光冠に包まれる満月 (山梨県 富士河口湖町)

昨日は日暈(にちうん/ハロ)の写真でしたが、今日は光冠と呼ばれる現象の写真です。Wikipediaによりますと、暈と光冠ははまったく異なる現象とのことです。暈は太陽や月とかなり離れた位置に現れるのに対し、光冠は必ずオーレオールによって太陽や月と接触しているそうです。暈が氷晶からなる高度の高い巻層雲や高層雲が太陽や月にかかった時に見られるのに対し、光冠はそれよりも高度の低い水滴からなる中層の高層雲や高積雲がかかった時に見られるとありました。

絶景探しの旅 -  1075 光冠に包まれる満月 (山梨県 富士河口湖町)

光冠に包まれる満月 (山梨県 富士河口湖町)    Photo No.1075

今年の中秋の名月は都心からのパール富士山を狙っていたのですが、張り込んでいた羽田空港は月が時々顔を見せる曇り空。最後には雨が降り出す始末で、これには参りました。中秋の名月でのパール富士山をロストしてしまった翌朝は曇り空の予報の都心に見切りをつけて、富士五胡・精進湖に向かうことにしました。こちらで目の前の山陰に落ちる満月と月の光に浮き出す精進湖の撮影を楽しもうと思います。こちらでもあいにくの薄雲がかかって再びのがっかりモードも、雲越しで月の輝きが抑えられるとともに、その色の付き具合が見事で何とも素晴らしい写りとなりました。

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  384mm f8 1/2.5 (-2) ISO1600

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/09/16 00:00 ]   山梨(富士五湖エリア) | TB(-) | コメント(14)

『光冠』ですか。色々あるものなんですねえ。行動的な人への皆勤賞のご褒美だったかもしれません。
こちらぐうたらの皆勤賞。もちろん、ご褒美などというものは一切ありません。
[ 2019/09/16 07:53 ] [ 編集 ]

おはようございます。
自然現象は、正直まだ理解できない所もありますが、そのたびに絵にするとじわーっと喜びが湧いてきます。
「光冠」とは凄く珍しい現象で、今まで見た事が無いです。
そんな経験をしたいものですね。
月だけではなく山の斜面を入れる所が素晴らしいですね。
[ 2019/09/16 10:09 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2019/09/16 10:10 ] [ 編集 ]

こんにちは。自然相手では文句も言えませんね。というか、国内の写真に逆戻りですね~

MTさんの自宅から羽田も遠いと思いますし、富士五湖はもっと遠いと思いますが、写真家魂ですね!
[ 2019/09/16 12:57 ] [ 編集 ]

こんにちは。

光冠、言葉もあまり聞きませんし、実際にどのようなものか見たことがないと思います。
自然現象は、そう思うと不思議な魅力を持っていますね。
なんとも幻想的な作品です。(#^.^#)
[ 2019/09/16 13:05 ] [ 編集 ]

なんだか狼男が出て来そうな
光景に思えてしまいました^ ^

今の若い人は狼男やドラキュラといっても
よくわからないでしょうね。

応援ぽち
[ 2019/09/16 17:48 ] [ 編集 ]

こんばんわ♪

見事な月ですね。
雲越しに輝く月の幻想的な佇まいが渋くていいですね。



[ 2019/09/16 18:13 ] [ 編集 ]

AzTakさん

行けば何かひとつは持って帰りたいと思いますが、ネイチャー系は大体拾い物がありますが、都会は外れのまま帰ってくることが多いです。今回のお月様をめぐる攻防は羽田では結局撮りました写真数枚のみでした。何か動けば得られるものがある予定でしたが、いかんせん3連休の初日ということもあり、渋滞が気になって、長居は不要ということでさっさと引き上げました。
[ 2019/09/16 21:28 ] [ 編集 ]

さゆうさん

日暈に比べ、光冠はよく見られる方かと思います。このブログでも記憶があるだけでもこれで3枚登場しています。それでもこんなに目の前の大きな光冠を見るのは久々です。今回は雲に光が反射してとてもいい色合いになるとともに、山の木々のシルエットも捨てがたいいい演出になってくれました。
[ 2019/09/16 21:33 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できますさん

せっかくですので是非ともアドバイスをしてあげていただければと思います。
[ 2019/09/16 21:34 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

空からの風景編と山梨編を数枚ずつ交互にUPしていく予定です。そんなこともあってフィリピン・セブ編はちょっと後になります。移動距離は私的には大したことがないのですが、それよりも道路の大渋滞がイヤでイヤで仕方がありません。
[ 2019/09/16 21:38 ] [ 編集 ]

ayaさん

ありがとうございます。薄雲に包まれる月夜の時に、おぼろげに虹のような丸い輪を見かけることがあるのではと思うのですが、それが月光冠だと思います。この日は山陰に入るときに、流れる薄雲のために特にこの光冠がきれいに見えました。ayaさんもちょっとだけ注意して月を見ていただければ、そのうち見るチャンスがあると思います。
[ 2019/09/16 21:44 ] [ 編集 ]

よっちんさん

今は出てくるのが、狼男から熊になってしまいました。とにかく熊が要注意ですので、今度は熊鈴にスプレーなどのセットを準備してい撮影スポットに向かおうと思いました。
[ 2019/09/16 21:48 ] [ 編集 ]

ももPAPAさん

雲のおかげで、月の模様がしっかり映りこみました。最近は新月の時にも夜中によく出かけるのですが、とにかく新月の時は周りが暗すぎなので足場もよくわかりません。お月様の光輝くときはそういった心配がなく助かっています。
[ 2019/09/16 21:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する