ワットプラケオ(王宮)の鬼「ヤック」と猿神「モック」 (タイ バンコク)

タイ編に戻ります。バンコクの人気スポット、ワットプラケオ(王宮)からです。ワット・プラシーラッタナサーサダーラームという名称で、王宮の宮殿と接し、本堂にはプラ・ケオ (エメラルド仏)が安置されていることからワットプラケオとか、エメラルド寺院などとも呼ばれています。ただ、寺院と言っても王室専用の仏教儀式の場であるため僧侶もいないそうです。普段は観光地として開放されていて、人気のスポットとして多くの人々が訪れています。

絶景探しの旅 - 0600 ワットプラケオ(王宮)の鬼「ヤック」と猿神「モック」 (タイ バンコク)

ワットプラケオ(王宮)の鬼「ヤック」と猿神「モック」 (タイ バンコク)   Photo No.0600

エメラルド寺院はきれいな黄金のドーム型の仏塔が印象的です。寺院内にはいろんな像が設置されていてそちらも見ごたえがあります。そしてその像の中でも特に目を引くのは金の塔を支えている、鬼(ヤック)と 猿神(モック)像です。その見事で手の込んだ像は人々の関心を引かずにはいられません。

SONY α55 DT 35mm F1.8 SAM 52mm相当 f5.6  1/500 ISO100

⋆ これから深夜便で遠路に出発します。1週間ばかり留守となりますが、写真と記事は日々更新されますので、ご覧いただければうれしく思います。またコメントのお返事や皆さまへの訪問は帰ってきてからになりますのでご理解のほどよろしくお願いします。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/05/29 00:00 ]   タイ | TB(-) | コメント(20)

なぜか暑い地域に行くと、色遣いがとても派手な色になるものですね。日本人にはなかなか真似しにくいものかも。
現地に行って、そういう雰囲気を味わいながら愛でる。それしかないようです。行きたいような行きたくないような。写真は間違いなく撮りたいのですが、…。
[ 2018/05/29 06:03 ] [ 編集 ]

おはようございます。北海道からいきなりのタイで驚きました。

ワットプラケオではいろんな像が目を引きます。半人半鳥のキンナラや蛇神のナーガもそのひとつですが、建物に悪い者が侵入するのを追い返す鬼のヤックもそのひとつですね。

今回はどちらに行かれたのでしょうか。帰国後の新シリーズも楽しみです。
[ 2018/05/29 06:51 ] [ 編集 ]

MTさん、おはようございます。
仏像の色使いが、タイ!って感じですね!笑
[ 2018/05/29 08:51 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/05/29 11:42 ] [ 編集 ]

こんにちは。
この極採色の像は見事ですねー。
その像に飾られている色や形が意味がありそうですね。
正面から撮影しない所がいいですね。
これから出張らしいですが、お気を付けて行ってらっしゃい。
[ 2018/05/29 12:07 ] [ 編集 ]

煌びやか~ぁ(#^.^#)

デコは像の口元が気になるわ(笑)

遠路ですか
お気を付けて~~ぇ

[ 2018/05/29 12:22 ] [ 編集 ]

エメラルド寺院

チャオプラヤ川沿いにある寺院ですね!
行きましたぁ~♪
チャオプラヤ川沿いには、観光名所になってる寺院が多いこと。
タイル張りの寺院(なんだっけ?)には猿が沢山いたっけか。
タイは、シャム猫発祥の地だけあって、
どこの寺院にも猫たちが多くいたように記憶しております。
出張でありますか。お気をつけて行ってらっしゃいまし!!
[ 2018/05/29 15:13 ] [ 編集 ]

MTさん、こんにちは。
煌びやかな寺院に細やかな細工が施された像、とっても魅力的な場所ですね♪
顔の表情が面白くて見入ってしまいました~^^

これからまた遠路にいかれるのですね。
お気をつけて、また素敵な絶景を楽しみにしています^^
[ 2018/05/29 16:48 ] [ 編集 ]

バンコクは年末年始に滞在したので
乾期で過ごしやすかったです。

トゥクトゥクの値段交渉が楽しかったなぁ^ ^

応援ぽち
[ 2018/05/29 20:11 ] [ 編集 ]

とても艶やかな像ですね。
派手にするのにももちろん意味のあることなんでしょう
信仰心がなくてもその美しさに心奪われます
[ 2018/05/30 09:29 ] [ 編集 ]

AzTakさん

何故なのでしょうね、近隣の中国や韓国のものを見ても同じような感覚を私も覚えます。
同じ撮るならもっと冷静に計算的に撮影したいのですが、特に海外ではでは時間的な制約や心の余裕のなさもあってか、フレーミングや光の計算など低下しているなあといつも感じます。
[ 2018/06/03 05:29 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

一昨年も昨年も今年も東南アジアに何回も出かけたのですが、季節感のある国を優先するあまり、後回しにしていたらたまりにたまっていまして、新旧取り混ぜ、早急に公開することに決めました。また旅も日本→海外→日本→海外の繰り返しになりそうです。KALでためたマイレージも消えそうなので消えないうちにそろそろ久しぶりに韓国に行こうと思っています。
[ 2018/06/03 05:39 ] [ 編集 ]

SATOくんさん

タイの場合、どこでも同じような色遣いのものが多くて、それが地域性を損ねているのような気もしています。もっとも、タイの人たちからすれば、しっかり違っているのかも知れません。西洋人が皆同じような顔に見えるのと同じでしょうかね!?
[ 2018/06/03 05:45 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できますさん

金色は特に富の象徴だからでしょうか。たまに金なら味わいもあるかと思いますが、どこへ行っても金というのは飽きも来そうです。マルコポーロの時代、日本は黄金の国と言われていたらしいのですが、こちらの方が露出度も多く、よっぽど黄金の国のようにも感じます!?
[ 2018/06/03 05:49 ] [ 編集 ]

さゆうさん

ありがとうございました。お陰様で昨日、無事に帰ってきました。
時差のためか、1日に何度も睡魔が突然に襲ってきます。今日は撮影には出ずに体調調整を行う予定です。
旅先では観光地写真が多くなるということや、方向感覚もないばかりか、心に余裕がなくて、なかなか撮影時に仕上がりのイメージがわきづらくて苦戦しています。
[ 2018/06/03 06:16 ] [ 編集 ]

デコさん

無事、長旅から帰ってきました。ありがとうございました。
どこをどうしたらあんな顔にすることを思いついたのでしょうねっ。
よく見れば金ぴかの中にも細かい細工があることを再認識しました~。
[ 2018/06/03 06:52 ] [ 編集 ]

はじけ猫さん

ありがとうございました。昨日無事に帰ってきました。
シャム猫・・・、そういえば、タイをシャムとも言いました。
シャム猫は王室ご用達の歴史が長かったせいか猫の中でも非常に高貴でプライドも高いようですね。
あの適当な国で、ここまでしっかりした猫というのも素晴らしいことです。
タイル張りの寺院、多分、それこそがこのワットプラケオだったと思います。(違っていたらすみません〜。)
[ 2018/06/03 07:14 ] [ 編集 ]

meeさん

ありがとうございます。おかげで無事帰ってくることができました。
ここに訪れる皆さん誰もの目を引いていて人気です。
そして細工もしっかりして、よくできているもののひとつかと思います。
さらにこちらでは、神々が出て来る絵巻もあってそちらにも興味深々でした。
[ 2018/06/03 10:06 ] [ 編集 ]

よっちんさん

私は春や冬にやって来たことがあるのですが、よっちさんのおっしゃるように、冬は乾燥して過ごしやすかったです。反対に春は突然のすごい雨が降ったり、40度になったり、蒸し暑くて最悪かなとも思いました。行く時期の選択肢があるなら冬をお勧めしたいと思います。
トゥクトゥクやタクシーですが、行きはヨイヨイ、観光地からの帰りはぼったくりで嫌になってしまいました・・・。(笑)
[ 2018/06/03 10:14 ] [ 編集 ]

EMICOさん

私もタイには仏様以外に随分たくさんの神様がいるんだなと思いました。
そういえば、日本もいろいろな像がありました。
今回は昼間の訪問でしたが、夕方の黄金の光がこの像に差し込む姿を見るのもいい雰囲気なんだろうなと思ったりました。
[ 2018/06/03 10:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する