夜明け ジュエリーアイスの原石 (大津海岸/北海道 豊頃町)


今回の道東の旅の1番の目的は、憧れの北海道中川郡豊頃町(とよころちょう)の冬の名物「ジュエリーアイス」を見ること。釧路を夜中に出発し、真っ暗なうちに豊頃町の大津海岸の駐車場に到着です。車を降りた瞬間、今まで体験したことのないような寒さが頰を突き刺します。日の出時間までの1時間以上この寒さに耐えられるのかなとかなり不安です。砂浜に出れば頬を刺すレベルも軽減はうれしいのですが、現場が真っ暗で手元に灯りがないとジュエリーアイスがどこにあるのかもわからない状況です。すでに多くの皆さんが来ていまして、暗闇の中で頭にライトをつけて砂浜の奥の方で必死になってジュエリーアイスを探していました。「これはどういうこと?ジュエリーアイスって波打ち際にゴロゴロ転がっているんじゃないの〜?!」

絶景探しの旅 - 0497 夜明け ジュエリーアイスの原石 (大津海岸/北海道 豊頃町)

夜明け ジュエリーアイスの原石 (大津海岸/北海道 豊頃町)    Photo No.0497

ジュエリーアイスとは、十勝川の河口にできた氷が海に運ばれ、その後に波に流されて大津海岸の砂浜に打ち上げられたもののようです。波打ち際にたくさんのジュエリーアイスが打ち上げられた写真を見かけることがありますが、どうもシケの後にそのような光景を見ることができるようです。一方で、打ち上げられていないときは、砂浜や雪に埋もれた氷を周辺から集めて重ねたりして楽しむ人もいるようです。この日は後者の状態でして、暗いうちから微かな光を頼りに砂浜を歩いて、埋もれたジュエリーアイス探しです。その甲斐あって、砂や雪が表面に付着しているものの、岩石のようなやや大き目なものからや漬物石のようなお手頃サイズの氷の塊を見つけ出せました。無心で氷を探し出し積み重ねているうちに空がどんどん明るんで来ました。

LUMIX GX7MK2 G VARIO 7-14mm/F4.0 14mm相当 f7.1 1/100 ISO800

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2018/02/16 00:00 ]   北海道(帯広・十勝) | TB(-) | コメント(18)

マニアックな被写体を追いかけましたか。男のロマンですかね。
根性無しの私には被写体となり得ないものです。
[ 2018/02/16 05:54 ] [ 編集 ]

MTさん、おはようございます。
大きな、大きなジュエリーアイス大発見ですね。
これに光が入ると綺麗でしょうね。
[ 2018/02/16 06:10 ] [ 編集 ]

デコもいつでもあるもんだと思ってました
違うんですね( ;∀;)

しかしよく行きましたねぇ
突き刺さる痛さを感じる寒さ体感出来ましたか^^

多分マイナス20度位あるでしょうね
夜明け前なら

。。だからこその美しさっ
[ 2018/02/16 10:12 ] [ 編集 ]

行かれるところの選択は????

撮影場所を決められるまでにどの様な情報収集されるのでしょうか?場所決定の決め手などお教えいただければ幸いです。
[ 2018/02/16 10:24 ] [ 編集 ]

こんにちは。
朝焼けの中のジュエリーアイス、素敵ですね。
微かに朝の光を浴びて、氷の中にピンクの色が入り込んでいますね。
素晴らしいです。
[ 2018/02/16 10:37 ] [ 編集 ]

撮影お疲れ様です!
でも、ほんと綺麗なジュエリーアイス撮れて良かったですねーー。
キラッキラですわー^ ^
[ 2018/02/16 14:53 ] [ 編集 ]

別の方のブログですが
ジュエリーアイスという言葉を
私は初めて知りました。

とても撮影に行けそうもないので
ブログで楽しませていただきます(^^)

応援ぽち
[ 2018/02/16 21:33 ] [ 編集 ]

MTさん こんばんは~

ジュエリーアイスおめでとうございます!
私たちが着いた翌日に雪が降ったのが残っていたんですね!
海岸は夜になると真っ暗で本当に見えませんね。
LED照明を持って行きましたが寒さと一人だったので諦めました。
朝方の撮影でいい画が撮れましたね!
サスガッス!
[ 2018/02/16 22:53 ] [ 編集 ]

こんばんは。ソウルの寒さに耐えたmikiさんが体験したことのない寒さって…

頑張った甲斐があってジュエリーアイスとやらを見ることができたのですね。朝焼けのお天気、ジュエリーアイスを見ることとしては天候のコンディションが悪かったのかもしれませんが、撮影に関しては天候が良かったと思います。
[ 2018/02/16 23:13 ] [ 編集 ]

AzTakさん

ありがとうございます。
真っ暗なうちから、すでにたくさんの人々が出てきていまして、どちらかといえば遅いくらいの到着でした。波打ち際にジュエリーアイスがない時は、埋もれている氷を集めて積むのがお楽しみのコツのようです。年々、ジュエリーアイスの人気が高まっていて、波打ち際にたくさん氷が打ち上げられたときは、クチコミはもちろん、Yahooニュースや道内放送、全国放送で大きく取り上げられるほどの冬の話題のひとつのようです。
[ 2018/02/17 07:41 ] [ 編集 ]

SATOくんさん

このような日はジュエリーアイスの原石をまずは探しておいてから、朝日が差すのを皆さん待たれていました。
この後に、そんな写真を1、2枚UP予定です。
今回はこんな状態でしたので、もう一度、波打ち際にずらりと並ぶジュエリーアイスにチャレンジしてみたいとも思いますが、近場で生活しているわけでもないので、そういうチャンスを得るものなかなか困難かとも思いました。
[ 2018/02/17 07:45 ] [ 編集 ]

デコさん

この風景に似たイメージはアメリカNYの氷点下Barで見たことがありまして、そのイメージに仕上がっています。
ジュエリーアイスはタイミングが合えば最高ですが、そうでない時期によっては埋もれているものを探し出さねばならないようです。天候や温度などの状況に左右されるようです。でも一番の楽しみのジュエリーアイス体験ができてとてもよかったです。できれば同じような氷が素晴らしい冬のロシアのバイカル湖にも行ってみたいです。
[ 2018/02/17 07:52 ] [ 編集 ]

ひろ吉とクンクンと愉快な仲間達さん

私の場合ですと、日本全国の皆さんのブログからの素敵な風景を記憶しておいたり、NHKニュースの紹介、駅のポスター、たまたま開いたサイトなどで見る素敵な景色を記憶しています。それでタイミングが合う時に出かけたりするようにしています。これは野鳥撮影時代に感覚的に得たものですが、それなりの景色で最高を狙うのもいいですが、風光明媚な場所でいいタイミングを狙う方がよっぽどいい絵を得やすいということがわかりました。例えば美瑛とか行くとあちこち素晴らしい景色があって自分の腕が上がったような気持ちになれますし、実際に腕が上がります。スキーをするときに、雪が重い本州より、雪がサラサラのパウダースノーの北海道に行った方が気持ちよく滑れるのと同じかな~、と思っています。
[ 2018/02/17 08:05 ] [ 編集 ]

さゆうさん

ありがとうございます。
ジュエリーアイスというにはちょっと程遠いイメージでしたので原石という表現をしてみました。
ほどほどまで集めたら、あちこち探すのをやめて、表面の雪落としに専念すればよかったと思いました。
これで雰囲気がわかりましたので次に機会があれば、ビニール製の作業用手袋や簡単な刷毛とか冶具を持っていきたいと思います。
[ 2018/02/17 08:09 ] [ 編集 ]

onorinbeckさん

ありがとうございます。
ジュエリーアイスは日の出のこれからが本番です。
私だけのジュエリーアイスを次に公開しますね。
お楽しみしていただければと思います。
[ 2018/02/17 08:10 ] [ 編集 ]

よっちんさん

ジュエリーアイスという名前は地元のカメラマンの方が命名したと聞きました。また、この氷の存在を知る皆さんからの町役場への働きかけによって、日々、人気のスポットになりつつあるようです。
その中でも私はこの「ネーミング」一発で勝負が決まったと思います。この名前だけでも私はこちらにやってきたくなったくらいです。
[ 2018/02/17 08:14 ] [ 編集 ]

たらぼ~さん

ちょうど1週間後ですのでわかりやすいかも知れませんね。この雪はきっとたらぼ~さんの行かれた時の残りと思います。
あの真っ暗さにはびっくり!電灯の灯りなどをうまく使えば星空とジュエリーアイスを狙えるかも知れませんね。ただ、あの寒さはすさまじすぎでした。東向きの海岸線ゆえ、狙うはやはり朝日ですが、当日はあいにくの曇りから雪の予報。しかし、このタイミングだけ晴れていたのです。ここは本当にラッキーとしかいいようがありませんでした。可能性に賭けてやってきてよかったです。
[ 2018/02/17 08:23 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

あの京畿道パジュの-20℃を体験しまくっていた私でしたので、寒さには妙な自信があったのですが、寒さより物理的な痛さにはびっくりでした。あれから体が弱体したのかも知れません。ジャンプの葛西選手ではありませんが、つま先から肩まで体中に計8枚のカイロを張り付けてこちらに張り付いていましたが、当然、汗などかくこともありませんでした。
天候については、ジュエリーアイスの撮影には朝焼けが必須です。この日の朝だけ、天気予報が大きく外れ、晴れてくれてはるばる出かけた甲斐がありました。
[ 2018/02/17 08:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する