オルセー美術館 大時計とモンマルトルの丘の風景 (フランス パリ)

フランス・パリのオルセー美術館の大時計の前に立っています。オルセー美術館は、フランスのパリにある19世紀の美術作品が多く収蔵されていることで有名です。印象派の作品が数く、おなじみ、ゴッホやゴーギャン、ミレーなどの作品の観賞に浸れます。私の最大のお目当ては、いくら見ても見飽きない、ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」です。

絶景探しの旅 - 0151 オルセー美術館 大時計とモンマルトルの丘の風景 (フランス パリ)

オルセー美術館 大時計とモンマルトルの丘の風景 (フランス パリ)  Photo No.0151

セーヌ川の湖畔にどんと構えるオルセー美術館は、パリ万博の時のオルセー駅だった駅舎を美術館にしてしまっていますので、ところどころでその雰囲気を残しています。駅舎を丸ごと感じる展示ホールはもちろんですが、この大時計もその名残りかと思います。その大時計の裏からは手前にセーヌ川、そして、ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」の舞台となったモンマルトルの丘が見えたりします。

SONY RX100 35mm相当 AUTO (f 5.6 1/250) ISO250

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。2つのブログランキングに参加しています。皆さまのWクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2  絶景探しの旅人気ブログランキングぽちっと

      [ 2017/03/09 05:00 ]   フランス(パリ) | TB(-) | コメント(20)

『オルセーは非常に良いよ。必見だよ』って聞いています。ですが、パリは見どころが多く、見に行くことができていません。掲載された写真、とてもいい感じです。
[ 2017/03/09 07:52 ] [ 編集 ]

おはようございます。いきなりのフランス編ですね~

ルーブルと比べて知名度の低いオルセーですが、ヨーロッパの美術館は建物そのものが美術品のようですね。小さな教会とかでもすごいものがあったり、やはり歴史と文化ですね。
[ 2017/03/09 08:58 ] [ 編集 ]

時計から街並みを眺める
いいですなぁ(#^.^#)

絵画には疎いデコですが
ルノワールは知ってます( ;∀;)
[ 2017/03/09 13:49 ] [ 編集 ]

こんばんは。
この様な図柄を初めて目にしました。
これも素晴らしいアイデアですね。
行って見たくなりますね。
[ 2017/03/09 17:47 ] [ 編集 ]

こんにちは

大時計の前立ってる人間もすっかり師匠の作品に取り込んでいて流石ですね。
このような作品は師匠にしか撮れないように思います。
上手いところにこのような絵になる人が来ることが無いような気がします
それを待っていたのか??偶然なのか??多分待っていたのかと
思いますが・・構図を考えてに事だと思います。
素晴らしいですね。普通は人のいない大時計を撮りたいのだと思いますが・・。
[ 2017/03/09 18:23 ] [ 編集 ]

今晩は
初め拝見した時に大好きだった、、
映画のワンシーン(バック・トゥ・ザ・フューチヤー)
を思い出して、、
未来に行けたらなって思ってました(笑
[ 2017/03/09 21:37 ] [ 編集 ]

初めまして。
一枚一枚が素敵な写真ですね。
富士山の写真も夜景の写真も本当に美しいです。
見とれてしまいました^^♪
[ 2017/03/09 22:14 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/03/09 23:34 ] [ 編集 ]

AzTakさん

オルセー美術館は、ルーブル美術館と異なって単調なイメージがあるのですが、建物、作品とも素晴らしく一度行けば、何度も行きたくなってしまいます。とは言うものの、パリの街は行くところがとても多くて何回行っても回りきれません。
[ 2017/03/10 05:09 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

オルセーにはルーブルの所蔵品に負けないくらい、日本人には有名な所蔵品があったりしますよね。パリ市内は東京都心と違って建物の規制が厳しく、古くからの町並みが続くだけでなく、高いビルもなく見晴らしもとてもよく気持ちのいい街だと感じます。
[ 2017/03/10 05:14 ] [ 編集 ]

デコさん

パリの街は高い建物がないので見晴らしも最高です。一方でパリ郊外に出れば、東京のように巨大な建物が立ち並ぶエリアもあったりで、街が計画的に保存されていたりします。
[ 2017/03/10 05:29 ] [ 編集 ]

さゆうさん

ありがとうございます。機会があればあれこれ行ってみたいところがまだまだいっぱいです。旅貯金もしていますが、問題はやはり時間とお金ですね・・・。
[ 2017/03/10 05:32 ] [ 編集 ]

砂時計さん

ありがとうございます。イメージができたら、やはりそのようなイメージになる瞬間を待つことが多いです。時には人が入るとドラマを感じさせることもできますよね。
[ 2017/03/10 05:35 ] [ 編集 ]

x都人xさん

私もバック・トゥ・ザ・フューチヤー大好きです。トランプさんが表舞台に出てきたときにどこかで見たことがあると思っていたら、ビフのモデルだったとか、そうでなかったかとか。トランプさんとバック・トゥ・ザ・フューチヤーと聞けば、未来にマーティーの車を洗うビフ(トランプさん)の姿がいつも思い出されます。
[ 2017/03/10 05:38 ] [ 編集 ]

ハーモニーさん

とてもうれしいコメントありがとうございます。これからも頑張って素敵な風景を写真で紹介して行きたいと思いますのでこれからもお立ち寄りいただけますととてもうれしく思います。今後ともよろしくお願いします。
[ 2017/03/10 05:41 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できますさん

コメントありがとうございました。日々大変だとは思いますが頑張ってくださいね。パリ編は数回ですがお楽しみいただければと思います。今後ともよろしくお願いします。
[ 2017/03/10 05:45 ] [ 編集 ]

カッコいい写真ですね!
この時計の裏側のこの感じ好きです〜 
なんかイタリア映画だったかで観てる感じがして、記憶を探ってみたんですけど思い出せず終いでした。
ドンと全面になのと人を入れたのがいいですね〜
その向こうに巴里の街が淡く見えるのも粋ですね!
[ 2017/03/10 05:56 ] [ 編集 ]

carmencさん

ありがとうございます。この時計を見ると撮らずにいられないという感じでした。このような感じのシーンが出る映画がなんだったのか、気になるところですね。今回のパリ編は芸術の都パリということで、大胆に切った作品で構成しようと思っています。
[ 2017/03/10 06:48 ] [ 編集 ]

MTさんの作品を最初に拝見させて頂いたのが、
海外の作品で、小粋で見とれたのを思い出しました。
小粋で素敵で・・・オシャレ

[ 2017/03/10 11:36 ] [ 編集 ]

ココモカさん

ありがとうございます。とてもうれしく思います。海外はやっぱり空気が違います。それに撮っていて楽しくなる被写体がいっぱいです。ココモカさんの旅行も今から楽しみですよね!
[ 2017/03/11 06:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する