100年の歴史 ギャラリー・ラファイエットのクーポール (フランス パリ)


フランス・パリに来れば行きたくなるところがいくつもあり、じっくり回ろうとすれば何日あっても足りない感じです。その中でもショッピングを楽しもうと思えば、欠かせないのが百貨店のギャラリー・ラファイエットパリ本店です。まるで劇場のような素晴らしい作りのギャラリー・ラファイエットですが、さらに上を見上げれば思わずうなってしまうのが豪華なクーポール(丸天井)です。

絶景探しの旅 - 0469 100年の歴史 ギャラリー・ラファイエットのクーポール (フランス パリ)

ギャラリー・ラファイエットのクーポール (フランス パリ)    Photo No.0469

とにかくまわりを見渡すだけでも撮影意欲がウズウズしてしまうのが、ギャラリー・ラファイエットの店内。そして、その店内でもひときわ存在感があって目を引くのは丸天井、クールポールです。たかが天井と思いきや、そのゴージャスな作りに感嘆します。この天井の巨大クーポールは1912年に作られ、その歴史は100年越えと聞き、2度驚くのでした。

Apple iPhone6s AUTO (29mm f2.2 1/100 ISO32)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/19 00:00 ]   フランス(パリ) | TB(-) | コメント(20)

こんばんは
素晴らしい う〜ん
行ってみたいです 文化財が撮影が出来るんですよね〜
大聖堂や美術館などが 建造物に興味深々です
いつも次が何になるか予想がつかないです


[ 2018/01/19 00:41 ] [ 編集 ]

ギャラリー・ラファイエット

こんなに美しいステンドクラスの天井を見上げていたら
いつまでも見飽きなくて首が痛くなってしまいそうです・・・

でも私は撮影は途中で止めて
ブランドショップに飛び込んでしまうと思います。
誘惑されっぱなしになりそうです(笑)

ところでこの写真はiPhone6sで撮影されたのですか?
素晴らしいです!!
写真はカメラの性能云々ではなく感性と腕だと
拝見しながらつくづく思いました。
[ 2018/01/19 02:54 ] [ 編集 ]

sanbarikiさん

特にルーブルは最高です。模写を堂々としている方もいたりして芸術の共有化や芸術を志す人に何かのきっかけを与えようとしているようにも感じます。私もルーブルに行けば必ずモナリザは撮って帰って来ます。
ちなみに、こちらは細かいお店の陳列や商品を撮らないように配慮して撮影しました。次の機会があれば店内全景を撮らせていただきたいな〜と思います。
[ 2018/01/19 06:54 ] [ 編集 ]

ルシアンさん

お店やお客さんの迷惑にならないように、ササっと一瞬の間に撮らせていただきました。
iPhone ですが、カメラが手元にない時はもちろんですが、持っていても食事やこういったものの真上とか真下からの写真を撮るには最適です。
私もしっかりブランドショップ巡りをしました。上から下まで結構楽しめました。心残りはこちらのお店の本屋さんで素敵なパリの街角写真集が売っていたのですが、また、別の場所で売っているに違いないとスルーしたら、結局、なくて買いそびれてしまったことです。
[ 2018/01/19 07:07 ] [ 編集 ]

三越本店の装飾を思い出しました。養母が好きでよく行きましたが、亡くなってからは縁遠くなりました。
こういうものがお手本だったのかもしれませんね。菜のあり大聖堂の天井のようなイメージですね。
[ 2018/01/19 08:26 ] [ 編集 ]

こんにちは。百貨店とは思えないステンドグラスですね!

日本が歴史的にはどうしてもヨーロッパに勝てないのは歴史ですよね~
[ 2018/01/19 12:29 ] [ 編集 ]

こりゃっすごいっ
万華鏡の世界~~( ^)o(^ )

素晴らしい天井に
思わず口が開いております(笑)

しかもiPhoneですごいなっ
[ 2018/01/19 14:37 ] [ 編集 ]

お疲れ様です。
凄い!
でかい万華鏡みたいですね。
綺麗!
[ 2018/01/19 14:47 ] [ 編集 ]

こんばんは。
ギャラリー・ラファイエットの見事なクーポールですねー。
しかも100年前に造られたとは驚きです。

[ 2018/01/19 18:25 ] [ 編集 ]

こんばんは^^

これが百貨店のステンドグラスですか?
芸術ですね~
ずっと見続けてしまいそうです。
[ 2018/01/19 19:58 ] [ 編集 ]

MTさん こんばんは~

凄い天井ですね!
これが百貨店の天井にあるのですか?
東京駅の天井も芸術的ですがそれ以上に凄いですね。
しかも携帯で撮ったんですか???
サスガッス!

フランスに行ってみたいですが独り者には縁がないかな~(汗)
[ 2018/01/19 23:01 ] [ 編集 ]

今日は新年会で
たった今帰宅しました。

飲み放題の宴会で飲む焼酎は
鹿児島の焼酎とは別物でした。

今日は訪問だけで失礼します。

応援ぽち
[ 2018/01/19 23:03 ] [ 編集 ]

AzTakさん

欧州の建築物は世界各国の建築物に影響を及ぼしていますよね。
いろんな資料を見ていますと、こちらのクリスマス時の装飾もかなり見どころがあるようです。
こういう街に1年ほど住んで、じっくりあちこち写真を撮りたくなってしまいます。
[ 2018/01/20 07:05 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

昔からのものを大切に保存共生してきた欧州に対して、中国や韓国ほどではないですが、古いものをどんどん壊して街を作り変えてきた日本との差でしょうかね~。日本は戦争でも貴重なものをたくさん失いました。自業自得でしょうか。また、自業自得ならあきらめもつきますが、中東辺りではISが貴重な文化財を破壊してしまったのは記憶に新しいところです。
[ 2018/01/20 07:10 ] [ 編集 ]

デコさん

デコさんのような素晴らしい世界を自分では作れないので、こんな風景を見ると思わずパチリと撮ってしまいます。
ボツにするものも多いのですが、欧州に来ると実にあれこれ魅力いっぱいの天井があります。
[ 2018/01/20 07:22 ] [ 編集 ]

SATOくんさん

こういうゴージャスなものを作り上げて天井に配置してしまう欧州の人たちにはいつも驚かされます。
こういう発想力やデザイン力が欧州の人たちのすごいところだと思うのです・・・。
[ 2018/01/20 07:31 ] [ 編集 ]

さゆうさん

100年前の人々の情熱が作り上げたものが、この先も長く人々に愛され続けていくのでしょうね。
こういう素晴らしものを作り上げる情熱と感性を見習いたいものです。
[ 2018/01/20 07:37 ] [ 編集 ]

harmonyさん

ギャラリー・ラファイエットは天井はもちろん、壁も売り場も、そして売っている品々も魅力いっぱいです。写真が自由に撮れるなら、私的には相当楽しめそうなお店です。建物はさすがに古く感じますが、そこは老舗の貫禄、大手ブランドもいっぱい入店し、とてもたくさんのお客さんでいっぱいになっていました。
[ 2018/01/20 07:44 ] [ 編集 ]

たらぼ~さん

私も東京駅の天井を撮りました。でもなんか世界観が違って感じました。
いくつかの駅の天井も撮っていますので、そのうち、駅天井シリーズでもやろうかな?!
カメラとしてのiPhoneは使用頻度が少ないですが、真上からの写真など、普通のカメラより撮りやすい被写体がありまして、そんなときは迷わずiPhoneの登場です~。
[ 2018/01/20 07:49 ] [ 編集 ]

よっちんさん

同じお金を使っても、飲み放題のコースと通常注文では、味も質も違います。
飲食店にとっては宴会シーズンは利益も取れ、売り上げも取れる稼ぎ時ですね~。
[ 2018/01/20 07:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する