夜明け前のエトワール凱旋門 (フランス パリ)


この日の早起きで向かう先はエトワール凱旋門。Wikipediaによりますと、エトワール凱旋門は、アウステルリッツの戦いに勝利した記念に1806年、ナポレオンの命によって建設が始まり、1836年に完成しましたが、ナポレオンは凱旋門が完成する前に既に死去しており、彼がこの門をくぐったのは1840年にパリに改葬された時であった。古代ローマの凱旋門に範を取ったもので、新古典主義の代表作の一つで、第二次世界大戦ではナチス・ドイツのパリ占領に際してハーケンクロイツが掲げられ、ドイツ軍兵士が凱旋した、とありました。

絶景探しの旅 - 0480 夜明け前のエトワール凱旋門 (フランス パリ)

夜明け前のエトワール凱旋門 (フランス パリ)    Photo No.0480

パリのシャンゼリゼ通りの西端に位置するエトワール凱旋門の周りは巨大なロータリーになっています。夜明け前から多くの車がロータリーをぐるぐる回って行きたい道に向かいます。とにかくパリの空の青さは格別で、以前、初めてここで見たマジックアワーの空の青さは今も忘れられません。

LUMIX GX7MK2 G VARIO 7-14mm/F4.0 16mm相当 f4 1/40 ISO3200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/30 00:00 ]   フランス(パリ) | TB(-) | コメント(18)

どれだけ早起きしたんでしょう?どこのホテルに泊まられたか知りませんが、それでもかなりの歩数だったと思います。その甲斐があったようですね。
そういえば、ツアーの同行者で、凱旋門賞を見に行った人がいました。めかしていくので、荷物が大変だったようです。
[ 2018/01/30 08:38 ] [ 編集 ]

おはようございます。
この様な位置からの凱旋門を見た事が無いです。
縦撮りで、街灯と紅葉の木を入れたことによってさらに生きてきましたね。
[ 2018/01/30 08:48 ] [ 編集 ]

凱旋門

おはようございます。

凱旋門は正式名はエトワール凱旋門と言うのですね。

ナポレオン軍の勝利の為に建設された凱旋門を
当の本人が生きているうちに通れなかったとは・・・
ナポレオンもさぞ口惜しかったことでしょう(笑)

夜明け前の濃く蒼い空に堂々とそびえ立つ凱旋門
ロータリーを走る車からその大きさがよくわかります。

真正面から捉えた凱旋門はよく見かけますが、
この角度からですと美しい凱旋門が際立ちますね♪
[ 2018/01/30 11:09 ] [ 編集 ]

こんにちは^^

夜明け前の凱旋門、昼間で見るのとまた違っ魅力を見せてくれますね~
↓の記事の街もとても美しい。
MTさんはどの時間に撮影すると美しさを引き立てるのかを知っているかのようです。
一枚一枚が素敵ですね^^♪
[ 2018/01/30 11:13 ] [ 編集 ]

空の色が格別ですね

素敵な構図ですね。
[ 2018/01/30 11:21 ] [ 編集 ]

凱旋門

この門のレリーフを見ると、
いつも、ドラクロワの民衆を率いる勝利の女神像って画を思い出します。
巴里はセーヌ川が洪水で溢れて大変そう・・・
[ 2018/01/30 13:07 ] [ 編集 ]

街灯と木ばかり見てて
。。。あらっ浮き出てるっ

これまた不思議なお写真
トリックアートな感覚で見て居りますっ


MTさんはその場その場の光景
雰囲気を最大限に引き立てる達人ですね^^
[ 2018/01/30 13:28 ] [ 編集 ]

そうなんだ。
有名なパリの凱旋門。
そう言うドラマがあったんですねー。
[ 2018/01/30 14:27 ] [ 編集 ]

16mmという広角レンズならではの
素晴らしい一枚ですね。

私も先日16mmの単焦点を買ったので
参考になる素敵な写真です。

応援ぽち
[ 2018/01/30 19:49 ] [ 編集 ]

AzTakさん

凱旋門は放射線状のように四方八方に道が伸びているのですが、道の様子がどこもよく似ていているもので、行きはいいのですが、帰りが難しかったりします。しかし、最近は、WiFiルーターとスマホがあるので、迷うことも少なく遠出がとても楽チンになりました。
[ 2018/01/30 20:48 ] [ 編集 ]

さゆうさん

普通にとっても面白くないので、ちょっと工夫をしてみました。
縦撮りが好きなので横撮りよりは縦で撮った時のイメージがすぐに沸いたりします。
[ 2018/01/30 20:59 ] [ 編集 ]

ルシアンさん

凱旋門は複数あるので、名前で区別しているようです。
これが、まんまナポレオン時代の人々が見たものと同じだと思うと感動します。
凱旋門は昼間は、1番上に登ることができるのですが、この時は、ISのテロの影響か、デモの関係か上に登ることができませんでした。上からはパリの街がパノラマのように楽しめ、とても最高です。次回、機会があればまた登って見たいです。
[ 2018/01/30 21:23 ] [ 編集 ]

harmonyさん

ありがとうございます。
いつも素敵な場所に行くと、光の加減など想像して、あれこれイメージを膨らませるのが好きです。
ただ、そのイメージの時間帯にその場所に行けることがあまりなかったり、天気がよくなかったり、なかなか上手く行きません。でもそんなことが多いので、ちょっとよさそうな写真が撮れた時は、嬉しさが違います。
[ 2018/01/30 21:32 ] [ 編集 ]

ひろ吉とクンクンと愉快な仲間達さん

ありがとうございます。
この場所に来た時に、直感的に、この構図で撮ろう、って思いました。
ただ、門を撮るだけでは出ることのないオリジナリティーや写真に動きを出すことができたかなと思います。
[ 2018/01/30 21:36 ] [ 編集 ]

はじけ猫さん

ドラクロワの民衆を率いる自由の女神はルーヴルで見れたり、教科書にも出てくるおなじみの画ですよね!
今週はセーヌ川の水位についてのニュースがありますがその後どうなったのか気になります。
[ 2018/01/31 05:20 ] [ 編集 ]

デコさん

トリックアートのように見えましたか?!ありがとうございます。
腰をかなり落として下から撮り上げてみました。
このライトと木々を入れた方が動きが出るのではと思い取りました。
三脚も持っていましたが車がそれほど早く回っているわけでもなかったのでレーザービームは今回はお預けとしました~。
[ 2018/01/31 05:25 ] [ 編集 ]

onorinbeckさん

第2次世界大戦のとき、ドイツ軍にパリが占拠されたときは凱旋門をドイツ軍が凱旋したとのことです。
こんなふうに凱旋門は長い歴史を見つめ続けてきたのですね。
[ 2018/01/31 05:33 ] [ 編集 ]

よっちんさん

ありがとうございます。
広角は巨大なものや広い空間を意図的に入れようとして撮るときにはあると便利なレンズですよね。よっちんさんも楽しまれてくださいね!以前、ニコンから1インチの高級コンデジの発売発表があって、その後、キャンセルとなりましたが、その時に用意されていた広角専門のコンデジがどうしても欲しかったのですが残念でした・・・。
[ 2018/01/31 05:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する