敵です。
私も今度真似して行ってみようと思います(笑)
怪我をされて大変でしたね。
陰でそんな苦労があったとは想像できない一枚です^^
[ 2017/01/04 05:12 ] [ 編集 ]

痛い思いをしながらも待ちとった栄誉だったんですね。私も、あと少しで撮影終了と言う地点でふくらはぎの肉離れを引き起こし、脂汗をかきながら帰途についた記憶があります。その後、色々試行錯誤して、ちょっと無理をしそうなときには、カーフ・サポーター着用という予防措置を講じることにしました。それからはまずまずの状況でいます。
[ 2017/01/04 08:25 ] [ 編集 ]

おはようございます。新年のシリーズは鉄道関係でしたね。

これだけの写真を撮るには相応の努力が必要だということがわかるシリーズでした。特に早起きは真似できそうにありません…

[ 2017/01/04 09:23 ] [ 編集 ]

撮りたいものがあって夢中になるということはそういうことですね。
おかげで素晴らしい画をゲットし、賞までも、、、、
おめでとうございます。
私も昨年夕日を撮るとき流木についていた太い釘を踏み抜きました。
足を振るっても木が落ちなくて、仕方ないからそのまま撮っていて
陽が落ちてからゆっくり抜きました。
痛かったです(笑)
[ 2017/01/04 10:56 ] [ 編集 ]

葉月さん

それにしてもまさかの不覚でした。体が重くなってしまった反動かもしれません。是非、浅川の八高線や中央線を狙ってみてくださいね。葉月さんならではの優しい素敵な写真になるのではないかと楽しみにしています。
[ 2017/01/04 11:19 ] [ 編集 ]

AzTakさん

サポーターも事後ですがお世話になりました。やはり転ばぬ先の杖ですね。駆け出しの頃は三脚、レンズ、カメラなどなど背負って20kg!ってことも普通でしたが、最近は無理を減らすことも考えています。この時も重いレンズ2本に三脚、カメラ2台体制でした・・・。最近、気がつけば手軽さを求め、4/3のカメラを持ち出すことも多くなりました。
[ 2017/01/04 11:26 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

ヨンミョンさん、ありがとうございます。あちらを維持しながら、こういう活動も並行して続けていたので自分でもなかなかハードな生活を送っていたものだと改めて思いました。あちらは世代交代かなという感じでこちらに注力かなと思います。
[ 2017/01/04 12:06 ] [ 編集 ]

こんにちは

空の青と陽のオレンジがじつに心地良いです。
そして遠く写った鉄道、
こういう構図の写真がとても好きで、自分でも撮って
みたいと思っています。
[ 2017/01/04 12:32 ] [ 編集 ]

aunt carrotさん

ありがとうございます。昔から、何かに一生懸命になると周りが見えなくなりまして、少々、反省せねばと思っています。それにしても太い釘ですか、それは痛そう~。でもでも気持ちがとてもわかります。お互い2017年は無理をし過ぎないようにしたいものですね。
[ 2017/01/04 12:56 ] [ 編集 ]

michaelさん

色的にとてもきれいな写真になりました。まさに空気が透き通る冬ならではのものかなと思います。写真より肉眼の色合いが本当に素晴らしくていつも試行錯誤です。お日様はすごい勢いでどんどん昇って行くし、このタイミングで電車がちゃんと来てくれ本当によかったです。
[ 2017/01/04 13:00 ] [ 編集 ]

いや~ぁ素晴らしいですねぇ

夕陽が列車の上に沈む頃
水面は最後の輝きを魅せる

美しく感動~~ありがとうございます(#^.^#)
[ 2017/01/04 13:38 ] [ 編集 ]

こんにちは
それはまた、思い出深い一枚ですねー
肉離れは痛いですよね
私も何度か経験あります
しかも、片足肉離れのまま、スキーに行ったりしました(笑)

この写真良いですねー
夕日の色と、緑の鉄橋が効いてますね
[ 2017/01/04 13:45 ] [ 編集 ]

こんにちは。
この構図好きです。
空を多く入れるのは凄く勇気が必要ですが、撮り慣れてくると
見ていてもさほど気にならないものです。
爽やかな感じがいいですね。
[ 2017/01/04 13:51 ] [ 編集 ]

♪デコ♪さん

ありがとうございます。この時期の朝日と夕日はよく似ていますよね。朝が始まる瞬間はいつも感動で、夕日の瞬間はいつもしんみりです。そして、また朝が来る、ですね。
[ 2017/01/04 17:07 ] [ 編集 ]

ぼびぱぱ さん

スキー場で肉離れで滑っていたのですか?!それは私よりすごいです。ぼびぱぱさん、鉄人ですね。私の場合、完治に思いのほか時間がかかりましたが、確かに私もそれでも道を走ったりしました~。(踏切とか、信号が変わりそうな時ですけど。)
[ 2017/01/04 17:10 ] [ 編集 ]

さゆうさん

ありがとうございます。空が大きいと広がり感が出ますよね。釧路湿原は何を広く取っても画になりますよね~。今年もいよいよスタートで、どんな写真が年間を通して撮れるのか本当に楽しみです!
[ 2017/01/04 17:13 ] [ 編集 ]

八高線というだけで郷愁を感じますが、今は高麗川まで電化されてるんしたね。肉離れを押しての撮影、お疲れ様でした。一層価値が高まりますね!貴重なお写真ありがとうございました。
[ 2017/01/05 10:43 ] [ 編集 ]

hassel 24さん

ありがとうございます。以前の非電化のときは直接高崎まで行けたのですが、今は乗り換え一回です。高崎→八王子(八高線)→横浜(横浜線)は絹織物を輸出するためのシルクロードと呼ばれていたそうです。
[ 2017/01/05 20:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する