ブルームーンの空 (ドイツ フランクフルト)

夜から朝を迎えようとしている時間帯にフランクフルトの街の中央を流れるマイン川のほとりを散策しています。立ち止まって空を見上げれば、三日月の輝きが大きくきれいに感じました。

絶景探しの旅 - 0828 ブルームーンの空 (ドイツ フランクフルト)

ブルームーンの空 (ドイツ フランクフルト)   Photo No.0828

きれいな三日月のすぐ脇をフランクフルト空港に離発着する飛行機が飛んで行きます。その様子があまりにも幻想的に感じ、カメラのレンズを空を向けシャッターを切りました。   (航空機のある風景)

SONY α7RⅡ FE 24-105mm F4 G  129mm (APS-Cモード) f8 1/25 ISO6400 WB手動

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2019/01/12 00:00 ]   ドイツ | TB(-) | コメント(14)

すご~ォい偶然に遭遇ですねぇ
持ってるなぁ

とても幻想的
しかも飛行機雲

良い事あり過ぎ^^
[ 2019/01/12 04:54 ] [ 編集 ]

デコさん

お休みの日なのに、朝一でコメントをいただきありがとうございます!
お月さんに飛行機が重ならないかな~、と思っていたのですが、ちょっとずれましたね。
でも面白い1枚が撮れました。
[ 2019/01/12 06:27 ] [ 編集 ]

この明るさ(暗さ)で、よくぞ撮れましたね。ばっちり幻想的な雰囲気が出ていると思います。

しかし、この時間帯に離発着する飛行機の乗客って、どうやって空港までやってくるんでしょうかね。そのことが大いに気になりました。
[ 2019/01/12 09:01 ] [ 編集 ]

三日月の近くを飛ぶ飛行機の夜空良いですね〜
フルサイズでAPS-Cにも使えるのですか?
ソニーのカメラは知りません
[ 2019/01/12 09:29 ] [ 編集 ]

AzTakさん

ありがとうございます。
SONYは高感度に強いということで思い切ってISOを上げてみました。
フランクフルト空港は24時間のハブ空港なんでしょうかね、とにかく早い時間からたくさん飛行機が飛んでいました。
[ 2019/01/12 10:54 ] [ 編集 ]

ぼびぱぱさん

ありがとうございます。
CANONもできるのではないかと思うのですが、このカメラは通常4240万画素ですが、スーパー35mmモード(=APS-Cモード)というクロップモードで1,800万画素のクロップ撮影ができます。いわゆる、約×1.4倍の簡易テレコンですね!
[ 2019/01/12 11:07 ] [ 編集 ]

シャッタースピード1/25であっても
手振れをしないのはさすがだと思います。

しっかりとした撮影技術があってこそ
いい写真が撮れるのだと改めて思いますよ。

応援ぽち
[ 2019/01/12 14:35 ] [ 編集 ]

よっちんさん

ありがとうございます。
スローシャッターの手振れはいつも気を遣いますよね!
薄暗い時の撮影は本当にあれこれと神経を使います。
[ 2019/01/12 15:20 ] [ 編集 ]

つじさんこんばんは~お久しぶりですーこのカメラはSONYなんですね、かなり時代に取り残されてますね(笑)近頃のカメラのチェック全くやってないのでSONYのカメラ?ピントこないのです。それにしても綺麗に撮れてますね流石ですね!こんな早朝から飛行機が飛んでるのですね~
[ 2019/01/12 16:55 ] [ 編集 ]

たまごバナナさん

ありがとうございます。
そうですよね、SONYでピンとこない方もいらっしゃいますよね。
SONYのαシリーズは、ミノルタの流れを汲んでいます。
私がこの世で初めて手にしたオートフォーカスの一眼レフは会社で仕事用に買ったミノルタでした。
[ 2019/01/12 18:16 ] [ 編集 ]

こんばんは。下の木のシルエットと飛行機を入れるところがさすがMTさんですね!
[ 2019/01/12 19:08 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

ありがとうございます。とても励みになります。
デザイン風な写真も大好きなのですがそんな感じで上がってよかったです。
[ 2019/01/12 19:57 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2019/01/12 22:31 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できますさん

お役に立てることがありとてもうれしく思います。
それにしても今は大変な時期ですね・・・。実は同様な症状に2度ほどなりまして、今は何事もなかったような感じです。原因は不明だそうですね。最初は相当若い時になったのですが、その時、お医者さんからは、「ショックだとは思いますが、〇〇って名前の症状をご存知ですか?」と言われ、当然、年齢差もあってショックでした~。
ところで、文字入力ですが、訂正修正も多いのですが、出先からはiPad、iPhoneなどの音声入力と手打ちを併用してコメントをお返しすることもよくあります。
[ 2019/01/13 06:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する