南仏の農村の高床倉庫 (カンブネ・シュル・ル・ソール/南フランス))


南仏といえども、秋から冬はやはりそれらしい景色となるようです。同じ見るならやっぱり初夏から夏の景色を見たいところですが、そちらはお預けとしたいと思います。トゥールーズから1時間弱の場所にあるカンブネ・シュル・ル・ソールという小さな村にいます。先ほどまでポツポツと降っていた雨も上がり青空も見え始めてきました。

絶景探しの旅 - 0486 南仏の農村の高床倉庫 (カンブネ・シュル・ル・ソール/南フランス)

南仏の農村の高床倉庫 (カンブネ・シュル・ル・ソール/南フランス)    Photo No.0486

ここは何の畑でしょうか。初夏にはラベンダーやハーブなどで覆われてればうれしいところですが、今はすっかりシーズンオフ。こちらでちょっと変わった高床倉庫を見つけました。何を保存するのでしょうか。 人が出入りするにはぎりぎりの小さな入り口があります。また、足元を見ればちゃんとネズミ返しも付いていますね。南フランスと言えば、青い空とラベンダー畑の風景が似合いますが、ちょっと哀愁感がある風景もたまにはいいものですね。

LUMIX GX7MK2 G VARIO 7-14mm/F4.0 29mm相当 f6.3 1/320 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/02/05 00:00 ]   フランス(南仏) | TB(-) | コメント(20)

MTさん、おはようございます。
何を栽培しているんでしょうね。
ネズミ返し、日本でも同じ形ですよね。
[ 2018/02/05 06:50 ] [ 編集 ]

おはようございます。
どこの国の農家は考える事が同じなんですね。
パッと見て、アッネズミ返し。
だが倉庫のデザインはその国によって違いがありますね。
この倉庫は今はあまり使われていな様な感じもします。
何を入れていたんでしょうか、知りたいですね。
[ 2018/02/05 08:49 ] [ 編集 ]

登呂遺跡

おはようございます。

地元の登呂遺跡の高床倉庫を思い出しました。

人間は竪穴住居で生活しながら、
貴重な食料は高床倉庫に保管する・・・
弥生人の生活の知恵だったようですが
フランスの農村でも見ることが出来るのですね♪

倉庫上の物見塔?鐘楼?部分が何気にお洒落~です。

倉庫の入口にはしごを立てかけて登って・・・
想像しただけで
秘密基地みたいでワクワクしてきます(笑)
[ 2018/02/05 08:56 ] [ 編集 ]

おはようございます。同じ高床式の倉庫でもちゃんとヨーロッパの香りを感じさせてくれるから不思議です。

倉庫に出入りするときだけハシゴをかけるのでしょうね。
[ 2018/02/05 09:11 ] [ 編集 ]

穀物倉庫ですね。スペインの巡礼路にもたくさんありました。スペインではオレオというようです。何だかビスケットの名前のようだなと思いました。
こちらのはスペインのに比してかなり大きいですね。フランスは偉大な農業国ですから、ムベなるかなという感じでしょうか。
[ 2018/02/05 11:09 ] [ 編集 ]

めっちゃ興味有ります。あれもこれも

「パステルカラー・・・」「南仏の農村の高・・・・」物語が生まれますね。素敵な素敵なおとぎ話のような写真ですね。
[ 2018/02/05 12:07 ] [ 編集 ]

ネズミ返し!

やや?
お仏蘭西の地にも、ネズミ返しとな?
洋の東西を問わず、害獣対策は何処も同じですなあ。
きっと、ネズミ退治にねこ様も大切にされてたんだろう・・・
あ。
欧州では黒猫は魔女の使い魔って根も葉もないウワサがあって
随分な目に遭ったんだけ。ヒドイー
[ 2018/02/05 13:10 ] [ 編集 ]

無知なデコはネズミ返しと言う言葉を初めて聞きました( ;∀;)
。。何となく意味は分かるのですが

調べてみたら建て方なのですね^^
この建物魔法使いがでてきそうな雰囲気っ

映画になりそうな建物ですね(#^.^#)
[ 2018/02/05 13:29 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/02/05 19:12 ] [ 編集 ]

高床式倉庫にするのは
このあたりは洪水が起こったりしやすいのかなぁ。

南仏って地中海式気候で
乾燥するイメージがありました。

応援ぽち
[ 2018/02/05 19:44 ] [ 編集 ]

SATOくんさん

たぶん、初夏はラベンダーが咲き乱れているのではと思います!?
ネズミ返しですがヘビなんかも防げそうです。
ただ、隣の木の枝から簡単に侵入されそうな気もします。
[ 2018/02/05 20:25 ] [ 編集 ]

さゆうさんさん

今は使われていないような気もします。
この辺りの畑ではこれがランドマークのようになっていまして、今は目印の目的かも知れませんね。
[ 2018/02/05 20:27 ] [ 編集 ]

ルシアンさん

登呂遺跡は静岡でしたね!登呂遺跡と言えば、テストに必ず出るというお約束の遺跡ですよね。
そうそう、登呂遺跡の倉庫と言えば、ネズミ返しがありましたよね。私の記憶だと板みたいものだったと記憶していますが、違っていたらすみません。
こちらの倉庫は子供たちにとってもワクワクする場所だったのではないかと思います。秘密基地ごっこは私も大好きでワクワクも最上級でした~。まさに子供の習性かも知れません。それを思うと今は楽しくもない時代になったような気もします。(私が大人になっただけ?!)
[ 2018/02/05 20:33 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

南フランスは置いてあるものもなんとなく南仏らしさがにじみ出てくるので不思議です。
フランスの国力を支えるのは農業かと思いますが、フランスの小麦で作ったいわゆるフランスパンやクロワッサンは本当に美味しいです。
[ 2018/02/05 20:37 ] [ 編集 ]

ひろ吉とクンクンと愉快な仲間達さん

ありがとうございます。
もう少し、おとぎ話の写真を続けます。
お楽しみに~。
[ 2018/02/06 05:05 ] [ 編集 ]

はじけ猫さん

アニメのシンデレラとか見ていてもネズミは昔から人の暮らしの中にしっかり根付いていたのでしょうね。
猫ちゃんもそんなこともあってお役立ちだったことと思います。
それにしてもあの猫ちゃんの転がる丸いものに対する執着心はお見事です。
こんな時代からの遺伝子なんでしょうかね。
[ 2018/02/06 06:44 ] [ 編集 ]

デコさん

こちらはとっても珍しい形ですね。まるで、物語のドン・キホーテにも出てきそうな小屋です。
ネズミ返しは昔、社会の時間に習った記憶があります。記憶を辿るとルシアンさんがおっしゃっている登呂遺跡の倉の時に知ったか、奈良の正倉院だかその辺で頭にインプットされた気がしています。
[ 2018/02/06 06:49 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できますさん

ご連絡どうもありがとうございました。
とても助かります。
[ 2018/02/06 06:50 ] [ 編集 ]

よっちんさん

地中海式気候、懐かしい響きです。
確か、冬に雨が多いのですよね。
冬の間の保管倉庫が高床なら納得ですね〜。
[ 2018/02/06 06:54 ] [ 編集 ]

AzTakさん

ビスケットの名前のような、オレオを調べて見たら、結構、格好いいですね!ちゃんとねずみ返しもありますね。
ねずみ返しの文化がどこで生まれてどう伝わったのかな、興味が出てきました。
[ 2018/02/06 06:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する