朽ち行く橋梁 (タウシュベツ川橋梁/北海道 上士幌町)

糠平ダムの建設に伴い人造湖の糠平湖(ぬかびらこ)の中に取り込まれることになったタウシュベツ川橋梁です。湖面から顔を出したり沈んだりでただでさえ風化が激しいのに加えて、数年前の台風や大地震のために橋梁の2ヶ所に致命的なダメージを受けていまして現在は痛々しい姿となっています。

絶景探しの旅 - 1038 朽ち行く橋梁 (タウシュベツ川橋梁/北海道 上士幌町)

朽ち行く橋梁 (タウシュベツ川橋梁/北海道 上士幌町)  Photo No.1038

こういう状態になると冬季の凍結による隙間に入り込んだ氷の膨張などで一挙に崩壊もあると考えられているようです。一本の橋梁として現在の姿をいつまで保ち続けることができるのか、ここ1、2年は今年こそは持たないのではと秒読み状態のようで胸が痛みます。2019年夏のタウシュベツ川橋梁の風景をここに留めておきたいと思います。

SONY α7RⅢ FE100-400mm F4.5-5.6GM  126mm f5.6 1/320 ISO100

本日も作品をご覧いただきありがとうございました。ブログランキングに参加しています。皆さまのクリックの応援が更新の励みになっています。

絶景探しの旅ランキングぽちっとV2

      [ 2019/08/10 00:00 ]   北海道(帯広・十勝) | TB(-) | コメント(14)

おはようございます。なるほど、台風や地震も影響しているのですね。

自然の力に比べると人間はまだまだ無力だと感じさせてくれる1枚です。自然の元に戻ろうとする力は素晴らしいですね。
[ 2019/08/10 06:00 ] [ 編集 ]

お早うございます
やはり、こういう状況なんですね
もう時間の問題ですね  良い瞬間を残せましたね
[ 2019/08/10 06:39 ] [ 編集 ]

いずれは朽ち果てて、何もない世界に『還る』のでしょうね。わずか少しの年月だけ、人間が拝借した。そういうことになりますかねえ。
[ 2019/08/10 06:41 ] [ 編集 ]

おはようございます。
朽ちかけている橋脚の一部分を切り取り、森の再生と消えゆく建造物遺産との比較が面白いですねー。
[ 2019/08/10 10:06 ] [ 編集 ]

JR北海道はこの橋梁跡を
放置するだけなんですねぇ。

まあ、企業の経営状況を考えれば
こんな廃線跡のことは眼中にないのも
仕方ないですねぇ。

応援ぽち
[ 2019/08/10 14:31 ] [ 編集 ]

こんにちは。

朽ち行く橋梁、なんとも言えませんね。
いずれ崩れ去る運命なのでしょうか。

物の哀れを感じますね。
[ 2019/08/10 17:43 ] [ 編集 ]

こんばんわ♪ いつもありがとうございます!

止めることができない自然の作用で橋梁が傷んでいくのを見るのは忍びない気持ちになりますね。
この橋梁の跡を撮影されて残されることは、意義あることだと自分は思います。
今回も貴重な写真をありがとうございます! 
[ 2019/08/10 21:43 ] [ 編集 ]

ヨンミョンさん

結局、人の作ったものはいつか朽ちるものなのですね・・・。コンクリートで作ったものの本当の耐用年数はどのくらいなんでしょうかね。場所は異なりますが、NYマンハッタンの超高層ビルなどもいつまであのままの状態で持つのか考えたりすることがあります。
[ 2019/08/11 06:20 ] [ 編集 ]

ぼびぱぱさん

お陰様でいい時にやって来ることができました。
ここ数年は今年の冬でもう持たないと言われ続けて、今に続くようです。月並みですが次の冬はどうなるかわかりません。
[ 2019/08/11 06:25 ] [ 編集 ]

AzTakさん

長い年月が経てば、人類の歴史は無に帰るのかも知れません。
地球温暖化は人の活動によるものか、そうでないのかわかりませんが、さらに温暖化が進めば人などどこにも住めなくなるのかも・・・。
[ 2019/08/11 06:32 ] [ 編集 ]

さゆうさん

反対側から見ればわからないのですが、こちら側から見ればこのような状態の場所が2か所あります。
今度の冬は乗り切れるのでしょうか。こちらは2019年夏の記録写真としても残しておくことにしました。
[ 2019/08/11 06:37 ] [ 編集 ]

よっちんさん

繰り返しお返事しますね。その件は以下のようにWikipediaにありました。
糠平湖付近に残されている30余りのアーチ橋梁群には廃線から10年後の1997年(平成9年)、解散を控えた国鉄清算事業団により解体計画が立案された。これに対する地元有志の保存活動が実り、上士幌町が買い取ったということです。ですので、国鉄・JR北海道が放置というわけではないようです。
[ 2019/08/11 06:40 ] [ 編集 ]

ayaさん

今のところ、今年の冬こそ持たないと言われ続けて2年は経ったようです。何故冬かと言いますとコンクリートのひび割れなどの隙間に入った水が凍って膨張して中からコンクリートを壊していくようです。ということで橋梁を愛する人たちの間では今度の冬は大丈夫かなと心配なされていることと思います。
[ 2019/08/11 06:47 ] [ 編集 ]

ももPAPAさん

ありがとうございます。形あるものはいつかはなくなるのかと思いますが、私たちが生きている間にどこまで風化が進むのでしょうか。私もまたこちらを訪問して経過を見守りたいと思います。
[ 2019/08/11 06:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する