合掌造り集落 母の思い出 (岐阜県 白川村)

絶景探しの旅 - 0226 合掌造り集落 母の思い出 (岐阜県 白川村)

合掌造り集落 母の思い出 (岐阜県 白川村)  Photo No.0226

カフェ「落人」さんで、ひと休みして出てきた頃は辺りも乾き始めてきて合掌造りの集落の散策にはちょうどいい感じです。白川郷荻町集落の駐車場が閉まる時間まであと30分ほどですので、撮影をしながら駐車場に戻ることにします。

ゆっくり歩きながら辺りを歩いていれば、雨上がりに畑作業に出て来たお母さんとお子さんが目に入りました・・・。そのお子さんの雰囲気が、自分の小さな頃に似ているようでして、思わず見入ってしまいました。辺りの風景こそ違いますが、あの頃はこんな感じで母親にくっついていたんだろうなと思うと懐かしさがこみ上げてきます。この子も大きくなったら、何かのきっかけで記憶の中の働くお母さんの背中をうっすらと思い出したりするのでしょうね・・・。 (世界遺産訪問)

SONY α99 70-200mm F2.8G  150mm f2.8 1/1600 ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと
      [ 2017/05/23 05:00 ]   岐阜 | TB(-) | コメント(26)

おはようございます。
写真に人物が入るとそこに物語が生まれるといいますが、まさにそうですね。
お写真を拝見した瞬間、こちらまでとても幸せな気持ちになってきます^^
白川郷、僕が訪れた時には観光客で溢れていましたが、こういう長閑な
お写真を拝見するとまた訪れたくなってきます^^
[ 2017/05/23 06:27 ] [ 編集 ]

おはようございます。白川郷はけっこうな観光地なのに、こんな感じで普段の農村の風景が垣間見られるところが良いですね。

ピントは手前の木、主役は記憶の中のようにおぼろげにしておられるところはさすがですね!
[ 2017/05/23 06:32 ] [ 編集 ]

サトちゃん@さん

この日は、観光客が少ない場所を選んで歩いていました。
お母さんも若いのですが、クワ仕事もやられて、小さく聞こえるその音も心地いいのです。ついて行ったり離れたりする子どもの黄色い靴も印象的でした。手間の若葉の浅い緑と古い奥の合掌造りの屋根、小さな白い花も入った、春から初夏の贅沢なひとコマをいただくことができました。
[ 2017/05/23 07:03 ] [ 編集 ]

おはようございます。
雨上がりの新緑が一艘の美しさを感じさせ、
母と子の会話も聞こえてくるようです。
長閑な感じいいなー。
[ 2017/05/23 07:08 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

ありがとうございます。すっかり世界中から人の集まる観光地となってしまった合掌造りの里ですが、村の落ち着いた人の観光客のいない場所を見ればそこにはしっかり人々の生活の場がありました。耕運機で田を耕したり、畑に鍬を入れたり、昔はあちこちで見られた当たり前だった懐かしい風景に感動しました。
[ 2017/05/23 07:09 ] [ 編集 ]

さゆうさん

初夏を迎えた山里のひと時を垣間見ることができました。雨上がりの夕方の良さですね。そろそろ、駐車場も閉まりますので観光客たちも引き上げる時間です。ようやく村に落ち着いた時間がやってくる頃かなと思います。
[ 2017/05/23 07:18 ] [ 編集 ]

既視感いっぱいの光景でしたか。
夕餉の材料を収穫しているところでしょうか。生成りの野菜は美味しいことなんでしょうね。
[ 2017/05/23 08:09 ] [ 編集 ]

うまいなあ

本当にそこにいるように、そこで見ている自分になれる写真ですね。ありがとうございます。私も精進します
[ 2017/05/23 10:31 ] [ 編集 ]

こんにちは。

新緑が美しいですね~
母の後ろを歩く姿!
何気ない日常生活から親子のぬくもりを感じるようです。
黄色い靴がかわいい^^♪
[ 2017/05/23 12:06 ] [ 編集 ]

新緑萌ゆる中
幼き頃を想いだしていたのですねぇ

あったんですよねぇ
デコ自身にも

かれこれうん十年(笑)
[ 2017/05/23 13:40 ] [ 編集 ]

そうなんですよねー。
僕はスナップ好きなんで、結構、人を入れて撮ってますけど、ほんと同じような気持ちになる事ありますわー。
[ 2017/05/23 14:45 ] [ 編集 ]

ジーンと来る作品ですね
MTさんのお人柄が滲み出ています。
何気ない日常なんでしょうが、
胸があつくなりました。
[ 2017/05/23 16:47 ] [ 編集 ]

MTさ,今晩は。

歴史ある故郷がそこに有りますね。
表は観光化が進み,美化された光景だけが目に留まりますが
昔ながらの穏やかな空気が流れていますね。
欲させられますね。合掌屋敷の重みが風景を支えておりますね。
落ち着きますね。
[ 2017/05/23 18:07 ] [ 編集 ]

懐かしい思い出が、同じように浮かんでは消えていくようです。

私の母は、働き者で、良く編み物をしながら、居眠りをしていました。
洗濯板で洗い物をしている母に、大きくなったら、
洗濯機を買ってあげると言うと、嬉しそうな顔をしていました。
それからしばらくしてから、洗濯機が我が家に来ました。
父が聞いたそうです、私の言葉を・・母から。

今度こんな詩を、いつか書こうと思います。

いつも訪問ありがとうございます。
応援して帰ります。
ヽ(≧▽≦)/ポチ☆彡全部
[ 2017/05/23 21:32 ] [ 編集 ]

今晩は
開いた瞬間に子供の頃にタイムスリップした感じに
なりました^^

茅葺屋根の家、そして母親の後を追いかける
子供の頃の俺に、、こんな感じだったな(笑

ありがとうございました。
[ 2017/05/23 21:33 ] [ 編集 ]

AzTakさん

いったい何の畑仕事をなさっていたのでしょうかね。
自分たちで植えたものを自分たちで育てていただく、そんな当たり前のことが今はなかなかできませんが、こちらにはそんな素敵なことがしっかり残っているんでしょうね~。
[ 2017/05/23 22:46 ] [ 編集 ]

ひろ吉とクンクンと愉快な仲間達さん

ありがとうございます。70-200mmのレンズの描写力が役に立っているのかも知れませんね。手前の木々にピントを合わせているので、まるで木の陰からこの光景を見ているような気分を表現できました。この撮影中は迷わず、手前にピントを合わせて子どもとお母さんのなんとも言えない空気管のようなものがあって、撮影しながらどんどん引き込まれてしまいました。
[ 2017/05/23 22:55 ] [ 編集 ]

ハーモニーさん

このお子さんの動きがかわいくてお母さんを追いかけてみたり、しゃがんで遊んでみたり・・・。
きっと優しいお母さんが大好きなんでしょうね。(甘えん坊かも!)
黄色い靴があちこち動き回るのがとてもかわいかったです。すごく幸せなひと時を撮ることができました。
[ 2017/05/23 22:58 ] [ 編集 ]

デコさん

そうなんです。新緑の中、この光景をファインダー越しに見ながら、自分の幼き頃を想いだしていました。すっかり老いてしまった母にちゃんとした親孝行もできずに自分がこの齢になってしまったというそんな想いまで感じてしまっていました・・・。まだまだ母が元気なうちにしっかり孝行しなきゃと思いました。
[ 2017/05/23 23:08 ] [ 編集 ]

onorinbeckさん

onorinbeckさんは必ずお約束の1枚をこんな写真で付け加えられていますよね~。人が入るケースでは、その都度、想像させられるものがあることが多いです。これが写真の醍醐味なのかも知れませんね!きれいな写真、深みのある写真、どれを取ってもすべて自分らしく感じますが、自分ならではの写真とはどんなものか、時々、考えることがあります。最近のひとつの答えは、やっぱり、絶景探しの旅の写真かな、それはそれで貫いてみようかと開き直って考えたりします・・・。
[ 2017/05/23 23:16 ] [ 編集 ]

ココモカさん

ありがとうございます。合掌造りの村の風景と雨上がりの夕方というのが特にしんみりさせてくれました。
ひとりで大きくなったのではないということを改めて認識させてくれた1枚となりました・・・。
[ 2017/05/23 23:20 ] [ 編集 ]

yatyou1116さん

おっしゃるように観光地化された部分が富山県側の五箇山の合掌造りより目立っているのが気になっていたのですが、こういう光景を見ることができてほっとした反面、ここでの人の多さに普通に人々が生活するのが大変そうだとも思いました。今も残る素朴さがこの先、どのように変わっていくのか気になるところでもあります。
[ 2017/05/24 04:42 ] [ 編集 ]

雫さん

いろんな思い出が思い起こされますよね。今は、便利なものがあれば、すぐに買ってしまいますが、昔の人は贅沢よりも我慢することに美徳があったのかも知れません。でも雫さんのひとに感動を覚え、お父さんもご家族の苦労を少しでも減らしてあげようと頑張ってくれたようですね。素敵な想い出をお聞かせいただき、ありがとうございました。いつも応援ありがとうございます。こちらもずっと応援を続けさせていただきたいと思います。
[ 2017/05/24 04:50 ] [ 編集 ]

x都人xさん

懐かしい思いがよみがえりますよね!
大切な思い出が、何かのきっかけでよみがえるものだと改めて思いました。
白川郷の合掌造りの村で見た親子を草木の陰で拝見させていただき、素敵で暖かい気持ちをよみがえらせることができました。
[ 2017/05/24 04:55 ] [ 編集 ]

母子の描き方がいいですね
手前の木から臨む母子の姿…
お母さんはけっこう忙しいのだけど
ゆったり流れる幼い子と母だけの時間が
縦の構図から伝わってきますね!

[ 2017/05/25 01:16 ] [ 編集 ]

carmencさん

ありがとうございます。
手前にいい具合に木を入れることができ、木の陰から母子を見るような構成にできました。
そしてもう一方の方向からは、合掌造りの家が、村の人たちをこんなふうにいつもしっかりと見守っているようにも感じました。
[ 2017/05/25 05:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する