16mの雪の壁 「雪の大谷」 (立山黒部アルペンルート/富山県 立山町)

絶景探しの旅 - 0232 16mの雪の壁 「雪の大谷」 (立山黒部アルペンルート富山県 立山町)

16mの雪の壁 「雪の大谷」   Photo No.0232

私を乗せた立山高原バスはどんどんくねくねした山道を登っていきます。室堂近くで、お待たせ「雪の大谷」を通過していきます。窓から外を見るのですが、皆さんバスと一緒に雪の大谷の撮影をしていました。私もバスを降りて雪の大谷に向かいます。この日5月上旬の雪の壁「雪の大谷」の最も高い部分の高さは、なんと16m!見ての通りの迫力です。ホントにフィッシュアイレンズを持って来てよかったです。

ここに来れば、もう気持ちの中ではこの旅は終わりと言っても過言ではありません。生きててよかった・・・。 ちなみに2017年の開通時は19mで、ここ数年、最高は14m~19mですので、この日は結構うれしい高さです。また、この雪の大谷は4月下旬から6月中旬が見所で、雪の上からまるでカンナで木の皮を剥いていくように上から削って道を作って行くようです。ちなみにこの除雪の費用は1.5億円ほどだそうです! (立山黒部アルペンルート)

LUMIX GM1S G FISHEYE 8mm/F3.5 16mm相当 f9 1/500 ISO200

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/05/29 05:00 ]   富山 | TB(-) | コメント(32)

すご~~い

おはようございます。
ここの絵がいつ出てくるかと待ってました。
絶対フイッシュアイの使用場所ですね。
青い空と太陽を入れて、積雪の凄さを見事表現された腕は凄いです。
見応えあります。
[ 2017/05/29 05:14 ] [ 編集 ]

おはようございます。

太陽と青い空とまっ白な雪の壁、フィッシュアイで縦アングルというのが素晴らしいです!
「黒部の太陽」^^
[ 2017/05/29 06:39 ] [ 編集 ]

おはようございます

素晴らしい光景が待ってましたね。
突き抜ける青い空ですね。
[ 2017/05/29 07:26 ] [ 編集 ]

おはようございます。お天気も最高ですね!

これも日頃の行いの賜でしょう。雪の大谷の開通は毎年ニュースになっていますが、今年は雪の壁の高さが高めのようですね。
[ 2017/05/29 08:29 ] [ 編集 ]

行きたい行きたいヨーーーーーーーー

流石!!!MTさん。ひやーーーーーーー空の青さとこの雪壁の高さ。いいなあ。(*^▽^*)(*^▽^*)
[ 2017/05/29 09:54 ] [ 編集 ]

迫力ある雪の壁

MTさん、こんにちは。
MTさんの手にかかれば違った雪の大谷風景になりますね。
フィッシュアイレンズの世界、素敵です^^
道の作り方や除雪作業代も初めて知りました。
スケールが大きすぎます!!!
[ 2017/05/29 10:23 ] [ 編集 ]

これが見たいんですよ~
素敵すぎ~
それにしても芸術的でモダンで
抜群ですね~センスが光ってます。
[ 2017/05/29 11:15 ] [ 編集 ]

ぎょっ16メートルの雪山ライン

バスで換算すると6台位だね( ;∀;)
ひょえ~~ぇ

目の前で見ると大迫力だねぇ(#^.^#)
スケールの大きさに唖然
[ 2017/05/29 13:33 ] [ 編集 ]

ええーっ、そんなに積もったのでしたか。すごいものですねえ。
それにしても空の青さが飛び切りいいですねえ。汗をおかきになったことでしょうね。
[ 2017/05/29 13:49 ] [ 編集 ]

MTさん,今晩は。

16㎜が描き出す,雪の氷壁が青空に突き刺さるダイナミック構成,動的ですね。
太陽が真上から照り付ける構成で雪壁の荒々しさが綺麗に出ておりますね。
お見事ですね。16㎜のシャープさが生きておりますね。
[ 2017/05/29 16:17 ] [ 編集 ]

魚眼良いなあー。
ここには魚眼しかありませんねえー。
めっちゃ素晴らしい。
魚眼レンズ欲しいなあー。
カミさんに言うたら飛び蹴り来るの必須ですわー。
[ 2017/05/29 18:07 ] [ 編集 ]

すごい迫力映像ですね。
レンズを持って行って正解の言葉通りですね。
お見事です。。

[ 2017/05/29 19:46 ] [ 編集 ]

このようなのが撮れるのが魚眼の最大の特徴ですね。
その特徴と使い方を十分に知っているから、このような写真が写せたのですね。
素晴らしいです。
[ 2017/05/29 20:19 ] [ 編集 ]

今晩は
凄いですね~こんなにも積もるんだ^^

青い空と白い雪の壁のコントラストの
素晴らしさに、、大感動です!!
[ 2017/05/29 20:49 ] [ 編集 ]

さゆうさん

とても励みになるコメントをいただきありがとうございました。
晴天の日の風景をいかに素敵に撮るかを工夫中です。また、ここは標準レンズで撮れば、よくある風景になるので、行く前から絶対に超広角か、フィッシュアイで行こうと決めていました。このときには雲ひとつない、透き通るような青空にも会えて、天気にもとても恵まれました。
[ 2017/05/29 21:49 ] [ 編集 ]

ノースさん

ありがとうございます。縦位置で、雪の大谷の高さと、空の高さをミックスさせて表現してみました。太陽もいい位置になる場所も選びました。立山黒部アルペンルートの後半の黒部の太陽もご期待くださいね~。
[ 2017/05/29 21:53 ] [ 編集 ]

砂時計さん

ついに念願の、そして憧れの立山の「雪の大谷」に来ることができました。
雪の大谷と言えば、私は「北の大谷(ハムの大谷)」も大好きです。
交流戦で東京で行われる日ハムの試合をせっかくGETしたのですが、大谷が休場中というのが悩ましく、悲しいです。
[ 2017/05/29 21:57 ] [ 編集 ]

ウワ〜すごい世界!!
雪の壁が高い!!
空の青と雪の白が眩しそう〜〜
高い高い空の上には太陽が輝いてますね!
お見事です!!

ところでここは真冬のように寒いの?
[ 2017/05/29 23:51 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

ありがとうございます。結果的に今回は本当に運がよかったです。
今年はGW特集は、チャンネルをひねれば、どこもここも、ひたちなか海浜公園のネモフィラか、立山の雪の大谷でしたね!
[ 2017/05/30 04:14 ] [ 編集 ]

ひろ吉とクンクンと愉快な仲間達さん

ありがとうございます。青空の雪の大谷は、高さもあって本当によかったです!特に今年の5月上旬は天候にも恵まれ青空もとにかく最高でした~。
[ 2017/05/30 04:18 ] [ 編集 ]

meeさん

こちらに来るのはずっと夢でした。そしてついに行くことになりました。日本からも海外からもとても多くの人がここでの撮影を楽しみにやって来ますので、どうせ撮るなら、絶対に皆さんと違った写真を撮ろうと工夫しました。その甲斐あって、おかげさまでこんなダイナミックな作品を撮ることができました。お褒めの言葉をいただきありがとうございます。
[ 2017/05/30 04:23 ] [ 編集 ]

ココモカさん

私もこちらを見るだけのためにやってきたようなものです。楽しみにやってきた雪の大谷の迫力をどうしたら表現できるだろうかと考えていたときに、やっぱり、このレンズかなとずっと考えていました。おかげさまでとっても素敵な作品を撮ることができました。
[ 2017/05/30 04:26 ] [ 編集 ]

デコさん

立山の雪の大谷は以前はバスがやっと1台ぐらいの除雪だったそうです。近年はGPSのおかげで、安心して道を広く削れるとテレビ報道で知りました。雪の大谷は自然に人の英知と努力が織り成す風景です。来てみて本当によかったです。
[ 2017/05/30 04:30 ] [ 編集 ]

AzTakさん

今年は雪が多く降ったようです。開通からそれでも3mも減ったと思うとこれまたすごいことです。
こちらの温度は低いのですが太陽もサンサンと照っていて風もなく暖かく感じました。他の多くの皆さんはヤッケとかダウンを着ていましたが、私は半そでポロシャツ!理由はこの後の写真の記事に載せていますのでそちらもお楽しみにしていただければと思います。
[ 2017/05/30 04:34 ] [ 編集 ]

yatyou1116さん

ありがとうございます。フィッシュアイレンズの使いこなしを先入観を持たずに活用したいと思っていまして今回も果敢に攻めてみました。パナソニックのフィッシュアイはとても小さなレンズですがいつも頑張ってくれます。超広角14mmと併用することが多いですがその世界観はやはり別次元です。雪の大谷は大体狙った画が得られました。とはいうもののこの作品にもいくつも不満点はいつも残ったままで、写真は本当に奥が深いと感じることが多いです。写真はこれは!と思ってもいつも未完成のものを残したままですね。
[ 2017/05/30 04:40 ] [ 編集 ]

onorinbeckさん

魚眼は以前、どれだけ使うかわかりませんが、どうしても撮りたいイメージがあって購入しました。それほど使用頻度は高くありませんがやはりここぞって時に役に立ちます。人を小さくさせる効果もありますので重宝です。使いすぎは飽きにつながりますが、たまに撮るとおっ!って感じで面白いです。
[ 2017/05/30 04:43 ] [ 編集 ]

雫さん

ありがとうございます。雪の高さを感じたままに表現したいと思って持ってきました。ダイナミックさを強調した狙ったようなイメージのものを撮ることができ、本当によかったです。きれいな初夏の立山の風景がまだまだ続きますのでお楽しみに~。
[ 2017/05/30 04:45 ] [ 編集 ]

つぅたろうさん

ありがとうございます。皆さんと同様にこれはという被写体があるときはイメージを持っていきますので、その画が撮れるようにレンズ選びをすることが多いです。魚眼は特に持ち出す前から大体、仕上がりイメージが頭に描かれることが多いです。ただ、常に持ち歩きませんので、行き先で思いがけない風景を見て悔しくなることもよくあります。
[ 2017/05/30 04:52 ] [ 編集 ]

x都人xさん

ありがとうございます。
とても運がよくて、雪もたくさん残っているし、天気も私が到着の時は視界の雲がまったくなくなった状態です。白い雪の壁と青空のコントラストがとても感動の雪の大谷でした~!
[ 2017/05/30 04:55 ] [ 編集 ]

carmencさん

ありがとうございます!
いつもあこがれていた雪の壁の世界についに行ってこれました。晴れても曇っても紫外線も強くここはサングラス必須ですが、うっかり忘れてきてしまって、前日、ダイソーで仕入れました!?やってきた世界は、白い壁と青い空が素敵でした。海外からの皆さんも感動していました。温度は10度以下(7度だったと記憶しています)でしたが、お日さまの日差しに、あれこれ歩いていたので、他の皆さんはヤッケとかダウンジャケット着ていましたが(私ももちろん、持参)、風もなく、結局、ずっと半そでポロシャツのままいました。
[ 2017/05/30 05:01 ] [ 編集 ]

こんばんは
おー室堂良いですねー
私はもう何十年も前に行きました
そして、春スキー楽しみました
5月にあれだけの雪が有るのが不思議ですよねー
雪の壁、見事です
[ 2017/05/30 22:13 ] [ 編集 ]

ぼびぱぱさん

ありがとうございます。
私は初室堂でした。雪の大谷はテレビや写真で見ていましたが、実際に行っても、とても素晴らしくて、夏秋もめちゃくちゃ期待です。また、行って見たいと思っています。
[ 2017/05/31 12:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する