中世のお城 「シャトー・デ・ラ・セラ」の窓から (カンブネ・シュル・ル・ソール/南フランス)


騎士(ナイト)たちが活躍したそんな時代の地方の小さなお城「シャトー・デ・ラ・セラ」の中で昼食をいただきました。現在、こちらではオーナーさんがホテルとしても解放していまして、夏休みになるとフランス中を車で回り始める人たちがいて、そんな人々の中継地点としても人気があるそうです。ただ、ちょっと残念なのは、年代物の備品を持ち帰る心無い宿泊者もいて、かなりの備品が失われたとのことです。

絶景探しの旅 - 0487 中世のお城 「シャトー・デ・ラ・セラ」の窓から (カンブネ・シュル・ル・ソール/南フランス)

中世のお城 「シャトー・デ・ラ・セラ」の窓から (カンブネ・シュル・ル・ソール/南フランス)    Photo No.0487

お城のダイニングの窓際に立っています。 あいにくの天気でしたので、辺りの景色もそれなりです。こちらの窓からの朝日とか夕日とかを楽しめればもっとよかったのにと思います。とはいうものの今から600年ほど前からの中世のフランスのお城の中に入れるなんてめったにないことですのでそこはありがたく思います。ちょっとした記録写真としてこの1枚を撮っておくことにしました。

LUMIX GX7MK2 G VARIO 7-14mm/F4.0 18mm相当 f4.0 1/100 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/02/06 00:00 ]   フランス(南仏) | TB(-) | コメント(22)

MTさん、おはようございます。
600年前の中世フランスのお城の中ですか?
聞いた話では、お城はたくさんあるけど、中に入れるお城は数えるほどと聞きました。
貴重なお城の中からの景色良いですね!!!
[ 2018/02/06 06:46 ] [ 編集 ]

S A T Oくんさん

そうなのですか、こちらは宿としても解放しているようです。
中に入ってみる石の細い螺旋階段などは感動ものでした。
昔の貴族はこんなお城を築きあげたのですから、かなりの財と権力があったのでしょうね。
[ 2018/02/06 07:01 ] [ 編集 ]

素晴らしい体験をしたようですね。
備品が持ち去られるのは困ったことですが、有名税かもしれませんね。某大国の指導者が来たときは、わが皇居でも持ち去られては困るものは隠したということが続いたようです。USAではありませんよ。それでも、菊の紋章の入った銀の食器は『消耗品』扱いは、今でもやむなしのようです。
[ 2018/02/06 07:24 ] [ 編集 ]

おはようございます。某国の人たちならいざ知らず、フランスでもホテルの備品を持ち帰る人がいるのですか!

ヨーロッパの古城ホテルは人気があるようですね。
[ 2018/02/06 08:20 ] [ 編集 ]

おはようございます。
素敵な体験をされていますね。
600年前、冬は寒そうな感じがしますね。
年代物の調度品が無くなるなんて、酷いですねー。
[ 2018/02/06 09:04 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/02/06 09:07 ] [ 編集 ]

こんにちは^^

騎士達が活躍した中世の時代のお城。
物語を見るかのように拝見させて頂いています。
中の様子はどんなものか興味がありますが、
貴重は年代物を持ち帰ってしまう人がいるのですね。
とても残念です。
[ 2018/02/06 11:15 ] [ 編集 ]

こんにちは

中世のお城、
ナイトに守られるお姫様気分を味わえそうですね(笑)
出窓から見える石作りの塔も素敵です♪

古城を維持するのは
経済的にとても大変だと思います。
更に改装しようとすれば
あれこれ規制がかかるのではないでしょうか・・・

こんな古城ホテルで過ごす休日
なんて贅沢な一日でしょう
憧れてしまいます(笑)

それにしても備品を勝手に持ち帰るなんて!!
何処の国にも不遜の輩はいるものなのですね。
[ 2018/02/06 11:20 ] [ 編集 ]

この様な写真大好きです

お解き話の一コマみたいですね。何度も書きますが・・・・・・
鹿児島の今日は更に雪(この前より多いと言う意味)
[ 2018/02/06 11:24 ] [ 編集 ]

ふと浮かんだわよ
ロミオとジュリエット公園が出来そうな窓辺

何だか妄想劇場が始まるわよっ

備品を持ち帰るなんてけしからんなっ( ;∀;)
[ 2018/02/06 13:32 ] [ 編集 ]

>中世のお城 「シャトー・デ・ラ・セラ」の窓から

不心得ものは何処にもいますね。

お城は買っちゃうとお金を相当食いますね。

それで貴重な備品を持って帰られちゃ大損です。
[ 2018/02/06 14:39 ] [ 編集 ]

AzTakさん

ええっ?!迎賓館でのお食事の時に、銀の食器がなくなってしまうのですか~?!
さらに備品も~?!
どこの国の方でしょうか。
そんなお方が、国の大切なお客様なんて到底信じがたいです・・・。
[ 2018/02/06 20:11 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

考えてみれば、欧州では窃盗事件が多いですから、よくあることなのかも知れません。
とはいうものの、愚痴をこぼしていたのも欧州の人でした。
そういえば、日本のホテルでもタオルなどの備品がよくなくなるという話を聞いたことがあります。
[ 2018/02/06 20:15 ] [ 編集 ]

さゆうさん

石垣の中って冷え込むと相当寒そうです。
暖炉へ薪をどんどん放り込んで暖を取っていたことでしょうね。
でも夏はとても涼しそうです。
[ 2018/02/06 20:17 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できますさん

ご連絡ありがとうございます~。
[ 2018/02/06 21:00 ] [ 編集 ]

ハーモニー さん

まだ見ぬ部屋にはきっと騎士の鎧などあるかも知れません。
家の中にはお約束の大きなワンちゃんもいまして雰囲気も良かったです。
貴重品がなくなってしまっているという話を聞いて、すぐに周りを見渡せば、確かに、何も置いていない状態になっていました。これこそ、取ってもいいのは写真だけにして欲しいものですよね~。
[ 2018/02/06 21:04 ] [ 編集 ]

ルシアンさん

まわりに電線や電柱もありません。地下からか引き込まれたと思うのですが、家の中には電気が通っていました。家の前まではで電力会社が引っ張ってきてくれたとしても、この大きなお城の中の配線工事なども大変な上に、シャンデリアみたいなもののあって、電球交換も大変そうだと感じました。こんなことひとつとっても維持にとても苦労されているのではと思いました。所有はお金持ちしか無理かなって感じでした。
また、機会があれば、ここでなんとか1泊してみたいと強く思いました。
[ 2018/02/06 21:13 ] [ 編集 ]

ひろ吉とクンクンと愉快な仲間達さん

ありがとうございます。
とても励みになりまうs。
雪の件ですが、鹿児島の雪は大変そうだなと思う一方で、何年に1度も見られない雪の鹿児島の景色を見られるなんてうらやましいと思います。ただ、雪道の運転について気を付けてくださいね。雪道で何も起こることなく過ごされましたら、車を修理したつもりでカメラを買うのもアリですね~?!
[ 2018/02/06 21:16 ] [ 編集 ]

お城の中で昼食…

日本ではありえないですよねぇ(^^)

欧州では歴史というものが
身近にあるのが素晴らしいです。

応援ぽち
[ 2018/02/06 21:19 ] [ 編集 ]

デコさん

このお城で持って行っていいのは、ジュリエットの心だけ、でしょうか。
ロミオとジュリエットの世界もこんな感じだったのかも知れませんね~。
ロミオとジュリエットが出窓から語り合ったのは月明かりの夜でしたでしょうか。
ふと、月明かりと古城の写真が撮りたくなってしまいました。
[ 2018/02/06 21:22 ] [ 編集 ]

hirokinaraさん

F1のTOPレーサーになりますと、クルーザーとか自家用ジェットとかも持ったりととにかく維持費がかかるものを持ちたがりますよね。中にはお城のような豪邸に住む方もいらっしゃるとか。実力で勝ち取ったものでしょうが、庶民には羨ましい限りです。
[ 2018/02/06 21:26 ] [ 編集 ]

よっちんさん

食事はオーナーさんのお母様の手作り料理でした。
これがどうしたことか、名のあるお店の料理よりもはるかに美味しくて、この地区の名産の手作りソーセージもいただきましたが、美味しさ異次元でした。。。
[ 2018/02/06 21:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する