朝焼けに染まるヴェールの丘(北海道 美瑛町)

絶景探しの旅 - 0312 朝焼けに染まる霞む丘 (北海道 美瑛町)

朝焼けに染まるヴェールの丘(北海道 美瑛町)  Photo No.0312

余談ですが、地元にいつも賑わう人気の洋菓子店がありまして我が家でも地元産と言うことで、ちょっとしたお使い物に重宝しています。お店の名は、ヴェールの丘と言います。気になってどういう意味だろうと調べてみれば、フランス語で緑の意味だそうです。なるほど、緑の丘と聞くより、ヴェールの丘と聞けば雰囲気も違いますね。美瑛の空が朝焼けとともにどんどん明るくなって行きます。今は美瑛のヴェールの丘にかかった霞のベールがどんどん取れ行く状態です。

LUMIX G7 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm /F4.0-6.3  207mm相当 f4 1/250 ISO500

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2
      [ 2017/08/15 00:00 ]   北海道(美瑛) | TB(-) | コメント(12)

クリスチャンの私からすれば、『ヴェールの丘』は、この写真のような霞がかった丘を連想します。ヴェルディのような緑はあまり連想できません。
丘があり、低い山があり、高い山並みが控える。そういう多重の広がりが何とも言えず、好きです。この日も素晴らしい一日が始まったことなのでしょうね。
[ 2017/08/15 07:09 ] [ 編集 ]

今日も素敵な絶景をありがとうございます。フランス語ではブェールですか、スペイン語ではブェルディ、サッカーチーム「東京ベェルディ」から教わりました。ボリビア・ウユニ塩湖近くの緑の湖・ラグーナ・ブエルディを思い出しました。
[ 2017/08/15 08:28 ] [ 編集 ]

ヴェールの丘・・・とても素敵なネーミングですね。フランス語の意味がわからなくてもお写真からお洒落な雰囲気が伝わってきます。G7と望遠との組み合わせで撮影されてますが三脚使用でしょうか?僕もG7を使ってみて、意外とシャッターショックが大きくて等倍で画像を見るとかなり微ブレしていたのに気がつきました。ボディが軽いのでついつい手持ちでパパッと撮っていたせいかもしれません・・・既に下取りに出し手放してまいましたが、再度入手しようか真剣に悩んでいます^^;
[ 2017/08/15 09:31 ] [ 編集 ]

こんにちは。
これは素晴らしい風景ですね。
またヴェールの丘の響きが何ともいいですね。
空から手前の緑の色までのグラデーションがいいですねー。
正に絶景です。流石ですね。
[ 2017/08/15 11:32 ] [ 編集 ]

三段階に分かれて
別な世界を見ているようです(#^.^#)

ヴェールの丘
いい響きっ

見えそうで見えない
そんな世界が美瑛の丘を照らしているようですね(*´▽`*)
[ 2017/08/15 13:33 ] [ 編集 ]

M.Tさん,今晩は。

朝一の絶景、頭の中・胸の中,スカッとした気持ちで満たされております。
この様な光景が出来るのですね。
気象条件が少しずつ変わりつつある大地,
何時までもこの様な景色が見られると宜しいですね。
[ 2017/08/15 17:18 ] [ 編集 ]

AzTakさん

ヴェールの丘のイメージも人それぞれでしょうか。私もAzTakさんと同様にそのようなイメージを持ちます。改めて思えば、美瑛の景色を最初見た時に、まるで外国のような景色に見えて大興奮でしたが、そ時の丘の印象もヴェールの丘っていう感じです。
[ 2017/08/16 04:44 ] [ 編集 ]

浮雲さん

いつもご覧いただきありがとうございます。
ヴェルディは私も三浦知良やラモスはじめ、スター軍団だった、ヴェルディ川崎(当時)から知りました。当時の色あざやかなグリーンのユニフォームが斬新で憧れていました。あの優勝争いの常連だったヴェルディも川崎から出る時に一悶着あり、今はJ2というのがとても寂しい限りです。浮雲さんはボリビア、ウユニ塩湖には行かれたことがおありなのでしょうか。私もこのブログのタイトルはいつかはウユニ塩湖という思いもあります。
[ 2017/08/16 04:49 ] [ 編集 ]

サトちゃん@さん

サトちゃん@さんがG7を手放されていたのは知っていました。いい絵を撮っていたのにどうしてなんだろうと不思議でした。そういうことだったのですね。私は野鳥時代から望遠レンズ装着時のミラーショックによる微ブレに泣かされて来た経験から、再開の時からはミラーレスに特化して使用しています。軽いし、ミラーショックがないので三脚も軽量タイプでも対応できたりと重宝しています。こちらは手持ちです。念のために前後のカットを確認したところ、上下左右が全く同じ位置ではありませんでしたので、やはり三脚立てずに連写処理したようです。ただ望遠レンズですので、車の屋根とか、近くの手すりとか何かを利用していた可能性もあるかと思います。私の場合はG7などアイピースがある機種は微ブレを抑えるためにカメラを両手でがっちり握ってアイピースの部分を顔にも押し付けるような感じで撮っています。GMのような覗けない機種の手持ち撮影で高速シャッターが押せない時はストラップを首からピンと張るように伸ばして連写するなどしてブレ対応しています。G7はファインダーが見やすく軽量、小型なのと、本体ブレ防止機構はありませんが広角系のブレ対応なしレンズでもきちっと撮れていますので、レンズの相性などもあるのかも知れませんね。私の場合はもう一台カメラバックに入れる時にとても重宝していて今のところ手放せません。実はGMの代わりとしてモデルチェンジで価格急降下のG7X mark2を先日ゲットしました。こちらはローパスフィルターレス、本体手ブレ防止機能内蔵なのですが、今のところ、やはりG7の方がやはり使いやすいと感じています。
[ 2017/08/16 05:18 ] [ 編集 ]

さゆうさん

ありがとうございます。
前後の山々や景色を画面の中で前後に配置していくのには望遠系がお役立ちですよね。
この日は霧の引く中で、こんな素敵な空の色になって来ましたのでとてもラッキーでした。
[ 2017/08/16 05:28 ] [ 編集 ]

デコさん

美瑛の朝の景色は全く同じ景色がないくらい、霧が違ったり、空の色が違ったりと楽しめますよね〜。
三段階の景色ですが他のエリアではなかなか探すのが難しいのですが、美瑛ではいくらか車を走らせるとある!っていうのがいつもすごいと思います。
[ 2017/08/16 05:32 ] [ 編集 ]

yatyou1116さん

とても励みになるコメントをいただきありがとうございます。
おかげ様でおぼろげな朝の明るさの中でのひと時を捉えることができました。
あまりうまい写真が撮れていないので載せていませんが、真っ暗闇から空が明るんで来る光景も何とも言えません。
美瑛にやってくれば、ここが風景写真の聖地と言われるわけがよくわかります。
[ 2017/08/16 05:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する