鳴門の渦潮 (徳島県 鳴門市)

絶景探しの旅 - 0336 鳴門の渦潮 (徳島県 鳴門市)

鳴門の渦潮 (徳島県 鳴門市)   Photo No.0336

鳴門といえば、有名なのはやっぱり「鳴門の渦潮」でしょうか。この日のスケジュールは1日2回あるという最も渦潮が発生する時間のひとつに合わせて組みました。鳴門海峡に架かる大鳴門橋の橋の下部に設けられた鳴門の渦潮見学コース「大鳴門橋遊歩道」を歩いて渦のできる場所に到着です。こちらは鳴門海峡の海面上45mからの位置で渦潮の発生を楽しむことができます。

鳴門海峡は淡路島と四国(徳島県鳴門市の大毛島)の間にある約1340mの海峡で、瀬戸内海と紀伊水道(太平洋)の間に位置し、狭い海峡幅、海底の地形の作用と、干満の水位差(約1.5m)によって1日に2回、渦潮のピークが現れるようです。この日の渦潮は中から小サイズの渦潮が出来たり消えたりの繰り返しでした。洗濯機のようないかにもという大きな渦潮はまた次回のお楽しみに取って置こうと思います。 プチ四国編はこちらまでです。お付き合いいただきありがとうございます。 次回からは、空中散歩作品のミニシリーズとなります。 素敵な作品も準備していますので、お楽しみに!

SONY α99 Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 70mm f8 1/320 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/09/08 00:00 ]   四国 | TB(-) | コメント(16)

ははは、高所から凄いですね。私には真似したくても、足が竦んでどうしようもないところでしょう。
観察には最適の設備でもあるんですね。どこか上の空のコメントになっています。下を向くことができない気分です。(^_^;)
[ 2017/09/08 08:05 ] [ 編集 ]

おはようございます。やはりここも見学されましたか!

ここから見ていると写真の右側に写っていますが、観光船が巻き込まれないか心配になってしまいます。
[ 2017/09/08 08:30 ] [ 編集 ]

おはようございます。
何時もながら切り口の素晴らしさに脱帽です。
見事ですね。
[ 2017/09/08 09:42 ] [ 編集 ]

楽しみにしていますよ

今度は空中からどんな写真なのでしょうね。とっても楽しみです。
[ 2017/09/08 10:38 ] [ 編集 ]

色んな表情が見えますねぇ
吸いこまれそうなトルネード

S字のようなアルファベット
でっかいクラウンにも見える

船から流れると
更にダイナミックでしょうね^^

続きうふっいつかな??
[ 2017/09/08 13:39 ] [ 編集 ]

こんにちは はじめまして

大鳴門橋は渡ったことはありますが、渦潮は見たことがありません。
45mの位置から見物するようですね。
写真を拝見すると、観光船がすぐそ場まで近付き、渦潮に巻き込まれないか心配です。
この渦潮は、小さいほうの渦潮とのことですが、大きい渦潮となるとすごい迫力でしょうね。
[ 2017/09/08 14:11 ] [ 編集 ]

凄いなあー。北から西まで全方向で網羅してますねー。
ここも行ってみたい場所ですわー。
[ 2017/09/08 16:00 ] [ 編集 ]

AzTakさん

展望所の足元には、真下が見える場所もあったりしてスリルも味わえますが、橋の横を見た方が渦を探しやすいかも知れません。それほど恐怖感があった記憶がありませんので、AzTakさんでも大丈夫かと思います。もちろん、保証はありませんが。
[ 2017/09/08 18:59 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

船の操縦士は、渦をしっかりとお客さんに見せて、さらに突然できる渦に巻き込まれないようにと難しい舵取りだと思います。いったい巻き込まれたらどうなるのでしょうか。調べて見たら、過去には事故もあるようですね。でも、観光船は毎日のことゆえ、きっと出やすい場所をよく知っていたり、巻き込まれないコツでもあるんでしょうね。
[ 2017/09/08 19:06 ] [ 編集 ]

さゆうさん

いつもありがとうございます。とても励みになります。
巨大で洗濯機のような渦潮は次のお楽しみですが、初めてこちらにきてそれなりに楽しめてとてもよかったです。
[ 2017/09/08 19:45 ] [ 編集 ]

ひろ吉とクンクンと愉快な仲間達さん

お楽しみにしてくださいましてありがとうございます。
次のミニシリーズも素敵な作品を撮ることができました。
期待していてくださいね〜。
[ 2017/09/08 19:48 ] [ 編集 ]

デコさん

渦が生まれては消え生まれて消えが海峡のあちこちに見えてとても感動しました。
デコさんならもっともっと素敵なものがいっぱい見れそうですね!
あちこち行きたいので、次は何かのついでかも知れません〜。
[ 2017/09/08 19:51 ] [ 編集 ]

花さか爺サンさん

花さか爺サンさん、こんにちは!ご訪問並びにコメントありがとうございます。
こちらは大鳴門橋の下の見学コース(有料)です。大潮の時間に合わせてきました。パンフレットや、見学コースに飾られた写真を見ると、すごく大きな渦もあってとても迫力がありました。船の操縦士さんはこちらはもう慣れっこで巻き込まれない技術がおありなんでしょうね〜。リンクいただきありがとうございす。私もリンクさせていただきました。
[ 2017/09/08 20:03 ] [ 編集 ]

onorinbeckさん

はい、ありがとうございます。
せっかくの機会ですので、旅や出張に出かければ忘れずに素敵な1枚を撮るように心がけています。
[ 2017/09/08 20:08 ] [ 編集 ]

懐かしい。

高校の修学旅行の時と、大学の仲間との旅行の時に船から見て以来です。海の色もきれいですね。次の写真は何かなぁ? 楽しみ。
[ 2017/09/08 22:04 ] [ 編集 ]

yumiさん

yumiさんは船の上からご覧になられたのですね!船は鳴門からの船と淡路島からの船があるんですよね〜。
船からだと、目の前に渦潮が見えて、その大きさや音など迫力があってすごかったのではないでしょうか。船体験も気になります!
[ 2017/09/09 03:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する