パステルカラーの生まれ故郷にて (カンブネ・シュル・ル・ソール/南フランス)


フランス北部のトリコロールカラーのパリから飛行機に乗り、南フランスのトゥールーズ(Toulouse)にやってきました。トゥールーズはエアバスグループの本社があることでも知られています。ここから車に乗り、目的地のシャトーある村に行くために、ここから少し東に向かって走ります。郊外に出るとなだらかな丘の風景が続くとともに、小さな集落がポツリポツリと現れ、なかなか風光明媚。いつかじっくりと訪れたくなってしまいました。

絶景探しの旅 - 0484 パステルカラーの生まれ故郷にて (カンブネ・シュル・ル・ソール 南フランス)

パステルカラーの生まれ故郷にて (カンブネ・シュル・ル・ソール/南フランス)    Photo No.0485

南フランスのトゥールーズ・ブラニャック空港から東に1時間弱くらい車で走った場所にある今回の目的地のカンブネ・シュル・ル・ソール(Cambounet-sur-le-Sor)という人口900人弱の小さな村にやってきました。 そちらで見かけた建物のドアです。 建物の窓や入口のドアが淡い水色の塗料で塗られていました。いかにも南フランスらしい色合いですね。このドアのような色合いをパステルカラーと言いますが、この村なども含むトゥールーズエリアで採れるパステルという植物から採れる色素の発色から来ていると教えてもらいました。 パステルから作る青色の染料で生地を染めると淡いやさしい色合いに仕上がり、昔のフランスでは青の染料としてよく使われたとのことです。 また、それを粉状にしたものは画材としても使われるようになったとのことです。もともとは淡い青の色彩ですが、今はパステル調という言い方で様々な色合いを見ることができます。

LUMIX GX7MK2 G VARIO 7-14mm/F4.0 29mm相当 f6.3 1/320 ISO200

パステル染の服  パステルで染めた服はこんな感じです。

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/02/04 00:00 ]   フランス(南仏) | TB(-) | コメント(26)

MTさん、こんばんは。
カンブネ・シュル・ル・ソールって、パステル発祥の地なんですね。
また知識が増えました。笑
[ 2018/02/04 02:37 ] [ 編集 ]

SATOくんさん

トゥールーズを中心としたエリアが、パステルカラーの発祥の地と現地の教えてもらいました。実際の染物の色を見せていただいたのですが、日本の染物の青が薄くなったようにも感じました。今の皆さんが多く理解するパステルカラーは画材として使われた時の発色のイメージだろうなあと思いながら話しを聞いていました。
[ 2018/02/04 07:28 ] [ 編集 ]

パステルカラーの発症の地でしたか。淡い素敵な色合いですよね。
シャトーに向かう途中ですか。美味しいワインがありそうな感じでしょうね。
[ 2018/02/04 07:39 ] [ 編集 ]

AzTakさん

はい、おかげさまで美味しいワインやシャンパンをシャトーのホールでオリーブとかチーズなどと一緒にいただくことができました。なかなか貴重な体験でした。
[ 2018/02/04 08:21 ] [ 編集 ]

さりげなくオシャレですね
[ 2018/02/04 08:26 ] [ 編集 ]

ぼびぱぱさん

ありがとうございます。
そういう雰囲気の場所が南仏にはあれこれありました。
もう一度行ってみたいです。
[ 2018/02/04 08:52 ] [ 編集 ]

デコの大好きな色調です^^
以前の車はこんな色っ

お洒落な街並みに写欲をそそられますネッ ^^) _旦~~
すてきだな^^
[ 2018/02/04 09:36 ] [ 編集 ]

デコさん

かわいい色の車ですね~。私もパステルカラーが大好きです。
せっかくなので、パステル染めの衣類を追加で載せてみました。
画材用にはこれに白が混じってきれいな色になったのかなと思います。
[ 2018/02/04 10:28 ] [ 編集 ]

こんにちは。パステルカラー発祥の地でしたか。元はこの色だったことも初めて知りました。

アメリカのナパに押され気味ではありますが、フランスは今でも高品質のワインの産地、羨ましいですね~
[ 2018/02/04 10:35 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

きっと画材の原料に混ぜるとさらに鮮やかないわゆるパステルカラーになるのでしょうね!
ワインはそのネームバリューから、私のような一般人が高級と思うのはやはりフランスワインなのではないかと思います。
雰囲気や気持ちの問題も大事ですよね。日本のお米の産地に対してもそんな印象が抜けきらないのと同じですよね。
[ 2018/02/04 10:58 ] [ 編集 ]

フランスには行ったことがありません。
同じ国土でも大西洋側と地中海側では
ずいぶんと気候風土が違うのでしょうね。

物価が高いのでなかなか行けそうにありません。

応援ぽち
[ 2018/02/04 13:56 ] [ 編集 ]

こんにちは

>パステルカラーの生まれ故郷にて (カンブネ・シュル・ル・ソール/南フランス)

南フランスですか良い雰囲気の村ですね。

パステルカラーの淡いブルーがキレイですね。

応援
[ 2018/02/04 15:04 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/02/04 15:40 ] [ 編集 ]

(=゚ω゚)ノぃょぅ

パステルの語源って、そういう理由だったんですか?
知らなかった。
まさかクレヨンも…調べてみよっと。
[ 2018/02/04 16:00 ] [ 編集 ]

お洒落ですね。
小さな螺旋階段といい、廂でしょうか、それを支える支柱のカーブもたまりません。
そして絶妙な青、こんな風景をさりげなく切り取るMTさんに乾杯です。
ということで、今飲み出しました。
[ 2018/02/04 17:23 ] [ 編集 ]

よっちんさん

英国は昔から高かったのですが、それ以外の欧州エリアもユーロになってからコストが高くなりました。
行くのも高いし、行っても高い・・・。
地中海側は温暖な上に大航海時代でも有名な地中海貿易の都市があちこちにありますよね。
[ 2018/02/04 18:25 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できますさん

ご連絡ありがとうございます。
何卒よろしくお願いします。
[ 2018/02/04 18:43 ] [ 編集 ]

hirokinaraさん

南フランスと言えば、今年久々のF1フランスグランプリがポールリカールで開催されますよね!モナコ市街地GPもあって実質2回開催のようなものです。欧州の華やかなF1GPを楽しみたいと思っていたら、F1の華、グリッドガールが廃止となるのですよね。男女差別というよりも、それを目標に頑張っているモデルさんもいるという現実も考えて、夢を奪うばかりでなく、廃止自体が時代遅れの男女差別にも感じます。衣装規制でもよかったのではと思います。
[ 2018/02/04 18:50 ] [ 編集 ]

焼き鳥おうじさん

サムギョプサルからの韓国つながりで、そういえば、クレヨンPOPっていう韓国ガールズグループもありましたね。こちらはももクロパクリ疑惑もありました。^^;
クレヨンという言葉はフランス語もまたまた関係しているようですね。さすが芸術の都パリのある国というところでしょうか。
[ 2018/02/04 19:14 ] [ 編集 ]

浮雲さん

ありがとうございます。
欧州は絵になる景色がいっぱいで短期的ではなく、じっくり腰を落ち着けて写真を楽しみたいです。
ところで、今はもう出来上がった頃でしょうか~?!^^;
[ 2018/02/04 19:17 ] [ 編集 ]

こんばんは

通り過ぎてしまいそうな何気ない風景や街並みetc・・・
何処に魅力を感じるかはその人の感性だと思います。

ダイナミックな自然から日常的な街並みまで
MTさまの豊かな感性にいつも感動しています。

パステルブルー、淡いけれど深い色彩ですね。

以前夫が乗っていたルノー車は
もう少し濃いブルーでしたが、
同じブルーでも深みがあり日本車にはない色でした。

因みに今はべたっとしたブルーの国産車です(笑)
[ 2018/02/04 19:33 ] [ 編集 ]

ルシアンさん

ありがとうございます。お褒めのコメントをいただきとても励みになります。
まだまだ修行が足りませんが、そのうちに出会うだろう素敵な1枚を楽しみに、あれこれ写真を撮っています。
時には色合いや面白写真なども交えながら、毎日、選りすぐりの1枚のUPを目標に始めました。そのうちネタ不足になるだろうと思っていたのですが、今はストックが増える一方です。
ルシアンさんのご主人の車をルノー車から国産に変えられたのですか。でも引き続きブルーなのですね。ブルーは私もラッキーカラーと思っていまして、会社へ行くときの腕時計は青がアクセントのオシアナスにしています。
[ 2018/02/04 21:36 ] [ 編集 ]

ボンボヤージュ

フランスの田舎っていいですよね。
昔、地球の歩き方で「ヨーロッパの田舎」というレア判があり、素敵な田舎をアチ子と旅したのを思い出します。
風情ある素敵な写真をありがとうございます。^^☆☆彡
[ 2018/02/04 23:42 ] [ 編集 ]

MIUMIU 美雨さん

地球の歩き方のヨーロッパのいなかが出るくらい、ヨーロッパの田舎はいいものだと思いました。今は日本の田舎を海外旅行客が歩きまわるような時代となりましたが、我々と同じような気分かも知れませんね。
ちなみの今はAmazonで中古本が販売されていますね。ちょっと古いので1円でした。かなり古いですがそこがまたよさそうでちょっと触手が伸びそうです。
[ 2018/02/05 06:55 ] [ 編集 ]

フランス、大好きな国

トゥルーズは好きな街です。ここを拠点に2年前と3年前にアルビ、コルド・シュル・シェル、ルルド、カルッカソンヌに行きました。フランスの西南は冬でも過ごしやすいですね。カルッカソンヌは夏に行ったのですが、焼けるかのような暑さでした。
私も今月パリに行きます。パリから日帰り出来るランス、シャルトル、フォンテーヌブローに行く予定です。
レンタカーで周る勇気がないので、行動範囲は狭まります。フランスは運転しやすいですか?
私はフランスからスペインのサンチャゴ・デ・コンポステーラを車で行くのが夢です。
[ 2018/02/05 12:44 ] [ 編集 ]

K.Yさん

すごいですね。そんなにあちこち行かれていらっしゃったことがあるのですね〜。カルカソンヌはこの村へ続く道の1,2本南の道をずっと行ったところですね!私の今回のこの後に続くコースは日本のツアーなどでしょうか。同じコースで回られたブログもあってびっくりでした。フランスは日本人の人もよく運転されていますよね。私も特にロータリーに自信がないので、短期間なら先々で人に運転してもらったり、運転手付きをお願いすることもあります。ただ、運転手付きは言葉に苦労しただけでなく、驚きの価格で死にました・・・。
今月のフランスの旅、いよいよですね。私もまた行きたくて仕方がありません。たっぷりと楽しまれてくださいね〜。
[ 2018/02/05 18:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する