古代エジプトのミイラ (パリ・ルーブル美術館)

絶景探しの旅 - 0154 古代エジプトのミイラ (パリ・ルーブル美術館)

「絶景探しの旅」  古代エジプトのミイラ (パリ・ルーブル美術館)  Photo No.0154

パリと言えば、欠かせない訪問先はやっぱり、ルーブル美術館ということで、この日はルーブル美術館にやってきました。世界中から集めた最高傑作の芸術品がここに集います。モナリザは絶対に見ますし、見るのを欠かせない絵画、彫刻が多数ありすぎて見切れません。 その中でどうしても見て帰ってしまうのが、古代エジプトの展示です。 とにかくエジプトの古代文明には子どもの頃から憧れがありまして、いつかはピラミッド、スフィンクス、ナイル川上流の大神殿、ツタンカーメンの黄金のマスクなどを見たいと思っています。 一方で、治安の問題や衛生問題、蚊に刺されて発熱したりとかそんな怖い話に加え、今はISの問題もあり、いつまで経っても行けそうにありません。しかしながら、大英博物館やルーブル美術館に来ればその雰囲気をたっぷり味わうことができます。

ルーブル美術館によりますと、こちらのミイラはプトレマイオス朝時代(前332-前30年)の男性のミイラで、保存状態がきわめて良好なものだそうです(顔の横にあるのはマスク)。遺体はこの時代の風習に従って、亜麻の包帯で丁寧に巻かれ、なかでも顔面は芸術的なまでに見事な仕上げとなっています。 古代エジプトでは、一握りの幸運な人たちのみが、来世での永生をさらにかたく約束される埋葬や葬祭儀式によって遺体を保存されましたが、多くの一般的な人々は砂漠に掘られた単なる穴に埋められ、質素な供物が置かれるだけだったとのことです。 * パリ編は一旦、こちらで終了です。  (世界の芸術品)

SONY α7(E) FE 24-70mm F4 ZA OSS 70mm AUTO (f4.0 1/125 ISO6400)

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。
皆さまのクリックのランキング応援がとても励みになります。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  風景写真ブログランキングへ
      [ 2017/03/12 05:00 ]   フランス(パリ) | TB(-) | コメント(18)

ルーブルは大きすぎて、中々すべてを見ることができません。モナリザなどを見た後、このゾーンまで見て回る精神的タフさが掛けているようで、前回は失礼してしまいました。
ミイラと聞くと、どうしても山形の即身仏を関連で思い出してしまいます。そんな凄いこと、軟弱な私にはできそうにありません。
[ 2017/03/12 08:08 ] [ 編集 ]

おはようございます
ヨーロッパには、大きな博物館や美術館が有りますよね
私は大英博物館は行きましたが、大きすぎて1日では回れないですね
ルーブルは前まで行ったのですが、中は入ってません
しかし、保存状態が素晴らしいですね
って言うか昔のエジプトの人の技術は素晴らしいですよね
それなのに今はどうしたんでしょうね?
[ 2017/03/12 08:51 ] [ 編集 ]

素晴らしい場所なのだと言う事は聞いております

このミイラ何も恐くないですね
むしろ魂が宿っているような穏やかな気分

デコおかしいかな( ;∀;)
[ 2017/03/12 09:07 ] [ 編集 ]

AzTakさん

ルーブルは広いし、半日いるのがやっとです。なので、絞り込むのですが、結局いつも見ているものは同じだったりします・・・。
山形の即身仏は私も見たくて仕方がありません。ずっと気になっています。今年は行ってみたいです~。
[ 2017/03/12 09:50 ] [ 編集 ]

ぼびぱぱさん

大英博物館でも見るのは王冠とエジプトミイラだったりします!?インディージョーンズではないのでしょうが、昔は両国の博物館が国の威信をかけて世界の美術品や遺品の収集をし合っていたのですよね。
[ 2017/03/12 09:56 ] [ 編集 ]

デコさん

ミイラが怖いのはたぶんテレビの番組の影響かも。大英博物館のミイラは生々しいものが多いので、怖そうな雰囲気ですが、こちらのミイラはおっしゃられるような清い感じがいっぱいだと私も感じます。永遠の静かな状態に遺体が置かれたはずなのに毎日、人に見られ、写真を撮られたりではたまったものではなさそうですが、ある意味、博物館の中で、永遠の保存状態を保ってもらっているとも言えますよね。
[ 2017/03/12 10:02 ] [ 編集 ]

懐かしいです。ルーブル美術館は色々な有名ものが展示され、
素敵ですが、ガイドさんがいないと行きつけない位広く楽しかったです。

エジプトは、最高に良かったので、状況が良くなったら、また行きたいです。
ラムセス3世のミイラも見せてもらえましたよ。
ミイラも何十体もありましたよ。
神殿等 遺跡もケタが違うし、きっと虜になりますよ
[ 2017/03/12 10:19 ] [ 編集 ]

おはようございます
出ました憧れのルーブル美術館日本なら撮影禁止
たとえレプリカでも遅れてる、大英博物館も撮影ok
なのに、これ一枚で終わりう〜んもっと見たい
[ 2017/03/12 11:03 ] [ 編集 ]

おはようございます。

ミイラって聞くと少し引いてしまいそうですが、、
とても興味深く拝見させて頂き~

何時か日本に来たら見たいなって^^

海外は行った事が無いので
次回も楽しみにしてます!!
[ 2017/03/12 11:04 ] [ 編集 ]

こんにちは。
ルーブル美術家には行って見たいなーと思っています。
ここで、古代エジプトの遺品が見られる楽しさが待っていますね。
行って見たいが、こりゃ宝くじだね、という事は一生駄目か。
残念!。
[ 2017/03/12 12:03 ] [ 編集 ]

追伸
そうそう、後押しの言葉ありがとうございます。
凄く嬉しかったです。
[ 2017/03/12 12:04 ] [ 編集 ]

ココモカさん

エジプトの旅は当時不安はありませんでしたか?チャーター便が週一便あるとか聞いていますが、本格運用されれば行ってみたいです。桁違いの素晴らしい景色を見てみたいです。後は休みだけですね~。
[ 2017/03/12 12:35 ] [ 編集 ]

sanbarikiさん

フランス・パリ編は様子を見ながらまた少し続編を考えていますので、少々お待ちくださいね。
東京・上野の東京国立博物館の撮影に関しての可否の件が以前何かに出ていたのを記憶しているのですが、借り物は基本撮影NGだったような記憶があります。それでもしっかり撮ったものがありますし、日本で世界の名画がそろう某美術館で撮ったものもあります。そのうちUPしたいと思いますので、こちらもお楽しみに。
[ 2017/03/12 12:39 ] [ 編集 ]

x都人x2さん

我々が生まれるはるかかなたの伝説の時代の生々しいものがこうやって普通に見ることができるなんてありがたいことですよね。美術館や博物館はまるでミニタイムマシーンのような世界です。日本にもエジプトミイラがやってくればいいのにと思います。そういえば、何かを調べていたら、東京に一度、あのツタンカーメンの黄金のマスクがやってきたと知りました。こちらも死ぬまでに一度は見てみたいです。
[ 2017/03/12 12:44 ] [ 編集 ]

さゆうさん

ウユニ塩湖も行かなければいけないし、行くところがたくさんありますよ。こうなりゃ、神頼みで宝くじでしょうかね。私も宝くじ○億円当れば、毎日、世界の絶景めぐりの旅をしたいと思います!?(できれば体力と気力があるうちに当らないかと・・・。)
[ 2017/03/12 12:47 ] [ 編集 ]

さゆうさん

タンチョウ撮影はとてもデリケートですし、広い釧路湿原をただ走っていてもなかなかいい場所が見つかるわけでもないので、さゆうさんのような方がいらっしゃる方が価値がありますよね。
[ 2017/03/12 12:49 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/03/12 19:01 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できますさん

コメントありがとうございます。まさに長い時間を時間を超えて、遺体が今や芸術品ですよね。
[ 2017/03/12 19:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する