赤炎の閻魔大王 青森県五所川原立佞武多 (韓国 ソウル市)

絶景探しの旅 - 0301 赤炎の閻魔大王 五所川原立佞武多 (韓国 ソウル市)

赤炎の閻魔大王 青森県五所川原立佞武多 (韓国 ソウル市) Photo No.0301

ねぶたシリーズ第2弾は、これまたソウル生活のときに見て迫力いっぱいで圧倒された、ねぷたの閻魔大王様です!今回の写真は昨日ご紹介のものより前の年のものですが、ソウル中心部を流れる清渓川(チョンゲチョン)に静置された立ちねぷたのすごい迫力に見る人々は圧倒されっぱなしでした。

この年は、青森4大祭りで有名な「五所川原立佞武多 (ごしょがわらたちねぷた)」の展示で、ちょうど会場にいらっしゃっていた五所川原の団長さんとこの閻魔大王様を作ったという若い方に話を伺いました。この閻魔大王様は実際に使用された23メートルのものを半分サイズに製作しなおしたそうです。それでもあまりの大きさゆえ、日本でパーツ組みをして、分割したままの状態で、約1ヶ月かけてコンテナーで韓国に輸送、その後、ソウルの現場で最終組み立てをおこなったそうです。 なお本場、青森ではいよいよ本日8月4日から8日まで「五所川原立佞武多」が開催とのことです。

SONY α55 DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 39mm相当 f4.5 1/60 (-1) ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/08/04 00:00 ]   韓国(ソウル) | TB(-) | コメント(16)

五所川原の立佞武多は名前通りにポートレート・スタイルの勇壮なものですね。パレードコースが限られてしまう難点があるでしょうが、迫力はランドスケープ・スタイルの比ではなかろうと思います。一度見てみたいものです。
[ 2017/08/04 07:26 ] [ 編集 ]

真っ赤な閻魔大王の表情は迫力がありますね。実際には23メートルもあるのですかぁ。それはすごいです。この目に墨を入れる時が一番大事だとテレビで見ましたよ。目線が少しでもずれると作品が台無しだとか、、、奥が深いです。青森ねぶたもですが、八王子も今日から八王子祭りですね!(笑)
[ 2017/08/04 07:46 ] [ 編集 ]

おはようございます。このねぶた、本物は23メートルもあるのですか。すごい迫力でしょうね!

青森のねぶたは能登のキリコ祭りと同じで、集落ごとにお祭りが行われると聞いたことがあります。この時期、小さな集落で小さなねぶたが毎日のように練り歩いているのでしょうね。
[ 2017/08/04 08:24 ] [ 編集 ]

是非みたいものです

来年には是非両方の写真をお見せしたいです。
あれ???サツマイモの花はいつ咲くんだろう????
[ 2017/08/04 10:47 ] [ 編集 ]

本物が23メートルですか
( ;∀;)驚きと共に想像つかないやっ

真っ赤に燃える立佞武多
悪い子はいないかぁ。。ではないですが

そう言っておるような感じがします^^
[ 2017/08/04 14:15 ] [ 編集 ]

そうなんやー。
めっちゃ苦労したんやね。
でもさ、ソウルでねぷた見れると思わんやん。皆んな喜んだ思いますよー
[ 2017/08/04 19:28 ] [ 編集 ]

こんばんは
韓国でねぶた祭りですか?
迫力ありますねー
[ 2017/08/04 20:28 ] [ 編集 ]

迫力がすごい!!

本当に、実物を見てみたいものです。こうして写真だけでもドキドキするくらいですから・・・
韓国にも同じような祭りがあるのかなぁ。
[ 2017/08/04 21:01 ] [ 編集 ]

AzTakさん

半分サイズなのにこんなに大きくて、本物はどれだけすごいのかと思ってしまいました。電線や道幅の問題があるのでしょうね、たしかに回れるコースは決まってしまっているのではないかと思います。(電柱地中化?!)
私も是非、足を運ぶ機会を見つけたいです。
[ 2017/08/05 05:31 ] [ 編集 ]

葉月さん

なるほど!だるまさんと同じですね。だるまさんはごまかせるかもしれませんが、ここまで作った巨大なものの目がイマイチだとせっかくの作品の価値半減です。確かに目が生き生きしています。いいことを教えていただきました。今日から私たちの地元のお祭りですね!ずっと飽きちゃって耳に聞こえる音だけを自宅から楽しんでいたのですが、せっかくなので今年は夜に山車でも撮りに行ってみたいと思います。
[ 2017/08/05 05:42 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

こちらのオリジナルは相当大きなものだったと知って驚きました。私たちがでっかくて驚く七尾の青柏祭のでか山が13mとのことですので、すさまじすぎます。
一度は行ってみたいですが、宿泊先もいっぱいでしょう。やっぱり野宿ですかね?!
[ 2017/08/05 05:57 ] [ 編集 ]

ひろ吉とクンクンと愉快な仲間達さん

ついに、来年に向け、決断されましたね!とても楽しみにしています。
私も青森・弘前城の桜の花びらの花いかだを見に行きたくて仕方がありません。
サツマイモの花ですね、サツマイモの開花にはなんとこんな条件がいるそうですよ。
http://www.jrt.gr.jp/q%26a/s_11.html
[ 2017/08/05 06:09 ] [ 編集 ]

デコさん

このねぷたの下の顔は閻魔大王様に踏みつけられた赤鬼さんでしょうか。悪い子は踏み潰されてしまいます~。
それにしてもいったいどれだけ巨大なものなのか想像を絶します。
[ 2017/08/05 06:17 ] [ 編集 ]

onorinbeckさん

この閻魔大王様は本当に迫力があってすばらしかったです。それもソウルでこんなすごい展示のときに出会えるなんてとてもラッキーでした。(会社の事務所がすぐ近くなのがよかったです。)
[ 2017/08/05 06:20 ] [ 編集 ]

ぼびぱぱさん

そういえば、同じ11月にソウル中心を流れる巨大な漢江(ハンガン)の川の上に花火が上がるのですが、ここ数年、国際花火大会となっていまして、日本チームの花火が上がったりする年もあります。少女像とか面倒くさいことを仕掛け、市民を変に洗脳させ続ける人たちも大勢いますが(これがやっかい)、一般の民間レベルではこんな交流があったりもします。
[ 2017/08/05 06:25 ] [ 編集 ]

yumiさん

この迫力は、きっと巨大筆とか、巨大刷毛などを駆使して描かれたものなんでしょうね。
韓国は地域の伝統のお祭りが少なくて、日本に帰れば、日本の伝統的なお祭りの多さに感心するくらいです。
こちらも、ランタンまつりの一環で参加ですが、このお祭りもまだまだ始まったばかりのような歴史の浅いものです。
[ 2017/08/05 06:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する