イタリアの田舎町の駅に降り立つ (アルクアータ・スクリーヴィア駅/イタリア アレッサンドリア)


欧州ではフランスがかなりの鉄道国の印象がありますが、ここイタリアもかなりの鉄道国です。ローマ、ミラノ、ナポリなどの大都市間への移動は新幹線級の高速鉄道がとても便利です。こちらの駅はミラノとジェノバの間にあるローカル駅ですがちゃんと電化されています。私が驚いたのはパンタグラフに電源を送る架線の形式です。日本の地方の私鉄の架線もなかなかシンプルですが、こちらも思いの外、シンプルだったりします。

絶景探しの旅 - 0464 イタリアの田舎町の駅に降り立つ (アルクアータ・スクリーヴィア駅 イタリア アレッサンドリア)

イタリアの田舎町の駅に降り立つ (アルクアータ・スクリーヴィア駅/イタリア アレッサンドリア)    Photo No.0464

ミラノのあるロンバルディア州の南のお隣のピエモンテ州アレッサンドリア県にある、人口6000人弱のアルクアータ・スクリーヴィアというコムーネ(自治体)の駅に降り立っています。アルクアータ・スクリーヴィアの街はとてもこじんまりした田舎町で一歩町の中に足を踏み込めば、細い道を取り囲むように家々が立ち並びます。お昼どきなのですが、駅の近くには食事をするお店も見当たらないし、この日は日曜日ということもあって駅の売店も閉まっていました。辺りをうろついてようやく開いている町の小さな売店を見つけたくらいです。駅からちょっと離れたところにでも行けば何かあるのかも知れません。 (鉄道のある風景)

SONY RX100 28mm相当 AUTO (f5 1/250) ISO320

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2018/01/14 00:00 ]   イタリア(ミラノ・北部) | TB(-) | コメント(20)

こんばんは。周囲の景色から想像するにあまり乗客のいない地方の駅のようですが、このホームの長さ、長いですね~

それだけイタリアの列車が長いということなのでしょうか。
[ 2018/01/14 00:26 ] [ 編集 ]

痛電車

おはようございます!
イタリアの電車と言えば…
いきなり行先やホームが変わりません?
しかも、すっごい早口のアナウンスで!
幸い、その時はイタリア語が堪能な人がいたので助かりましたが。
さすがラテン気質!
日本の、定刻どおりの電車が奇跡だと思う経験でした(o^^o)
[ 2018/01/14 06:47 ] [ 編集 ]

おはようございます。
外国の多くの駅は電車とホームの間には段差を儲けないで、よじ登るような感じですね。
何時も人間にやさしくないなーと感じながら見ていました。
矢張り電車の色合いがいいですね。
[ 2018/01/14 08:54 ] [ 編集 ]

確かにイタリアやスペインなどでは、日曜日に行くと、本当に困りますよね。観光地ならいざ知らず、小さな町ではとくに。
広軌の鉄道は楽ちんでしょうね。かなりの面構え。いい感じです。人物がすごく良いアクセントになりましたね。
[ 2018/01/14 09:04 ] [ 編集 ]

とってもシンプルっ(#^.^#)

少し中心部から離れているのかなぁ
人気がないっ

あれだけの人
・・いずこへ(笑)
[ 2018/01/14 09:04 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

周囲は見渡す限り何もなく視界がとてもよかったです。ただ、遮るものがなさ過ぎてそこがちょっと残念?!
列車の席はいわゆるボックスシート式で座って移動が前提というのがうれしいところです。車内も車格も日本でいうところの中距離列車という感じです。
[ 2018/01/14 09:15 ] [ 編集 ]

はじけ猫さん

今回はそのままミラノへまっすぐでラッキー(?)でしたが、そんなことが日常的にあると思うと怖いですね・・・。
この日はこちらの行先が急遽変更でバタバタしながらの移動となりました。
私の知人にもイタリアフリークのイタリア語ペラペラな方がいますが、そういった方となら何百倍も楽しめたのではないかと思いました。またうちの家族でもイタリア旅をしてきた者がいるのですが、相当楽しめたと聞き、悔しいので一切写真を見せてもらっていません・・・。今度、私が行くときには見せてもらったりアドバイスをもらおうとは思っています。
[ 2018/01/14 09:20 ] [ 編集 ]

さゆうさん

海外で鉄道に乗ろうとしたときにホームの高さが低くて驚くことがとても多いです。そのため、列車のドアが開くと階段のようになっていて車内で上るようです。体が不自由な人には優しくないですよね。電車は特に高速列車のフレッチャロッサと呼ばれる新幹線があるのですが、F1のフェラーリのような赤いボディがきれいでした。
[ 2018/01/14 09:27 ] [ 編集 ]

AzTakさん

ありがとうございます。さりげない写真ですが励みになります。
最近、欧州では大きなお店などは時間は短いですが、日曜日でもお店を開けてくれるようになって便利になりつつあります。日本のお正月ではないですが、皆が休むときは一斉に休む何でしょうね。確か日曜日の休みはもともとキリスト教関係からと認識しておりますが、お陰様で我々も助かっています。
[ 2018/01/14 09:41 ] [ 編集 ]

デコさん

何にもないところにこの駅です。この駅は駅は小さいのですが、奥に引き込みのような線路もたくさんあってなにかお役立ちの駅のようです。ミラノが札幌としたら、こちらの駅はその先の中間駅のような感じなのでしょうね~。
[ 2018/01/14 09:44 ] [ 編集 ]

イタリアの田舎

おはようございます。

イタリアはちょっと郊外へ行けば
牧歌的な田舎の景色が広がりますね。

夫がローマ在住の義姉の家に短期滞在した時に
ローマから車で1時間ほどの国立公園の写真を
送ってくれましたが、
村の中に雑貨店(食料品店)が1軒だけだったとか・・・

ヨーロッパは日曜日はしっかり休みますね(笑)
日本にいると便利さが当たり前になっていますが、
世界では珍しいことなのかもしれません。

列車のブルーがとても綺麗です。
ヨーロッパの列車の色彩の美しさは
やはりその風土を反映しているのかなと思います。
[ 2018/01/14 09:53 ] [ 編集 ]

欧州ではチェコとポルトガルで
鉄道に乗りました。

意外だったのがポルトガルで
時刻が日本並みに正確でしたよ(^^)

応援ぽち
[ 2018/01/14 13:42 ] [ 編集 ]

こんにちは

壁の落書きが残念ですね。

何処の国にも困った人が居ますね。

ローカル線でも電化されているのは

凄いですね。

応援
[ 2018/01/14 15:20 ] [ 編集 ]

MTさん、こんにちは。
ほんと、イタリアはローカル駅に降り立つと何もないことありました。
売店さえも締まっている。。。私も困りましたよ~^^
私達の女子旅は大都市はローマだけで、あとはシエナとアッシジ、アルベロベッロを選びました。
ちょうどこんな風な列車で言葉も通じないし、車内放送のイタリア語はチンプンカンプンだし、ツアーじゃなかったのでガイドブックだけが頼りの二人旅でしたが、のんびりした田舎風景に癒されて今となってはいい思い出です^^
そんなイタリアの旅を振り返って、今後のMTさんの写真が楽しみになっています♪
[ 2018/01/14 16:21 ] [ 編集 ]

ルシアンさん

列車で走ればすぐに都会とは違う世界が広がりますね!空から見ると田畑の中に塊になった村々が点在していましたのでそういうことなのでしょうね!ご主人はローマから自然いっぱいの場所に行かれたのですね~。村の中の雑貨店(食料品店)が1軒だけという状況がかなり似ていますね。こちらは駅前に多少何かのお店がいくらかあったのですがどれもが日曜でお休みでした。私はこの時は村から村への移動となりました。昼間の移動と天気が悪いだけでなく、本当に何もなくて撮影意欲も下がりっぱなしでした。やはり洪水情報があってもベネチアに行くべきでした。こちらの列車に停車の電車は急行のような電車ということもあってか、駅間がとても長かったです。
[ 2018/01/14 16:43 ] [ 編集 ]

よっちんさん

私はまだ一度も大西洋を陸から見たことがないのでポルトガルに憧れます。ポルトガルの列車は正確なんですね~。
イベリア半島はバルセロナだけですが地中海も見れてお気に入りです。
大西洋はフランスからTGVでロンドンに行った時も海は見えなかったような気がします。
[ 2018/01/14 16:48 ] [ 編集 ]

hirokinaraさん

不思議なことに日本でも世界でもよく見る壁の落書きって、なぜか同じようなタッチです。
世界落書き協会でもあるのでしょうか?!いつも不思議に思っています。
ひょっとしたら世界落書き旅などやっている人でもいるのでしょうか?!さすがにここは無理じゃないかというような場所でもありますので、ある意味、大したものだと思うこともあります。
[ 2018/01/14 17:16 ] [ 編集 ]

meeさん

meeさんも同じ体験をなされたのですね!日本でもおなかも減ったし本当に困りました~。
東京近郊でも北に行くと駅前に何もない場所があって驚くことがあります。
イタリアでのローカル旅なんて貴重な体験をなされましたね~。私もあまりにも何もなさすぎる旅に、天気まで悪くて、このミラノ訪問の時は旅の疲れも出てきて早寝はするわ、朝もたっぷり寝てしまって撮影が絶不調でした。絶景も空振り、見ていただきたいレベルに達した写真もほとんどなく、さらに手振れ続発でどうしたものかと思うような写真ばかりでした。次回は絶対にリベンジしたいと思います。ということでミラノシリーズは明日でいったん終了します。すみません・・・。← このエリアの雰囲気がわかるような1作品追加することにしました!(追記)
[ 2018/01/14 17:28 ] [ 編集 ]

こんばんは^^

田舎とはいえ、このホームの長さ、線路の多さ、立派な駅!
それでも休日は売店がお休みなんですね。
お国柄なのでしょうか? 喉かな感じですね^^
[ 2018/01/14 20:57 ] [ 編集 ]

ハーモニーさん

駅からちょっと行けば工場のような大きな建物もありましたので、ひょっとしたら平日は人が多いのかも知れません。
日曜ということもあってか、乗り降りする人もそれほど多くありませんでしたので、やっぱり売店はもうからないので閉めているのかも。ちなみに駅のホームには食べ物の自販機がありましたが、日付なども考えるとちょっと怖いかも。
[ 2018/01/15 00:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する