運河の街の小道 (イタリア ベネチア)

運河の街ベネチアの旧市街の移動くには歩きか船が基本となり、それが徹底されていました。そんなこともあって、細かく網目のように張り巡らされた運河に沿って設けられた小道や中に入り込んだ石畳の小道を歩いてあちこち散策します。

絶景探しの旅 - 0859 運河の街の小道 (イタリア ベネチア)

運河の街の小道 (イタリア ベネチア)   Photo No.0859

ベネチアは西暦452年に始まったとされます。かなり昔に今の形になったと思いますが、まったく昔のままではなく、生活するために必要な上下水道や電線などは地下に埋められていて、そこは近代化されているようです。しかしながら、人が歩いて移動するには大小さまざまな運河を渡る必要があります。そためには凸型の橋を登り下りするのですが、ときには設置されている場所の関係で大回りしなければいけません。目に前の対岸も近いようで遠く、スマホアプリのGoogle Mapsで最短距離を歩くものの、回り道も多く、道もでこぼこした石畳で歩き疲れます。やはり船が貴重な移動や物資の運搬手段だと認識です。そんなこともあって、運河沿いにつながれたゴンドラを目にすることが多くありました。

SONY α7RⅡ FE 24-105mm F4 G  39mm f8 1/200 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2019/02/12 00:00 ]   イタリア(ベネチア) | TB(-) | コメント(18)

まるで絵の中にいるみたいですっ
生活の手段が船

素敵~って感じるのはデコ達で
生活するうえで大変な事も多いんでしょうねぇ

しかしおされっ
水面の音を聞きながら生活するのって
癒しだなぁ
[ 2019/02/12 04:42 ] [ 編集 ]

こんな狭い道にもテラス席が用意されていましたか。
運河は007のようにパワーボートを使用するのではなく、ゴンドラで優雅に行き来したいものですね。船頭さんの朗々とした歌声を聞きながら。
[ 2019/02/12 05:13 ] [ 編集 ]

おはようございます。海抜が低くて平たい土地のイメージのベネチアですが、運河があったりそこに架かっている橋もゴンドラを通すために上り下りがあったりと歩きにくい街のようですね。

観光や生活するには何かと不便な街だと思いますが、1500年以上も前にここにこういった街が形成されたのには何かしら理由があったことと思います。
[ 2019/02/12 07:00 ] [ 編集 ]

おはようございます。
観てるだけでもワクワクしちゃう、そんな道ですね(^_^)

[ 2019/02/12 07:27 ] [ 編集 ]

MTさん、おはようございます。
情緒ある石畳もたくさん歩くと足が疲れるんですね。
なるほど、納得です。
[ 2019/02/12 08:21 ] [ 編集 ]

めっちゃ良い構図。
僕なら右の川をもっと入れちゃうと思います。
勉強になりますわー!
[ 2019/02/12 16:13 ] [ 編集 ]

MTさんの写真は

いつも感じますが本当に色鮮やかで見惚れます。暗い色も明るい色も大好きです。
[ 2019/02/12 16:15 ] [ 編集 ]

歴史を感じる街って
いいなぁといつも思います。

東方との貿易による栄華
オスマントルコとの戦い
十字軍の遠征等々
興味深い街ですね。


応援ぽち
[ 2019/02/12 20:54 ] [ 編集 ]

こんにちは。
そういえば、その方は夏に行ったとおっしゃっていました。MTさんの写真の方々はみなさん冬服ですものね。それにしても、きれいな色彩ですね~憧れます!
[ 2019/02/13 02:52 ] [ 編集 ]

デコさん

散策途中でミネラルウオーターのペットボトルのケースなどをしてたくさん積んだゴンドラも見かけましたが、移動は楽なのでしょうが、これまた、積み下ろしも大変そうに感じました。ベネチアに住めば、身体が相当鍛えられると思いました。ただ、大きな怪我をしたりするととても厳しい街に豹変かも知れません〜!?
[ 2019/02/13 03:48 ] [ 編集 ]

AzTakさん

ゆっくりとマイペースでゴンドラで歌を聴きながらあちこち行ければ最高でしょうね!
とはいうものの歩きが多くてとても疲れました。幸いにもこの日はいい天気に回復してくれたので、街の散策も楽しかったです。
[ 2019/02/13 03:51 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

ベネチアはゴンドラ社会なので、凸の橋が多くありました。最初は嬉しくて喜んで上っていましたが、そのうちにウンザリでした!?でも、この風景に街は他にはありませんので、それが地元の人たちの誇りなのかも知れませんね。本島の向かいのベネチアの街はいい意味で近代化されていて車社会でした。
[ 2019/02/13 03:56 ] [ 編集 ]

ジャムさん

私が最初に見た運河の街の道のひとつでしたので、つい感動して写真を撮ってしまいました。
でも最初ここに着いた時のワクワク感と言ったら最高でした〜。
[ 2019/02/13 03:58 ] [ 編集 ]

SATOくんさん

少しの歩きなら石畳も風情があっていいのですが、1日で何キロも歩くことになってしまって疲れました。(10kmは軽く超えています。)疲れたのでボートに乗ってホテルに帰る時は、こんなにも歩いたのかとびっくりでした。
[ 2019/02/13 04:02 ] [ 編集 ]

onorinbeckさん

私もいつもだと川をメインに撮りますが、今回はベネチアっぽさの強調と建物の窓から外を見ているジュリエット気分を表現するために、画面の半分に建物を入れています。また、手前のゴンドラを大胆にカットしましたが、ゴンドラの認識がこのくらいでも十分にわかりますよね!
[ 2019/02/13 04:06 ] [ 編集 ]

ひろ吉とクンクンと愉快な仲間たちさん

JPG出しですと見た目の色が再現されないことも多く、RAW現像で色あいは記憶色を中心に表現しています。
その昔は低感度ですがフジのポジフィルムのベルビアの発色が大好きでよく使っていました。
[ 2019/02/13 04:12 ] [ 編集 ]

よっちんさん

よっちんさんのポルトガルもよかったですよね!
地中海諸国の風景は歴史や活気を感じて最高です。
[ 2019/02/13 04:14 ] [ 編集 ]

Roseさん

アドリア海を挟んでクロアチアと向き合うベネチアです。
気分を陽気にしてくれる色合いの街は寒い朝も私にワクワク感をたくさん与えてくれました〜。
[ 2019/02/13 04:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する