夕暮れの雨晴海岸を行く (氷見線/富山県 高岡市)

内陸を行く城端線から、今度は同じ高岡駅を起点とし、能登半島の入り口の氷見駅までを行く氷見線(ひみせん)からです。海岸線を走り抜ける氷見線の列車を撮りに雨晴海岸(あまはらしかいがん)にやってきました。

絶景探しの旅 - 1052 夕暮れの雨晴海岸を行く (氷見線/富山県 高岡市)

夕暮れの雨晴海岸を行く (氷見線/富山県 高岡市)    Photo No.1052

雨晴海岸は万葉集に「渋谿(しぶたに)」と詠まれた景勝地で日本の渚百選にも選ばれています。名前の由来は源義経が奥州へ落ち延びる途中で雨が晴れるのを待ったことから付けられたとされています。また、写真に見える岩は女岩と呼ばれ、その風景は江戸時代の俳人松尾芭蕉は「わせの香や分入右は有磯海」とおくのほそ道でも詠まれたそうです。  (鉄道のある風景)

SONY α7RⅢ FE 24-70mm F2.8 GM  40mm f4 1/500 (-1) ISO400

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/08/24 00:00 ]   富山 | TB(-) | コメント(14)

おはようございます。富山の景勝地のひとつですね。普通は反対方向から背景を立山連峰にした写真ばかりですが、背景を能登半島にしていただきありがとうございます。

女岩をこちら側から見るのは初めてです。見えているのは七尾市の富山湾側、その先は奥能登ですね。
[ 2019/08/24 05:34 ] [ 編集 ]

お早うございます
夕暮れ時の海岸線を走る列車、良いですね
新潟を思い出します
[ 2019/08/24 06:20 ] [ 編集 ]

この時間帯だと夕景色を狙って、能登半島側でしょうかね。十数時間後には立山側の撮影にも及びましたか?
景勝地はどう料理しようかと心が踊ることでしょう。
[ 2019/08/24 06:31 ] [ 編集 ]

おはようございます。
ここはあまりにも有名な所ですが、見た時あれー!いつもと違うなーと思いましたら、背景の位置が違ったんですね。
皆さんと違う所を意識して撮られるんてね、流石です。その様な意識って大切だ思いますね。
佳き眺めです。
[ 2019/08/24 09:05 ] [ 編集 ]

こんにちは!!
「鉄道のある風景」というのは非常に好いものだと思いますが、この画に在る「朱色の国鉄時代から在るディーゼルカー」というのは殊更に画になるような気がします。この車輛ですが、JR西日本のエリアで視る機会が少し多いように思いますが。
こういう辺りで列車の入った画を撮ろうとすると、列車本数が少な目で、機会が少し限定されるという問題も在るかもしれないと、余計なことも考えましたが。
本当にブログの題のとおり、「絶景」を探して撮られたという感じです。この画は、「何処かへ出掛けたい…」という気分を掻き立ててくれるような感でもあります。
[ 2019/08/24 09:58 ] [ 編集 ]

海沿いを走る氷見線の夕景。
素晴らしいですねー!
[ 2019/08/24 11:47 ] [ 編集 ]

こんにちは

松尾芭蕉もこの岩を見ていたのですか~ 歴史を感じますね。
2両のちょっと古びたオレンジ色の電車が、なぜか行ったことのない場所ですが懐かしさを感じさせてくれます。
[ 2019/08/24 17:48 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

雨晴海岸から見る立山も素晴らしいものがありますし、氷見から七尾にかけての能登半島が入る様子もいいものですよね。富山湾を囲むように走る道路も風光明媚で最高です。それに今や七尾は石川県より、富山県側からのアクセスがいい印象です。
[ 2019/08/25 06:48 ] [ 編集 ]

ぼびぱぱさん

日本海に沈む夕日は素晴らしいものがありますよね。
そのうち時間をかけて夕日のきれいな場所を回り続けてみたいです。
[ 2019/08/25 07:13 ] [ 編集 ]

AzTakさん

立山連峰が映る写真も撮ってありますが今回はこちらのものアップすることにしました。もう少し暗くなった写真も撮りたかったのですが、服も汗でびっしょり、暑さにも耐えきれずに、場所を変えながら4本の電車を撮影するだけに終わりました。
[ 2019/08/25 07:17 ] [ 編集 ]

さゆうさん

ありがとうございます。定番写真はまた次回以降のお楽しみと言うことにしたいと思っています。
今回は若干雲が多く、事前にイメージしたものとは、ずれてしまったのですが、これはこれでということでUPしました。それにしても海岸線と鉄道の風景は改めて素晴らしいなと思いました。
[ 2019/08/25 07:21 ] [ 編集 ]

Charlieさん

励みになるコメントをいただきありがとうございます。朱色のディーゼルカーにはいつも心動かされます。このシンプルなデザインのよさには素晴らしいものがあります。いつまでも残していただきたいと思います。列車は上り下り合わせて1時間に2本なのですが、上り下りに合わせてよさそうな位置に歩いて移動しますので、暑いながらも待ち時間を感じることなく楽しめました。こちらはもっともっとよい写真を撮りたく、またやってきたいと思っています。
[ 2019/08/25 07:29 ] [ 編集 ]

onorinbeckさん

こちらは今回絶対にやって来たいと思っていた場所です。
星空も含め今回は青い空を見ることができ良かったと思っています。
[ 2019/08/25 07:31 ] [ 編集 ]

Roseさん

こちらの場所ではローカル線が走るからこそ価値が引き立つのではと思っています。
人々の生活に根付くローカル線と自然の風景はいつまでも残っていて欲しい日本の風景です。
[ 2019/08/25 07:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する