空が映るヘルシンキ国際空港のJAL機 (フィンランド)

いろいろと貴重な経験のできた欧州周遊の旅もこれが最後のフライトです。これからヘルシンキ・ヴァンター国際空港から成田空港に向けてJAL機に乗り込みます。ヘルシンキ路線は日本から欧州に向かう直行便ではもっとも飛行時間も短いことや、近年の北欧ブームで最近は人気だと聞きました。

絶景探しの旅 - 0570 空が映るヘルシンキ国際空港のJAL機 (フィンランド)

空が映るヘルシンキ国際空港のJAL機 (フィンランド)   Photo No.0570

こんな長い時間のフライトというのになんと私が乗り込もうとするJAL機は沖止めでした。欧州ではよくあることと認識しています。雨さえ降らなければ、沖止めも悪くないかなと思います。ヘルシンキ空港のタラップはガイドが覆われていないのでこんなリアル写真も撮れます。鏡面となったJAL機の機体にフィンランドの青空が映ります。

* 昨年11月のロンドンから始まった2017年欧州周遊の旅編はこちらを以って終了します。長い間お付き合いいただきまして心よりお礼を申し上げます。

LUMIX GX7MK2 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f8 1/800 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/04/29 00:00 ]   フィンランド | TB(-) | コメント(22)

沖止めの機体に搭乗するのも、私は一向に平気です。というかむしろ好きな方かも。空港の広さを体感できますから。フィンランド直行ルートは時短路線ですか。う~~ん。

『2017年欧州周遊の旅編』を十分楽しませていただきました。ありがとうございました。
[ 2018/04/29 06:06 ] [ 編集 ]

おはようございます。そうなんですよね。フィンランドはヨーロッパでは飛行時間が短く済むのでヨーロッパ周遊のスタート地点として人気になってきているようです。フィンエアーは比較的リーズナブルというのもあるようです。

ヨーロッパは日本からは遠いですが、行ってしまえば国と国の間はそれほどではないので数ヶ国の周遊が楽しめますね。
[ 2018/04/29 06:45 ] [ 編集 ]

おはようございます

> 昨年11月のロンドンから始まった2017年欧州周遊

そうでしたかぁ 最近だけでも十分楽しませていただきましたが 振り返って見せていただきたいと思います。
去年の夏 スイスにいきました。 ミュンヘンで乗り換えましたが まあ~遅れる遅れること・・・
向こうでの飛行機はバスのようなものと聞きましたが 夫と二人広いロビーで心細かったです
それが搭乗時間になると どこからともなく人が集まって来て^^

[ 2018/04/29 08:30 ] [ 編集 ]

こんにちは

青空と白い雲が機体に映り込んで
プロジェクションマッピングを見ているようですね。
JALの白い機体が美しく輝いて素敵です♪

タラップがガイドで覆われていなかったのですか?
それでこんなに美しい作品が生まれたのですね。

私はウィーンとモスクワで沖止めを経験しましたが、
日頃乗ったことのないバス?に乗るのが楽しくて
きょろきょろ周囲を見回していました。
そういう時に限って写真を撮り忘れています(笑)
[ 2018/04/29 11:52 ] [ 編集 ]

こんにちは

世界中を旅する写真すごいですね。

私は身近な桜などで満足です。

応援

[ 2018/04/29 11:52 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/04/29 13:00 ] [ 編集 ]

こんにちは。
この様なアングルは私の頭の中に存在していなかったです。
この絵で、この地を離れるんだなーという事が解りますね。
流石に計算された1枚ですね。
お見事です。
[ 2018/04/29 13:16 ] [ 編集 ]

こんにちは
なかなかこの角度の飛行機は撮れないから
ラッキーですよね。

機体に青い空と白い雲いいなあ
飛んでる時の翼の写真はいつもたくさん撮りますが
機体の写真は撮ったことがありません
とっても素敵なお写真です
[ 2018/04/29 15:47 ] [ 編集 ]

こんばんは^^

すごい迫力!
このアングルの飛行機を見るのは初めてです(゚o゚)
背景の雲の感じも素晴らしくて...
良いものを見せていただきました~~
MTさん、流石ですね(^^)ノ
[ 2018/04/29 19:11 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/04/29 19:48 ] [ 編集 ]

MTさん こんばんは~

欧州旅行お疲様でした。
-タラップから撮れるなんて開放的で良いですね!
これは私が好きなB787-9ですかね!
日本だと沖止めはせめて737.767が多いですよね?
あまり体験はできない貴重な体験でしたね。

[ 2018/04/29 21:24 ] [ 編集 ]

AzTakさん

いつもですとトラップに雨除けや風よけのガードが覆われているのですが、こちらのヘルシンキ空港ではそういったものがついてなくて眺めが最高でした。このほかにもタラップに登る様子の写真もきれいに撮れたので両方のせようかなとも思ったのですが、押せ押せなのでこちらの写真を選びました。行きは良いのですが、日本の空港での帰り便での沖止は、帰りのリムジンバスや電車の乗り継ぎの問題もあってちょっと困ります。(ただ1番近い場所までバスで移動できるのでそのほうが楽だと言う人もいます。)
[ 2018/04/30 08:03 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

欧州は日本からですとフランクフルト、パリ、ロンドンそしてこちらのヘルシンキが乗り換えの空港として利用されることが多いかなと思います。フィンエアーもそうですが、 JALがこちらのヘルシンキをロシアや東欧などの乗り継ぎの空港としても利用しているようで、かなりお役立ちのようです。実は帰りのこの便で日本のVIP級の要人から声をかけられることがありました。たいした内容ではありませんでしたが、お付きの人も含めてテレビでおなじみそのものでした。その方はロシアにお出かけのようでした。
[ 2018/04/30 08:08 ] [ 編集 ]

commeliaさん

乗り換えは確かに心細いですよね。私もいちど乗り換えで大失敗しまして、ブリティッシュエアウェイズの乗り換えの時だったと思うのですが、日本だと航空券に何時何分までに搭乗ゲートにお越しくださいとチケットに書いてありますか、それが出発時間になってたことがありまして、ゆっくりしすぎまして大急ぎで搭乗ゲートまで走りこんでいった記憶があります。また出発時間が遅れたり、予告されたゲートがチケットが発券後に勝手に変わったりしまして危うく乗り遅れることなんていうのもよくあります。近頃、海外で乗り換えがあれば、いつも何度も何度も出発案内モニターを確認しながら間違いないことを確認するようにしています。
[ 2018/04/30 08:19 ] [ 編集 ]

ルシアンさん

今回はタラップに雨除けや風よけの覆いはませんでした。
ミラノでの出発便は大雨の中というのがありまして沖止のタラップまでのバスに乗るのにびしょ濡れ、バスからタラップにまでもびしょ濡れといった経験もありました。今回は晴れていたのでこれでもいいと思うんですが、もし雨でもこれだとしたら最悪ですね。一方で晴れてる日はとても開放感があって、それに生で滑走路に立てるなんて最高ですよね。
[ 2018/04/30 08:25 ] [ 編集 ]

hirokinaraさん

私もいつまでこんな経験ができるかはわかりませんが、できるときにはしっかりやっておこうと思います。やっぱり後で後悔なんてしたくないですよね。いちどしかない人生、悔いなきよう、仕事も旅も写真もしっかり楽しみたいと思います。
[ 2018/04/30 08:27 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できますさん

メッセージありがとうございました。とても楽しみにしています。
[ 2018/04/30 08:28 ] [ 編集 ]

さゆうさん

いつもありがとうございます。とても励みになります。
今回はトラップに風よけや雨除けの覆いがなかったのでこれは絶対チャンスだと思ってシャッターを押しました。
いつもだと覆いの窓ごしにかすかに見える機体を見るのですが、覆いがないので今まで見たことのないような景色を楽しむことができました。この写真の場合右端に小さく写っているフィンエアーの機体もワンポイントで入れることができフィンランド空港らしい景色となりました。
[ 2018/04/30 08:32 ] [ 編集 ]

EMICOさん

ありがとうございます。とても励みになります。今回は本当にラッキーでこのチャンスを逃さないと無我夢中で撮影しました。そもそもタラップを登るのに片手にカメラを持って写真を撮りながら登っていく人も珍しいですよね。バスを降りてタラップを上るときに囲いがないのに気がつきましてシャッターを押しました。いつも飛行機のドアを配る時に糞詰まりになりますので、その時にじっくりと構える時間もあるのでそこもラッキーですよね。タラップの前での写真や搭乗口からの飛行機の写真を何枚も撮って持っていますが、枚数がもっとたまれば 、そのうち特集で連日アップすることも検討しています。
[ 2018/04/30 08:39 ] [ 編集 ]

harmonyさん

ありがとうございます!うれしいメッセージありがとうございます。喜んでいただき何よりです。私もこんな場所からこの写真を撮った事はあまりありません。いい具合に雲も出てくれて今回は本当にラッキーでした。いつも自分の乗る飛行機を見てこんな鉄の塊がよく空に浮くものだと思いながら搭乗します。その昔、プロペラ機はエンジンが不調になってもグライダーのように飛べると言う話を聞いたことあるのですが、ジェット機の場合はエンジンが全てダメになった時はそのまま落ちると聞いたこともあります。心配性で考えすぎれば恐ろしいものもあるのですが、パイロットやスチュワーデスさんは毎日毎日乗ってて無事ですのでまぁ大丈夫だろうとそんな気持ちでいます。
[ 2018/04/30 08:56 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できますさん

いつも素敵なメッセージをいただきありがとうございます。
日本から欧州直行便はこちらが初めてで、それもつい最近だったと知りました。
今後ともよろしくお願いします。
[ 2018/04/30 08:58 ] [ 編集 ]

たらぼ〜さん

たらぼ〜さん、さすがですね。エンジンや翼の形などでわかりますかね。
このタイプの飛行機の場合、最新なので中もきれいだしモニターの画面も大きいのでちょっと嬉しいのですが、ただ窓から写真を撮るときは液晶タイプのブラインドのために写真に意図しない薄い虹が入ったりすることもあります。それが迷惑なので最近は国内線などで古い機種だったりするとホッとしたりすることもあります。液晶タイプの日差しは反応性もよくなくコストばかりかかって使いにくいし、私は好きではありませんが、航空会社はそれが先進的で喜ばれるものだと思っているのかもしれません。アナログなよさもやっぱり捨てがたいですよね。
[ 2018/04/30 09:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する