関門海峡と和布刈神社(めかり神社)の狛犬 (福岡県 北九州市)

北九州市門司に出かけて来ました。せっかくなので関門海峡沿いにある和布刈神社(めかり神社)に立ち寄ってみました。Wikipediaによりますと、神社名となっている「和布刈(めかり)」とは「ワカメを刈る」の意味だそうです。毎年旧暦元旦の未明に三人の神職がそれぞれ松明、手桶、鎌を持って神社の前の関門海峡に入り、海岸でワカメを刈り採って、神前に供える「和布刈神事」(めかりしんじ)が行われ、和銅3年(710年)には神事で供えられたワカメが朝廷に献上されているとの記述が残っているそうで、福岡県の無形文化財に指定されているとのことです。

絶景探しの旅 - 0616 関門海峡と和布刈神社(めかり神社)の狛犬 (福岡県 北九州市)

関門海峡と和布刈神社(めかり神社)の狛犬 (福岡県 北九州市)   Photo No.0616

仲哀天皇9年(200年)に創建とされ、古くは「隼人明神」とも呼ばれ、壇ノ浦の戦いの前夜には平家一門が酒宴を開いたとのことです。海峡の守護神として崇敬を集め、建武3年(1336年)足利尊氏、応永年間(1394年~1428年)大内義弘、天正3年(1575年)仁保常陸介などによる諸社殿の修築造営が伝えられている。現社殿は明和4年(1767年)小倉藩主小笠原忠総の再建によるものだそうです。今はこの狛犬が関門橋のたもとで、関門海峡を往来する700隻/日とも言われる多くの船の航行を見守ってくれています。

SONY RX100 51mm相当 AUTO (f5.6 1/640 ISO125)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/06/14 00:00 ]   福岡 | TB(-) | コメント(20)

はじけ猫

おっと! 凛々しい狛犬くんがお出迎えですね〜❤️
犬、とついてますが、オリジナルは、どうやらライオン?
「 唐獅子 」と呼ばれているように、大陸経由で伝わってきたのか?
よく見ると、タテガミみたいのが…? ( くるくるしてますね )
そう言えば、東京某所に猫神社があり、
狛犬ならぬ、狛猫が鎮座しているようです♪
[ 2018/06/14 07:04 ] [ 編集 ]

和布刈神社(めかり神社)ですか。
わかめは子供の頃からなじみのものです。子供会の名前が『若芽会』という名前だったくらいです。昔は、根元の雌株が捨てられていました。それを拾って帰り、自宅で食べていました。今は高い金を出して買うしかありませんが。
[ 2018/06/14 07:59 ] [ 編集 ]

こりゃ立派な狛犬ですわー!
海峡の守り神ですね!(^^)!
[ 2018/06/14 09:06 ] [ 編集 ]

おはようございます。眼光鋭い吽の狛犬、雌らしく子供を抱えていますね~

和布刈神社とは変わった名前ですが、こんな神社が大橋の下にあるのですね。ご神体が何か気になります。
[ 2018/06/14 09:42 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/06/14 10:14 ] [ 編集 ]

海峡をがっちり見守ってる
頼もしい~狛犬くんですねっ

めかり神社
絶対よめませんねっ( ;∀;)
[ 2018/06/14 12:10 ] [ 編集 ]

お馬鹿

朝一で、眠たいアタマの上に
使いなれないタブレットからのコメントだったため、
タイトルと投稿者の名前が入れ替わりましたっ(≧∀≦)
[ 2018/06/14 13:35 ] [ 編集 ]

こんにちは。
この光景は初めて見る構図です。
関門海峡をがっちりとお守りしている狛犬の表情も頼もしいですね。
[ 2018/06/14 15:44 ] [ 編集 ]

MTさん、こんばんは。
2年前に行きました。
懐かしい。
[ 2018/06/14 19:38 ] [ 編集 ]

松本清張の「時間の習俗」は
和布刈神社の神事から小説が始まります。

有名な「点と線」の続編のようなストーリーですが
「点と線」に負けない傑作だと思います。

応援ぽち
[ 2018/06/14 21:19 ] [ 編集 ]

はじけ猫さん

狛犬が獅子ならばマーライオンと同じ仲間ですね。
マーライオンの写真をこのミニ特集に合わせてUPすべきでした!?
猫神社が東京にもあるのですね。猫好きにはたまらないでしょうね~。
[ 2018/06/14 22:08 ] [ 編集 ]

AzTakさん

めかぶって昔は捨てられていたのですか?!
なんともったいない時代もあったのですね。
めかぶ、もずく、海苔、昆布など海の幸は私も大好きで食卓には欠かせません~。
[ 2018/06/15 04:56 ] [ 編集 ]

onorinbeckさん

本当に立派な狛犬ですよね!
こちらは一対の左側の狛犬で吽形(うんぎょう)と呼ばれる口を閉じ、足元に子狛犬を置いています~。
[ 2018/06/15 05:03 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

関門海峡はなかなか厳しい海路だと思うのですが、和布刈神社の海上安全のためのご利益がたくさんあるといいですね。
(不注意な航行まではさすがに和布刈神社も面倒見切れないところかとは思いますが。)
[ 2018/06/15 05:10 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できますさん

壇ノ浦と言われる地名の場所はちょうど海の向こうの山口県側です。
それにしても幼い安徳天皇まで犠牲にした壇ノ浦の合戦、人間はいつまでたっても戦い好きです・・・。
[ 2018/06/15 05:18 ] [ 編集 ]

♪デコ♪ さん

和布刈神社、何も知らなきゃ私も100年たっても絶対に読めません・・・。
PCでめかりじんじゃと打ち込んで漢字変換すれば和布刈神社と変換されます。今時のPCの漢字変換は素晴らしいものがあると実感しています。
[ 2018/06/15 05:21 ] [ 編集 ]

はじけ猫さん

大丈夫です。すぐにわかりましたから。
私もiPadを使ってコメントを入れることが多いのですが、Windowsに比べ、勝手に違う言葉が誤って挿入されたり、違う文字が入力されることが多くて、気が付いたら変なコメントを入れていることがよくあり、恥ずかしい思いをすることが多いです!?「~」の文字の見え方が、Winとアップル(iPhone,iPad,Mac)で異なりますので、時々「~」を見て、今回はMac使われていらっしゃるのかなと思ったりすることもあります。
[ 2018/06/15 05:28 ] [ 編集 ]

さゆうさん

狛犬は一対ありますが、この角度で関門橋を入れるのにちょうどこの狛犬が適していました。
朝夕のドラマがある時間帯でないときに訪れましたのでなかなかつらいものがありましたので構図で考えて見ました。
[ 2018/06/15 05:30 ] [ 編集 ]

SATOくんさん

こちらも立ち寄られたのですね!
門司の焼きカレーもいただきましたか。私も念願の焼きカレーをやっといただくことができました。
[ 2018/06/15 05:33 ] [ 編集 ]

よっちんさん

松本清張の作品は人気がありますよね~。
小説が人気ということもあり、TVでは作品が何度も何度も焼き直しされ放送されていますよね。時間の習俗はこちらがスタートなのですか、いいことを教えていただきました。
[ 2018/06/15 05:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する