彼岸花の赤いカーペット (野川公園/東京都 小金井市)

引き続き、東京・野川公園の自然観察園の彼岸花群生地からです。満開の彼岸花の撮影を楽しもうと朝から老若男女の多くのカメラマンが集まっています。時々お日様の光が差し込む天気の中、皆が思い思いの撮影を楽しんでいます。

絶景探しの旅 - 1091 彼岸花の赤いカーペット (野川公園/東京都 小金井市)

彼岸花の赤いカーペット (野川公園/東京都 小金井市)    Photo No.1091

今年は彼岸花の花で覆いつくされた真っ赤なイメージのものを撮りたいと考えていまして、望遠レンズの圧縮効果を活用しての作品作りを楽しみました。

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  400mm f5.6 1/250 (-1) ISO100 WBマニュアル

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/10/02 00:00 ]   東京(多摩エリア) | TB(-) | コメント(26)

(ΦωΦ)フフフ…、お見事。"RED IN RED"がとても強烈に響いてきました。
[ 2019/10/02 02:19 ] [ 編集 ]

いや~~^~~~ぁお見事


真ん中の子の一人舞台に見惚れて居りました(#^.^#)
素晴らしいですね
[ 2019/10/02 04:34 ] [ 編集 ]

つじさんおはよう御座います

いつもご訪問ありがとうございます

今月もよろしくおねがいします!
[ 2019/10/02 05:37 ] [ 編集 ]

おはようございます。本当に一面の彼岸花ですね。

これだけ群生しているのは珍しいと思うのですが、望遠レンズを使って周囲をぼかされたのですね。このピントを絞る手法、最近になって私もスマホで挑戦し始めたのですが、なかなか上手くいきません。
[ 2019/10/02 06:17 ] [ 編集 ]

おはようございます
同色なのに真ん中の美人さんに見惚れてしまいます。
素晴らしいです。
[ 2019/10/02 07:00 ] [ 編集 ]

AzTakさん

深夜のご訪問ありがとうございます。今年は一挙に彼岸花の写真がUPされていまして、人とは違うものを撮影してきました。こちらは三脚はNGということもあって赤の中の赤の撮影は中腰でとても疲れました。
[ 2019/10/02 07:02 ] [ 編集 ]

デコさん

ありがとうございます。頑張った甲斐がありました。
前ボケをフル活用しつつ、一輪だけピントを合わせられる個体探しが上手く行き、よかったです。
[ 2019/10/02 07:04 ] [ 編集 ]

たまごバナナさん

こちらこそありがとうございます。
今月も健康で頑張りましょうね!
[ 2019/10/02 07:05 ] [ 編集 ]

お早うございます
真っ赤な中の、真っ赤素敵です

昨日のコメントした後、TVで彼岸花の葉の話をしていました
花が終わった後に、葉が茂って冬の間他の植物が枯れた後、光をタップリ浴びて光合成をするという事でした
道理で、雪国には彼岸花が少ないのですね
[ 2019/10/02 07:29 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

感覚的におおよそ各地の名所と同じような感じかと思います。
今のスマホもよく撮れますので私も活用します。特に新しいiPhoneのトリプルレンズは注目です。
今回は前ボケ、圧縮、背景ボケなどの望遠レンズの特徴を活用しましたが、スマホですと、アプリで狙った花以外をぼかす処理をすれば似たような見え方になるのではと思います。
[ 2019/10/02 07:41 ] [ 編集 ]

K.R.Mさん

ありがとうございます。今回は超望遠レンズを使っての撮影を楽しみました。
同じ彼岸花の前ボケを活用して赤のフィルター効果も狙っています。
[ 2019/10/02 07:47 ] [ 編集 ]

ぼびぱぱさん

彼岸花の情報をありがとうございます。きっと栄養分は球根に蓄えられるのですね。
雪国は少ないのですか。そう言われてみれば、雪国でも雪の少ない場所での写真を見るような気がします。
[ 2019/10/02 07:51 ] [ 編集 ]

おはようございます。
この感覚が溜まらんです。レンズの良さと捉え方の見事さが際立っています。
あとは言葉はいらないですね。
実に見事損ものです。
[ 2019/10/02 11:13 ] [ 編集 ]

400ミリで群生の中の一輪だけに焦点を合わせるには、前後の距離とかの被写界深度も関係してくるのでしょうね。
私のカメラではどうなんでしょう、挑戦してみたいですね。何回も試し撮りしてコツをつかみたいです。
[ 2019/10/02 11:54 ] [ 編集 ]

おーーー!
真っ赤!
こりゃ綺麗ですわー。
[ 2019/10/02 11:57 ] [ 編集 ]

彼岸花をこういう風に撮りますか…

これはいい勉強になりました。
今年はもうチャンスはありませんが
来年は望遠レンズを持って行きますわ。

応援ぽち
[ 2019/10/02 12:17 ] [ 編集 ]

MTさん、こんにちは。
この時期、色々な方の彼岸花のお写真を拝見しますが、今日の一枚はとても印象に残りますね~^^
数ある彼岸花のうちの一輪だけにスポットがあったようなドラマチックな世界に、さすがMTさん!と感動です。
[ 2019/10/02 16:36 ] [ 編集 ]

こんにちは。

赤い絨毯、素晴らしいですね。
このような写真を撮りたいのですが密集しているところの中の美人さんがなかなか見つけられません。
例え見つけたとしてもこのようには撮れませんけど・・・(;^ω^)
お見事です。
[ 2019/10/02 17:16 ] [ 編集 ]

こんにちは

見事な赤い絨毯ですね。これは、圧縮と言う技術を駆使された結果なのですね。
周りのぼかしが真ん中の一凛をより際立たせる、フォーカスすることなのでしょうか?多分全く違うよな。。。
[ 2019/10/02 22:45 ] [ 編集 ]

さゆうさん

ありがとうございます。眼前の彼岸花の花の隙間を赤色フィルターとして全体に赤みを付けましたが思いのほかうまくいきました。こちらの100-400レンズはシャープさに特徴があり、柔らかい描写の70-200レンズとを使い分けていますが、今回は群生地の奥行きが広いのでこちらを持ってきました。それも功を奏したようです。
[ 2019/10/03 05:08 ] [ 編集 ]

つぅたろうさん

この写真はレンズの高さを花の位置に置いて、全体を赤く染めてくれる前ボケのを花を見つけてからピントが上手く決まる花を選ぶという順序で撮影しています、奥行きのある密集群生地ならではの方法です。こちらでは三脚が使えないのですが、それがかえってフットワークのよさにつながったように思います。また、低位置のため、ファインダーをのぞかず、カメラ背面のバリアングル液晶で画像を確認しながらの撮影を行いましたが、液晶の視認性を上げるために黒いタオルを持参し、頭と液晶を覆いピントを確認しました。ダイソーで買った黒タオルですが撮影の時にあれこれ使えてお役立ちです。ちなみに汗も拭けて便利です!?
[ 2019/10/03 05:17 ] [ 編集 ]

onorinbeckさん

まっかな秋を彼岸花で楽しんだ後は、いよいよ紅葉ですよね!
今年はどんな紅葉が楽しめるのか今から楽しみです。
[ 2019/10/03 05:25 ] [ 編集 ]

よっちんさん

私の場合、少しでも変わった表現がしたいと最近は花=望遠で最近は撮影活動をしています。
おかげさまでいくらか慣れてきました。
[ 2019/10/03 05:42 ] [ 編集 ]

meeさん

ありがとうございます。
やはり満開の彼岸花の群生地は迫力いっぱいでした。昨年は日高の巾着田を訪れましたので、今年はこちらにやってきましたが、巾着田はあまりにも広大でそこが魅力いっぱいです。ただ、人も多く、人外しが大変でした。今年は人外しも容易な条件でゆっくり楽しむことができ、それもよかったように思います。
[ 2019/10/03 05:47 ] [ 編集 ]

ayaさん

ありがとうございます。今回は群生地ならではの撮影ができたという感じでした。この日は程よく光が差し込み、程よく雲もあり、いろいろな条件での撮影ができました。これが秋晴れの日差したっぷりですとこうはいかなかったように思います。今回は様々な点で条件が良かったように思います。
[ 2019/10/03 05:51 ] [ 編集 ]

Roseさん

この写真では手前の赤いボケの花は眼前、奥の花は圧縮効果で数メートル先の奥行きまで身近にあるように写っています。
簡単に説明してくれているサイトがありましたのでお時間のある時にご覧くださいね。
https://photo-studio9.com/compression-effect/
[ 2019/10/03 06:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する